DV夫・DV彼氏と安全に別れる方法【別れたい方必見】

DV夫・DV彼氏と安全に別れる方法【別れたい方必見】

結婚前、結婚当初は全くそのような素振りもなく優しかった夫が時が経つと共にまるで別人のように暴力を振るうようになってきた。

子供がいるから別れられないと思っていたけど、身の危険を感じるようになって、絶対別れなくてはいけない。

子供にも夫の暴力を見せたくないし、悪影響を与えたくないから離婚の覚悟を決めたけど、見つかった時のための対処法や安全な別れ方をするはどうすればいいのか。

ここでは、安全にDV夫と離婚するための方法を書いていきます。今を我慢するだけでは、未来は見えてきません。自分と子供の将来を見据えて覚悟を決めて行動しましょう。

DV夫と安全に別れる為の5つのやるべきこと

  • まずはDVの証拠を集める
  • 弁護士や法律無料相談を活用する
  • 警察に相談し、味方になってもらう
  • 裁判や調停のための準備
  • 万が一の時の別れさせ屋への依頼

DVの証拠を集める

あなたがいくら別れようとしても、他の人に相談をしてみても証拠がなければ始まりません。

DVでの離婚をするために何より重要なのが証拠を取っておくことです。

DV夫があなたに罵声を浴びせている状況などをスマートフォンで録音をしたり、殴られた証拠に青くなってしまった肌や傷を写真で撮ること

日々の我慢をしていることを日記に書いたり、何かしらで記録をとっておくことだったり。

また病院に行って、診察記録を付けておくことも効果的に働くでしょう。

基本、デジタルだと加工をしたと言われてしまう可能性もあるため、アナログ写真などを使っておくことをおすすめします。

弁護士や法律無料相談を活用する

家族や友人に間に入ってもらうこともいいですが、第3者の立場から冷静に判断が出来る法の専門家である弁護士に相談がベストです。

どうしてかというと、口で勝る相手ではないことが多く、口で戦って勝てる相手だったらそもそもココまでには至ってないでしょう。

だからこそ弁護士、あるいは第3者を間に入れることが重要になってきます。

弁護士に頼む費用が難しいという方は、無料相談を活用できる地域の法テラスに相談をするのがよいでしょう。

警察に相談し、味方になってもらう

弁護士とは別に警察や女性相談センターへの相談もしておくことも重要です。

ただし大事なのは、ここでは電話で済ますことはせず、直接訪問をすることです。

直接訪問をすることで直接訪問履歴が残りますので、それが経過時点の優位な材料として使えるからとなります。

警察にはDVされていることを伝えましょう。そうすると犯罪となるので、警察も重い腰を上げて動かざるを得ません。

おそらく生活安全化防犯係に案内をされるので、しっかりと内容をまとめた上で事情を話して相談しましょう。

裁判や調停ための準備

裁判や調停をするためには、出費があります。そのための金策を練っておくこと

夫婦であれば、財産分与の請求や夫のDVが理由で離婚する場合は慰謝料請求もできます。

お子さんがいる場合は、養育費も請求をしなくてはいけません。

ですが、実際の給料よりも通帳残高がゼロということも過去に事例もあります。

万が一の時の別れさせ屋への依頼

どうしたって別れてくれない。または「離婚」「別れて欲しい」を言葉に出すことは何をされるのか怖くて絶対出来ないという方には、「別れさせ屋」を使うのがおすすめ。
別れさせ屋は自然と別れる為にDV夫や彼氏に向けて女性工作員を派遣して、恋愛工作を行います。
そこで彼から別れを切り出させるようにするだけでなく、恋愛工作自体を浮気の証拠として扱うことで慰謝料を請求することが出来ます。

実際に別れさせ屋への依頼はかなり増えてきており、背景としてはやはりDVについては相談がしやすい環境がなかなかないというもの。
悩んでいるのであれば、別れさせ屋に相談をしてプロ目線の意見をもらってみてもらいましょう。

