様々なパターンがある!復縁工作の失敗事例

様々なパターンがある!復縁工作の失敗事例

「あの時別れてしまったけど、もう一度関係をやり直したい!」
「数年前に離婚したけど、やっぱり想いがどうしても捨てきれない!」
そんな悩みを抱えている方を救う復縁屋は、日本各地に数多く点在。
プロフェッショナルな工作員が行うため、素人の方よりも復縁しやすくなります。
しかし、100%確実に復縁工作ができるわけではありません。
今回は復縁工作が失敗してしまった理由や実際の失敗事例などを紹介します。
これから復縁屋に依頼したいと考えている方は要チェックですよ。

復縁工作が難しい理由

正直なところ、復縁工作というものは難しいこと。
なぜなら、依頼者の相談内容によって大きく変動するためです。
別れ方や別れた時期はもちろんのこと、予算や結婚の有無などによって難易度が異なります。
例えば日頃から連絡を取り合っており、相手に新しい恋人がいないのであればスムーズな復縁工作が可能。
一方で全く連絡を取っていないどころか住んでいる場所さえ分からず、分かったとしても相手が既婚者であった場合はかなり難易度が高いです。
近年ではインターネットとの関わり具合も復縁工作の難易度に影響します。
相手がTwitterやFacebook、InstagramといったSNSを積極的に使っているならば難易度が下がりますが、インターネットにあまり関わっていない場合は高難易度に。
SNSであれば、そこから仲良くなったり情報収集できたりしますが、そのようなものをしていないのであれば時間がかかってしまいます。
また、復縁工作はあくまで依頼者と相手を復縁できるように繋げてあげるだけであり、そこからの関係については干渉しません。
そのため、例えば復縁工作が成功したとしても、その後の関係が悪ければすぐに別れてしまいます。
別れないためには前の自分とは違う魅力を持つことが大切ですが、復縁屋では依頼完了後の対応までは基本的に行っていないため、注意が必要です。

復縁工作が失敗する原因

どれだけプロフェッショナルな工作員であっても、与えられている情報や状況によっては失敗することがあります。
例えば依頼者から与えられている情報が間違っていた場合、正しく復縁させるための工作が行えず、むしろ悪化させてしまう可能性も。
中には依頼を引き受けてくれないかもしれないという不安から、意図的に嘘を伝えている場合もあります。
また、依頼者が勝手な行動をしてしまうのも失敗する原因に。
復縁工作というものは慎重かつ時間をかけて行うことで、自然な形で復縁させられます。
しかし、依頼者が直接ターゲットに逢おうとしたり、こっそりとメッセージを送ったりすると、せっかく復縁屋が組み立てた計画が崩れてしまいます。

復縁工作の失敗事例

復縁屋の失敗事例はいくつかありますが、その中から2つのエピソードをピックアップして紹介します。
もし復縁屋で失敗したいくないのであれば、以下の失敗事例は非常に重要な参考資料となりますよ。
なお、復縁屋は秘密第一で対応しているため、今回のエピソードは一部を脚色しています。

どうしても彼に逢いたいが故に・・・

依頼者は20代後半の女性であり、キャリアウーマンとして大手企業で活躍していました。
依頼内容は1年前に別れた彼と復縁したいというもの。
元彼とは結婚する計画まであるほど関係が良かったものの、1年前に破局。
依頼者はどうしても彼への想いを捨てきれずに復縁屋に依頼しました。
相談内容としては特に変わったものではなく、予算や調査内容を話し合った上で契約することに。
元カレに対する情報収集を行った工作員が、慎重にターゲットと接触して本格的な復縁工作が始まりました。
計画であれば時間をかけてゆっくりと進めていく予定ですが、接触してすぐに問題が発生します。
どうやらターゲットは、依頼者にひどく怯えているらしく、計画よりも長引く可能性があると伝えてきたのです。
どうやらターゲットは、依頼者に過度な束縛状態に置かれていたらしく、その生活が耐えきれずに別れたとのこと。
確認のために依頼者に聞くと「束縛なんてしていない」の一点張り・
復縁屋としても、難しい状況に立たされてしまいました。
そんな中、工作員がターゲットに再び接触すると、ターゲットからあるメッセージを見せられました。
そのメッセージには、遠回しな表現で復縁屋に依頼していることや復縁したいことなどが記載。
このメッセージを見た工作員は驚愕しました。
なぜなら、依頼者には勝手にメッセージを送らないことを伝えていたからです。
幸い工作員としての身分がターゲットにバレてしまうことはありませんでしたが、メッセージのせいで計画が崩壊。
結局、依頼者の予算不足で終了しました。
依頼者は「どうしても逢いたくてメッセージを送った」と述べていますが、それでも果たして復縁して2人が幸せになったのかどうかは怪しいところです。
ただ、復縁屋としては今後このような案件が増える可能性があると考え、改めて気を引き締めて多くの方の依頼に応えています。

