2001年に放映されたドラマ「別れさせ屋」とは?

2001年に放映されたドラマ「別れさせ屋」とは?

ドラマ「別れさせ屋」とは

2001年、日本テレビ系で放送されたテレビドラマです。依頼によりあらゆる男女を別れさせる「別れさせ屋」の活躍を描いています。村上里佳子(一ノ瀬美郷)が主演を務め、奥菜恵(水沢千春)、中村俊介(原亮一)、内藤剛志(久留米留吉)が共演しています。1回完結のドラマで構成されており、話題性の高いドラマになっています。

第1話 愛を引き裂く闇のプロ集団

夫と別居中の美郷は、出入りの営業マンである三宅との不倫にのめり込む。
ある日、美郷のもとには写真が、三宅には不倫の盗聴テープが送られてくる。
実は、別れさせ屋が監視していたのだが、逆に2人の絆を深めることに。
作戦は失敗だと思われたが、三宅がヤミ金融から多額の借金をしている事実が発覚。
別れさせ屋のあらゆる手段・工作・演技で二人を引き裂く。
第1話は、美郷が別れさせ屋に雇われるまでを描いています。

第2話 3人の愛人を持つ夫

生活費だけを家いれる夫の「浮気調査」の依頼が来た。

別れさせ屋は、張り込み、盗聴などで3人の浮気相手を発見。
報告を聞いた依頼人は落胆し、別れ工作も併せて依頼。

浮気相手同士を会わせる事と新しい女性を登場させるように工作することに。

美郷が浮気相手たちに「別れさせ屋」の存在を明かすことで修羅場に。

実は夫は依頼人の事を心から愛しており、浮気の原因は夫婦のあいだに子供がいないことだと

打ち明けられ、依頼人と夫は、夫婦関係を再スタートさせる。

第3話 ストーカーと別れる方法

それは、真夜中の留守電から始まった。
27件の留守電メッセージは、全て無言。
常にだれかに見られているという一人暮らしの女性の部屋の恐怖。
今回の別れさせ工作の金額は50万円。

依頼人の部屋を調べると、
まずは、フランス人形の左目に隠された盗撮機を発見。

ストーカーは、依頼人のアパートの裏に住む大学生だと判明。

美郷が「逆ストーカー」を行ったことにより、ストーカーは相手の立場や気持ちが分かり、依頼人に謝罪をすることに。
しかし、悪質なストーカーは別人だったことが判明。
なんと犯人は依頼人のアルバイト先の店長で、ゴミあさり、盗聴などほとんどが店長の仕業だったのだ。

第4話 結婚式で別れさせろ!!

依頼人は、自身が勤めている広告代理店の常務の一人娘と結婚するため、彼女に別れを告げるが、

納得されずに、別れさせ屋に依頼する。

依頼内容は、彼女と別れ、常務の一人娘と無事に結婚式を挙げること。
成功報酬を含め工作費は500万円の依頼だった。
結婚式は始まり、予想通り彼女が会場に現れた。
現状に納得いかず、落ち込む彼女に、
美郷は「あんなやつとは別れよう」と説得をする。

司会者は、依頼人の辛い過去や苦労を紹介し、彼の優しさをうったえる。
そして、強い男へ変わる、彼が立ち向かう姿を、強く優しく演出することで彼女の心は揺らぐ。
彼女は納得し「結婚おめでとう」の言葉を発したことで、別れさせ屋の工作は完了!

第5話 政治家の愛人を別れさせろ!

今回の依頼人は国会議員の秘書。選挙前に国会議員の愛人を暴く動きを把握し、

愛人と別れるよう助言するも相手にされず、成功報酬を含めて1000万円で別れさせ屋に依頼。

相手は25年間も付き合いがある料亭の女将だ。

亮一は板場見習としてリサーチし、国会議員が一億程の金が必要だと知る。

財)日本経済済世協会の理事長に扮した留吉に対し、新しく通信事業の会社を興す女性に扮した美郷は
「国の銀行の貸し渋り対策金を自由に出し入れできる理事なら、
2億ぐらいなんとかならないか」と女将を詐欺の共犯者にする作戦に。

ところが亮一が、政治生命まで奪おうと一人勝手な行動に。
実は亮一は国会議員の愛人の息子だったのだ。女将が議員の裏帳簿のお金を把握していることが判明し、帳簿はだるまの中に。
女将の手で割らせることで2人の仲を引き裂くプランだったが、まさかの工作失敗!!

