長崎県・長崎市の復縁屋!復縁工作の事例を紹介【診断テスト付き】

長崎県・長崎市の復縁屋!復縁工作の事例を紹介【診断テスト付き】

長崎県は車が必需品と考えられがちですが、マイカー通勤をするには道路事情があまり良くないため、「徒歩通勤」が日本一多いと言われています。ですから、復縁屋の工作にも徒歩で行うことも少なくありません。

そして長崎県民はお盆の墓参りを夜に行う風習があり、お墓の前でロケット花火や爆竹等の名入りもの系の花火をするのが恒例となっています。ですから、復縁工作でも対象者と一緒に墓参りに行ったりすることもありますし、工作の依頼がお盆前だと行動パターンが読みやすい傾向があるのです。

貴方に合った長崎県・長崎市に強い復縁屋が探せる診断テスト

復縁屋をどこにするべきか分からない、という方に向けて自分に合った復縁屋探しが出来る診断テストを用意。気になる方は試してみて下さいね。

Q1
始めての依頼なのでお試しや手軽に試せるのも検討している

長崎県・長崎市で復縁屋が行った工作事例

友達以上恋人未満の彼と復縁

私は大学時代に気になっていた男性がいて、その男性とは交際一歩手前まで行ったのですが交際に至らず別れてしまったのです。付き合ったわけではないので、復縁屋に依頼しても工作の対象外になるのでは?という不安はありましたが、相談に行ったところ対応してもらえるとのことだったので安心しました。

復縁屋のスタッフの方からは友達以上公人未満の関係まで進んだ二人を復縁させるには、対象男性の恋愛観や結婚観を知ることが重要だと教えて頂きました。また、復縁工作のステップとしてはまず工作員が利害関係のない第三者として接触し、対象者の本音を聞き出していくことが最初のステップとなる、とのことでした。

工作員の方が彼の身辺調査を行い、接触をしてくれている間に私のサポートも並行して行うことで彼を復縁まで誘導しました。恋愛当事者では気づけない点を工作員がアドバイスを行い、私と工作員の方と彼の二人三脚でゴールを目指しました!

そして、復縁屋に依頼をしてから半年足らずで復縁に成功することが出来ました。もっと長期戦になると思っていたので、こんなにも早く復縁出来るとは思わずとても驚きました。復縁屋のスタッフの方々の腕には大変驚かされました、ここまで頑張れたのは皆さんのおかげだと思っています。

一目ぼれの彼女

なかなか出会いが無かった私は、結婚相談所にも登録していましたがサッパリでした・・・でも出会い系を利用するのは抵抗があり、友人に誘われたお見合いパーティーに参加しました。この時に出会った彼女に一目ぼれをしてしまい、何とか連絡先を交換することが出来たのです。

彼女もまんざらでもなさそうで、話も盛り上がりました。数回デートを重ねましたが、彼女は上品で可愛くて、誰かに盗られてしまうのでは?という不安から少し無理やり告白をして付き合うことになったのです。告白の仕方は少し無理やりだったかもしれません・・・。

付き合うことにオッケーしてくれた彼女でしたが、2ヶ月経った頃にメールで「やっぱり付き合うのを辞めたい」と来ました。ショックで彼女に何度もメールで「何で?嫌だ!」と送ったのですが、反応はありませんでした。

彼女とはそれ以来連絡が取れなくなったので、復縁屋に依頼をしました。カウンセリングで経緯をお話ししたら「深追いするのをすぐに辞めるようにしましょう」と注意を受けました。この時になぜダメなのか?ということまで丁寧に教えて頂いたので納得出来ました。

一旦メールや電話での連絡を一切辞めました。カウンセラーの方にお話をするうちに私と彼女との温度差に原因があるのでは?という推測がなされて、詳しく調査をしたところ・・・なんと彼女はまだお見合いパーティーに参加していたのです!しかも、別の男性数人からも言い寄られていたようです。

女性の工作員が彼女に接触をして、婚活中という設定もあったためにすぐに意気投合して彼女の本音を聞き出すことが出来ました。彼女の話によれば第一印象は落ち着いた感じだったのに焦っている感じとかガツガツして重かった、ということでしたが嫌いにはなっていないという事実も分かりました。

