【恋愛マイスターが伝授】元恋人に復縁したいと思わせる上級テク!事前準備からLINEのやり取りを徹底解説!

【恋愛マイスターが伝授】元恋人に復縁したいと思わせる上級テク!事前準備からLINEのやり取りを徹底解説!

手放して初めてその大切さに気づく、というのは世の常であり、誰もが経験していること。仕事や人間関係、ちょっとしたチャンスなど、「ああ、あのとき手放さなければ」という後悔は人生で必ずあります。別れた恋人とやり直したい。というのもそのひとつ。

未来が見えず自分から手放した。向こうから離れていった、どんなパターンにしても別れて初めて本当の意味での大切さに気づきどうしてもやり直したいことが。しかし、復縁は正直なところ、簡単ではありません。行動までの前準備、タイミング、アプローチ方法などしっかり考えて進まなければ、失敗することの方が多いでしょう。

ここでは、復縁を成功させるための上級テクニックをご紹介します。水面下で行う気持ちの向け方から具体的な行動までわかりやすく、また実践的にガイド。元恋人の気持ちを動かし、復縁につなげるための最強の方法について解説します。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

元恋人と復縁するための事前準備

成功を手に入れるために大切なのは事前準備。復縁活動においても、順をおって抜けなく準備することが成功につながります。

入念な準備時間をとり自分で考えることは、冷静になるためにも必要なことであり、準備を整えている間に気持ちが前向きになって、良い結果をひきよせることにもなるでしょう。

元恋人と復縁するための事前準備について具体的にみていきます。

事前準備1:別れた理由を考える

復縁する前の準備で最も大切なことは、別れた理由を徹底的かつ客観的に考えることです。

これは、復縁するタイミングをはかるためであり、また復縁したあとに再び同じ理由で別れてしまうことを避けるためにも非常に重要。

もし、本当の理由を理解しないまま復縁したり、理由の奥底にある根本原因がわかっていなければ、復縁できても辛い思いを繰り返すだけになってしまうことがあるのです。

別れた理由を次のポイントで考えてみてください。

根本的な原因はなにか

まずは、別れの理由の根本的なことについて。

気持ちを分かち合った恋人同士であっても、別れの本当の理由を開示し合うことは少ないでしょう。むしろ、かつて好きだった相手だからこそ本当の理由を言わないということもあります。

そのまま別れるのであれば、その配慮はありがたく受け止めるとよいのですが、復縁したいのであれば、しっかり突っ込んでなぜ二人が別れることになったのかを検証しましょう。

相手の性格やバックボーン、環境なども踏まえてどこにすれ違いがあったのかを考えてみてください。

別れた理由はこれから解決できるものか

二人が別れた本当の理由の見当がついたなら、その理由の性質について考えましょう。

別れの原因となるほどのことですので、それぞれにとっては非常に重要な事象です。もし、復縁したならそれを乗り越えることは可能でしょうか?

例えばあなたの束縛が重荷となって別れた、だとします。あなたの言い分としては、LINEの返信がいつも適当だからつい心配になって束縛してしまう、だとしら。

仮に復縁したとしても、相手はLINEの返信頻度はあげてはきません。このケースであれば、その相手に対して束縛せず全面信用することができるのかどうかを考えておく必要があるでしょう。

別れた理由について、相手の変化を望まずあなた自身が考えを変えて解決に向くことができるかどうかを考えてみておくとよいでしょう。

環境による理由の場合いつごろ解決しそうか

恋人同士が別れてしまう理由は、二人の相性によるものだけではありません。お互いの環境や状況が整わず、考えた結果「別れ」を選択してしまうことがあります。

遠距離恋愛や仕事が忙しい、家族の事情で別れた場合であれば、復縁について気持ちはあっても「できない」ことがあるということ。

複雑な状況に変化がないまま、またそれについての打開策のないまま復縁アプローチをしてもうまくいきません。

自分または相手の環境が整うまでにどれくらい時間がかかりそうか。また、かなり時間がかかるならそれを乗り越える策はあるのかについて考えてみてください。

あなただけが悪いのではない

別れた理由を考えるとつい「もっと~しておけばよかった」など自分についての反省が浮かびます。

自己反省は非常に重要で、反省しなければ失敗を乗り越えられず、またよい未来がつかめないのも事実。しかし、反省しすぎて自分を責めてはせっかくやってきそうなチャンスを逃してしまうことがあります。