別れさせ屋の口コミ評判

DV夫と離婚を決意して行動を起こす時の注意点

協議離婚をする場合

全離婚件数の約9割を占めるのがこの協議離婚です。

裁判や調停のように時間と費用は掛からずにお互いが合意を取れれば離婚を成立させることが出来るからです。

ただし、DV夫の協議離婚はほとんど上手くいかないのが実情です。

それはDV夫に対して、離婚と言う言葉自体で逆鱗に触れる確率が高いこと、下手をするとさらにDVが過激になることも容易に想像できます。

さらに言えば、金銭の要求などはほぼ通らないと言ってもいいでしょう。

お金が請求できるのは相手が悪いと認めた場合です、DVの加害者である夫の多くは自分が悪いとは思っていないからです。

DV夫とは話し合いが難しいことが多く、身の危険もあるため、DV保護法による保護命令申立、調停申立、離婚裁判を行っていく必要があります。

DV夫と調停離婚をする場合

協議離婚でまとまらないケースがほとんどのため、家庭裁判所に調停の申し立てを行った際に、調停委員が2人の間に入り、各々の意見を聞きだします。

調停離婚している間は、夫と会うこともせずに離婚を成立させることも出来ます。

ただし、DV夫の目をかいくぐり調停までに持っていけるかが困難な道のりです。

DV夫と裁判離婚をする場合

協議離婚も調停離婚もどちらも上手くいかなかった場合には裁判の提起をする必要があります。

既にDVが行き過ぎている場合は、妻の意見を受け入れようとしないため、裁判で判決をしてもらうことも必要です。

DV夫と安全に別れる方法まとめ

非常に難しいDV夫との別れ。離婚を決意するだけでも勇気がいることですが、今のままを過ごしていてもお互いが幸せに向かうことは難しいでしょう。

ですので、離婚するための行動を起こすときにしっかりと準備を行っていきましょう。

あなたに執着心が強いからこそDVを繰り返すのであって、もし警察でも手の届かない状況で切羽詰っている場合は別れさせ屋に依頼してみる

何より大事なのは「前向きに生きることをあきらめない」ことです。

DV夫、彼氏との別れ工作事例

28歳女性 大阪在住の別れ工作

交際してから2年経ち、同棲してから1年が経って、優しかった彼氏も最近では暴力を振るうようになってきました。
両親は亡くなり、祖父母に心配を掛けさせたくなく相談できる人もいない。いたとしても今まで真面目に生きてきた自分にとって恥ずかしいことのようで相談できない。

別れたいと言っても別れられない状況が続き、身の危険を感じることもありお金を払ってでも早く穏便に別れることを考えて依頼をしました。

ターゲットとなる彼の調査を始めると意外なことが次々と発覚。研究職として働いていたものの彼女には節約をさせて自分はパチンコ三昧。
しかもかなり負けが込んでいるようで、いつも私に申告している給料とは大きく違う金額を言っている状態でした。

そこで男性工作員がパチンコ店で接触をしてもらい、彼と仲良くなりパチンコだけでなく色々な遊びに誘うようにしてくれました。
多くの遊びをしているうちに実は彼は私と付き合うまではちゃんと女性と親しい関係になったことがない経歴だったとのことでした。

そこで工作員は彼をキャバクラに誘って、女性から言い寄られるという仕掛けをキャバクラ嬢に打ってもらい見事に嵌ってしまいました。
好意を寄せているキャバクラ嬢から彼女と付き合っている人とは付き合えないという言葉を言われて、工作員の方からもそんな女性は別れたらと言われ、
結局彼氏から私に別れようという話しが出てきました。

結局、自分の見る目が無かったというほかないですが、別れられたことに本当に感謝しています。

30歳女性 佐賀県在住の別れ工作

子供が小さい中で夫は仕事のストレスからDVが止まらず、早く別れたいことがずっと悩みでした。

夫は当然別れることを考えている様子もなく私がそういう話をするたびに暴力を振るうようなり子供に悪影響なのは間違いなく、そこで別れさせ屋の広告を見て依頼をしました。

工作してもらって別れることが出来て本当に感謝しています。今は自分と子供の生活をすることで精一杯ですが、必ず子供を育ってきってみせます。

ありがとうございました。また何かあれば相談させてくだい。

別れたいカテゴリの最新記事