そこで、彼女に合わせて楽なお付き合いを始めるために押す恋愛を辞めて、自分の魅力を少しずつ知ってもらうところから始める計画になりました。ギャップ作りや焦ったとき、感情が高ぶったときの対処法などをしっかりとアドバイスをしてもらい、計画通り軽いメールからスタートしました。

軽さ誘うと、ビックリなことに彼女がノッテきてくれました。アドバイスを参考にしながら3ヶ月間は緩い友達関係で何度か会って、改めて告白したら嬉しい返事をもらうことが出来ました。今は自信を持って彼女と付き合えることが本当に嬉しいです。

何気ない発言で夫婦関係に亀裂

お互いに仕事も忙しく、趣味もあったので結婚しても一緒にいられる時間はあまりなかったように思います。たまたまお互いに時間が出来たので、久しぶりに一緒に長い時間を過ごしたからか、夫の1つ1つの行動が目についたり、言葉が気になってイライラしたりしていました。

段々とその環境にマンネリを感じてしまい(夫は特に何も感じてない様子でした)風邪をひいてしんどかったこともあって、夫に「何も楽しくない」と八つ当たりしてしまいました。それまで何も言わなかった夫は「そう思ってたんだ・・・」と一言だけ残して出て行ってしまったのです・・・。

すぐに帰ってくると思っていましたがメールも返ってこないし、電話にも出ないしで、パニックになってしまい、話を聞いてもらいたいらしくて復縁屋に相談をしました。カウンセラーさんはわつぃが冷静になるまで、長い時間話を聞いてくださいました。

とにかくどうすればいいのか?と質問ばかり繰り返す私をなだめ、気持ちが落ち着いてきた頃に少しずつ夫が出ていくまでの経過を話すことが出来ました。振り返っていくうちに自分は悪くないと思っていたけれど、自身の至らない点や気づかなかった夫のSOSを発見することが出来たのです。

カウンセラーさんは私の中にある原因の分析、工作員さんは夫に接触して直接夫からの本音を探ってくれたのです。この連携はプロである復縁屋でなければ出来ないことだと感じました。調査の結果、夫はビジネスホテルから通勤をしていました。

また夫はある飲み屋に入り浸っているということで、一瞬浮気を疑いましたが幸い男女の関係はなく、話を聞いてくれる存在として夫なりに相談をしているだけのようでした。工作員さんは夫の入り浸っている店に一緒に行って、本音を聞き出すと一番の原因は夫の母親にあったというのです。

私から姑である義理の義母は、明るくサッパリとした人で嫌なイメージがありませんでしたが、夫からすると感情で抑えられて育てられていたらしく、いまだにそのトラウマが残っているというのことでした。

だから、私の八つ当たりが義母とリンクし、嫁も母親と同じなのか!と思ってしまったのだそうです。トラウマを解消するには、ある程度長い目で見なければいけないとの話だったのですが・・・夫は私を嫌いにはなれないとも悩んでいたようです。

工作員の方の話では復縁は不可能ではないとのことだったので「もう1度好きになってもらいましょう」と私に夫との関係を修復するためのアドバイスをいくつもしてくれました。その間にも工作員さんは夫に接触して私のフォローをしてくれていたみたいです。

その甲斐があって家を出て行った夫から久しぶりに連絡が入って食事をすることになりましたが、夫は「久しぶりに会えて嬉しかった!」と喜んでくれました。2回目、3回目と夫に会ったときも私が夫の聞き役に回ったり、会話中もカウンセリングで学んだことを気を付けました。

すると、夫は言いにくそうに「家に戻ってもいいかな?」と言ってくれたのです。復縁屋に依頼をしたおかげで、以前よりも本当の意味で仲良くなることが出来ました。自分で悩んで闇雲に行動を起こすよりも、プロの方の力を借りるのが一番いいと実感した経験でもありました。

長崎県・長崎市の復縁屋まとめ

今回は復縁屋に特化した内容を紹介しましたが、復縁したい相手に恋人が出来ていたり、浮気相手などがいる場合には「別れさせ工作」を行って2人を別れさせることもプロに依頼することが可能です。

別れさせ工作を専門とする「別れさせ屋」に工作を依頼するのがベスト。別れさせ屋工作を依頼するなら、長崎に強い復縁屋を選ぶ方が工作の確率が高くなります。長崎県に強い復縁屋を選ぶなら長崎県・長崎市に強い別れさせ屋5選を参考に読んでおいてくださいね。

別れさせ屋カテゴリの最新記事