別れさせ屋は違法?合法?離婚工作をしたらどうなるの?

別れさせ屋は違法?合法?離婚工作をしたらどうなるの?

別れさせ屋は違法ではない!?

別れさせ屋は違法か合法なのか、依頼をする方にとっては自分がそこに加担をしてしまうか不安になるものです。

結論から申し上げると、別れさせ屋は違法ではございません。但し、その工作内容が違法なケースもあるということです。

それでは違法になるケースを紹介致しますので、内容に即する工作を行おうとしている別れさせ屋は避けるようにしていきましょう。

別れさせ工作が違法性のあるケース

公序良俗に反する行為を行っている場合

例えば夫婦関係にある二人を引き剥がそうとするために、工作内容が肉体関係にまで及んで別れさせるということは公序良俗に反しているといえます。

夫婦関係にある場合は法的な貞操義務があると言えるからです。

これが夫婦でなく、付き合っている場合では異なることもあります。

民法90条公序良俗について

法律に触れてしまう工作や方法を用いた場合

これは探偵でも一緒ですが、浮気調査などを行う際に重要な証拠を取れないからといって、ターゲットの家に侵入してしまえば不法侵入に当たります。

つまり別れさせ屋だからダメであるということはなく、どんな業界でも法律を犯して犯罪をする工作や方法を用いる場合は違法となります。

別れさせ屋の判決事例

「別れさせ工作」道徳違反か2018年8月29日に地裁判決

2016年元恋人女性との復縁を望む男性が別れさせ屋に依頼し、約130万円で契約を結んだ。

工作を行い、元恋人女性は付き合っている男性と別れたという結果になりました。

ただ依頼人の男性が未払い金70万円の支払いを巡り、別れさせ屋と対立をして争っている最中。

別れさせ工作活動が社会道徳に反しているか争われた訴訟の控訴審判決が29日、大阪地裁で判決が下されます。

1審の大阪簡裁は「社会道徳に反さない」と判断したものの、大阪地裁での判決がどう出るのか注目です。

「別れさせ工作」道徳違反か…29日に地裁判決(読売新聞) – Yahoo!ニュース

上記の追記となりますが、結論として「公序良俗に反していない」と大阪地裁は判決を出しました。

具体的な工作内容について、工作員の女性が道を聞くふりをして、ターゲット男性に接触をする。

少し話しをした後にターゲット男性が女性工作員を食事に誘い、連絡先の交換まで行った。

その後ターゲット男性と付き合っている女性がデートしている最中に女性工作員が登場して、「私も何度か食事に行った」と告げた。

この1件以降、ターゲットの男性と付き合っている女性は別れて、別れさせ工作は成功となったわけです。

大阪簡裁「交際を解消するかどうかは付き合っている女性の意志によることになる。そうなると、公序良俗に反しているとまでは言えない」こう述べて支払いを命じた。

着手金80万円と成果報酬40万円の支払いの判定を下した第1審を支持した格好となった。

「別れさせ工作」は是か非か…注目裁判、その結果は(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

「別れさせ屋」は違法ではないと大阪地裁が判決。理由は「公序良俗に反しない」依頼女性に90万円余支払い命じる。

2014年9月に大阪在住の依頼人が、別れさせ屋に「付き合っている二人を別れさせてほしい」と依頼

料金は着手金90万円、成功報酬45万円

別れさせ屋の工作は男性工作員がターゲットを尾行して、道端で顔見知りになる。

その後、偶然を装ってターゲットと再会をして知人となる。

別れさせ屋はそのターゲットと電話番号を交換して、LINEで連絡を取り合う中までに至り、デートの取り付けもした。

これによって、付き合っている二人は別れさせることに成功したかのように思われた。

しかし、依頼人は別れさせ屋への料金支払いを拒否をすることをしました。

大阪簡裁の1審で「別れさせ屋はターゲットの恋愛感情を弄び、人格的利益に対しての損害があるとして契約は無効である。」と判決を下しました。

別れさせ屋はこの「法律に違反する契約は無効」判決に不服として控訴

大阪地裁の2審では判決が一転して「別れさせ屋と依頼人での契約は適法である。」と判決を下して、依頼人に90万円ほどの支払いを命じました。

大阪地裁での判決内容は「別れさせ屋との契約内容が公序良俗に反しているとはいえない。」と判断した。

理由として、依頼内容の2人は実際には付き合っていなかったこと、金品を要求するなどはなかったこと、肉体関係にも及んでいないこと

上記内容から法廷の場で、別れさせ屋が勝訴をした結果となります。

別れさせ屋が合法なのか

別れさせ屋は違法ではないですが、「別れさせ屋」の工作が公序良俗に違反する可能性もあります。

また弁護士が言うには、別れさせ屋が合法かどうかを判定するには、別れさせ屋を利用する目的や動機、その工作する手段、別れさせ屋からの説明内容や費用などを総合的に考慮する必要があるとの事でした。

例えば、息子や娘が反社会的勢力の方とお付き合いをしているとします。

そうなった時、親族から別れさせ屋に依頼をする場合などは違法である目的等ではないことが伺えます。

別れさせ屋で依頼をして大丈夫かまとめ

結論としては、ちゃんとした別れさせ屋に依頼をすれば大丈夫であると言えるでしょう。

ただ多額の費用が発生すること、後ろめたい内容を他の人に相談出来ないこその閉鎖感があることから心配になります。

また悪徳業者はその心理的な依頼者の弱みを突いて、多額の請求や追加費用を要求してきます。

悪徳な別れさせ屋を選ばないために自分が騙されないように知識を付けていくこと、また別れさせ屋に依頼をする前段階、相談時の対応を見ることも有効です。

別れさせ屋の口コミ評判

別れさせ屋カテゴリの最新記事