有利に離婚するには?上手く離婚する方法4つを試してみよう

有利に離婚するには?上手く離婚する方法4つを試してみよう

「不倫相手と本気で付き合いたいけど、離婚するのが怖い」
「相手の暴力に耐えられないから離婚したいけど、子どもたちが心配」
結婚している方の中には、こんな悩みを抱えている方はいるのではないでしょうか。
いきなり離婚したとしても、相手に説得されたり喧嘩したりして関係が悪化してしまうこともあります。
最悪の場合、相手から慰謝料を請求されるかもしれません。

そこで今回は、できる限り有利に離婚が進められる方法について紹介します。

離婚の種類

一言に「離婚」と言っても離婚に至る夫婦の事情はさまざまで、その事情によって離婚の形もそれぞれです。

これから離婚をお考えの方は、離婚には6つの種類があることを知識として入れておくとよいかもしれませんね。

それでは離婚の6つの種類についてを解説していきます。

・協議離婚

協議離婚とは夫婦が話し合いの上で合意し、離婚届の提出までに離婚に関する条件や親権についてを決め、離婚届を市町村の役場・役所に提出する方法です。

夫婦の合意と役所・役場へ離婚届を提出で離婚が成立するので、離婚にかかる費用は必要なく、離婚をされる方が最もよく使う方法でも知られています。

・調停離婚

協議離婚に次いで知られる調停離婚は、夫婦間の話し合いがまとまらない、または話し合いができない場合に家庭裁判所の調停手続きを利用する離婚の形となります。

調停とは、具体的に当事者同士の争いに裁判所が仲介役として入り、当事者が譲歩し合い、合意による解決を目指す手続きです。

調停手続きについては「離婚」そのものの問題だけではなく、離婚後の子供の親権者や親権者とならない親と子との面会交流をどうするか、または養育費や離婚に際しての財産分与や年金分割の割合なども一緒に話し合うことができます。

・審判離婚

あまり聞きなじみのない離婚の形ではないでしょうか?

審判離婚とは夫婦がお互いに離婚に同意しており、離婚に関する条件や親権についても合意、調停を不成立にすると不経済な場合に裁判官が決定する離婚の方法です

実際に審判離婚をされたケースは稀で、ほとんど利用されることのない離婚制度です。

・認諾離婚

こちらもあまり聞き馴染みのない離婚制度ではないでしょうか?

認諾離婚とは、離婚裁判を起こされた側が、起こされたとたんに「離婚に応じます」とこれを認めて離婚が成立するものです。日本ではあまり使われない離婚制度です。

・和解離婚

和解離婚は上記の認諾離婚と同様の平成16年にスタートした離婚制度の1つです。

和解離婚とは、離婚訴訟中に当事者同士が歩み寄り、和解することによって離婚裁判を終了させる方法です。和解離婚の形をとることで、夫婦がお互いに深く傷つき合うことなく、離婚裁判を早期解決に導くことが可能となります。

・判決離婚

夫婦の合意がなくて離婚届が出せない又は調停によっても話し合いがまとまらな等、家庭裁判所の審判の対象外とみなされた場合には離婚訴訟を起こして、裁判に勝つことで強制的に離婚することができる離婚制度の1つです

離婚の準備

離婚は精神的にも肉体的にも負担がかかりやすく、結婚の何十倍ものエネルギーを消費します。

少しでも「離婚」でのストレスを軽減させるためにも、離婚の準備はしておくべきでしょう。けど、実際に離婚の準備はどのようなことをするべきなのかわからない方もいらっしゃるでしょうから、離婚の準備についてを解説いたします。

まずは、離婚後の生活をイメージしてみましょう。経済的な余裕があるのであれば問題はないでしょうが、経済的な余裕がない場合は離婚後の生活費をイメージし計算してみてください。子供がいる場合は養育費もしっかりと計算しましょう。

そうすれば、自ずと今自分が準備できることが見えてきますよね。

離婚を考えるようになったら、まずは「お金の面」を考えなくてはいけませんので、自分名銀の預貯金を作り、仕事を増やしたり、倹約したりし離婚前後に困ることのないようにしておきましょう。また、離婚後にもらえる可能性があるお金について(婚姻費用、財産分与、慰謝料、養育費、公的な助成金)理解しておくと便利です。

