不倫を忘れられないあなたへ。自分でも気づけない不倫の事実とあなたの本心

不倫を忘れられないあなたへ。自分でも気づけない不倫の事実とあなたの本心

何かの理由で別れてしまった人のことがいつまでも心から離れないことがあります。大好きだった人。彼は既婚者でそのことが理由のひとつとなって別れてしまった。

嫌いで別れたわけではない不倫恋愛は、ずっと心の中にくすぶっていたりします。

不倫恋愛が忘れられない方へ。あなたが気づくことができない不倫の事実を紐解いて解説します。

 

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼別れさせ屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

不倫相手が忘れられない理由

恋が終わった後、誰しもしばらくは傷ついて相手のことが何度も頭をよぎります。しかし、多くの場合は徐々に記憶が風化して自然に気持ちの整理がついていきます。

不倫恋愛の場合、なかなか忘れることができないという人が多いよう。既婚者との恋が心から離れないのには不倫特有の理由があります。

不倫相手が忘れられない理由についてみていきます。

 

①大恋愛と勘違いしてしまう

恋愛は、まず相手を好ましく感じそこに縁や運が重なってスタートします。男女関係は、もちろん最初に激しく惹き合いますが、それ以上に時間をかけて二人でたくさんの壁を乗り越えながら関係を構築していきます。

不倫恋愛は、まず本来は好きになるべきではない人に惹かれて、その人と交際しているという特別感があります。ここで一つ目の不倫マジック。恋のスタート段階で、二人で大きな壁を乗り越えたという錯覚をしてしまうのです。

男女関係は、乗り越えた壁の数だけ絆は強まり相手をかけがえのないものだと認識します。不倫恋愛は、前提条件として彼が既婚であるという壁があります。その壁を乗り越えても結ばれているという思いから、これは深い縁のある大恋愛だと勘違いしてしまうのです。

それはあくまでも不倫という形式が生み出す幻想なのですが、大恋愛だったという認識だけが頭に残り、いつまでも忘れにくい理由になっています。

 

②既婚男性が本気であるように感じる

シングル同士の恋愛は、先々で同棲や結婚などに変化していくことがあると通常認識しています。そのため、必要以上に相手を期待させたり誤解させるとのないよう、男性は責任をもって行動しています。すなわち恋人である女性とまだ結婚する意志がないのであれば、不用意な言葉で期待させたりはしないということです。それはときに、女性サイドからすれば、寂しいことでもあります。

既婚男性は、不倫相手の女性とは関係性の変化は考えていません。このままパラダイスのように恋単体として続いていくことを願っています。そのため、何の責任もなく今の感情として「好き」「愛してる」とささやくことができるのです。

男性は言葉よりも行動に本音が出ています。愛していると言いつつ離婚しないのであれば、彼にとって大切なのは家庭です。

女性は、言葉から相手の愛を感じる傾向です。何も言わないシングル男性よりも、責任なく甘い言葉を垂れ流す既婚男性の方が自分のことを愛していると感じて忘れられなくなります。

 

③嫌いで別れたわけではない

不倫恋愛を終わらせた理由で多いのは、不倫がつらくなった。奥さんなどにバレてしまい継続が難しくなった。などがあげられます。

シングル同士の恋愛での別れの理由は、相手の浮気、価値観の違いからくるケンカの多発、性格が合わないなど、「好き」という気持ちが持てなくなった、もっといえば嫌いになって別れます。

不倫恋愛の場合は、彼のことが嫌いになって別れたのではなく、あくまで彼が既婚者だったから仕方なく終わりになった、そんな気がしているのではないでしょうか。

「嫌いで別れたわけではない」と心の中で落としどころをつけてしまっていれば、「好き」という気持ちはそのままですので、忘れられるはずなどありません。

 

④一部しかみていない

不倫恋愛はそもそも、会える時間に制約があるなどパートタイム的にしか彼と接触しません。その時間だけに思いを集中してあなたは恋をしていたかもしれません。

彼の方も、仕事に疲れてイライラしているさまや、だらしない一面は不倫相手には見せることはせず、かっこいいところだけを切り取ってみせてくれたでしょう。

あなたが見ている彼は、ほんの一面です。反対側では疲れて八つ当たりをしたり、嫌味を言ったり、びっくりするほどケチだったりすることもあります。しかし、それは奥さんには見せていてもあなたには見せるとはありません。

ある意味彼の本来の姿を見ていないのですから、忘れがたい素敵な人となるのは仕方ないでしょう。

 

 

不倫している既婚男性の真実

不倫の恋をしている既婚男性たち。彼らはどんな思いで妻以外の女性と深い付き合いをしているのでしょうか。

不倫恋愛をしている既婚男性の心理と、本音について解説します。

①離婚するつもりはない

彼は既婚者です。しかしあなたと交際することに決めたのは、あなたのことが好きで、どうしてもお付き合いがしたかったからです。

どういうことかというと、彼は自分が本当にしたいと思っていることは、多少の危険を犯してでもするということ。そんな彼が離婚をしていないということは、結局のところ離婚をしたくないし、するつもりはないということです。

恋愛は、いっときの快楽ですが、結婚や離婚は人生の一部分です。恋愛が元になって結婚に結びつきますが、すでに家庭がある人にとって恋と結婚は別次元のもの。

好きだからいずれ結婚するかもしれないというシングルサイドの思考回路とはちがって、好きだけど離婚はない、というのが既婚男性の本音です。

 

②不倫を繰り返す

言葉に語弊があるかもしれませんが、恋愛をひとつの趣味のように繰り返す既婚男性がいます。セックスフレンドというのは、お互いが割り切って継続的に関係をもっている二人のこと。この場合であれば、深入りしないことが前提です。

