元カレに復縁したいと思わせるLINEテクを伝授!

元カレに復縁したいと思わせるLINEテクを伝授!

彼氏と別れると、淋しさのあまりに「なんとかして復縁したい」と考えてしまいますよね。

しかしその時間は、自分のことも元彼のことも冷静に考えられる時間でもあります。

冷静に考えたうえでも、「やはり元彼と復縁したい」というのなら、LINEを利用してみませんか。

復縁までの事前準備からLINEのきっかけ、やり取り方法、復縁までの注意点を時系列に網羅しました。

復縁したいと思わせるLINEを送って、元彼の気持ちを取り戻しましょう。

 

2020年最新 初回無料体験ができる!電話占いおすすめランキング 詳細はコチラ
2020年最新 初回無料体験ができる!電話占いおすすめランキング 詳細はコチラ

元彼に復縁したいと思わせる事前準備

元彼に復縁したいと思わせる事前準備として次のようなことをしてみましょう。

・別れているという事実を受け入れる。

・別れた理由を見つめなおす。

・あなたの欠点、元彼の欠点を見直す。

まずは「別れている」という事実を受け入れましょう。

別れてから日が浅いと、どこかで付き合っているような感覚を持ってしまうことがあります。

でも「別れた」という事実を早い時期に受け入れることが大事です。

これによってあなた自身も「それならばどういった対応をすればよいか」という対策が立てられるわけです。

早い段階で事実を受け入れることができれば、対策を練る時間に当てられるということになります。

次に別れた理由をもう一度探ってみましょう。

元彼に原因があったのか、あなたに原因があったかを分析し、相手がどういう考えで別れるという経緯に至ったのかを、相手の立場になって考えます。

何が原因で別れたかを冷静に考えることができれば、復縁したあとに活かすことができるでしょう。

最後にあなたの欠点、元彼の欠点を見直しましょう。

復縁するにあたってあなたが欠点を見直すことで、元彼が「変わった彼女ともう一度やり直してみたい」という気持ちになる可能性があります。

さらに元彼の欠点を見直すことによって、元彼が復縁するのに値するかを検討するのです。

つまりはあなたが元彼の欠点を受け入れることができるかどうか、ということになります。

場合によっては、どうしても元彼の欠点を受け入れられないということもあることでしょう。

これら3つをいかに冷静に考えられるかが、本当にしたい復縁なのか、元彼に復縁したいと思わせることができるかということになります。

 

 ⇒元彼に復縁したいと思わせる!ヨリを戻す可能性を確実にする方法

 

元彼に復縁したいと思わせるLINEテク!きっかけ編

事前準備が整ったら、最終的に元彼から「復縁したい」と行動してもらうためにも、ぜひあなたから「不自然にならないきっかけ」を作りましょう。

元彼がきっかけを作ってくれることを待っているばかりでは、復縁を成就させることはできません。

元彼に「これは返信したい」と思わせる、LINEを使ったきっかけテクニックをご紹介します。

 

元彼が得意な内容の質問をする

元彼が「得意な内容」の「質問」をしましょう。

「得意な内容」と「質問」という2つの要素を組み合わせることによって、元彼が興味を持つ可能性が高くなります。

「仕事でパワーポイントを使うことになったんだけど、経験が豊富な人がいなくて」

「接待で使うお店の選定を任されたんだけど、お酒が飲めないから分からなくて」

元彼に「まだ頼りにされているのかな」と思わせることで、あなたに興味を持ってもらうのです。

そして「質問」という行為によって、「今度参考になる本を貸してあげるから会わない?」「何件かおすすめのお店があるけど一緒に行ってみない?」と「次の行動」につなげることができます。

ぜひ元彼が「得意な内容」を「質問」してみましょう。

 

他の人の話題をふる

きっかけを作るために他の人の話題をふることも効果的です。

いきなりあなたの事や元彼の話題をふると、警戒されてしまうかもしれません。

まずは「きっかけ」になれば良いので、共通の知人の話題や用件を伝えるようにしましょう。

「○○さんがあなたと一緒に食事をしたいって言ってたよ。」

「この前○○さんを見かけて声をかけたら、あなたに借りていたという本を預かったんだけど」

あなた自身は他の人の話題に交ることで、元彼の警戒心を解くのです。

それによって「○○さんと一緒なら、久しぶりに3人で食事に行かない?」「今度本を受け取りに行きたいんだけど」という回答が得られるかもしれません。

ぜひLINEに他の人の話題を盛り込んでみましょう。

 

