不倫を忘れられないあなたへ。自分でも気づけない不倫の事実とあなたの本心

不倫相手が忘れられない!別れた既婚男性を忘れる方法

「不倫相手が忘れられない・・苦しい」

「不倫相手を忘れる方法はあるの?」

とお悩みの女性もいるのではないでしょうか。

別れた不倫相手のことが忘れられないというケースは少なくありません。

不倫では幸せになれないとわかっていても、つい相手のことを思い出して泣いてしまうこともありますよね。

この記事では、そうした悩みを抱える女性にむけて、不倫相手を忘れる方法について紹介をしていきます。

本ページにはPRが含まれています

当サイトは、商品やサービスの掲載にあたり、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品・サービスへの申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。

当サイトおすすめの別れさせ屋

別れさせ屋 M&M
  • 業界最大手の別れさせ屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • リアルタイム報告・返金制度ありで安心
毎月400名以上の相談実績! 匿名OK・オンライン依頼も可能!
  • 成功率重視
  • 楽天リサーチで顧客満足度3冠獲得
  • 価格設定は高めだが工作員の質と体制を重視
  • 実働型のためキャンセル時のリスクが小さい
匿名OK・オンライン依頼も可能!

別れた既婚男性を忘れられない理由を理解する

別れた既婚男性を忘れられない理由を理解する

既婚男性と別れたときに忘れられないのは、以下の3つの理由があります。

不倫相手を忘れられない場合、何が理由で忘れられないのかを明確にすることで、対策が見えてきます。

未練として残るケースと、ネガティブな記憶として残るケースがあるため、一つずつ見ていきましょう。

ほかの男性よりも魅力的だった

別れた既婚男性を忘れられない理由の一つは、その男性がほかの男性よりも魅力的であることが挙げられます。

不倫ができる男性は、ほかの男性よりも魅力的であることが多いからです。

奥さん以外の女性と関係をもてる男性は、ほかの男性よりも魅力があるということはいうまでもありません。

外見・社会的な地位・経済力・女性の扱いなどが優れていなければ、不倫関係を作ることは難しいのです。

さまざまなリスクを背負ってでも一緒にいたいと思うからこそ、不倫は成立します。

ほかの男性にはない魅力が忘れられず、記憶として残り続けるのです。

そのため、ほかの男性と比べたときに、既婚男性以上の人がいないと思い込んでしまうことが多い傾向があります。

既婚男性を忘れるためには、より魅力的な男性を探すほかないのです。

禁断の恋に刺激を受けていた

別れた既婚男性を忘れられない別の理由は、禁断の恋による刺激があったからだといえます。

禁断の恋は社会的なタブーであるため、そのスリルや緊張感が心に新しい刺激を与えるからです。

不倫はバレてはいけないため、常に慎重な行動が求められます。

しかし、それが通常の恋愛では味わえないスリルにつながり、ドキドキ感につながるのです。

また、そうした関係をもっている自分に酔っている可能性も否定はできません。

一度不倫にハマってしまうと、普通の恋愛では物足りなさを感じます。

このような状態になると、不倫に対して罪悪感がなくなっている状態であるケースも否定はできません。

復縁を目指す、もしくは別の相手と不倫関係を築くことで、忘れられる可能性が高まるのです。

別れ方が悪く気持ちの整理ができていない

別れた既婚男性を忘れられないもう一つの理由は、別れ方が悪く、気持ちの整理ができていない状態であることが考えられます。

別れの状況が突然であったり、明確な理由がなかったりする場合、その関係に対する未練や疑問が残るからです。

自然消滅や突然の音信不通など、自分の気持ちに区切りがつかない別れ方をした場合、未練が残ることがあります。

別れ方に納得がいかないと、気持ちがスッキリせず、心のなかでモヤモヤが残り続けるのです。

この場合、自分だけで考え込んでも解決には至りません。

既婚男性と真剣に話し合いをし、本心を聞くことが大切だといえます。

自分の気持ちに整理をつけるためには、相手の気持ちを知り、受け入れることが重要なのです。

不倫のリスクを考えることで不倫相手を忘れる