恋愛が二人で作り上げたものであるように、別れも二人に原因があります。どちらかに特に問題があるとしても、それでもやはり、原因は二人ともにあると考えられます。

ひとしきり反省したら、後は前向きに相手の問題点についても洗い出し対処方法を考えることをおすすめします。

事前準備2:一時的な感情によるものではないか?

人間には感情があり、それは状況やちょっとしたストレスによっても大きく揺れ動きます。

今、あなたが復縁したいと思っているその気持ちは一時的な感情のゆれによるものではないでしょうか。

仕事や人間関係などに疲れ恋愛に逃げ込みたくてふと前の恋を思い出した。今の恋人への不満から元恋人と比べてそちらに気持ちが傾いている、などの理由で復縁したいなら、行動を起こす前に立ち止まってください。

感情は本人の欲求とリンクしている部分がありますので、絶対に感情を無視するべきとはいいません。また、感情なしに恋愛を語ることはできません。しかし、特に相手のある恋愛問題については感情だけで動くのはリスクが大きくおすすめできません。

復縁したい気持ち、それは何かから逃げ出すための一時の感情の揺れによるものではないか?今一度、考えてみてください。

事前準備3:1年以上時期を空ける

恋愛についてできるだけはやく答えを得たいと思うのは当然です。しかし、復縁については行動や結論を急がず、じっくりと時間をかけることで成功率はアップします。

冷却期間という言葉が用いられることがありますが、しばらく離れてみることで自分の本当の気持ちに気づくことができ、その先でよいスタートがきれます。

前の恋から少なくとも半年、できれば1年くらい空けるのがベスト。

その間に、向こうに新しい相手が現れたらどうしよう、と考えるかも知れませんがそれはあなたも同じことです。待っている間に、あなたまたは向こうに、新しい恋人が現れたら二人の縁は「本物」でなかったということですので、前向きに切り替える理由になります。

1年以上時間をおいて、それでも「この人!」と思うなら自信をもって復縁アプローチに進みましょう。

【関係別】復縁するまでのアプローチ

一口に復縁といっても、現在の元恋人とあなたとの関係性や別れた時の状況によって、復縁の難度や復縁アプローチの方法はちがいます。

難易度の差はあれど、自身の状況を見極めて適切な行動をすることが復縁成就の近道です。

復縁までのアプローチ方法を、関係性別にみていきます。

絶縁状態

大きなケンカをしてそのまま別れてしまったケースや、どちらかがフェードアウト、自然消滅という流れを選択した別れ方。

この場合で、相手から連絡をブロックされてしまったケース。あなたの方が別れた時の勢いで連絡先を消してしまったりなどで、アプローチどころか連絡先がわからないのであれば、復縁は正直なところかなりハードルが高いといえます。

ハードルは高いですが、可能性はゼロではありません。何かのきっかけでミラクルが起こるのが男と女なのですから。

絶縁状態、連絡がとれない状態での復縁アプローチの方法についてみていきます。

共通の友人や知り合いに引き合わせてもらう

もし、元恋人との間に共通の友達や知り合いがいるのであれば、その人に味方になってもらい復縁準備をしましょう。

連絡先を聞いてもらう、元恋人とあなたが「自然に」会えるよう仕向けてもらうなど。

絶縁状態の場合、あなたは元恋人の現状を殆ど知らないことになります。復縁では相手の状況を知らないことはかなり不利ですので、共通の知人に元恋人の現在の恋愛状況や生活などを上手に聞き出してもらうことも必要です。

