略奪婚できる男性の特徴10選!幸せになる男の条件とは?

略奪婚できる男性の特徴10選!幸せになる男の条件とは?

大好きな既婚男性を奪って略奪婚したいと考えているけど、うまくいくか不安。また、本当に幸せになれるのかな?と悩んでいる人へ。

男性には略奪しやすいタイプとそうでないタイプがいます。略奪しやすい人の特徴や、略奪婚を成功させるポイントを知りうまく行動することで、奥さんから彼を奪うことも夢ではありません。

今記事では略奪婚を成功させる方法をメインに、略奪婚があなたに本当に幸せをもたらしてくれるのかという点についてもお伝えしていきます。

略奪婚でも本当に幸せになれるの?

略奪婚はそもそも障害の多い愛であり、結婚前はもちろん、結婚してからも何かしらの障害が待っていることが多いです。周囲の反対を押し切って結婚をしたものの、障害を乗り越え切れずにすぐに別れてしまう夫婦もいます。

しかし、略奪婚でも様々な試練を乗り越えて幸せになっている夫婦もいるので、諦めるのはまだ早いです。「略奪婚だから幸せになれない」ということは決してなく、略奪する女性側の振る舞い方や、男性側の性格などが大きく影響してきます。

相手がどういうタイプの男性であれば略奪後もうまくやっていけるのかを、まず知っておくことが大切です。それ以上に略奪する側である女性側も覚悟を持って、略奪婚成功のポイントをあらかじめしっかり学んでから勝負をかけていけば、幸せな略奪婚を叶える事も夢ではありません。

 

略奪婚できる男の特徴・性格

男性にも性格や家庭の特徴などにより、略奪婚しやすいタイプとしづらいタイプが存在します。あなたの彼はあてはまっているでしょうか?以下の項目を参考に考えてみてください。

 

奥さんが仕事人間または家事が苦手

彼の奥さんがキャリアウーマンタイプだったり、家事が苦手なズボラタイプだったりすると、彼の方も家庭内の不満が溜まりやすく、略奪婚しやすい傾向にあります。

男性の本能としてはやはり結婚後の家事は奥さんに任せたい気持ちが強いでしょう。奥さん側が高収入な仕事人間の場合であっても、実は人知れず男心が傷付いているかもしれません。

あまりに家庭向きでない奥さんだと、「この人には自分が居なくてもいいのかも」と、男性としては思ってしまいがちです。

 

奥さんの性格に問題がある

「性格の不一致」は数ある離婚原因の中でも上位にあがりがちなケースです。もし彼と奥さんの性格が根本的に合っていなかったり、奥さんの性格に大きな問題があったりすると、それが原因で家庭内のストレスも溜まりがちになるので、彼の気持ちが離婚に傾きやすい状況ではあります。

性格の相性がイマイチだとその分夫婦仲も冷めやすいので、あなたが割り込むチャンスは十分にあると考えられるでしょう。さらに奥さんの方も浮気癖や不倫疑惑などがある場合も、略奪婚を成功させやすいです。

 

デートの予定を前もって伝えてくれる

不倫関係においては、当日に突然デートの予定が決まる場合が多いと思います。特に相手からセフレのような扱いを受けている場合、彼の一方的な気分やその日の予定の有無だけで突然呼び出されることも少なくありません。

そうではなく、前もってデートの日を決めておいてくれて、ちゃんとその約束通りにデートしてくれているのであれば、彼はあなたを正式な恋人として見ている可能性が高いです。

仮に家庭の事情で会えなくなった場合でも、できる限り埋め合わせをしてくれるなら脈アリ。あなたに対して誠実な対応をしてくれている為、略奪婚も夢ではありません。

 

いつでも連絡が取れる

一般的に不倫関係の男女は、相手からの連絡が来るタイミングでパートナーに浮気を疑われるのを恐れる為、連絡する時間帯を決めているケースが多いでしょう。

しかし彼からいつでも連絡しても良いと言われている場合は、生活において奥さんとの距離感が遠いか、あなたとの関係にある程度腹をくくっているかのどちらかだと思われます。

