略奪婚のその後は幸せ?不幸?後悔してる?略奪婚でも幸せになる方法

略奪婚のその後は幸せ?不幸?後悔してる?略奪婚でも幸せになる方法

略奪婚でも幸せになれる方法

略奪婚は一緒になるまで障害がいくつもありますが、無事に結婚してからも障害が待っていることが多いのです。不倫の果てに周囲の反対を押し切って結婚をしたけれど、すぐに別れてしまう夫婦もいるのです。

ですが、略奪してまで結婚したのなら当然、幸せな結婚生活を送りたいですよね?略奪婚でも幸せになっている夫婦がいるのも事実です。略奪婚で幸せになっている女性たちが実践している方法をご紹介します。

周囲にバレないように徹底する

本人たちが納得して一緒になっても、略奪婚に対して世間が冷たい目を向けてきます。親や親しい友人、職場の人間などにバレてしまうと批判や圧力で息苦しさや孤独を感じる女性は非常に多いです。

もし、本気で略奪婚を望むなら周囲の人間にバレないようにするのは必須です。周囲の影響で略奪婚をして幸せになれるかどうか左右されると言っても過言ではありません。

略奪婚をして幸せになるための方法の1つとして、「周囲に知られてはならない」ということを覚えておいてくださいね。不倫をしている間も二人の関係を絶対に誰にも言わないようにしましょう。

離婚後の入籍は期間をあける

相手の離婚が成立したら、すぐにでも籍を入れたいところでしょうが、離婚後にすぐ入籍をしたら周囲に略奪婚だと簡単にバレてしまう可能性があります。

ですから、離婚が成立してすぐに入籍をするのではなく、しばらく期間をあけてから入籍をしましょう。入籍は数カ月だとさすがに周囲から「離婚したばかりなのに」と不信がられる危険性があるので、最低でも2年は時期をずらすのが理想です。

人によっては辛いと感じるかもしれませんが、二人の今後の結婚生活を幸せなものにするためには離婚後すぐの入籍をするのは避けるできです。

癒しを与える存在になる

男性が女性に求める物は「癒し」です。男性に癒しを与えられる女性は男性に長く愛してもらえます。また、略奪婚に成功しても相手の男性は一度奥さんを裏切ってあなたと一緒になった人です。同じように他の女性と不倫をする可能性も考えられます。

実際に略奪婚に成功してからも、男性側の浮気癖が改善せずに結婚して半年や一年程で別れてしまう夫婦もいますし、結婚生活は続けていても「こんなはずじゃなかった」「結婚しなれば良かった」と略奪婚をして後悔する女性もいるのです。ですが、あなたが相手に癒しを与え続けることが出来れば、他の女性に目もくれずにあなたが待つ家に毎日帰ってきてくれるはず。

ここで言う癒しとは男性にとっての「居心地の良さ」です。略奪婚をして一緒になった相手ですから、あなたが努力をして彼にとって「居心地が良い」と思ってもらえるような家庭環境を作ってあげましょう。

結婚後も障害があると覚悟しておく

略奪婚は結婚する前もいくつかの障害が発生しますが、結婚してからも何かしらの障害が発生するもの。前の奥さんとのトラブルや周囲の非難、夫婦の問題などなど・・・何かしらの障害があると覚悟を決めておくのと、そうでないのとでは心構えが違いますよね?

そもそも略奪婚をすること事態、普通の結婚生活よりも困難が付きまとうので、略奪婚をするなら「何があっても、この人の傍にいる」そう強い気持ちを持っていないと今後の結婚生活は上手くいかないでしょう。

少なくとも、略奪婚をして幸せな結婚生活を送っている女性たちは結婚後にトラブルや困難が起こっても「絶対に離れない」と覚悟を持って乗り越えていける人たちです。

前の奥さんや子供の事を悪く言わない

略奪婚をしても、前の奥さんや子供に会う機会があるかもしれません。その時に前の奥さんや子供に会うことを反対したり、悪口を言ったりすると相手も良い気はしないでしょう。

