大阪府で復縁屋が復縁工作を行った事例を紹介

大阪府で復縁屋が復縁工作を行った事例を紹介

復縁屋とは別れてしまった相手と復縁をさせる、時には復縁相手にすでに恋人がいた場合には別れさせ工作も行ってくれるなどしてくれます。これから大阪府で復縁屋に復縁工作をしたいと考えている方に向けて復縁工作に成功した事例を紹介します。

大阪府の復縁屋が成功させた復縁工作とは

大好きな彼氏と復縁出来た

私はまだ元彼のことが好きで、新しい彼女ができているかもと悶々とした日々を過ごしていました。
私が持っている彼の基本情報は、元彼の自宅最寄り駅と彼の職種、そして私と元彼が付き合っていた当時の写真でした。
私が何気なくいった「元彼はラグビー観戦が好き」という言葉が、大切なキーワードでした。
今回の大きな課題は元彼の自宅特定でした。しかも元彼の仕事はフリーライターの為、勤務時間は自分で決められます。
そのため最寄駅の近鉄布施駅前で彼が通るのを待つだけでした。
私達は南北それぞれの出口を手分けして張り込み、元彼の姿を探すことを誓い、調査日程を花園ラグビー場で試合がある日に決めました。
午前10時から駅前にいると、彼に似た男性が私達の前を横切りました。
調査員は試合終了まで待ち、花園ラグビー場から出てきた男性の尾行をしました。
アパート入口で男性が開けたポストを確認すると、そこに書かれていた名前は元彼と一致、こうして元彼と自宅を特定することができました。
夜になって自宅を出た彼は足代北のバーへ入り、マスターに軽く会釈をした後カウンター席に座りました。
工作員も彼を追いバーの中に入ると、元彼とマスターがラグビーの話で盛り上がっている最中でした。
「いい試合だったみたいですね、仕事で見ることができなくて」工作員がこう話すと、元彼は試合の様子を詳しく語りはじめました。
工作員もラグビーの勉強をしていたため、会話は盛り上がり2人は仲良くなりました。
工作員が名古屋から出張で来ていることを話すと、もともと話好きな元彼は色々と尋ねてきました。
工作員は話の流れにのり、自身の恋愛について話をしました。
そのうち元彼話始め、工作員が元彼の話を聞く番になりました。
元彼は私と別れてからは彼女は作らず、仕事しかしていないことがわかりました。
元彼は工作員との話しが楽しかった様子で、工作員に連絡先を求めてきました。
こうして私には彼の状況を報告し、彼への告白の背中を押す形となりました。
最終的には彼と工作員が一緒にいるところに私が出会う形を作り、3人での話から復縁をすすめ、無事に復縁することができたのです。

大切な妻と復縁出来た

私は3年前に離婚しました。
妻とは大学時代に知り合い、5年の交際をへて結婚。14年間夫婦としてやってきました。
長い付き合いもあり平穏な結婚生活だったと思います。
しかしそれが壊れたのは、私の両親と同居をしたことでした。
同居の理由は、父が病気をして介護が必要になったからです。
母は膝が悪いため介護ができず、私たちがサポートするために同居を始めたのです。
妻は父の介護の手伝いとパートの毎日で、介護に疲れた母のストレスのはけ口になっていました。
私は仕事優先で、父のことは妻に任せっきりだったその時、妻は介護に疲れ離婚届を出してきたのです。
私はやっと家族との時間や妻とのコミュニケーションが必要なことに気づいたのです。
全て自分が悪いので別れるしかないと思いました。
私は仕事と介護でいっぱいいっぱいで、妻がいなくなった生活を考える時間はありませんでした。
しばらくすると、両親が他界し、介護が終わり、ぼんやりしていると妻に会いたい気持ちが強くなりました。
しかし、何と連絡して良いか考えることができず、踏み出すことができませんでした。
インターネットを検索すると復縁屋の文字があり、さっそく復縁屋に依頼しました。
妻は編み物が好きで、千里中央駅にある手芸屋さんによく通っていました。
妻とはそこで工作員の方と仲良くなったそうです。
甘いものが大好物な妻は、工作員の方を自分の好きなカフェに連れて行ったそうです。
そこはアップルパイが美味しい店で、私ともよく通っていた店でした。
妻のことを何度も思い出し、恥ずかしながら切ない気持ちになりました。
私は仕事や介護の毎日で色んなことを忘れていました。
妻の笑顔をだいぶ見ていないことも。復縁屋さんに依頼して1年が経ち、今私の隣には笑顔の妻がいます。