不倫のリスクを考えることで不倫相手を忘れる

不倫相手を忘れるためには、以下の3つのリスクを真剣に考えることが大切です。

不倫でリスクを背負うと、一生背負い続ける必要があります。

慰謝料などの経済的なリスクから解放されても、精神的な苦痛が残るのです。

では、詳しく見ていきましょう。

慰謝料請求されるリスク

不倫相手を忘れる一つの方法は、慰謝料請求されるリスクを考えることが大切だといえます。

不倫関係が明るみに出た場合、相手やその配偶者から慰謝料を請求される可能性があるからです。

世間一般的にタブーとされる不倫は、少しの気の緩みからバレてしまうことがあります。

もし、バレてしまった場合は、慰謝料として50〜300万ほど請求される可能性があるのです。

一括で支払いができる額であれば、それほどの負担に感じない人もいるかもしれません。

しかし、大抵の人は分割での支払いを選択するため、すべて支払いが済むまでは経済的な苦しさを味わうことに。

そのため、慰謝料の請求があると日常生活にも影響があり、不倫を続けていくことは極めて危険な行動だといえるのです。

相手の家族を壊すリスク

不倫相手を忘れるには、相手の家族を壊すリスクを考えることが大切だといえます。

自分が原因で、相手の奥さんや子どもの人生を壊すことになるからです。

不倫をしている当事者は、心と体が満たされ、会うたびに幸福感を得られます。

しかし、その裏では既婚男性の家庭を壊し、幸せを奪っていることになるのです。

自分の幸せと引き換えに崩れていく家庭を見て、どのような感情が出てくるでしょうか。

罪悪感にさいなまれ、人の幸せを奪ってまで本当に自分が幸せになってもよいのかを考えてしまい、心が苦しくなるのです。

不倫によって、相手の奥さんや子どもたちを不幸にしたことへの罪悪感に苦しむことも珍しい話ではありません。

この罪悪感は一生続くため、耐えられるかが大きな鍵だといえます。

精神的な苦痛はそう簡単には消えず、不倫のリスクは大きいといえるのです。

結婚できない・出産できないリスク

不倫相手を忘れるには、結婚できない・出産できないリスクを考えることも重要だといえます。

不倫の結末によっては、婚期や出産タイミングを逃してしまうからです。

長期に不倫関係が継続して別れた場合、結婚できなかったり、出産できなかったりすることがあります。

結婚・出産の適齢期が過ぎると、その後チャンスが巡ってこない可能性もあるのです。

特に、子どもを望んでいる人にとっては、出産ができない事実を受け入れるのはつらいですよね。

年齢を重ねるごとに出産は母体に影響を及ぼし、母子ともに健康な状態で出産を終えることが難しくなるのです。

そのため、不倫関係が長引くと、将来的にあなたが望む形にはなりにくいといえます。

既婚男性との別れはつらいですが、受け入れることで結婚や子どもへの望みを捨てなくてもよい状態になるのです。

不倫の末路を考えることで不倫相手を忘れる

不倫の末路を考えることで不倫相手を忘れる

不倫相手を忘れるためには、以下の3つの末路を迎える可能性があることを考えましょう。

不倫中には見えてこなかったネガティブな部分が、略奪婚後に見えてくることもあり、後悔する可能性があります。

既婚男性と別れて正解だったと思えるような、想像をこえる大変さがあるのです。

では、さっそく見ていきましょう。

経済的に厳しい生活

不倫相手を忘れるために、経済的に厳しい生活を想像しましょう。

不倫が原因で離婚に至った場合、慰謝料や養育費などで経済的に厳しい状況に陥る可能性が高いからです。

支払いはすぐに終わるものではなく、自身の生活を揺るがすほどの出費がしばらく続きます。

不倫・略奪婚をした場合は慰謝料・財産分与・養育費などにより、その後の結婚生活が経済的に苦しくなる事が多いのです。

では、実際にどれくらいかかるのか、以下をご覧ください。

養育費に関しては、年収や子どもの人数・年齢によって費用は大きく変わります。

また、子どもの年齢によっては、養育費の知っ払いが10年以上続くケースも。

経済的な苦痛はすぐに解決せず、略奪婚が成立しても順風満帆とはいかないのです。

自分が浮気される恐怖におびえる日々

不倫相手を忘れる別の方法は、自分が浮気される恐怖におびえる日々を想像することが有効的だといえます。

不倫をしていると、相手もまた不倫をする可能性があるため、常にその恐怖におびえる日々が続く可能性があるからです。