離婚しても子供を大切に思っている男性ならば、子供のことを悪く言われるのは嫌うはずです。そうなると、夫婦のトラブルの原因にもなりますから前の配偶者や子供の悪口を言ったり、必要な用事で会うことを反対したりするのは辞めておきましょう。

略奪婚をするならば、相手が前の配偶者や子供と会うことがあったとしても「会って欲しくない」という本音は言わず、何も気にしてない素振りが出来るくらいの寛大さが必要です。

略奪婚に負い目を感じすぎない

不倫からの略奪婚は女性によっては負い目を感じる人もいるでしょう。略奪婚に批判的な人も大勢いますから、当然と言えば当然かもしれませんが・・・彼は自分の意志で奥さんと別れてあなたと一緒になったわけです。

あなたも彼と「ずっと一緒にいたい」という気持ちがあったからこそ結婚をしたいと思ったわけですよね?お互いに納得した形での結婚なわけですから、周囲に言うのは避けた方がいいですが、負い目を感じすぎる必要はないのです。

負い目を感じすぎると、せっかく愛する人と一緒になったのに自分が辛くなっていくだけなので、堂々と胸を張って夫婦生活を送ればいいのです。

略奪婚をして幸せになった人

ずっと彼と結婚をしたかったです。彼も私と結婚を従っていました。理由は奥さんと全然うまくいっておらず子供が欲しかったのにできなかった、ということ。

何で奥さんと結婚したのかなって思って聞いてみると、たまたま合コンで仲良くなって、そのまま夜の関係になり、その成り行きで…といったあまり深く考えずに結婚してしまった様子。

それで奥さんと暮らしてみて自分が描いていた理想の結婚生活と随分違っていて不満も貯めていたみたい。

私との結婚の場合は奥さんとの差を見ただけじゃなくて、家庭生活を見ている中で、一緒に楽しく生活が出来るなと思ってくれたからだそう。

また、奥さんも仕事をしていたので、お金のこともあまり考えずに離婚が出来ました。

今では子供が二人います。彼も子供のことで頭がいっぱいで、世間的にはまずいのかもしれないけど本当に略奪婚してよかったと思いました。

略奪婚をして不幸になった、後悔した人

彼との結婚は妊娠してしまい、奥さんを怒らせながら結婚。

慰謝料もかなり取られてしまいましたが、養育費の支払い方なども含めて一件落着したので、略奪婚が出来ました。

子供が生まれてから、私は一時的に仕事を辞めて専業主婦になりました。ちょうど1年半ぐらい経つ頃に、彼の帰りが遅くなり始めていたので仕事柄残業も多いので仕方がないかなって思っていました。

久しぶりに彼と子供と3人でデートをしていた時に着信があり、女性と話していました。部下と連絡をしていたとのことでしたが、やけに親密な感じがあったのでお風呂中にこっそりチェック。

するとスマホから浮気の履歴がたくさん出てきて、どうやら半年前から付き合っていたとのこと。

彼に指摘して、もう一度浮気をしたら慰謝料取って離婚する!と言って今のところ浮気の動きはありません。

でも私との結婚の時を考えると、当時の奥さんの浮気をされた気持ちが分かり、憂鬱になってしまいました。

無意識にというか、浮気性の人は浮気を繰り返すんだなっと思いました。早く働いて私と子供だけでも生活が出来るようにしたいです。

略奪婚のその後は幸せ?不幸?略奪婚の気になる末路まとめ

略奪婚がうまくいくかどうかはあなたと彼次第。彼の性格や今までの恋愛歴を考えて、しっかり考えることが大切です。

また、彼が浮気をしないためにも女として自分を磨き続けることが非常に大切です。

世間体より愛し合う二人が結ばれることを何よりも優先したからこそ、間違いのない選択肢、少しでも略奪婚の慰謝料を減らせる道を選びましょう。

これから略奪婚に向けて動き出すという方は、略奪婚の成功方法をチェックしてみてくださいね。

略奪婚カテゴリの最新記事