復縁屋が行った別れさせ工作と復縁工作について

浮気相手と別れさせて夫と復縁出来た

夫の帰りが遅くなる事や出張の回数が増えた事から夜の回数等も減り、少しづつ話しをする機会も少なくなっていた事に不安を感じた私が夫の寝ている間に携帯電話を確認し、LINEの中身を見てしまった所から不倫の事実に気付く事になる。
そして私が選んだのが復縁の道だった為、不倫のことを知っていたけれど気付かないフリをして関係修復のために自分なりに努力をしていました。
復縁する為に遅くなっても文句を言わず食事の用意をするなど、家に帰って来ても辛くない環境をつくることを心掛けます。
しかし、夫はそういった事に気付かず不倫関係を続けます。対処法が何も思いつかなくなった私はそこで初めて復縁相談する事になりました。
不倫の事実を突きつけて離婚をしないのであれば夫と不倫相手を別れてもらわなければいけません。
相手の情報がLINEの中身から同じ職場の部下である事は判明しているのでまずは誰かを特定しなければいけません。
情報を集めた後、不倫相手も妻子持ちである事が分かりました。
元々、帰りが遅くなるなどでグチをずっと言っている私と顔を合すのがストレスになり、最近では何も言わなかったけれど、いつ言われるのか分からない事から帰宅したくないという気持ちを持ってしまっていたために不倫をしてしまったといいました。
私が夫の事を気遣ってもらっている様には思えず、1人の人間として接してくれている不倫相手に依存してしまっていたと。私がとっていた行動は間違っていた訳ではなかったが、正しい方向ではなかったという事になり、正しい方向にすすめていくためにアドバイスを行い、少しづつ私に夫の望む形を行動として与えていく事で夫が家に帰ってくる際にストレスを感じる事なくなり復縁するまでに至った。

浮気相手と別れさせて彼と復縁出来た

私は彼に一目ぼれをしてすぐに彼のことを好きな気持ちを伝えました。
無事付き合うことができ仲良く過ごし始めてから2年が経過したころ、彼が浮気相手と一緒にデートしているところを友達が目撃し「手をつなぎながら大阪駅の周辺を歩いていたよ」と話を聞いたのです。
彼には「私のこと好きではないの」と聞きましたが、私よりも浮気相手のほうが好きだと言われ振られてしまいました。
諦めることができず彼には何回も復縁の話をしましたが、彼のもとに帰ってくることはありませんでした。
自分の力だけでは復縁できないと考え、復縁屋に依頼しました。
依頼をしてから1週間後、彼は浮気相手と大阪駅近くにある服屋に行くのを確認し、彼が浮気相手と別れた後、尾行しました。
パチンコ屋で働く浮気相手の勤務先に女性工作員がお客さんとしていくことに。
女性工作員は何度もパチンコ屋に通い浮気相手との仲の良い関係になりました。
深い話しができる仲にまでになり、浮気相手と飲みに行く約束をしたのです。
工作員が浮気相手がイルカが好きだとわかったので、一緒に水族館に行くことになり、水族館の帰りにイルカ好きの仲間との食事会に誘い見事、食事会に参加してもらうことができました。
イルカ好きの仲間には男性工作員もおり、2人に接触することができ、イルカの話題で盛り上がり、連絡先を交換することに成功しました。
それからは3人で水族館に行く機会もあり、男性工作員と浮気相手は恋人寸前の関係にまで発展しました。
男性工作員は浮気相手に恋愛感情があることを伝えましたが、すぐには回答はもらえせんでしたが、浮気相手が女性工作員に男性工作員について相談してきたので、工作員の男性と付き合うようにと勧めてくれました。
浮気相手は男性工作員を選び、彼からは「浮気相手とはもう会わないから、もう1度やり直してほしい」と言われました。

大阪府で本気の復縁をするなら復縁屋に依頼を

大切な人と本気で復縁をしたいなら、1人で悩まず復縁屋に依頼をしてプロのアドバイスを聞くことも大切です。復縁屋を利用・依頼をして復縁の可能性を最大限に拡大させましょう。成功率をどうしても上げたいというのであれば、調査力や工作力のある復縁屋に復縁工作を依頼したいものです。失敗しない復縁屋選びを進めるためにも、復縁屋の料金や復縁工作口コミ評判大阪府に強い別れさせ屋の口コミ評判を見ながら自分に合った復縁屋を探してみて下さい。

別れさせ屋カテゴリの最新記事