別居中でも離婚したい。スムーズにパートナーと離婚するには

別居中でも離婚したい。スムーズにパートナーと離婚するには

夫婦の関係がギクシャクしていたり、何らかの原因がどちらかにあり「この人とは、もう一緒に住みたくないけど…離婚をする勇気はない」と考えている方が真っ先に頭に浮かぶのは「別居」ではないでしょうか?

記事を読んでくださっている方の中には、すでに離婚に向けて別居をされている夫婦もいらっしゃることと思います。しかし別居中と言う人の中には法律的な離婚事由がないことで、中々離婚に進むことも出来ずに頭を悩ませている方もいるでしょう。

「別居」と言う二文字は、単に夫婦が離れて暮らすだけと思っている方もいるかもしれませんが…別居は、離婚手続きにおいて重要な意味を持っているのです。

別居の方法を間違えると、離婚がかえって難しくなったり。逆に慰謝料を請求されてしまったりと、あなたが不利な状況になる可能性もあるのです。

別居中に離婚が出来る条件とは?

どんな理由であれば離婚が認められるのか

別居中の夫婦の中で「離婚」に対してお互いが前向きな考えをもっていれば、離婚届けに署名・捺印をし、子供の将来のことや、お金に関すること等を話し合うだけでいいでしょう。しかし、あなたが離婚したい側でパートナーが離婚したくないと言う場合であれば離婚までの道なりは険しいものになるかもしれません。

しかし「離婚事由に該当すれば夫婦は離婚することが出来る」ことを民法で認められているのです。それでは離婚事由とは何かを下記で説明します。

・配偶者の不貞行為(不倫、浮気)

夫婦(内縁も含む)である二人が、配偶者以外の異性と性的関係を結ぶと言う行為は貞操義務違反となり、この貞操義務に違反することを「不貞行為(ふていこうい)」と言います。

配偶者の不貞行為があった場合は離婚できる可能性があります。しかし夫婦仲が完全に破綻した後、不貞行為をされていた場合は離婚出来ないと言うケースもあるようです。

・配偶者による悪意の遺棄

夫婦は一緒に暮らし、お互いに助け合って生活しなければならないと言ったことが法律によって義務付けられています。しかし、収入があるのに家計に生活費を入れなかったり。配偶者が勝手に家を出て行った場合には悪意の遺棄とみなされ離婚できる可能性があります。

・3年以上の消息不明(連絡など一切なし)

3年以上、配偶者の生存確認ができない状態が現在まで続いていると、離婚できる可能性があり。離婚事由の1つになります。

・強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

パートナーが強度の精神病であり、今後も回復の見込みがない場合は離婚が認められる可能性があります。ただし、自分の不倫等がきかっけでパートナーがうつ病を患ってしまった場合は、離婚の請求は認められません。

離婚の原因を作った有責配偶者からの離婚の請求については基本的に、認められないと言う法律があります。

・その他婚姻を継続し難い重大な事由

夫婦仲が破綻していて、修復の見込みがない場合、離婚事由の1つになります。

例えば、相手からの暴力・暴言・屈辱。セックスレス・性的異常。親族との不和。過度な宗教活動。犯罪行為をして服役している。金銭の問題。長期間の別居は、これらに該当します。

上記のような理由があれば、離婚出来る可能性は高まります。そして別居期間が長い=「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という離婚事由に該当します。その為、裁判の場では夫婦が別居しているという事実に対して「婚姻関係破綻」を認定する一つの事情として認められる可能性があります。

別居をしていれば離婚出来るのか

それでは別居をしていればすぐにでも離婚出来るのかと考える方もいるとは思いますが実際は、「別居期間」が大いに重要になってくるようです。

全くの他人である裁判官が夫婦二人の実態を全て知ることは当然不可能です。したがって、別居の期間を離婚の1つの目安として見ているようです。しかし別居期間だけを判断要素にするのではなく。結婚期間、別居をするに至った経緯、生活費の払い方と言う風に様々の要素を判断材料にしているようですので、別居期間が長いからと言って離婚が認められるわけでもないのが現実のようです。

また別居年数が長くても離婚が認められないケースもあります。それは、離婚の原因が自分にあった場合です。

例えば、自分の不貞行為がきっかけで妻が子供を連れて家を出て行ってしまったと言う場合は法律上離婚が認められる「配偶者の不貞行為」に該当する可能性があります。

しかし、これは“妻側が夫”に離婚を請求する理由にはなっても、“夫側から妻側”に離婚を請求する理由にはなりません。別居の原因は夫側の不貞行為なので有責配偶者である夫に離婚を要求する権利はありません。

そして、離婚事由に当てはまらないけどパートナーと離婚したいと言う場合も。パートナーが合意してくれれば離婚は可能でしょうが。パートナーが合意してくれない限りは離婚出来ません。例えば裁判の場で「自由になりたいから離婚したい」と言う理由では、離婚は認められる可能性は低いのです。何故なら「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にはあてはまらないからです。したがって、理由がないけど離婚したい場合には協議離婚の方法しかありません。