間違えたフリをして送る

間違えたフリをして元彼にLINEを送りましょう。

きっかけに必要となる「状況や用件」を考えることなく実行できる簡単な方法です。

この時に、「ちょっとだけ重要な内容」をLINEに添えましょう。

「月曜日の10時の予定で良かったんだよね?」

「お待たせして申し訳ありません。あと10分で着きます。」

明らかに間違った内容であり、時間や予定といった情報を添えることで、元彼は「これは指摘してあげないとまずいことになるぞ」と思うはずです。

「誰かと間違ってるんじゃない?」「10分で着いても、今は家にいないよ」そういったフランクな回答が返ってきたら大きなきっかけになるはずです。

あなたや他の人にとって重要な情報であるにもかかわらず、既読スルーやブロックされているときには、復縁を考え直した方が良いでしょう。

 

元彼を気遣う話題、表現でLINEを送る

元彼を気遣う話題や表現をLINEで送りましょう。

あなたしか知らない情報や元彼の体調をLINEすることで、「やはり自分のことを分かってくれているな」「前の彼女とよりを戻したいな」という気持ちが芽生えます。

「この時期は仕事が忙しくなるから、きちんと体調管理をしてくださいね」

「毎年悩まされる花粉症の時期だけど、もう病院に行きましたか?」

気持ちや体が弱っている時には、「よく覚えていてくれたな」という嬉しい気持ちになるはずです。

あなたしか知らない情報で元彼を気遣ってみましょう。

 

 ⇒元彼とずるずるした関係から復縁する方法!曖昧な関係は終わりにしたい!

 

元彼に復縁したいと思わせるLINEテク・やり取り編

上手にきっかけを作ることに成功したら、一緒にいたことを思い出させるようなLINEのやり取りを心がけましょう。

うまくLINEが続くようになれば、段々と自然なものになり、よりお互いに共感できるような内容に深まってきます。

それができるようになってきたら、「2人で会う」という行動に発展させることを意識するようにしましょう。

 

LINEのやり取りがスムーズになったら誕生日を祝う

あなたのきっかけLINEが実を結んで、やり取りがスムーズになったらぜひ誕生日LINEを送ってみましょう。

大人になっても誕生日を祝ってもらうことは嬉しいものです。

ただしこの時の注意点として、重くならないタイミングや内容である必要があります。

0時ピッタリのLINEや、付き合っていた頃の誕生日のエピソードなどは避けるようにした方が無難です。

一言、「お誕生日おめでとう」や「今年も素敵な一年にしてね」といった軽い内容に留めましょう。

あえて気を使わせない意味でも、1日遅れて「昨日誕生日だったよね」とLINEするのも効果的でしょう。

誕生日LINEは、ライトな言葉で短く送ることがその後につなげるコツです。

 

物の貸し借りや忘れ物の話題をふる

付き合っていた頃に物の貸し借りがあれば、それを話題にLINEを送りましょう。

またお互いの忘れ物がそのままになっていたら、ぜひこれも話題に出しましょう。

「掃除をしていたら、付き合っていた頃に借りたボールペンが出てきたんだけど届けようか?」

「部屋にパジャマを忘れてそのままになっていたと思うんだけれど、取りに行った方がいいよね?」

貸し借り、忘れ物は会わずには持ち主に返せません。

スムーズに返信が来たら、日時の約束をし「その日はお昼の時間にしか空いてないから、久々にランチでも一緒にどお?」といった具合で本来の目的+αの約束を取り付けることも可能です。

もちろん日時の約束をする際には、昼間の方が元彼も警戒しません。

夜に約束をするには、もう少し関係が深くなってからにしましょう。

 

