既婚者の上司が好きな部下にとる態度はコレ!部下に恋することはある?

既婚者の上司が好きな部下にとる態度はコレ!部下に恋することはある?

仕事の出来る頼もしい職場の上司はどうしてもかっこよく見えるもの。

そのため、上司に片思いしているという方も多いかもしれません。

もし相手が既婚者なら仕方がないと思っていても、なかなかあきらめることはできないもの。

では、逆に上司が部下を好きになってしまうことはあるのでしょうか。その場合、どんな態度から気持ちを見極めることができるのでしょうか。

今回は既婚者の上司が部下に取る態度によって、彼の気持ちを知る方法を解説します。

 

既婚者の上司を好きになってしまうのは良くないこと?

誰かを好きになってしまうことは仕方がないこと。

しかし、その相手が既婚者で、しかも職場の上司となると、「これでいいの?」と思ってしまうかもしれません。

当然のことですが、職場は仕事をする場所。仕事をスムーズに進めるためには、上司に対して個人的な感情を抱くことはあまり好ましいことではありません。

もしかすると、仕事がうまくいかなくなったり、職場での人間関係にひびが入ってしまう可能性も。

しかし、「好きな上司の前でいいところを見せたい!」と仕事を頑張ったり、「顔を見るのがうれしい」と、会社に行くことが楽しみになったりと、仕事にもプラスの影響が生まれることもあります。

そのため、既婚者の上司を好きになるのは悪いことばかりではないということもできるでしょう。

【絶対別れさせたい人必見】

 ⇒片思いの社内・職場恋愛!好きな人と恋人を別れさせる方法は?

 

上司を好きになってしまう理由

実は職場の上司に恋をしているというのは、珍しいことではありません。

というのも、女性にとって上司は非常に魅力的な存在だから。

仕事の面でも様々な経験があり、余裕がある上司を目標にしている人も多いものです。

そういった尊敬や憧れの気持ちが「好き」に変わるということは、まったく不思議なことではありません。

また、同じチームで仕事に取り組むということは、目標を共有することでもあります。同じ目標に向かって頑張っている姿を見ていると、どうしても好意を感じてしまいます。

さらに、職場は一日の大半を過ごす場所です。一緒にいる時間が長ければ長いほど、その人の様々な面が見えてくるもの。

最初は苦手な人だと思っても、仕事を通してコミュニケーションを重ねるうちに、どんどん相手のいい面が見えてきて、気がついたときには好きになっていることも珍しいものではありません。

 

既婚者上司が部下に恋することってあるの?

上司は人生も仕事の経験も非常に豊富なもの。そんな上司が自分なんて相手にしてくれるはずがない。そんなふうに考えてはいませんか?

実は既婚者の上司が部下に恋することは珍しくありません。

結婚していても、上司であっても、その前に彼は一人の男性。そのため、魅力的な女性が入れば、好きになってしまうことはあるもの。

さらに、職場でいつも顔を合わせていると、相手の外見だけでなく、人間性も分かってきます。

そのため、ちょっとしたきっかけさえあれば、部下に対して恋をしてしまうことは少しも不思議ではないと言えるでしょう。

 ⇒既婚者と両想いの確信が欲しい!脈ありのキッカケを徹底検証

 

既婚者上司が好きな部下にとる態度はコレ!

男性が誰かを好きになったときには、必ず態度に現れます。

既婚者上司の場合、出来るだけ自分の気持ちを気づかれることがないように振舞うもの。

しかし、それでも気持ちは隠しきれるものではありません。隠そうとする態度が、逆に好きなサインとなって表れてしまうことがあります。

では部下を好きになった既婚者男性はどのような態度を取るのでしょうか。

 

他の部下との扱いが違う

上司は部下を平等に扱おうとするもの。

しかし、もし部下を好きになってしまった場合、どうしても他の部下との扱いにちょっとした違いが生まれます。

たとえば、ちょっとした気遣いが増えたり、話しかけてくれることが増えたという場合、それは好意の表れです。

また、好きと言う気持ちを隠そうとして、逆に厳しめの態度になってしまうこともあります。

しかし、もし厳しく接した場合には、「嫌われたくない」と考え、後で丁寧にフォローしてくれることも。

このように部下を好きになった上司は、好きな相手と他の部下との扱いが明らかに異なることがあります。

 