そして、離婚後のお住まいや仕事についても視野に入れ、確保しておくと離婚後の負担が抑えられることができます。

感情的に離婚してしまうといずれ後悔をしてしまうこともあるかもしれません。したがって、時間をかけてでも1つずつ丁寧に対応し、離婚の準備をしていきましょう。

離婚のデメリット

離婚することで、今抱えているストレスからも解放され時間の自由が効くようになり、結婚していた頃はできなかったこともできるようになるかもしれません。

しかし離婚はメリットだけではなく、デメリットがあるということも頭には入れておきましょう。

離婚によってどのようなデメリットがあるのかについてを解説していきます。

まずパートナーの収入が多かった場合には、離婚により結婚していた頃よりも生活水準が下がる可能性があります。

子供がいる場合には、生活水準を下げながら子供を育てていかなくてはなりませんので、経済的な負担が大きくのしかかるかもしれません。

また、離婚後に子供が辛い思いをする可能性も低くはありません。例えば、学校行事の運動会や何かしらの発表会など、他の家族は両親が来てくれているのに、自分だけは母親しか来ない…想像するだけでも悲しくなりますよね。

離婚すれば希望に満ち溢れた未来が待っている…と考えて方もいるかもしれませんが、必ずしもそうだとは言い切れません。

離婚したい3つの原因


夫婦によって離婚したい理由は様々ありますが、主なタイプとして3つあります。
自分がどれに当てはまるのかチェックしてみましょう。

1.不倫相手と結婚したいから

長い夫婦生活を続けていると、次第に相性が合わなくなったり、心が寂しくなったりします。
そのような関係の場合、不倫相手の方が今の相手よりも好きに思えてしまうことも。
不倫相手への愛が大きくなればなるほど、今の相手と離婚したいという気持ちが増します。

しかし、不倫相手と付き合いたいからという理由で離婚が成立するのは非常に厳しいもの。
相手にとっては自分を裏切ったという傷を負うことになり、慰謝料を請求される場合があります。
また、子どもにも影響を及ぼしてしまう恐れも。
不倫相手を理由に離婚するというのは、自分らしさを取り戻す反面、大きな代償を背負います。

2.相手から精神的また肉体的に暴力を振るわれている

近年、家庭内暴力によるニュースが度々報道されています。
離婚したい人の中には、実際に家庭内暴力を受けている方も。
自分だけではなく、子どもたちにも暴力を振るわれているのならば大問題です。

この場合の問題は、相手に離婚したいと告げた際に暴力を受けてしまう可能性があること。
日常的に暴力を振るっておきながら、相手はあなたとの関係を続けたいという矛盾した気持ちを持っている場合があります。
この際に離婚したいと告げても、上記同様に裏切られたという気持ちを相手に植え付けてしまいます。
結果的に、日常的な暴力よりもさらに酷い暴力を受ける恐れがあり、うまく交渉できません。

3.相手が不倫していた

1番目の理由とは反対に、相手側の不倫が発覚した場合に離婚したい方も多いです。
特に不倫暦が長かったり、何度も不倫してしまっていたりする場合は、なおさら離婚したいと思うことでしょう。

しかし、子どもたちの問題や金銭的な問題が絡むと離婚したくてもできない状況に。
自分と相手だけの問題ならば有利に切り出せますが、子どもたちの将来を考えると、どうしても躊躇してしまう方もいます。
また、離婚することで金銭面が苦しくなってしまうと、離婚したことを後悔してしまうかもしれません。

有利に離婚する4つの方法


どんな理由であったとしても、できる限り自分に有利な形で離婚したいですよね。
相手よりも有利な形で離婚する方法としては4つあります。1つずつ見ていきましょう。

1.子どもの将来を主張する

自分にとっても、相手にとっても無関係な子どもたちを巻き込みたくない気持ちを持っています。
話し合いの際に、「子どもの将来を悪くさせないために」といったことを主張することで、納得してもらえるかもしれません。
特に相手の仕事が忙しかったり、転勤が多かったりする場合は、子どもたちに尽くす時間が減ってしまい、間接的に悪影響を及ぼしています。
あくまで自分勝手な考えではなく、子どもたちのことを思いやった結果で導き出された離婚ということを主張しましょう。

この方法は内容通り、子どもがいる場合に使える方法です。
もし子どもがいない場合は、2つ目以降の方法を試してみましょう。

養育費や財産の話し合いはしっかりと

離婚する上で欠かせない問題が、金銭面です。
養育費やこれまでの財産、2人が住む家など、離婚する際に考えなくてはならない金銭的な問題はいくつもあります。
特に子どもがいる場合、養育費が非常に重要。

もし円満的な離婚ができそうならば、時間が許す限りとことん話し合いましょう。
あいまいに決めた場合、自分や相手だけではなく、子どもたちも困る結果になります。
円満離婚は相手と別れる上での理想形であり、今後の人生をしっかりと定める上でも欠かせないポイントです。