家庭よりもあなたとの連絡を優先するというひとつの意思表示でもあるので、きっかけがあれば略奪婚に持ち込むことも可能です。

 

将来の話をしてくる

本気で奥さんとの離婚を考えている男性であれば、あなたとの将来の話も話題に出してくるでしょう。生活する上でどうしても無視できないお金の話を具体的にする様ならこれも脈あり。

現在の自分の給料から、慰謝料や養育費がどれくらいに収まれば離婚ができるか?離婚後にあなたと暮らす為のお金をまかなえるか?などを考えているなら、あなたとの将来をかなり現実的なものと捉えている可能性が高いです。

 

お金や地位に不安が無い

もし本当に略奪婚となった場合、奥さんとの離婚にあたり財産分与や慰謝料、最悪の場合だと不貞行為による損害賠償などが彼の側に請求されるでしょう。それを恐れて離婚という道を選べない男性も少なくありません。

しかし、経済的に余裕がある男性なら経済的制裁はさほどデメリットにはならないでしょうから、離婚の決断を下しやすいです。

また、不倫がバレることで今の地位に悪い影響を及ぼすような立場ではないことも、略奪婚成功にあたっての有利な条件と言えます。

 

好奇心旺盛かつ行動的

好奇心旺盛な男性は新しいものに興味を持ちやすい傾向にあります。不倫をしている時点で好奇心は満足しているはずですが、それ以上にあなたを愛している場合、いっそ離婚してあなたと暮らすという選択もアリかという考えも頭をよぎるかもしれません。

一般的に不倫をする男性というのは、奥さんや子供と別れる決断をなかなかできないものです。しかし好奇心旺盛かつ行動的な男性であれば、新しい世界に飛び込んでいくことにも抵抗が無く、あなたとの将来について具体的に行動を起こしてくれやすいと考えられます。

 

刺激を求めがち

安定した家庭よりも刺激を求めがちなタイプの男性は、略奪婚も成功しやすい傾向です。そんな彼が、もし奥さんとの生活に退屈さを感じているようであれば、あなたとの刺激的な関係は日々の楽しみとなっているはず。

刺激を求める男性は、離婚や修羅場も一つの試練と捉えて前向きに行動できるタイプなので、あなたへの愛情が強ければ強いほど、あなたを本当に手に入れる為に奥さんとの離婚に踏み出す可能性も高まるでしょう。

 

理想が高い

理想が高い男性は、自分の人生がどれくらい充実しているかを気にします。「一度きりの人生を後悔せずに生きたい」という思いから、あなたと奥さん、どちらと共に生きていくのが自分にとって最善なのかということも真剣に考えるでしょう。

常により良い人生を目指したくなるタイプなので、奥さんよりもあなたとの人生の方が充実した幸せを手に入れられると思わせることができればチャンスです。奥さんの上位互換のような存在を目指せば、略奪婚の可能性は十分期待できます。

 

真面目で責任感が強い

一見、真面目で責任感が強いタイプは奥さん一筋に見えますが、責任感がありすぎるからこそ、あなたとの関係についても真面目に考えようとする傾向にあります。

特に女性側が独身で、結婚適齢期を自分との不倫に費やしてくれているとなれば尚更です。自分を信じて側に居続けてくれていることに対して、強い責任感を抱くことでしょう。

そこで奥さんとの夫婦仲がイマイチになってきたなど、ちょっとしたきっかけがあれば案外あっさり離婚をしてあなたを選ぶというケースも考えられます。

 

略奪婚しても幸せにしてくれない男の共通点

せっかく略奪婚を叶えることができても、男性の性格・特徴によってはその後幸せな結婚性格が送れないケースも多々あります。あなたの彼は以下の項目にあてはまっていないでしょうか?チェックしておきましょう。