自分の辛いことを相談する

安定してLINEをやり取りする関係を築けたら、自分の辛いことを相談してみます。

あまり重すぎない内容で、アドバイスを求めるような相談が良いでしょう。

「会社で指導している後輩が会社を休みがちで。どうアドバイスしたら良いと思う?」

「友達が彼氏とうまくいっていなくて、最近私の家によく泊まりに来るの。何て言ってあげたらいいのかな?」

その後の「どうすべき、何を言ったら良いのか」というアドバイスを求めることで、男性は「頼られている」と感じるはずです。

さらに「あなたのアドバイスはとても参考になるから」という一言を添えれば、「やはり自分が支えてあげる必要があるのでは。」と自問するようになります。

単に辛いことを話すだけではなく、前向きに「アドバイス」を求める姿勢でいてください。

 

 ⇒復縁する気がない元彼の態度が逆転!復縁したいと思わせる5つの方法!会うと言わせたい

 

元彼に付き合おうと言われるまでの注意点

定期的にLINEのやり取りをするようになったら、もう一押しです。

男性は、興味のない人間とのやり取りを面倒くさがる傾向にあります。

たとえ興味のない人間に返信をしたとしても、「シンプルに用件に対する回答だけ」というのが一般的です。

このことから、現状では少しだけ気持ちに余裕を持っても良いでしょう。

そして決して焦って結果を出そうとしてはいけません。

ここで「付き合おう」と言われるまでの注意点を覚えておきましょう。

 

復縁まではタイミングを見計らって

復縁するためにはタイミングが重要です。

まずは別れた後に、必ず十分な冷却期間を置きましょう。

お互い冷静になって、本当に必要な復縁かを考える時間が必要です。

だからといって、あまりにLINEのやり取りから時間を置いてしまってもいけません。

「熱し過ぎず冷え過ぎず」がベストなタイミングということになるので、元彼の反応をよく観察しましょう。

目安としては「元彼から」LINEが定期的に来るという状況になってからがベストでしょう。

あなたなしでは日常が楽しめない証拠です。

この段階になったら、ぜひ2人で会えるような用件やきっかけを作り、雰囲気の良いレストランやカフェに出向いても良いでしょう。

 

LINEは返信を求めるよりも用件を伝える内容で

LINEのやり取りをする関係になってからも、あなたからは「用件」を伝えることを意識しましょう。

冷静に元彼が考えているタイミングで、やたらと返信を求めるような内容のLINEが来れば「やはり復縁はできないかな」と思わせてしまいます。

定期的に連絡を取りつつも、「用件」がない時には、こちらからのLINEは控えるくらいがベターです。

復縁までに、「用件がなくてもLINEをしたい」と元彼に思ってもらえるかが大事なので、正式な交際の申し込みまでは、用件ありきのLINEであなたの存在をアピールします。

 

元彼に復縁したいと思わせて今すぐ復縁する方法

自分でどんな努力をしても、元彼が復縁を考える様子がない場合には「復縁屋」というサービスを利用しても良いでしょう。

もちろん「復縁屋」に依頼したからといって、100%復縁できるわけではありません。

しかし、元彼との接点を作ってくれたり、復縁に向けた環境を作ってくれたりという工作をプロに頼むことによって、よりスムーズに展開することも十分に考えられます。

ここで、「復縁屋」に依頼すると、違法なのではないかと心配になる人もいるのではないでしょうか。

 ⇒復縁屋の口コミ評判おすすめ比較10選【復縁工作の値段料金比較表付き】

復縁屋は「探偵に依頼」して「復縁のきっかけ」をお金を出して作ってもらう、という理解で良いでしょう。

「復縁屋」の業務は尾行や張り込みといったことが必要になることもあるため、「探偵業」の届け出をしている業者が行っていることが多いからです。

よって違法ではありませんし、むしろ違法な内容の依頼であれば業者の方から断られるでしょう。

そして復縁は決して「復縁屋任せ」では成就しません。

あくまでも復縁屋は「復縁に向けたきっかけ」を作ってくれるだけなので、あなた自身も欠点を直す努力や、別れの原因となった環境を考え直す必要があります。

病院へ行って医者がどんなに効く薬を出してくれても、原因が肥満や飲酒ということならば患者自身の努力が必要なのと同じことです。

あなた自身を磨いて毎日を楽しむことで、ぜひ元彼に言ってもらいましょう。

「別れたことを後悔している。ぜひもう一度やり直してくれないか?」

LINEを利用して、状況によってはプロの力を借りながら、大好きな人とあなたの未来が輝くものになりますように。

復縁したいカテゴリの最新記事