キューピットとなる知人には誠実に復縁したいことを打ち明けて、応援してもらえるようにすることがポイントです。

SNSを利用する

LINEをブロックされたり、メールアドレスをそもそも知らなかったりしたとしても、現代はSNSが発達しているので、こちらで連絡をとれることがあります。

元恋人がSNSを利用しているなら、そちらの個人メッセージで連絡&アプローチというのもひとつです。

ただし、コメント欄に親し気な匂わせメッセージをいれたり、執拗に「いいね」するなどは逆効果です。SNSがわかったら、いきなりアクションするのではなく、どう動くかをじっくり考えてからアプローチしましょう。

友達の関係

別れた元恋人と今は友達の関係にあって復縁したいというケース。

サークルなど共通の趣味グループで別れたあとも継続して関係があったり、会社の同僚で常に顔を合わすなどもこれに含みます。

大人同士ですので、過去に縛られずよい関係を築いているといえますので、このまま友達でいるなら良い感じですが、復縁したいとなればまた別です。

お互いに気持ちの中で線引きをしていたり、ほかの仲間との関係を崩したくないなどの思惑も絡んできますので、いざ復縁となれば厳しいもの。

近い関係だからこそ難しい「友達になってしまった元恋人」との復縁についてアプローチ方法をご紹介します。

二人きりのデートに持ち込む

元恋人、ではあっても現在はタダの友達なのであれば、そこでじっとしていても関係は進みません。ほかの友達や仲間を交えた交流も、復縁の後押しの布石にはなりにくいもの。

ここはやはり、「二人きり」の状況をできるだけ作って恋人時代の楽しかった気持ちを思い出させるよう誘導しなければなりません。

いきなりデートが難しいなら、みんなでの集まりの帰りに車で送る。必要品の買い物など仲間内の用事を利用して二人ででかけられるよう算段するなどからスタート。

集まりや買い物帰りに食事やお茶するなどであれば自然に二人の時間が作れます。

いくら友達であっても、本当に嫌いならば二人になることを避けようとしますので、自然に二人きりの状況が作れるようなら可能性アリ。

ここで楽しい時間を共有して、静かに距離を縮めましょう。

連絡は取れる状態

普通に別れ、連絡先は残している。そして、その連絡先がブロックされたりしていないことが確認できたのであれば、この状況を上手に使いましょう。

終わった恋の相手のアドレスをきれいさっぱり消してしまう人も多い中、お互いにそのままにしているのは、何かの縁といえるかもしれません。

連絡は取れるという状態をうまく復縁につなげる方法についてみてみます。

LINEを送る

ずばり、LINEを送りましょう。

ただ、LINEは大変便利なツールではありますが、送り方によって良い方に転んだり、反対に悪い印象になってしまうので注意がいります。

自分に置き換えるとわかるのですが、タイミングや内容次第で、印象が大きく変わるのです。

復縁したい相手とLINEがつながっているというのは、チャンスがあるということです。これを潰してしまわないよう上手に、かつ慎重にLINEを使ってアプローチしていきましょう。

復縁LINE!メッセージの送り方【3選】

タイムリーに相手とつながることができるLINEは、送り方が重要です。

特に復縁などデリケートな問題は送り方がそのまま成功するか否かに直結しているといっても過言ではありません。

復縁したい相手とLINEできるなら、できるだけ復縁率の高い方法で送りましょう。

また、LINEはあくまでもきっかけです。LINEでつながりそこから会う、復縁するというところまで引っ張らなければならないのです。すなわち、次のステップにつながるLINEを送ることがポイント。

復縁につながるLINEの送り方について具体的に伝授します。

何気ない内容を送る

何気ない内容のLINEをお試しで送ってみましょう。

特別に用事を作ったり、華々しい近況を盛り込む努力はいりません。

LINEの友達画面をみていたらふと懐かしくなり、どうしてるのかと思った、返信はあってもなくてもよいんだけど、ちょっと連絡してみました、くらいのノリで。

もし相手があなたに対して悪い思いを残していなければ、さらっと返信してくれます。さらに進んで、向こうに恋心が残っていれば感情のある返事が返ってくることもあるでしょう。