奥さんと不倫相手を比べる

奥さんと不倫相手を比べるタイプの男性は、そのうちまた不倫をする可能性が高く、あなたとせっかく一緒になってもまた別の浮気相手を作る恐れがあります。

女性を比べて、「こっちがダメならまた別の相手にしよう」といった思考になりやすいので、もし今後あなたに対して何か不満が生まれた場合、その不満を解消してくれる別の女性に気持ちが行ってしまうことも考えられます。無い物ねだりをしてしまう、わがままなタイプです。

 

経済力が無い

奥さんと離婚する必要がある男性側に経済力が無いと、その後の慰謝料や養育費などの支払いに対応できません。それだけでなくあなたとの新生活の為に必要なお金すらも用意できない可能性があるでしょう。

ギャンブル好きや浪費体質も、まるで趣味のごとく欲しいものややりたい事にお金を費やそうとするタイプなので危険です。

離婚にあたっての出費なども相まって、気付いたら借金で苦労する羽目になり、せっかく一緒になったのに全然幸せじゃない…というケースも考えられます。

 

女好きで浮気癖がある

言うまでもありませんが、女好きタイプの男性は浮気癖が発動してあなたと付き合っている可能性も考えられます。あなたとは遊びで終わってしまう恐れもありますし、なんとか一緒になれても次は別の女性と不倫をされる可能性もあります。

過去の女性関係が派手だった、以前にも不倫経験があったという男性の場合は要注意です。乱れた女性関係に慣れてしまっているので、あなたと遊ぶだけ遊んで、最終的には奥さんの元に戻ってしまうかもしれません。

 

子供がいる

子供がいる男性の場合も攻略難易度は上がります。男性だってなんだかんだで我が子が可愛いので、たとえ奥さんにもう愛情が無くとも、子供と離れたくない一心で離婚を選べないという人も多いからです。

この場合、「妻とは別れる」と言いながらもズルズルと迷い、結局決断できないまま時間だけが経ってしまうケースが考えられます。あなたの貴重な年月をいたずらに消費するだけの付き合いになってしまうかもしれません。

 

男性側の家族の理解を得られない

一般的に男性とは、自分の親や家族とうまくやってくれる女性を妻にしたいと思うものです。

親戚付き合いがうまくいかないと夫婦間の喧嘩が増え、溝が深まるきっかけにもなりやすいでしょう。あなたが望むような幸せな結婚生活を送ることは難しいかもしれません。

ここでさらに略奪婚であることがバレてしまえば、彼の家族の理解を得ることは一気に難しくなります。せっかく一緒になれても、親戚付き合いで苦労することになるでしょう。

 

恋愛と結婚を一緒に考えている

既婚者でありながら恋愛と結婚を同列に考えている男性は、まだまだ精神面が未熟なタイプと言えます。夢見がちであなたとの恋愛の楽しさが結婚しても続くと考えているでしょう。

しかし、結婚したら「好き」という気持ちだけではやっていけないシーンが多々あります。さらに略奪婚ですから乗り越えなくてはならない試練も多いことでしょう。

恋愛と結婚を一緒に考えている時点で彼の覚悟は少々足りていない様に思うので、略奪婚が叶ったとしてもその後苦労するかもしれません。

 

素顔を見せてくれない

彼は、普段一緒に居ても素の姿をあまり見せてくれないタイプではありませんか?素顔を見せてくれないうちは、あなたに対して本当に心を許しているとは言えないかもしれません。

あくまで浮気相手と捉えられているだけの可能性もありますが、素顔を見せてくれないタイプの男性は結婚しても信頼関係を築いていくのが大変です。略奪婚が叶ったとしても、今度は別の女性と浮気をされるのでは、私は本当に愛されているのか、などといった不安が拭えないかもしれません。

 

メンタルが弱い

メンタルが弱い男性の場合、略奪婚をするにあたり降りかかってくる試練・修羅場・その他トラブルなどを乗り越えることができない可能性が高いです。

無事に結婚できてもその後に元妻や子供を捨てた罪悪感に囚われてしまいやすいのもこのタイプで、自分が傷付かないが為に離婚に踏み出さず、不倫は不倫のまま終わらせようとするでしょう。