変化に気づいてくれる

好きな相手のことは、どうしても見つめてしまうもの。そのため、他の人よりも小さな変化に気づきやすい傾向があります。

髪型やファッション、メイクなど目立つ部分はもちろん、使っているペンが新しくなったなど、細かい部分に気づくことも。

他の人が誰も気づかないような、ちょっとした変化に気づいてくれるとしたら、もしかしたら相手はあなたのことを好きなのかもしれません。

 

仕事よりもプライベートの話をする

職場の会話はどうしても仕事のことが中心になるもの。しかし、部下に好意を持っている場合、仕事の話だけでなく、プライベートな面も知りたくなります。

プライベートの質問をすることで、本当は相手はどんな人間なのか、どんな男性がタイプなのかを探っている可能性も。

特にあなたに好意を持っている男性にとって、彼氏はいるのか、どんなデートをしているのかなどはもっとも気になるポイントです。

もし、職場でも恋愛トークやプライベートな話題が増えた場合、相手が好意を持っていると考えてもよいでしょう。

 

休日明けは機嫌がいい

休日明けの出勤は憂鬱なものですが、もし上司が部下のことを好きな場合、「会える!」といううれしさから、機嫌がよくなっていることもあります。

好きな人に会えるのは誰でもうれしいもの。平日は毎日顔を合わせていると、余計に会えない時間が辛くなります。

ただし、上司が「部下のことを好きになるのはいけないことだ」「好きな気持ちがバレないようにしなければ」と考えている場合には、逆に表情が厳しくなることもあります。

どちらにしても、平日に比べて雰囲気が違うように感じる場合、好意を持っている可能性大と思ってよいでしょう。

 

仕事のサポートをしてくれる

どんな男性でも、好きな女性には好かれたいもの。

そのため、できるだけ好きな女性の助けになるような行動を取ります。

職場の場合、それが現れるのはやはり仕事面。大変な仕事を手伝ってくれたり、働きやすいようにサポートしてくれるようであれば、好意を持っていると考えられます。

既婚者の上司の場合、気持ちを隠したいと、あなたをサポートした分、他の部下のことをねぎらうことが多くなることも。

もし最近、上司が手伝ってくれることが多い、チームの雰囲気がよくなったということがあれば、それはもしかするとあなたのおかげかもしれません。

 

プライベートな連絡がある

上司が部下のことを好きになったら、職場だけでしか話ができないのは耐えられないかもしれません。

そういう場合、上司がプライベートな連絡先を知りたがることも。

また、好きな女性が何をしているかは男性なら誰でも気になります。

「休日は何をしているのだろう」「誰と遊んでいるのだろう」と、そんなことを知るためにSNSのアカウントを聞き出そうとすることもあります。

特に好意の表れとなるのが、深夜の連絡。

仕事の用件などにかこつけて深夜の連絡があるという場合、相手はかなりの好意を持っているかもしれません。

また、メールだけでなく、写真や動画が送られてくることもあります。これは「自分のことをもっと知って欲しい」というアピール。

写真や動画は、それほど親しくない人間には送ろうとは思わないもの。

もしも写真や動画が送られてきた場合、両想いは近いかもしれません。

 

自分のことを話す

好きな相手には、自分のことを知って欲しいもの。

もし既婚者の上司の話の中で、自分語りが増えた場合、相手が好意を持っていると思って間違いないでしょう。

そのとき、話の中に自慢や武勇伝が入ってきたら、さらに強い好意の証

誰でも好きな相手にはよく思われたいもの。それは既婚者でも独身でも同じことです。

特に部下に対しては、自分を尊敬してもらいたいという気持ちが強くなるため、自慢話で自分のことをアピールすることがあります。

学生時代や、これまでの仕事での成功した話などをする場合、彼はあなたに恋心を抱いているかもしれません。

 

仕事の用事で一緒にいることが増えた

出張や商談、打ち合わせなど、仕事では上司と一緒に出掛ける機会があります。

もし最近、仕事の用事で上司と一緒に出掛けることが増えたという場合、上司があなたに好意を持っている証拠です。

というのも、どの部下を同行させるかというのは基本的に上司が決めるもの。

また、一度仕事に同行すると、その前後でミーティングをしたり、時間が合えば食事をするなど一緒にいる時間が増えるものです。

職場ではなかなか二人きりになれないことも多いため、上司は一緒に出掛けても不思議ではないというチャンスを狙っています。

 