反対に、まだ前の恋の悪いイメージを引きずっていたり、復縁するつもりが全くないなどであれば、返信はありません。

元恋人の近況を知り、相手の気持ちの温度感を探るためにまずは、何気ないメッセージを送ってみるとよいでしょう。

相手の趣味や好きなことについて質問する

「元気?〇〇に詳しかったよね。ちょっと教えて欲しいんだけど」という出だしてメッセージを送ってみましょう。

あまり簡単すぎる内容や、「ネットで調べたらわるだろ」という内容では、すぐにラリーが終わる、または簡素な返事しか得られない可能性がありますので、できれば深い質問や、二重三重に質問を重ねていける内容が望ましいです。

自分の得意分野を披露するのはやぶさかではないという心理がありますので、丁寧な答えがもらえるはず。場合によってはそこでひとしきり説明をしたあと、「この前のアレ、ここにあるよ」などアフターフォローメッセージがある可能性があります。

また、相談した側もお礼と称して次につなげたり、教えてもらって結果どうだったかという報告をすることもできます。

趣味や得意分野への質問メッセージは、音信不通、絶縁だった相手にも送りやすいのが特徴です。

間違えたふりをして送る

何気ないメッセージや、趣味の質問など、鉄板バイブルのアプローチが難しい、できないのであれば、間違えたふり作戦でいきましょう。

これなら万が一、スルーされたりしても傷は浅く済みます。先方が「わざとだって気づいたらどうしよう」という心配についても、確信する術はありませんので、気にすることはありません。

「おはよ!明日、10時だよね」「今から向かいます!」など。

もし、復縁したい相手に気があるなら、何かしらアクションしてくれます。無視されても既読になってるなら、相手ととりあえずつながったことがわかります。

間違い風LINEを送って未読スルーなら、あきらめもつきます。

復縁LINEを送るときのNG行動3選

復縁LINEを送るときに、成功率が高まる方法があるのと反対に、これをやったらオシマイ…のNGパターンがあります。

せっかくLINEがつながっていて、復縁の芽があったにも関わらず、やってしまって失敗した、ということにならないよう、NG行動はしっかり頭にいれて行動すべき。

復縁LINEでやってはいけないNG行動を厳選3つお届けします。

真夜中など非常識な時間に送らない

恋人同士であれば、真夜中であろうが明け方であろうが二人の気持ちが盛り上がればLINEを送り合って結構です。

しかし、今の二人は元恋人同士。すなわち他人の関係なのですから世間一般に「非常識」とされる行動はつつしむべきです。

真夜中や、明らかに相手が仕事をしている時間帯などは、自分軸で動く迷惑な人と認定されたり、別れたのにまだ恋人気分なのかと冷められる可能性大。

復縁まで、特に最初のうちは相手の迷惑になる時間や深夜など非常識なタイミングでメッセージは送らないようにしてください。

迷惑な時間帯には個人差がありますので、現状の相手の生活パターンがみえないなら、一般常識を基準に判断すればOKです。

LINEを続けるのはNG

復縁したい元恋人にLINEを送り、ノリのよい返事がきたら嬉しくてそのままラリーを続けてしまいたくなるかもしれません。

調子よく返事が返ってくれば「もしかしてこのまま復縁かも」という期待も混ざって、ついつい引っ張ってしまうことが。

ですが、ここは冷静になって早い目にやり取りは切り上げて吉。ノリノリになるのはまだ早いです。

最初のLINEで盛り上がりすぎると、相手も冷静になってから引きモードになる可能性アリ。若しくは、久しぶりということで頑張って返信したけど面倒だなと思われることだってあるのです。

