既婚上司は部下を好きになるの?好きになる理由と好きになったときの態度

既婚上司は部下を好きになるの?好きになる理由と好きになったときの態度

「既婚上司は部下のことを好きになることなんてあるの?」

「既婚上司が部下を好きになったらどんな言動や行動があるんだろう・・」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、既婚上司であっても部下のことを好きになってしまうことはあります。

既婚者であっても人間である以上、人を好きになってしまうことは避けられません。

特に、職場で一緒にいる時間の長い部下であれば、好きになってしまうことも少なくないでしょう。

しかし、既婚者という立場であることから、その気持を隠しているのが一般的です。

この記事では、そんな既婚上司のことを好きになってしまった人に向けて、既婚上司がなぜ部下のことを好きになってしまうかについて解説していきます。

また、部下を好きになってしまった上司の言動や行動についても紹介しています。

いけない恋を自覚してしまい悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

本ページにはPRが含まれています

当サイトは、商品やサービスの掲載にあたり、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品・サービスへの申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。

当サイトおすすめの別れさせ屋

別れさせ屋 M&M
  • 業界最大手の別れさせ屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

毎月400名以上の相談実績!
匿名OK・オンライン依頼も可能!

  • 成功率重視
  • 楽天リサーチで顧客満足度3冠獲得
  • 価格設定は高めだが工作員の質と体制を重視
  • 実働型のためキャンセル時のリスクが小さい

匿名OK・オンライン依頼も可能!

既婚上司はなぜ部下を好きになってしまうの?

既婚男性の場合、ほかの女性に魅力を感じたとしても恋愛感情には発展しない場合がほとんど。

それが社内恋愛であればなおさらです。

しかし、それでも既婚上司から部下に恋愛感情を抱いてしまう場合があります。

それでは、既婚上司はなぜ部下を好きになってしまうのでしょうか?

まずは既婚上司が部下を好きになってしまう理由について解説します。

一緒にいる時間が長いから

既婚上司が部下を好きになる大きな要因として、一緒に過ごす時間の長さが挙げられます。

これは心理学でいう単純接触効果というものです。

単純接触効果とは、特定の人やものに接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる心理効果のことです。