嘘の情報で復縁屋に依頼したせいで・・・

ある時、40代の男性から恋人と復縁したいという相談がありました。
細かく内容を聞くと、依頼者は数年前から20代の女性と付き合っていましたが、数ヶ月前に破局。
しかし、依頼者はどうしても想いが捨てきれないため復縁したいというものでした。
年齢差はありますが、特に問題のあることではありません。
依頼者も「年の差婚と言われて恥ずかしい思いをするかもしれないけど、もし復縁できたのならば結婚を目指して改めて付き合いたい」と述べていました、
依頼者は本気で復縁を望んでおり、ターゲットが嫌いだったタバコも辞めて、おじさん臭いと思われないようにファッションを勉強しておしゃれな格好に。
ここまで真剣に復縁を望んでいるのであれば、工作員としてもしっかり応えたいという気持ちが生まれます。
費用や計画の流れも理解してもらい、依頼者と契約を結びました。
事前調査においてターゲットが問題を抱えていることはなく、誰かと付き合っているという情報もありませんでした。
もし誰かと付き合っているのならば、別れさせた上で復縁工作を行わなければいけなくなってしまいます。
しかし、今回のように特に付き合っている人がいなければスムーズに復縁工作が可能。
ターゲットの情報を覚えた工作員は、早速ターゲットである20代女性に接触しました。
最初は問題ありませんでしたが、段々と話が食い違っていくことに気が付きました。
そして、工作員はターゲットから「元彼いい人だったけど既婚者だったし・・・」という衝撃的な言葉を聞かされることに。
相談の際、男性は既婚者ではなく独身であると述べていました。
その言葉を信じて計画を練ったものの、もし依頼者が既婚者であれば新たに計画を練り直す必要があります。
本当に既婚者なのか依頼者に聞いてみると、嘘をついていたことを述べました。
どうやら不倫関係であっターゲットと復縁したいという相談は受け付けてもらえないのではないかと思ったらしく、断れたくないために嘘をついたそうなのです。
まだターゲットに対して深く関わっていない段階だったためにある程度調整できましたが、もし深く関わっている状況であったならば台無しになってしまっていたでしょう。
現在は、依頼者から本当のことを教えてもらい、もう一度確実に復縁工作を行うために計画を練り直しています。

復縁工作を失敗しないためには?

せっかくお金を払って復縁屋に依頼したにも関わらず、失敗して予算が尽きてしまうのは多くの人にとって避けたいことですよね。
復縁屋の交際で失敗してしまわないためには、依頼するときに2つのことを守りましょう。
1つは誠実に答えることであり、嘘を伝えてしまうとスムーズに復縁工作を行うことができません。
復縁工作は依頼者とターゲットの関係や時期など、様々な状況によって動きが異なります。
そのため、しっかりとした情報を伝えなければなりません。
もう1つは、復縁屋の言うことを守ること。
もし勝手にメッセージを送ったり、復縁屋に依頼していることを広めたりすると、工作員であることがバレてしまう可能性が上がると同時に、ターゲットが警戒してしまいます。
ただでさえ難易度が高い復縁工作であれば、警戒心を持たれてしまうだけでも成功できなくなってしまいます。

復縁屋の復縁工作失敗まとめ

上記の失敗事例のように、どんな復縁屋であっても確実に依頼をこなしてくれるわけではありません。
しかし、その失敗というのは復縁屋ではなく、依頼者の行動が原因で引き起こされる場合があります。
もしこれから復縁屋に依頼するのであれば、嘘をつかずにしっかりと相談内容を伝え、復縁屋の指示に従いましょう。
また、初めて復縁屋に依頼する場合は以下のリンクで様々な復縁屋を比較しつつ選んでみるのがおすすめです。

復縁屋の口コミ評判おすすめ比較10選【復縁工作の値段料金比較表付き】

別れさせ屋カテゴリの最新記事