別れさせ屋を使って慰謝料請求はできるの?離婚工作は違法じゃない?

別れさせ屋を使って慰謝料請求はできるの?離婚工作は違法じゃない?

離婚した時に慰謝料請求ができる

慰謝料請求と聞くとよく耳にするのは、パートナーが浮気をしていた場合などによく慰謝料を支払ってもらうなどという言葉を言います。
ただし正確には浮気をしている可能性があるとか、誰かと親密なメールをしているのを見たとかだけではだめです。

慰謝料を請求できるパターンは決まっており、いわゆる不貞行為の証拠を持っていることが重要な要素となります。

不貞行為とは

不貞行為(ふていこうい)とは、夫婦、婚姻関係にある2人が配偶者以外の異性と自由意志で浮気、肉体関係をしてしまうことを「貞操義務違反」として、民法第770条第1項に規定されています。

法定離婚事由として認められる離婚原因としての有効なものの一つになります。

別れさせ屋で慰謝料を支払いたくない、慰謝料をもらいたい。

慰謝料を支払いたくない

別れたいと思っている中で、慰謝料は支払いしない、受け取らない、お互いがお金のやり取りなしで財産分与のみで離婚をしたい。
そう考えている場合は比較的慰謝料をもらいたいと考えているよりは別れさせ屋としての仕事や工作は難易度はそこまで高くないといえるでしょう。

ターゲットに対して、「自分も悪い点もあったかもしれない」「これ以上の関係性が悪くならないように別れた方がいいかもしれない」
当然お互い結婚というひとつのゴールをしてきた2人ですから、悪い別れ方をしないのも考えさせることが出来る公算はありますね。

慰謝料をもらって離婚したい

こちらの場合は簡単ではなく、状況によって工作内容等も変わってくることでしょう。なんにせよ、ターゲットが感情として「お金を払ってでも別れたい」と思わせることになるわけです。

そして結果的に相手がお金は払うから離婚しようと思わせるほどの後ろめたさや何かを特には異性問題、他に一緒になりたいと思う相手がすでに居るという状況を作らなくてはいけません。

いわゆる男性に向けてはハニートラップといわれる女性工作員を近づけて、その女性に本気で好意を寄せさせるというものが代表的かもしれません。

もしくは結婚生活を続けられないほどのギャンブルや女性にお金を使い込んでいることやDVや脅されているなどを明るみに出すことが考えられます。

別れさせ屋の離婚工作は違法?

別れさせ工作が違法性のあるケース

公序良俗に反する行為が行われている

例えば夫婦関係にある二人を離婚させるために、別れさせ工作内容が肉体関係にまで及んでおり、別れさせることは公序良俗に反しているといえます。

夫婦関係にある場合は法的な貞操義務があるためです。

もし夫婦でなく、付き合っている場合では異なるケースもあります。

民法90条公序良俗について

法律に触れてしまう工作や方法を用いた場合

これは当たり前のことですが、調査や尾行などを行う時に重要な証拠を取るために、ターゲットの自宅に侵入してしまうと不法侵入に当たります。

別れさせ屋の工作だからダメだというわけではなく、法律を犯して犯罪をする工作や方法を用いる場合は違法となります。

離婚工作で慰謝料が取れた事例

旦那と結婚し5年。ここ1年で旦那は人が変わったように性格が荒くなってしまいました。子供がいない家庭においては私に対しての暴言や暴力。外ではお金を使ってくることはあたりまえ。

もう結婚を続けたいとも思えることはありません。ただ旦那からずっと別れない、別れたり誰かに言ったら殺すという風な形で脅しを掛けられていました。
また携帯の履歴も見られる状況なので下手に動いて、何かがばれたときの暴力が怖くて何も出来ませんでした。

そんな時に別れさせ屋を知り、旦那が仕事で出ている隙をみて公衆電話から連絡をしました。相談もこちらの喫茶店まで来ていただき依頼をすることにしました。

調査や尾行、こちらとのやり取り等の際は本当に辛くてしょうがなかったですが多くの証拠を押さえてくださり、また裁判までのサポートなどもしてくれたことで、離婚ができました。

しかも多額の慰謝料まで獲得できることができました。何より誰にも頼ることが出来なかった私にとって精神的にも相談をさせてもらえる相手がいること。話を聞いてくださる方がいることが心強かったです。本当に感謝しています。

別れさせ屋の離婚するまとめ

多くのケースでは離婚をする際に慰謝料をもらうということは相手に非がない状況ではハードルが高いものになります。
ただし自らどうしても動けない状況や環境においては第3者に依頼をすることで精神的にも負担は軽くなることは間違いないでしょう。

離婚工作は非常に繊細なものです。状況を証拠に押さえることも経験値のある別れさせ屋を選ぶことで成功確率も高くなります。
しっかりと別れさせ屋選びも行った上で離婚を出来るように動いていきましょう。

離婚したい人が見ている他のページ

離婚したいカテゴリの最新記事