復縁したければLINEの長話は不要。

ファーストLINEがうまくつながったら、あっさり引くのが正解です。

一度LINEが開通すれば、元恋人の心のハードルは下がっています。いつでもまたメッセージのやり取りができるので、間隔を空けてじわじわ連絡をとって、距離を縮めましょう。

長文LINEは送らない

久しぶりの元恋人からのLINE。開いてみれば画面いっぱい、スクロールしないと最後まで読めない、となると開いたもののすぐにLINEを閉じたくなります。

恋人同士や仲良しな間柄でも長文のLINEはちょっとめんどくさいもの。それが、微妙な関係の相手、元恋人からであればちょっとどころではなく、めんどくさいです。

復縁したい、送る側にしてみれば自分の気持ちを知って欲しいと思うかもしれませんが、受け取る側は、心の準備をしていませんので、びっくりして当然です。返信どころか読む気もなくなります。

あなたがLINEで伝えるべき気持ちは、もう一度、相手とつながりたいということ。それだけで十分です。復縁したい気持ちの背景や近況はひとまず相手に関係ありません。

LINEの場合、文章が長いほど気持ちが伝わるわけではないと理解し、短文で返信しやすいメッセージがベター。

くれぐれも、書類のような長いメッセージを送ってはいけません。

復縁LINEの次は二人でおでかけ!デートプラン解説

復縁したい元恋人とLINEがつながるようになったなら、次はデートにつなげなければなりません。

メッセージが盛り上がって会いたいとなってからが復縁に向けた本番です。

復縁デートは、まっさらの相手とのデートと同じく1回目が勝負。

これから復縁するかどうかは1回目のデートにかかっているといっても過言ではないでしょう。デートの場所は慎重に選ぶべき!

復縁を目指した1回目のデート、必勝プランについて解説します。

シンプルに二人で食事

復縁を目指すファーストデートの場所はシンプルに二人で食事がおすすめです。

もともとお付き合いしていた二人ですし、無理に特別な場所を設定しない方が、気負いなく挑めます。

食事であれば会話の時間もとれますから、お互いの近況を話したり、良いところを思い出したりするのにほどよい距離がうまれるでしょう。

食事を一緒にするというのは、案外と相手を選ぶもの。相手次第で美味しく食事ができたり、リラックスできるなどわかりやすいシチュエーションです。久々に二人で食事することで、「ああ、やっぱり一緒にいて安心するな」と思わせることができれば、復縁にぐっと近づきます。

また、「久しぶりに食事でもどう?」という誘いであれば重たくならずにデートを持ちかけられるというメリットがあります。

思い出のデートスポットへ

過去に恋人同士だった関係を利用して、二人の思い出スポットに誘ってみるというのもベター。

何気ない思い出話しからデートの誘いに進むもよし、何気なく提案するのもよいでしょう。

「あそこ、長く行ってないけどどうなっただろうね」と、別れてから足が遠のいていることをアピールしたり、「映画みたいに、思い出スポット巡りでもやってみようか」など冗談混じりであれば誘いやすいもの。

レストランやカフェ、ドライブコースやレジャー施設など思い出の場所に二人でいけば、気持ちはふと恋人同士のころに引き戻されますので、復縁につながりやすいです。

また、思い出の場所を提案したときの反応で、相手の復縁への可能性度合を図ることもできます。

復縁するための告白タイミング

定期的にLINEで連絡が取り合えるようになったら、復縁成就というゴールがみえてきています。

ここではタイミングを見誤らず、また行動を間違わずにおこすことで望む復縁がやってくる大切なポイントです。

復縁の場合、通常の告白よりもデリケートでもあり、一方でうまくいけばあっさりうまくいったりと、ヨミが難しいのが特徴。状況をしっかり把握して見極めた行動がカギになります。

復縁成功のための告白タイミングの読み方についてご紹介します。

相手に恋人がいない

LINEである程度ラフなやり取りができるようになり、かつ元恋人に現在お付き合いしている相手がいないなら、ここは復縁に向けて突っ走ってOK。

付き合っている人がいなくて、あなたと仲良くなっているということは、元恋人の方も、それなりに復縁を意識していると考えられます。ここで逆に躊躇してしまうと、相手は「復縁かと思ったけど、ちがうのかな?」となり、仲良しの友人になってしまう可能性があります。