上司が部下に好意を持つ理由も、この単純接触効果が影響していると考えられます。

一日の大半を過ごす職場では、ときに家族よりも長い時間をともにすることになります。

職場とはいえ、長く一緒の時間を過ごせば互いの性格やプライベートを知る機会が増え、親しみを覚えるようになるもの。

一緒の時間を過ごすにつれ、既婚上司は部下に対して次第に好意を持つようになるのです。

自己承認欲求を満たせるから

既婚上司が部下に好意を持つ理由の1つとして、部下を助けることで自己承認欲求を満たせることも挙げられます。

年齢を重ねるとなかなか褒められる機会もなくなり、承認欲求が満たされる機会が少なくなるもの。

しかし、上司と部下の関係の場合、上司は深く感謝される機会が多くあります。

例えば、仕事を進める上で上司が部下のフォローをすることは多いです。

そんなとき、フォローした部下から感謝されると、既婚上司は自分が相手に必要とされている存在だと感じ、承認欲求が満たされていくのを感じます。

自分がいないとダメな存在だと庇護欲を感じることで自己承認欲求が満たされ、部下に好意的になってしまうのです。

このように、職場での上司と部下という関係は、相手に好意を持ちやすい環境と言えます。

では、部下のことを実際に好きになってしまった場合、上司は部下にどのような態度をとるのでしょうか。

以下で紹介していきます。

既婚上司が好きな部下にとる態度

既婚者であっても、好きな相手に対する態度は未婚者と変わりません。

どんなに気持ちを秘めようと思っても、シングル男性と同様に好きな相手には特別な言動が出てしまうものです。

ここでは、既婚上司が好きな部下にとる態度について説明します。

特別扱いしてくれる

既婚上司は、好意を持った部下のことを特別扱いしがちです。

誰しも好意を持つ相手に対してはほかの人よりひいきをしてしまうもの。

好きな部下に対しては、仕事上でもフォローに入る機会が増加することがあります。

好きな相手のことは普段からよく見ているため、何かあったときにすぐに気づいてしまうのです。

また、通常は怒られるようなミスに対しても、寛容に許してくれることもあります。

既婚上司からほかの人よりも優しくされていると感じるのであれば、それはあなたに好意を抱いているサインかもしれません。

2人になろうとする

既婚上司は好きになった部下と2人きりになろうとします。

好意がある相手と2人だけで話をしたいと考えるのは当然のこと。

たとえば、2人きりで食事や飲みに誘ってくるのはわかりやすい例です。

みんなで食事に行った場合でも、さりげなく2人になろうとすることも。

ほかにも出張や営業に一緒に出かけようとしたり、仕事上でも2人の時間を作ろうとすることもあります。

これは2人きりの時間を過ごすことで、好きな部下のことを知り親密になりたいと考えるためです。

仕事上の必然性がないのにやたらと2人きりになろうとしてくる場合、その部下に好意を抱いていると考えられます。

やたらと話しかけられる

やたらと話しかけてくる場合も、既婚上司が好意を持っているサインです。

既婚者であっても、好意がある相手とはたくさん話をしたいと考えます。

相手との会話を増やすことで互いのことを知り、関係を深めたいと考えているのです。

たとえばデスクの近くを通りかかった場合に必ず声をかけられたり、毎日あいさつだけではなく軽い雑談を交えてきたり。

ほかにも、誰かと話しているときに割り込んできて一緒に会話をしようとすることもあります。

特に仕事の話だけではなく、プライベートの話や趣味の話など、なにげない会話をたくさんしかけてくる場合はあなたに好意を持っている可能性は高いと考えられます。

仕事以外で連絡してくる

仕事以外での連絡が多いことも既婚上司からの好意の表れです。

職場ではどうしてもプライベートな会話は限られるため、特に親しくなりたい相手とは仕事外で交流を持とうと考えるのです。

仕事上で必要がないのに個人的な連絡先を聞かれる場合は、あなたに好意がある可能性が高いと考えられます。

特別な用事がないのに頻繁にLINEが来る、プライベートな話をよく聞かれるなどはわかりやすい例です。

相手と仲良くなりたいのはもちろん、仕事以外での交流を試みることで反応を伺っている場合もあります。

ほかの同僚と比べ業務外での連絡が多いと感じるのであれば、あなたに好意を持っている可能性は高いでしょう。

既婚上司が部下にとる態度をもっと知りたい方は「既婚者上司が好きな部下に取る態度」を参考にしてみてください。

ここまで、既婚上司が好きになる部下の態度について紹介をしてきました。

既にあなたに好意を持たれていることもあると思いますが、まだまだこれから関係を深めたいと考えている方もいると思います。

そこで、以下では、既婚者上司が好きになる部下の特徴について説明していきます。

既婚上司に好意を持たれたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

既婚上司が好きになる部下の特徴

既婚者の場合、通常は自制心が働くため異性を好きになることに対するハードルが上がりがちです。

それでは、既婚上司はどのような部下に対して好意を抱いてしまうのでしょうか。

ここでは既婚上司が好きになる部下、既婚者キラーの特徴について説明します。

コミュニケーション能力が高い

既婚上司が好きになりやすい部下の特徴は、コミュニケーション能力が高いことです。

よく会話をする相手ほど、親密度が高くなりやすいもの。

コミュニケーション能力が高い部下とは話が弾み、距離が縮む速度も早くなります。

自分に対してだけではなく、周囲に気を配り、職場で慕われている姿を見ているうちに好きになってしまうこともあります。