分かりやすく言うのであれば、どんな理由であれ、理由がないにしても、片方の承諾を得ることさえ出来れば、離婚することは可能であり。裁判離婚の場合は、理由なしでは離婚が出来ないと考えましょう。

別居中のパートナーと離婚したい時には別れさせ屋も視野に

別居中のパートナーと離婚したいと考えている方、離婚は人生を左右する大きな決断でしょう。「離婚したい」と考えている方は、一度法テラスや離婚カウンセラー、女性センターと言った場所に相談するのも1つの手段です。

そして、もう1つの選択肢として“別れさせ屋”に相談すると言うのも視野に入れてみましょう。

別れさせ屋と聞くと、少しだけ不信感があると言う方も居るとは存じます。別れさせ屋の業者の中には、離婚を取り扱ってくれている所もあります。

離婚問題で別れさせ屋に依頼する人は、離婚したいけど自分が浮気などをしていたため、不利な状況と言うパターンや、性の不一致や性格・価値観が合わずに離婚をしたいと言った悩みを持っている人にとって状況を有利にしやすく出来るため、別れさせ屋に依頼をすることでスムーズに離婚することが出来るかもしれません。

そして、無料相談を行っている別れさせ屋もあり、依頼後からアフターフォローまでしっかりとサポートしてくれる別れさせ屋もあるようです。

別れさせ屋はどのような離婚工作をしてくれるのでしょうか?

別れさせるためにハニートラップを仕掛けるのが別れさせ屋と言う印象を持っている方もいるでしょうが、それは一部の業者だけのようです。

離婚事由のために、パートナーと工作員が肉体関係を持ち証拠となるものを得るのが一番の方法と考える人もいるでしょうけど、そう言った工作は公序良俗違反と言う違反行為で別れさせ屋にとってもリスクが高いため、タブーとしている業者が多いようです。

離婚工作の流れを簡単に説明しますと、打ち合わせ→調査→工作と言うような流れのようで。

別れさせ業者は入念なヒアリング、綿密な調査、丁寧な工作をしてくれます。そして、離婚工作成功へ導いてくれるようです。

それでは、どのような工作をするのでしょうか?

離婚工作のパターンの1つとして、依頼人のパートナーに異性を近づけて浮気関係に持ち込む方法があるようです。

まず浮気関係に持っていくために依頼人のパートナーの心理を工作員が誘導し、パートナーに「離婚したい」と思わせる方法。そうすることで摩擦もなくパートナーと離婚することが出来るようです。説得をしたり、浮気した証拠を相手に突きつけると言う手段でもなく、相手を「離婚したい」と言う気持ちにさせると言うのが離婚工作の基本になるようです。

人の心を動かしたりするのは簡単なものではなく。パートナーに「離婚したい」と思ってもらうためには、時間がかかるケースもあるので。別れさせ屋に離婚工作を依頼する際には、別れさせ屋のスタッフとあなたが二人三脚で協力をすることが重要でしょう。そして長い時間をかけて、パートナーに「離婚したい」と思わせること。そうすれば、離婚に踏み切れる可能性もあります。

「別居中のパートナーと離婚したい…」と言う理想を叶えるために別れさせ屋の離婚工作のサービスを使うのはとても有能だと言えるでしょう。

別居中のパートナーと離婚したい~まとめ~

時と場合によっては離婚をするために“別居”をすると言うのは、とても効果的のようです。しかし“離婚”をするために別居をしたのに、中々離婚に踏み切れず先延ばしにしていては問題解決にはなっていません。

離婚を急かすわけではありませんが人生は長いようで、短いのです。離婚と言う決断を目の前にして、怖気づいてしまう気持ちは察します。しかし今後の自分の幸せを思うのであれば、専門家の力をお借りするのも1つの手段ではないでしょうか。

別れさせ屋の離婚工作を利用するのも選択肢の1つとして頭に入れましょう。そして、もし別れさせ屋に依頼をする際には離婚工作を行っている業者を数件ピックアップし、口コミや評判を徹底的にリサーチ。料金形態やサービス内容等を比較してみましょう。時間があるという方は、無料相談に行ってみる等をして社内やスタッフの雰囲気をチェックしてみると良いかもしれません。別れさせ屋とあなたの相性は、どうなのかと言った点はとても大事でしょうから。しっかりと自分の目で確認しましょう。

心から信頼できる別れさせ屋を選ぶことで離婚への道のりも、少しだけ楽にすることが出来るかもしれませんね。もし別れさせ屋に依頼をするなら、別れさせ屋を口コミ評判から探してみたり、別れさせ屋の料金相場を確認してみましょう。

離婚したいカテゴリの最新記事