略奪婚の慰謝料を減らす方法とは【略奪愛の離婚慰謝料相場付き】

略奪婚の慰謝料を減らす方法とは【略奪愛の離婚慰謝料相場付き】

慰謝料が発生するパターン

離婚が成立する際に裁判所がその離婚事由が夫の「不貞行為」に値すると判断した際に慰謝料が発生します。また慰謝料は元夫だけでなく、その不倫、浮気相手にも請求をすることが出来る為、どれだけ自分たちの負担が大きくなるのかを予測したほうがよいでしょう。

慰謝料の金額が決まる考え方は3つあり、

  • 婚姻時に浮気相手とのSEXの有無
  • 浮気相手が夫に妻がいることを知っていた
  • この浮気が原因で離婚に至った

という観点で証拠が揃えられていき、裁判所の判断でその金額が数十万から数百万と決まってくるようです。

慰謝料にかかる費用

浮気、不倫による慰謝料の相場は実はありません。しかし、証拠や離婚の有無によって金額が変わります。

浮気をしたが婚姻関係は継続 浮気をしたが別居 離婚になった
~100万円程度 100万~200万円程度 200万~300万円程度

もちろん提示された証拠によってこの金額が変わってきます。慰謝料を払えるお金がたくさんあるというのであれば、奥さんが気のすむ金額を支払えば丸く収まるかもしれませんが、なかなかそういったわけにはいきません。

彼の実際の年収やもし子供がいた際には子持ちの略奪婚の方法も踏まえながら、養育費なども念頭に考えて別れを切り出す前にどれくらいの慰謝料が払えるか、どれくらいの慰謝料に抑えたいかということを考えながら彼と奥さんの離婚への道を導いていきましょう。彼も奥さんとの離婚で精いっぱいなので、なるべく彼の負担にならないようにあなたが情報提供をしてあげることが彼が助かり、あなたへの好意もより膨らむことでしょう。

略奪婚時に慰謝料をなるべく抑える方法

弁護士に相談

弁護士に相談をすることで法律的観点から慰謝料を抑えるコツを教えてもらえることが出来ます。なるべく離婚をするという段階で相談をしてみたほうがよいでしょう。大抵の場合は、奥さんから慰謝料の請求をされてから動く場合が多いですが、事前に相談をすることで、慰謝料を軽減出来る可能性を高められます。

別れさせ屋を使って離婚事由を作る

別れさせ屋を使うことで、奥さん自体の不貞事由を作ることが出来ます。例えば、別れさせ屋が男性工作員を派遣して奥さんと男性工作員を恋愛関係に発展させる。そしてその不倫状況を固めるための証拠集めまでしてもらい、奥さんとの交渉や裁判時にその証拠を使うことで慰謝料の軽減、もしくは逆に慰謝料をもらえるケースがあります。

他にも慰謝料をある一定の金額以上もらえないと彼と別れないという奥さんもいるため、そういった際には女性工作員を奥さんに派遣してもらい、その女性に浮気をされて離婚をしたが、今は慰謝料もある程度もらえて満足している。もらいすぎては彼が困るし、別れなければ今の状況から好転はしないなど諭してもらうことで、奥さんから別れを切り出してもらえるというパターンもあります。

ベストなタイミングとしては彼が奥さんに離婚を切り出す前に別れさせ屋に依頼すべきです。実際に依頼をするときには別れさせ屋の口コミ評判別れさせ屋の料金費用をチェックしながら慎重に決めていきましょう。

略奪婚の慰謝料まとめ

略奪婚をするには相当の体力と根気がいります。奥さんが働いているならまだしも専業主婦であったりすると尚更別れにくいことでしょう。他の略奪婚の成功方法も参考にしながら彼と結婚できるように進めていきましょう。

略奪婚カテゴリの最新記事