相手とは、関係の始まりが不倫ですよね。

つまり、既婚男性は不倫や浮気に対しての理解を示しているということ。

不倫から略奪婚に至った場合でも、あなたとの婚姻生活のマンネリ化やケンカをするたびに、ほかの女性に癒やしを求める可能性があるのです。

あなたがしたように、ほかの女性に彼をとられる可能性があり、その恐怖におびえた結婚生活を送り続けるケースも十分に考えられます。

そのため、略奪婚をして好きな人と一緒になれた喜びを感じても、幸せな生活はいつまで続くかわかりません。

浮気や不倫に対して罪悪感を感じていない可能性もあり、婚姻を結んでもタブーな恋愛が繰り返される可能性があるのです。

理想と現実のギャップ

不倫相手を忘れるもう一つの方法は、理想と現実のギャップを感じることが挙げられます。

最初のうちは理想的に見えますが、時間がたつにつれてそのギャップが明らかになり、失望感が生まれる可能性があるからです。

不倫をしているときは、お互いが好きな気持ちが強く、相手が離れていかないように努力を惜しみません。

外見に気を遣ったり優しく接したりしていても、いざ自分のものになったら素をさらけ出します。

不倫中はよく見えた相手が、結婚したらただのオジサンに見えてくることも少なくないのです。

ポジティブに考えれば、気を許している証拠だと捉えられますが、人によっては不倫中のときの姿との違いにギャップを感じることも。

結婚してから「こんな人だとは思わなかった」と感じるのも珍しいことではなく、想像していた理想の旦那とかけ離れた姿に失望することもあるのです。

参考記事:略奪婚の末路

復縁の可能性を見極めることで不倫相手を忘れる

不倫の末路を考えることで不倫相手を忘れる

復縁の可能性を見極めることで、不倫相手を忘れることが可能だといえます。

復縁の可能性がないと判断すれば、諦めの気持ちも生まれるからです。

忘れられない理由は「復縁できるのではないか」という希望が少なからずあります。

復縁の可能性がないとわかれば忘れられるため、一度現状を見つめ直してみましょう。

このような状態が当てはまる場合、復縁は難しいといえます。

離婚をしつこく迫っていた、相手の状況を考えずに「会いたい」「連絡したい」などわがままを言っていた場合は、既婚男性の理想の女性ではなかった可能性が高いのです。

この状態で復縁したい旨を伝えても、受け入れてもらえません。

過去の行動や現状から復縁が可能なのかを見極め、不倫相手を忘れて次の恋愛に目を向けましょう。

別れさせ屋・復縁屋に依頼をしてみる

別れさせ屋・復縁屋に依頼をしてみることで、不倫相手を忘れられる可能性があります。

最後の手段として活用できるからです。

別れさせ屋や復縁屋に依頼することで、復縁を望んでもよいのか判断できます。

自分一人で気持ちの整理がつかない場合は、依頼することを検討しましょう。

別れさせ屋や復縁屋に依頼をすれば、以下のような依頼を受けてくれます。

相手の真意を確かめることで、気持ちに整理をつけられる可能性があります。

もし、相手があなたに対して気持ちがまったくない場合は諦めがつき、既婚男性を忘れるきっかけになるのです。

また、関係を修復できる可能性もあるという点では、最終手段として検討するのも一つの方法だといえます。

既婚男性を忘れられない状況が続くのであればプロに依頼をして、復縁するのか、次に進むのかの判断材料にしましょう。

まとめ

今回は、別れた既婚男性を忘れる方法について紹介しました。

本記事をまとめると以下の通りです。

別れた既婚男性のことが忘れられない日々は、心が苦しいですよね。

しかし、関係を継続していたらさまざまなリスクを背負い、必ずしもあなたが望む理想の生活が約束されていないのです。

気持ちをすぐに切り替えるのは難しいと感じても、既婚男性と別れたことは間違った選択ではありません。

自分で気持ちの整理をつけるのが難しければ、プロに依頼することを視野に入れつつ、少しずつ前を向いていきましょう。

\ 別れさせ屋の /

おすすめ業者ランキング
1位別れさせ屋M&M
4.8
  • 実働回数保証あり
  • リアルタイム報告・写真付き報告で安心
  • LINEの友達登録数最多
2位別れさせ屋リライアブル
4.5
  • 実働回数保証あり
  • 写真付き報告で安心
  • 全国一律の料金システムでわかりやすい

カテゴリの人気記事

人気記事
別れさせ屋の人気記事
新着記事