無理に離婚を迫ろうとすると、あなたの元から逃げてしまう恐れもあります。どっちにしても頼りがいが無く、略奪婚は望みづらいタイプでしょう。

 

世間体を気にするタイプ

不倫からの結婚はどこか心苦しさや罪悪感を感じてしまうもので、その度合いが強ければ強いほど、略奪婚の後も後ろめたいままの状態が続き、幸せを感じにくいです。

これは男女どちらにもあてはまる属性で、普段から世間的を気にしすぎるタイプの人はそもそも略奪婚には向いていません。特に不倫の末の結婚であることが身内にバレてしまっている場合、結婚後何をするにも親戚や友人などの目や評価が気になってしまうでしょう。

 

熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすいタイプには飽き性が多く、こういう既婚男性の場合はせっかく略奪婚を叶える為に計画的に進めていても、途中で冷めてしまう恐れがあります。

あなたとの不倫も好奇心だけで続けている可能性があるので、本気で奥さんと別れてあなたと一緒になるという覚悟までにはたどり着いていないかもしれません。

仮に略奪婚を叶えて一緒になれたとしても、熱しやすく冷めやすい性格から軽い浮気を繰り返す恐れも。

 

子供がいる男の略奪婚で注意するポイントは?

略奪婚をしたい相手に子供がいる場合、乗り越えなくてはいけないことが少し増えます。まず、あなた自身が不倫相手の子供の親になる覚悟ができているかどうかが最前提です。

奥さんから相手を略奪するということは、相手の子供から父か母のどちらかを奪ってしまうということでもあります。あなたはその罪悪感に耐えていくことができますか?

また、離婚の際に彼が子供の親権を得た場合、子供との信頼関係は長い目で見て築いていく様にしましょう。奥さん側が親権を得ている場合は養育費の支払いなどで彼の経済力が苦しくなるという可能性も頭に入れておいてください。

さらに面会交流という権利もあるので、彼が奥さんや子供と出会う機会は略奪婚が成功した後にも訪れるでしょう。面会時に彼を快く送り出せる懐の広さも必要です。

子持ち略奪婚を成功させる場合にも、ある程度周到な準備が必要になるでしょう。準備の内容については、以下の記事は必読です。

 ⇒子持ち略奪婚の成功例アリ!既婚者を略奪婚する成功メソッド

 

略奪婚を成功させる方法は?

男にとって略奪婚してでも一緒に幸せになりたいと思えるのは、癒しを与えてくれる女性です。もし彼が家庭の愚痴をこぼすことがよくあるのであれば、嫌がらずに根気良く話を聞いてあげましょう。また、奥さんや子供の悪口を言うのは厳禁です。

略奪婚はどうしても長い時間がかかってしまうもので、また略奪婚を叶えたとしてもそこがゴールではありません。幸せな時だけでなく困難に見舞われた時であっても、自分や相手の愛を信じて、彼を支え続ける姿勢でいることが大切です。

また、不倫関係である間もその事は周囲には隠しておく様にしましょう。職場でバレるとお互いに仕事を失うリスク、相手の奥さんにバレると離婚の時点で泥沼化してしまいます。

幸せな略奪婚を目指すのであれば、不倫からの略奪婚である事実は誰にも明かさないつもりでいくのが無難です。

 ⇒不倫がバレる前に知らなきゃダメ。妻からの慰謝料請求を減額する方法とは

 

まとめ

不倫をする男性の意志は弱く、略奪後の女性の振る舞い次第で変えていくことは十分に可能です。略奪婚を成功させる為のポイントは、あなたが彼にとって居心地の良い癒しの存在で居続けることが最前提になります。

略奪婚をするまでのあなたの行動は、略奪婚をした後の幸せにも影響してくるのでうかつな行動は控えましょう。彼との関係を周囲や相手の奥さんに匂わせるなどといった行為は、逆に自分の首を絞めることとなります。

彼が奥さんの元を離れてあなたの所に来てくれるまでは、ひたすら彼にとって居心地の良い存在でいることが大切。長期戦を視野に入れて彼の支えとなりましょう。

略奪婚カテゴリの最新記事