夫と不倫相手を別れさせる5つの方法

夫と不倫相手を別れさせる5つの方法

夫と浮気相手が不倫をしていることは分かっているけど、子供もいるしこれからの事を考えると離婚はしたくない。そんな時にどうすべきかを紹介します。

不倫相手と別れさせる為の5つの方法

法的に処置を取る

内容証明郵便

まず内容証明郵便で300万円~1000万円程度の損害賠償(慰謝料)を請求をして、不倫をしていることを止めるように不倫相手に伝えましょう。

相手の女性が常識を弁えている方であれば、ここで付き合っていくことを止めてくれるでしょう。

不倫相手の女性も火遊びであることは理解をしているし、不倫していることが他の方にバレることが嫌ですし、何より婚姻関係のある奥さんから正々堂々と来られることで引くことが多いです。

また女性によっては、夫に慰謝料を負担させようとしますのでそこでお金の事で揉めたり、夫が拒否をすればそこで関係は大抵切れるはずです。

誓約書を書く

相手の女性に「今後は不貞行為や交際をしないこと」を明記した誓約書を書かせることです。

もちろん、書くことをすることも十分に考えられますし、さらに誓約書内には「また不貞好意や交際をした場合には300万円を払う」という項目を入れるのも効果的でしょう。

ここまで書くのであれば、確実に相手女性は同じ行為を繰り返すことはしないはずです。

調停申立、訴え提起

不倫相手と夫の関係が深くなりすぎていて、それ以上にこちらの要求に応じない場合は次に、不倫相手の女性に対して調停や訴訟をして慰謝料を請求します。

調停なら自分で行うことができて、訴訟だと弁護士に依頼します。

不倫相手の女性に対し慰謝料を請求したとして、効果は一様ではございません。

普通の女性であれば、ここまでくると「裁判沙汰は嫌だとか、面倒だ」と感じて引いてくれるはずです。

この場合ですと、通常請求できる慰謝料(裁判所が認める慰謝料額)は約50万円~200万円程度です。

訴訟をする場合には500万円~1000万円程度がいいでしょう。

慰謝料を請求したり、ここまですることによって不倫していた相手女性は「やってはいけないと分かっていて、やってしまっていた自分が悪い」と真摯に反省をすることが多いでしょう。

示談書に捺印をさせる。

不倫相手に慰謝料を請求することはどうしても時間が掛かるため、お金ではなく純粋にこの不倫関係を止めさせたいのであればお勧めです。

相手女性に対して、「これ以上、不貞行為や交際を続けるのであれば300万円を支払う」という旨を記載した内容の示談書を作り、相手に捺印させる。

これであれば、相手への抑止力にもなりますし、もし相手がそのようなことをした場合にのみ支払う必要があります。

さらに言えば、夫が逆上することも抑えることが出来ます。最初からお金を払うということしてしまうと夫が一番に逆上をすることが予想されるので、、

相手の身内に相談をする

効果的な方法のひとつとして、不倫相手の親に相談を持ちかけてみることです。

どうしても慰謝料を請求を親にすることは出来ませんが、「私の夫とあなたの娘さんが不倫をしていて、私から言ってもやめてくれないので、ご両親からお話しをしていただけませんでか」

そして、ご両親から話しをして頂き成功した場合は、示談書を書かせた上で再度不倫をして場合の違約金などを設定をすることで今後、同じ人では起きないでしょう。

他にもご兄弟がいる方や親戚の方やもっといえばおじいちゃん、おばあちゃんに言われると聞かざるを得ない方にも有効です。

相手の両親などの住所を調べる時は、弁護士依頼→住民票→戸籍謄本→戸籍の附票と追っていけば、分かるはずです。

夫の職場に行く

夫の職場に行って、上司に相談をすることはとても効果的です。

仕事とは言え、プライベートに上司が入ってくることをやはり気持ちとしてはいやでしょう。

それも男性にとって、仕事は切っても切れないものですので一生働く職場にそのような話しをされた場合に今後何かしてしまった時にまた職場に来られるという気持ちが働きます。

ただ、その会社に夫が従事し続ける場合には昇進等が進まないというデメリットもあり、また世間体を気にする男性であれば退職をすることも考えられるので、デメリットも踏まえた上で慎重に行動を起こしていきましょう。

不倫相手の配偶者に相談をする。

不倫相手が結婚をしている女性であれば、旦那さんを突き止めてそこに電話をする、直接訪問をすることはとても効果的です。

当然不倫相手のパートナーも協力姿勢を敷いてくれるでしょう。あとは不倫相手をしっかり説得してくれるはずです。

プロに依頼をする

餅は餅屋でどの業界でもその道のプロはいます。不倫相手と別れさせることをプロとしているのは、「別れさせ屋」です。

案件にもよりますが、おおよそ100万円の価格帯で3ヶ月~程度で決着をしっかりと白黒を付けてくれます。

事前ヒアリング、計画を練り、ターゲット調査、戦略を立て、工作員による工作活動に移る。この流れをプロとして徹底してやるのが別れさせ屋です。

第3者だからこそ出来ることも多くあるため、ドラマのようなシーンを想像するかもしれませんが、実際には地道な努力をすることによって依頼者とその関わりある方の幸せをゴールとして工作を成功させます。まずは自分の置かれている環境を相談をしてみるのもありです。

不倫相手と別れさせる方法まとめ

自力で出来ることは多くあります。自分の夫だからこそしっかりと決着を付けたい。不倫相手と別れて欲しい気持ちを行動に変えていきましょう。

プロにお願いをすることも恥ずかしいことではありません。ただ別れさせ屋は悪質な業者もいるのも事実です。

これから別れさせ屋を決めるという場合には別れさせ屋の口コミ評判別れさせ屋の費用料金相場をしっかり比較して決めていきましょう。離婚を考えているという場合には離婚屋というサービスがあるのでチェックしてみてください。

別れさせ屋の口コミ評判

別れさせるカテゴリの最新記事