将来の話をする

既婚者の上司が「今後どういう仕事をしてみたいか」「どんなキャリアを積みたいか」「もし結婚したら仕事はどうしたいか」といった質問をすることがあります。

これは上司が部下にする質問としては不自然なものではありません。

しかしその質問の裏には、上司の好意が潜んでいることもあります。

上司が知りたいのは、上司自身が考えている将来像とどれだけ重なっているのかということ。

仮に今後、部下との関係が恋愛になった場合、どのような状態になるのかをイメージしようとしています。

 

プライベートの遊びに誘われる

仕事ではなく、休日などプライベートな時間に遊びに誘われるというときには、間違いなくあなたに好意があると思ってよいでしょう。

その場合でも、既婚者の上司は「趣味に付き合って欲しい」「デートして欲しい」と言う誘い方ではなく、「一度社会勉強だと思って経験してみては」といった口実を設けるもの。

もちろん、本音はあなたと一緒にいたいということなので、好意を持っている場合は誘いに乗ってみるとよいでしょう。

 

既婚者上司を振り向かせるためのテクニックやアプローチ法

もし既婚者の上司を好きになってしまったとき、誰もが「これからどうしようか」と考えてしまうことでしょう。

あきらめられるならその方がよいかもしれませんが、どうしても好きな気持ちを抑えられないこともあります。

しかし、相手は既婚者の上司。そういった相手にはどうすれば振り向いてもらうことができるのでしょうか。

「既婚者なのに片思い!男を落とすテクニックと脈ありサイン」では、職場の既婚者の脈ありサインや、既婚者を落とすテクニックについてご紹介しています。

既婚者への片思いを終わりにしたい!そんな方にはぜひおすすめです。

 

既婚者が本気になったら…

家庭のある既婚の男性はなかなか本気の恋には踏み出せないもの。

家庭のことだけでなく、職場での立場を考えると、ためらってしまっても仕方ありません。

しかし、そんな既婚者の男性でも、本気になってしまうことがあります。

もし既婚者の男性が本気になったら、どんな行動に出るのでしょうか。

もしそれを知りたい場合、「既婚男性が本気になったらどうなる?本気度がわかる7つの行動!好きになるきっかけや好かれる条件も解説!」がおすすめ。

こちらの記事では、既婚男性の本気度を知るためのヒントをご紹介しています。

 

社内不倫のリスク!それなりの覚悟を

自分の好きな男性と両想いになるのはうれしいことです。

しかし、相手が既婚者で、しかも職場の上司という場合、喜んでばかりもいられません。

改めて言うまでもなく、不倫はリスクが非常に高いもの。もし不倫関係が奥さんにバレたという場合、男性は離婚されるだけでなく、あなたにも慰謝料を請求される可能性もあります。

さらに社内の不倫ということになると、周囲からの目も厳しくなります。

「あの人は不倫をするような人だ」「責任ある仕事は任せられない」と、これまでのように働くことができなくなってしまうかもしれません。

場合によっては、それまで親しくしていた同僚からそっぽを向かれたり、陰口を言われてしまうことも。

男性も女性も、その雰囲気に耐えられなくなり、二人とも会社を辞めてしまうことも少なくありません。

そうなると、せっかく築いてきたキャリアも信頼も水の泡。それがきっかけで、彼とも上手く行かなくなって別れてしまうことも。

このように不倫の中でも、既婚者の上司との社内不倫は非常にリスクが高いもの。

社内不倫に踏み切るときは、覚悟を決めることが必要です。

 

まとめ

既婚者の上司は自分のことなんて相手にしない。そう思っている人も少なくありませんが、実際には部下のことが気になっている上司は多いものです。

お互いの気持ちを確かめてみれば両想いだったということも珍しくありません。

同じ職場に好きな男性がいれば仕事へのモチベーションもアップしますが、だからといって社内不倫はリスクが大きく、決しておすすめできることではありません。

もし既婚者の上司を好きになった場合には、ある程度の覚悟が必要だと言えるでしょう。

不倫成就カテゴリの最新記事