子どもの成長に合わせた離婚を進める

離婚する上では、子どもの成長が重要なカギ。
物心がついていない段階だと、子どもへの影響も少なく、そこまで心配せずに離婚できるでしょう。

一方で、受験生の場合は要注意。
日頃勉強に追い込まれており、精神的につらい状況です。
そのような中で離婚という大きな変化を受けてしまうと、大きなダメージを受けてしまいます。
離婚がきっかけで勉強が進まなくなるようになり、受験に失敗してしまったら元も子もありません。
自分たちだけを考えるのではなく、子どもの成長も考えたタイミングで切り出しましょう。

2.離婚の原因になる証拠を集める

家庭内暴力や相手の不倫が原因で離婚したい場合は、自分の手で証拠を集めてみる方法も使えます。
家庭内暴力ならば部屋に隠しカメラやマイクを用意しておき、振るわれているシーンを押さえましょう。
知り合いや相手の会社の同僚から、怪しい言動を聞き出しておくことも証拠になります。

もし証拠がないまま離婚しようとしても、相手にとっては言いがかりと決めつけられて失敗するかもしれません。
証拠を突き出すことで、嘘がつけない状況になります。
裁判沙汰になったとしても、証拠のおかげで有利に進められるでしょう。

難しい場合は離婚工作を行う探偵事務所へ依頼

日頃忙しかったり、証拠になりそうなものが無かったりする場合は探偵に依頼するという方法もあります。
お金はかかりますが、その分確実な証拠を見つけ出せる可能性が高いです。

3.別居する

話し合いでは難しい場合は、実家に帰ったり別の住処を見つけたりなど、別居してしまう方法も。
物理的に別れることで、自分が離婚したいという気持ちが本当であるということを、相手に見せつけられます。
相手側も別居するほど離婚したいという気持ちを受けて、離婚に賛成してもらえる確率が上がります。

しかし、別居となると金銭面での負担や役所での手続きなど、厄介な問題が発生。
特に住居費は、金銭面にもかなり大きなものです。
ある程度貯金していたり、自分の収入が多かったりする場合に使える方法と言えるでしょう。
また実家となると、両親に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

別居することで心を落ち着かせる

別居には物理的に離婚したい気持ちを訴えること以外にも、メリットがあります。
それは、心を落ち着かせられるということ。
離婚したい相手と同居しても、心はモヤモヤしたままになってしまいます。
また離婚したい旨を伝えても、相手が混乱してしまい、きちんとした話し合いができない可能性も。

別居することで、相手と会わずに済み、心も落ち着かせられます。
相手側も一体どういった理由で離婚を切り出したのかを、しっかりと考えられるようになるでしょう。
すぐに話し合わずに一旦別居を挟むことで、円満離婚という形に繋げられます。

4.別れさせ屋を利用する

ここまで話し合いや別居などによる離婚方法を紹介しましたが、中にはそれでもできない方もいます。
特に家庭内暴力が怖い方や、不倫といった自分に落ち目のある方の場合は、離婚を言い出すことさえ難しいかもしれません。
そのような際には、離婚を有利に進めてもらえる「別れさせ屋」という業者に頼ってみましょう。

別れさせ屋とは

別れさせ屋とは、ターゲットを調査し、結果に基づいた工作を行って、依頼者と別れやすくする業者のこと。
主に探偵会社が請け負っており、ターゲットに適した方法で別れやすいような工作を行います。

支払い方法は2段階

別れさせ屋の支払いは、2段階に分けて行います。
最初の支払いは着手金というもの。その名の通り、調査や工作を行うための費用であり、着手金が支払われた後に別れさせ屋のスタッフがターゲットに近づきます。

もし別れさせ屋の工作が成功したならば、2段階目の成功報酬が発生します。
平均的な予算は、着手金が約30〜100万円、成功報酬が約10〜50万円ほどです。
安い場合は総額50万円を下回ることも。
別れさせ屋の中には、返金対応やお試し可能といったサービスを行っている場合もあります。

口コミをチェックして別れさせ屋を探してみよう

別れさせ屋は、日本各地に点在しており、予算や調査エリアが異なります。
しっかりと信頼できる業者に頼む上でも、口コミや評判を比較して業者を選んでみるのがおすすめ。
評判が良い業者を選ぶことで、クオリティの高い工作や親身なカウンセリングを行い、スムーズに別れさせられるような関係にさせます。
主な別れさせ屋の口コミや評判を比較して決めたい方は、以下のリンクから自分に合った別れさせ屋を探してみてください。

別れさせ屋の口コミ評判や別れさせ工作徹底比較ランキング【別れさせ屋の選び方】

離婚したいカテゴリの最新記事