相手の好みに応じて、やり取りの頻度をあげたり、デートに誘うなど恋愛モード全開で突き進み、頃合いをみて告白しましょう。

相手からも連絡が頻繁に来る

LINEの頻度は高くなれば、次に気にすべきは、メッセージの起点がどちらであるかという点。

最初のころはあなたからメッセージを送り、相手が返信するというパターンでも、徐々に相手から自発的に連絡がきている。電話などもあるようであれば、復縁成就の可能性は高まっています。

このままうまく軌道にのれば、向こうからデートの誘いがあることも。

この状況になれば、あなたに復縁の意志があることをそれとなく相手に伝えることが大切です。

そうすれば、気持ちが傾いている相手は思い切って恋愛に踏み込めますから。

LINEを見直して、相手から自発的に連絡がきているようであれば、まずは告白をほのめかす言葉を伝えてください。

昔話をしてくるようになった

「そういえば、あのころさ」「あの時は楽しかったな」など、交際していたころのよい思い出を相手が語りだすのは、脈ありの証拠です。

普通に考えると、絶対に復縁するつもりのない相手に対しては、よい思い出は浮かばず、ましてやそれを口にするなんてちょっとあり得ません。

二人が恋人同士だったころの思い出にひたって、それを共有しようとするのは、かなり良い兆候です。

相手が懐かしそうに、そして嬉しそうに昔話をし始めたら、「楽しかったね。今度、行ってみようか?」とデートにつなげていきましょう。

「会いたい」といわれたらほぼ確定

LINEをしていて、「会いたい」というキーワードが相手から引き出せたら、復縁はほぼ叶ったといえます。

さすがに現役恋人同士ではないので、ストレートではなく「久しぶりにゆっくり話したいね」「顔がみたくなった」など、微妙にニュアンスを変えていても、真意は「会いたい」です。