不倫を繰り返す既婚男性は、セックスフレンドを求めているわけではありません。肉体的にも精神的にも愛し愛されることを望んでいます。かといってやがてやってくる安定的な関係を望んでいるわけでもありません。

恋愛の最も盛り上がる時期だけが好きなのです。このタイプの男性はそれを求めてただ不倫を繰り返します。ですので、関係が進みそうになれば上手に交わして次に行く準備をしています。それが不倫男性の真実です。

 

③今この時だけ愛している

「今、このときを楽しもう」好きな人からそんな風に言われたらなんだか、刹那的で魅力的な言葉のように感じます。しかし、この言葉をいう既婚男性は、言葉通り「今」のことしか考えていません。

女性からしても、今に限定して楽しむということは理解できます。しかし、頭のどこかで、今が重なって永遠に続いていくと考えてしまうもの。

既婚男性の「今」はかなり限定的。部屋を出てドアを閉めてしまえば彼はまた日常に戻っていきます。彼にとって、不倫恋愛はたまにでかける高級バーのようなもの。ぜいたく品であって日用品ではないのです。日用品はいついかなるときでも手放せないものですが、ぜいたく品は余裕がなくなれば諦めることができるもの。

扉の向こうの別世界、ぜいたく品をときどき楽しむ感覚で不倫恋愛をしているのが、既婚男性の胸の内です。

 

④バレたら清算する

不倫をしている男性は、できるだけ妻にバレないように配慮をしています。それはなぜでしょうか。理由はバレてしまえば不倫をやめなければならないからです。

もし、バレたら離婚すればいいや、と思っているのならそれほど真剣に不倫がバレないように画策したりはしません。

妻にバレなければ不倫を続投したいし、できればその時期がずっと続いたらよいのになと思ってはいますが、バレてしまえば不倫恋愛の方は清算するしかないともわかっています。

バレないように彼が配慮をしているのは、あなたとの関係を守りたいという気持ちと、そのさらに向こうに、だってバレたら彼女とは別れるしかないんだもん。というあなたとの関係は二番手においている気持ちが隠されています。

 

⑤現実から逃げている

不倫恋愛をする男性のパターンとして、現実から逃げているということがあります。

大人になると社会でも、家庭でも責任をもたなければなりません。男性は女性以上の重圧をうけています。通常の男性はどんなに大変なことでも自分にふりかかったことは自分で解決しなければと考えます。本当に負担が重たくなると、自分の殻に閉じこもって、解決策を考えたり、気持ちの整理とつけようとします。しかし、一部の男性はお酒や女性への恋心を利用して重圧から解放されようとすることがあります。

「家庭が大変でさあ」「仕事で嫌なことがあって」そんな風に男性から言われたら、信頼されているのかと思ってしまいますがそれは大きな勘違い。単純に自分では物事を解決できない弱い男の甘えです。

本来は戦うべき問題から逃げるために、不倫恋愛をしてごまかしている既婚男性がいます。

 

 

不倫男性はなぜ優しいのか

既婚者の男性とお付き合いしている女性は、彼の優しさを魅力にあげることがあります。

不倫をしている既婚男性はなぜ恋人に優しいのでしょうか。

男性は基本的に、好きな女性に対して自分は優しいし優しくありたいと思っています。しかし、人間ですからムラがあり、そして自分のことで精一杯で優しくできないときもあります。

シングル同士のカップルまたは夫婦として一緒にいるのであれば、生活を共にしているわけですので彼は素の自分をみせています。悪気なくそっけない態度をとったり、自分の主張をしたりするでしょう。

しかし、不倫相手に対しては、どこまでいってもお客様扱いで気を使って優しくします。

よく、恋愛のハウツーなどで、恋が安定すると彼氏がそっけなくなるということが書かれています。男性は、安心した関係についてはある程度ずぼらになるもの。

彼にとって不倫の恋人はどこまでいっても安定していない相手ですので、ずっと恋の初期症状のような優しさが続くのです。

 

不倫相手を忘れる方法

不倫相手の本音や、行動の意味がわかってもまだ諦めがつかない、忘れられないかもしれません。

ありきたりではありますが、恋を忘れるためには新しい恋をするのが一番です。今度は既婚者ではなくシングルの男性と恋をしてみましょう。恋に至らなくても、デートをしてみるだけでまずはその時だけでも気持ちが切り替わるのでおすすめです。

女性は、もやもやとした気持ちは誰かにしゃべってしまうことですっきりするということがあります。

別れたいけど別れたくない、どうしようもない気持ちでモヤモヤしているなら、一度、別れさせ屋に相談してみてはいかがでしょうか。

別れさせ屋では不倫のようなどうしようもない恋でも、恋愛工作という形であなたの理想とする状況にもっていくことが可能です。それは時に彼と奥さんを離婚させる、といった事も含まれます。

まずは一度、相談してみることをオススメします。

 

 

実は幻想!不倫の事実をみて冷静な判断を

不倫恋愛が終わった今も忘れられない。そんな方のために、あえて不倫の真実と不倫をしている既婚男性の本音を暴きだしてみました。

恋愛に優劣はありません。あなたが終わらせた不倫の恋は嘘ではないし、記憶から消し去るようなものではありません。きっとそこからあなた自身が得たものがあり、この経験はこれからの人生で何か役に立ってくるでしょう。

しかし、別れた以上はすでに過去です。過去にすがっていてはよい未来はえられません。辛いですが、不倫恋愛の実態を知って気持ちに整理をつけ歩みを進めましょう。

経験を糧に、これから出会う素敵な男性を愛してそして愛されましょう。

不倫成就カテゴリの最新記事