また、明るく積極的な女性であれば、自分から上司に話しかける機会も多いはず。

初めはなんとも思っていなくても、距離感の近さから徐々に好意が膨らんでいくこともあります。

このような理由から、既婚上司はコミュニケーション能力が高く気配りのできる部下に惹かれる傾向があるのです。

いつも笑顔で愛想が良い

いつも笑顔で愛想がいい部下も、既婚上司の好きになりやすい特徴の一つです。

既婚男性は職場でも家庭でも疲れていることが多く、一緒にいて癒やされる相手を求めています。

常ににこにこしていて愛想の良い部下と毎日顔を合わせていると、近くにいるだけで癒やされ幸せな気分になります。

また、そんな部下がいると周囲の雰囲気もよくなり、職場全体が明るくなります。

ストレスを感じがちな既婚上司にとって、笑顔で愛想のいい部下は日々の癒やしとなり、ずっと一緒にいたいと考えるようになるのです。

助けたいと思わせる

既婚上司が好きになりやすい部下の特徴は、助けてあげたいと思わせる人です。

男性は特に、庇護欲を煽られる女性に好意を持ちやすいと言われています。

仕事でフォローを求められた際や、力仕事をお願いされた際に既婚男性は部下をかわいいと感じ、助けてあげたいと思うようになります。

反対に、普段バリバリと仕事をこなす部下がふとした時に弱みを見せた際に、助けてあげたくなることもあります。

この子には自分がいないとダメだと思う気持ちが、やがて恋愛感情に変わることも少なくありません。

このように、既婚上司は助けてあげたいと感じさせる部下に対し、好意を抱いてしまうことが多いのです。

仕事に一生懸命に取り組んでいる

仕事に一生懸命に取り組んでいる姿も、既婚上司が好きになりやすい部下の特徴です。

当然ですが、仕事に対して適当に取り組む人は内面的に信頼できません。

反対に、仕事に一生懸命取り組む部下のことを既婚上司は人間としても好意的に感じるようになります。

毎日遅くまで残って懸命に仕事をしていたり、困難な業務を率先して引き受けたりする姿は、とても魅力的に映ります。

上司であれば、目立つ業務ばかりではなくほかの人が気づかないような雑務や周りのフォローを引き受ける部下のこともよく見ているものです。

仕事に一生懸命に取り組む部下の姿は、既婚上司にも非常に好意的に映るのです。

ここまで、既婚上司が好きになる女性の特徴を紹介してきました。

では、さらに一歩進んで、既婚上司との関係を進展させるためにはどうしたら良いのでしょうか。

以下で詳しく紹介をしていきます。

既婚上司との関係を進展させる方法

既婚上司が部下に好意を持ったとしても、立場上なかなか自分から気持ちを伝えることはできません。

それでは、既婚上司との関係を進展させるためにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは既婚上司との関係を進展させる方法について解説します。

とにかく一緒の時間を増やす

既婚上司との関係を進展させるためには、とにかく一緒に過ごす時間を増やすことが効果的です。

一緒にいる時間を増やせば増やすほど、相手からの好意を強めることができるためです。

たとえばランチや飲み会に誘い、仕事以外での接触を増やすことで、親しくなれる確率はぐっと上がります。

はじめはほかの同僚と一緒でも、徐々に2人の時間を増やすことで特別な存在に変わっていきます。

また、相談事をするために2人の時間を作ってもらうことも有効です。

男性は特に頼られることに喜びを感じるもの。

内容はささいなことでも構わないので、あなたにしか相談できないと特別感を持って伝えることで、特別な存在になることができるでしょう。

ほかにも、既婚上司が残業をしている日に一緒に残業をすることで、2人きりになるチャンスを狙う方法もあります。

既婚上司との関係を進展させるには、まずは一緒に過ごす時間を増やすことを考えてみてください。

好意をアピールする

既婚上司との関係を進展させるためには、好意があることをしっかりとアピールすることも重要です。

こちらからも好意があることをしっかり伝えることで、相手に一歩踏み出すよう仕向けられるようになります。

男性は、部下に好意を持っていても立場からなかなか行動に移せないものです。

それが既婚者であればなおさらです。

たとえば、さりげなくボディタッチを増やしてみたり、相手の話には常に笑顔で反応してみたり。

相手から食事などの誘いがあった場合には大げさに喜んで見せることも有効です。

こちらからも好意があることをしっかりとアピールすることで、既婚上司との関係を一歩進めることができるでしょう。

ここまで、既婚上司との関係を進める方法を紹介してきました。

しかし、実際にこうした方法を試す前に、不倫関係のリスクと注意点について知っておきましょう。

以降で詳しく説明していきます。

既婚上司との関係を進めるうえでの注意点

当然ながら、既婚上司との関係を進めるにはリスクがつきもの。

何も考えずに気持ちだけで先走ってしまうと、後から痛い目に合う場合もあります。

そこでここでは、既婚上司と関係を深めるうえで知っておきたい注意点について説明をします。

周囲に気を使う

既婚上司との関係を深める上では、周囲に気を使うことが大切です。

既婚上司との関係を周りに悟られてしまった場合、さまざまなリスクが考えられるためです。

たとえばあなたと既婚上司の関係がうわさになってしまうと、倫理観を疑われ周囲から避けられたり、2人とも会社にいづらくなる可能性があります。

また、同僚を通して上司の奥さんに告げ口をされ、不倫が明るみに出てしまうことも。

これらのリスクを避けるため、2人で出かけるときには知り合いのいない場所を選んだり、職場ではあまり親しげに話さないようにするなど、周囲にバレないように気を使う必要があります。