普通の大人はヒマではありませんので、時間を割いて「会いたい」というのは気持ちがなくては絶対にいいません。

「会いたい」と言われたら、もう大丈夫だとガッツポーズをきめてデートのプランをたてください。

復縁成功までにしてはいけない失敗パターン3選

復縁は行動しなければ絶対に叶いません。

反対にいえば、復縁したければ、多少ヤバい轍を踏んでも何もやらないよりは、何かやった方がよいということです。

しかし、しかし、わざわざ復縁に失敗するような行動をとらないに越したことはありません。

復縁に成功したいなら、やってはいけない失敗のパターンについて厳選3つご紹介します。

復縁したいことを伝える

復縁したいなら、どこかの時点で告白はありますが、この時期の見極めは非常に難しいもの。

早い段階で復縁したいと言ってしまえば、相手が構えてしまい近づくのが難しくなったり、面倒くさいと思われることがあります。

また、相手によっては先にあなたの気持ちを把握したことで有利な立場を得たと思い、自分のペースで進めようとする人もいます。

しかし、中には早い段階で気持ちを伝えた方がスムーズにいくケースもありますので、とにかく見極めが大切。

どちらにせよ、焦り過ぎずに行動することをおすすめします。

体の関係をもってしまった

元恋人とデートをし、まあまあムードがよく気持ちが盛り上がってそのまま体の関係、というのは少なくない展開です。

しかし、本当にその相手と復縁したいなら「リスタート」前に体の関係をもつのは絶対NG。

復縁での先走った関係は、普通の恋愛で交際前に体の関係をもってしまうこと以上に正常交際に発展できる可能性は低いといえます。

特にあなたが女性なら、やめておくこと。

元恋人とは、復縁が決定するまで程よい距離を持って接するのが成功のためのセオリーです。

感情的になってしまった

元恋人同士という微妙な近さからつい感情的になってしまう、というのは復縁が遠のくNG行動です。

自分が思うように復縁が進まないときや、相手の行動にイラっとして、元恋人の気安さから素の自分をさらけ出せば、相手は一気に覚めていきます。

感情的になる、というのは恋人同士であっても、関係がゆらぐきっかけになることがあります。

復縁を目指している、という微妙な立場にあるときは特に注意してください。

もう復縁は難しい?復縁を成功させる方法

恋愛、特に復縁は諦めないことがまず大切であり、十分に準備をし地道に努力をすれば成就の可能性をあげることはできます。

しかし、中にはこれはちょっと難しいというケースがあり、その場合はいろいろな可能性を含めてもう一度見直した方がよいかもしれません。

復縁が難しいケースと、それでもどうしても諦められない場合の対処法についてみていきます。

復縁が難しいケース

復縁はそもそも簡単ではありません。しかし、特にこれはなかなか難しいなと客観的にみていえるケースがあります。

復縁成功の可能性が低いケースとは次の場合です。

相手に恋人がいる

まずは相手に既に恋人がいる場合。

恋の長さや関係の深さに関係なく、次の恋に気持ちを向けると過去を振り返ることは通常ではありません。

もう一歩進んで、相手が次の恋人と同棲や婚約、結婚までしているなら、復縁はかなり難しいでしょう。

相手の連絡先がわからない・連絡がとれない

あれこれ調べたけれど相手の連絡先がわからない。SNSなどに参加している様子もないというケースや、LINEが残っていて連絡をしてみたけれど返事がないケースなど。

こちらのケースでは、そもそもアプローチの仕様がありませんので、相手から何らかのアプローチがあるなど降ってわいた奇跡以外での復縁はほぼ無理といえます。

復縁は考えてないと言われた

LINEがつながった矢先、「復縁するつもりはないから」と釘をさされたなどは、ちょっと難しいのが実際です。

早い段階で相手に期待させないようにしてくれる配慮でもあるため、それを無視して進んでも良いことはなさそう。

復縁についてはっきり可能性がないと相手に言われたなら、難しいと思った方が無難です。

どうしても復縁したいときは「復縁屋」!

復縁したいけれど、現状的にみて「無理」な場合は、潔く諦めるかそれとも粘るかの二択です。

一度は終わった恋ですので、諦めるというのも決して後ろ向きな決断ではありません。

しかし、絶対に諦められない、復縁したいなら現状を打開するための方法を持って行動しましょう。

自力でできることは限りがあります。可能性を広げるならプロの手を借りるのもひとつ。

復縁サポートのプロ、復縁屋であれば相手の現状を調査する、復縁のためのきっかけをつくる、LINEの送り方やデートの誘い方など心理学に基づいたアドバイスが受けられる。カウンセリングで気持ちをサポートするなどのサービスが受けられます。

ハードルの高い復縁、例えばすでに相手に恋人がいるなどのケースであれば、希望に応じて別れさせ屋との連携なども可能ですので、依頼者の望む未来に向かって進むことができます。

復縁は行動しなければ絶対に叶いません。そして、その行動が適切なものであれば一見、無理な復縁も叶う可能性があります。

無理な状況ではあるけれど、どうしても諦められない、復縁したいのであれば復縁屋の利用を検討してみてもよいでしょう。

復縁は簡単じゃない!慎重な行動を!

復縁のための必勝方法、相手に復縁したいと思わせる方法について、相手の気持ちのはかり方や見極め方、具体的なLINEの送り方についてのテクニックをご紹介しました。

復縁は、簡単ではありません。

しかし、どんなケースであれ成功の可能性はゼロではありません。

復縁を成功させる上で大切なのは、慎重な行動をすること、諦めないことです。

もし、自力では進展が望めない状況にあるなら、復縁屋などプロに任せてみることを検討してもよいでしょう。

復縁はあなたの行動次第で叶います。

後悔のないよう行動してください。

復縁カテゴリの最新記事