別れさせることができず、依頼人はクビに。報奨金は入ってっこなかった。

第6話 高校教師教え子愛と死の純愛

依頼人と高校教師の彼は婚約中だが、彼が生徒と浮気していることが判明。

今回の別れさせ工作の成功報酬は200万円。

彼が入院したため、亮一は医大生になりすまし、生徒を誘惑するが失敗。

彼とは同じ音大で交際していたと嘘をつく千春。生徒は、マンションから飛び降り、
彼と同じ病院へ。

彼は白血病で、骨髄移植を早急に行わないといけない状態である。
実は依頼人が彼の婚約者だというのは嘘で、本当は彼の親友の婚約者。
彼は死を覚悟しているために、生徒と別れたいと。親友は彼の事を想い、それを手伝っていたのだ。

そんな時、彼と千春はHLAが適応していることを知り、骨髄を移植する事を決める。

彼の死や婚約者の存在が消えたら、彼への恋心も消え始め、彼と生徒は別れることに。

第7話 不倫OL占い工作

依頼人は幼馴染の女性の不倫をやめさせるよう依頼。

始めの工作は幼馴染を占いに連れていくこと。
占い師に扮した留吉は、調べ尽くした幼馴染の事を命中させて信用を得、
「運命の男が現れる」と予言。

運命の男は亮一扮する妻子ありの貿易会社社長。
幼馴染が殴り、抱き合って寝る相手が運命の相手だと占い師に聞いているため、
仕組まれた工作で、亮一を殴り、抱き合って寝た事に驚き、亮一と幼馴染の仲は急速に発展するが、

急に亮一の転勤先がパリに決まる。そんな時に幼馴染の不倫相手もリストラに。

亮一がパリに発つ日に、不倫相手からも会いたいと連絡が。幼馴染は亮一を選び、急いで空港に向かうが、亮一の隣には妻子が。

第8話 人質監禁復縁せまる爆弾魔

謎の男が爆弾を千春の体に仕掛け探偵社に立てこもった。

実は、謎の男は半年前に別れさせ屋によって元彼女と別れていたのだ。

謎の男と会うことを拒否していた元彼女が探偵社に来るも、復縁を迫る謎の男に対し、とうとうナイフを向けたその時、

爆発1秒前に何とか爆弾のタイマーを切ることに。元彼女が謎の男を刺そうとしたとき、美郷が男をかばう。

出血しながら倒れこむ美郷だが、実は出血は嘘で特殊ナイフと、血のような物が入ったホッカイロもどきで美郷は無事だった。

第9話 最後の依頼人・涙の再出発

千春のもとに美郷の娘が。美郷には黙って「父と愛人を別れさせて欲しい」と依頼にやってきた。

美郷も夫を張り込んでおり、夫は愛人が貯めた金で託児所を経営しているものの、700万円の借金が。

工作員をスポンサーになると近づかせるが、夫は拒否。
次に、弁護士扮した千春が、
返済不可能なら実家の土地を生前贈与でなんとかしろと持ちかけ、修羅場を作る。

二人の固い愛、支えあう愛を見た美郷は、
「悔しいが二人は愛しあい支えあって生きている。
娘と義母が自分を恨み、愛人と夫を家に迎え入れるように
依頼を変更してほしい」と千春に頼んだ。
美郷は歯を食いしばりながらも、あかりと義母に冷たくし続けていたが、
義母はそんな美郷の考えを見抜いていた。

別れさせ屋ドラマまとめ

別れさせ屋はドラマではスムーズに成功できる印象を与えていますが実際はできないこともあります。ストーカーからの依頼や倫理上にそぐわない環境は依頼できないことも。別れさせ屋に依頼をしたいと考えている方は別れさせ屋の口コミ評判ランキング別れさせ屋の口コミ評判ランキングを見ながら後悔しない別れさせ屋選びを進めていきましょう。

別れさせ屋カテゴリの最新記事