既婚上司と関係を進める場合には、普段以上に周囲に気を使い、関係が周りにバレないように注意しましょう。

付き合ったあとのリスクを認識する

既婚上司との関係を進める前に、付き合った後のリスクを理解しておくことも重要です。

不倫関係は上司にとってもあなたにとっても非常にリスクの高い行為。

関係が表沙汰になった場合には、どちらにとってもさまざまな悪影響があります。

周りから悪評がたち会社にいづらくなるのはもちろん、最悪の場合、左遷や解雇といった会社からの懲罰を受けることも考えられます。

また、既婚者と知りながら関係を持った場合、相手のパートナーから数十万円〜300万円慰謝料を請求されるおそれもあります。

加えて、既婚上司が奥さんと離婚しない限り相手と結婚することもできません。

何年も離婚をしないまま年齢を重ねてしまうということも少なくありません。

既婚上司と関係を深めるうえでは、事前にさまざまなリスクを認識し覚悟をする必要があります。

以上が、既婚上司と不倫関係になってしまった場合の注意点です。

不倫関係がばれてしまった場合、あなたも相手も大きな影響を受けてしまいます。

しかし、好きになってしまった相手を諦めるのは簡単ではないこと。

以下では、既婚上司のことを諦める方法を紹介していきます。

既婚上司への好意を諦める方法

どんなに好きな相手でも、既婚上司と関係を持つことは非常にリスクのある行為です。

自分の将来を第一に考え、早いうちに諦めることもひとつの選択肢。

ここでは既婚上司へ好意を諦める方法について解説します。

趣味や仕事に没頭する

既婚上司への思いを諦めるためには、趣味や仕事に没頭することが有効です。

忙しくしていれば、相手のことを考える時間が減り、必然的に気持ちも薄れていきます。

ほかの部署への異動願いを出したり、転勤を希望することで上司と顔を合わせる機会を減らせば、気持ちを切り替えやすくもなります。

打ち込める趣味がないという人は、まずは友達の趣味に付き合い、活動範囲を広げることも一つの方法です。

自分では手を出さなかった新しい趣味に踏み出せば、今までとは違う世界が見えるようになることもあります。

恋愛だけではなく、没頭できる趣味や仕事に打ち込むことで、やがて既婚上司への気持ちは薄れていくはずです。

相手との距離を置く

相手と距離を置くことも、既婚上司への気持ちを諦めるためには大切です。

相手と一緒に過ごす時間を減らすことで、理性が働き、気持ちを抑えられるようになるためです。

プライベートで連絡を取り合っているのであれば、自分からは連絡を返さないようにしたり、連絡先自体を消去してしまうことも有効です。

職場でも2人きりになることは避け、コミュニケーションも必要最低限を心掛けましょう。

徐々に相手と距離を置くようにすることで、相手もあなたの気持ちを察してくれるはずです。

どうしても仕事で関わらなければいけないときにはほかの同僚も同席してもらうなど、意図的に2人にならないように心がけましょう。

はじめはつらいかもしれませんが、距離を置き一緒に過ごす時間を減らすことで、やがて既婚上司への好意を諦められるようになります。

ほかの男性との出会いを探す

既婚上司への気持ちを諦めるためには、ほかの男性との出会いを探すことが有効です。

ほかに好きな人ができれば、既婚上司のことを忘れることができます。

どんなに好きになってしまったとしても、不倫は社会的にも倫理的にも許されない行為。

一時の気持ちで関係を深めてしまい後悔をする前に、ほかの出会いを探すことを考えましょう。

友達からの紹介やマッチングアプリなど、まずは独身男性との出会いを増やし、新しい恋を探すことが大切です。

今は気づいていなくても、職場の同僚や上司にも独身で魅力的な男性がいるかもしれません。

ほかの男性との出会いを探し、幸せな恋愛をすることで、既婚上司への未練は断ち切りましょう。

まとめ

今回は既婚上司は部下を好きになるのか、部下を好きになる理由と好きになったときの態度について解説しました。

既婚者であっても魅力的な部下がいれば好意を抱いてしまう男性は多く、その好意をさまざまな態度で表に出しています。

しかし、既婚上司との恋愛はリスクが高く、報われない可能性も高いものです。

恋愛に溺れることなく、一度立ち止まってよく考え、後悔しない選択をしましょう。

不倫成就カテゴリの最新記事