略奪婚で貧乏に?不倫の代償はお金ない問題に。

略奪婚で貧乏に?不倫の代償はお金ない問題に。

略奪婚に成功したとして、金銭面に不安が残るという人も多いのではないでしょうか?慰謝料や養育費などがかかり過ぎてしまうと、新生活にかけられるお金を削らざるを得なくなってしまいます。

そこで今回は、略奪婚における出費に関して詳しくまとめていきます。略奪婚に成功したものの、金銭面で疑問を持っている人は、参考にしてください。

 

略奪婚にお金の心配は付き物

略奪婚となると、多くの面でお金が必要になります。離婚成立前に不倫関係にあったのであれば、慰謝料もかかってしまいますし、心配事はつきませんよね。

ただ、略奪婚に至るまで長い道のりがあったかと思います。お金がたくさん必要になって貧乏になったとしても、一緒になれる幸せを噛み締めて乗り越えましょう。

略奪婚は貧乏になる?

それではなぜ略奪婚をすると貧乏になってしまうのか、具体的に解説していきます。

慰謝料がかかる

離婚が正式に成立していない時期に結婚している相手と不貞行為があった場合、慰謝料を請求されてしまいます。不倫による慰謝料請求の相場は、約100万~300万円です。これは、不倫の期間や収入によって変化します。過去に不倫経験があった場合は悪質とみなされ、慰謝料額が多くなります。

養育費がかかる

旦那が不倫して離婚しても、妻側が不倫して離婚したとしても、不倫がきっかけで離婚して元妻(旦那)に親権がある場合、養育費は支払う必要があります。

養育費は支払う側と受け取る側の年収や子どもの数、年齢によって変わってきますが、一般的に毎月4~6万円程度かかります。養育費を支払う期間は話し合いによって決められますが、通常子どもが成人するまで支払い続ける必要があります。

財産分与

お金持ちの彼を略奪したからお金に困ることはない、というわけではありません。結婚時に貯めた貯金は、離婚する時に財産分与として夫婦で公平に分配されます。

そのため彼に多額の貯金があったとしても、元妻と分配した上でさらに慰謝料を払い、その上養育費もかかるとなると、お金はほとんど残らないケースも珍しくありません。

左遷される

社内不倫だろうと、社外の関係であろうと、不倫が会社にばれて大ごとになると、降格や左遷、給料の減額は免れられません。社内での不倫や取引先が相手の場合、特に重い処分が下ります。

会社をクビになることも

不倫によって会社に大きい悪影響を及ぼしたと判断されてしまった場合、懲戒解雇になるケースもあります。懲戒解雇を免れたとしても、出世は絶望的で会社に居られない空気になり、辞めざるを得ない状況になることもありえます。

  ⇒略奪婚で失敗事例から学ぶ!寝取った後に後悔しないための心得とは?

 

略奪婚で貧乏になっても幸せになれるのか

ここまで略奪婚による弊害や貧乏になってしまう要因を解説してきましたが、貧乏だから幸せになれないわけではありません。

苦労して一緒になったからこそ幸せを噛み締められる

略奪婚により多額の出費が必要になったとしても、一緒になるまで長い期間耐えてきて、やっと結婚ができるという人も多いのではないでしょうか?お金がかかったとしても、やっと一緒になれる幸せが増していればお金が無くても幸せに感じられるでしょう。

貧乏という逆境で愛が深まる

貧乏で苦しい経験を一緒にできるからこそ、愛情は高まります。2人で逆境を乗り越えることで信頼関係を深めていきましょう。

重要なのは、今後どう相手を支えていくかです。貧乏を悲観しても仕方がないので、相手を責めてはいけません。

  ⇒略奪婚の成功方法を伝授!彼と幸せになれる略奪愛テクニックとは?

 

略奪婚による貧乏を軽減させる方法

貧乏を軽減させるには、慰謝料を軽減できるかどうかがポイントになってきます。詳しく解説していきます。

慰謝料減額ができないか弁護士に相談

高額な慰謝料を請求されてしまった場合、そもそもそれが相場に対して高いかどうか判別するのは難しく、また、減額交渉を直接行うのは難しくなります。

そうなった場合、まずは弁護士に相談してみましょう。場合によっては100万円以上減額できるケースもあります。

別れさせ屋を利用する

別れさせ屋を使うことで、慰謝料請求無しで離婚を成立させられる可能性があります。別れさせ屋が離婚したい相手と接触し、不貞行為の証拠を残すことで、こちらから離婚を言い渡すことが可能になります。

 ⇒別れさせ屋の口コミ評判や別れさせ工作徹底比較ランキング【別れさせ屋の選び方】

 

略奪婚で幸せになるために

略奪婚の場合、男性は会社にバレると降格や左遷、給料減額する可能性があります。

仮に慰謝料を減額できたとしても、金銭的に厳しくなる場合もあります。たとえ略奪婚がうまくいったとしても、金銭的危機を受けると、略奪婚のその後が上手くいかない可能性もありますよね。

そのため、パートナーをどうサポートするか、事前に対策しておくことが必要です。

パートナーの経済状況を把握しておく

事前に相手の経済状況を把握しておくことは必須ですね。月にどの程度得られれば幸せな結婚生活を送れるのかを考えておきましょう。

経済的に不安定になる可能性があるならば、どのようにお仕事をサポートするかを考えましょう。場合によっては共働きで仕事に打ち込み、二人で稼ぐことも必要です。

お金に少しでも余裕が出てくれば精神的にも安定して、2人の関係もうまくいきやすくなります。

略奪婚に伴う支出を把握しておく

略奪婚となれば、離婚に伴う慰謝料、そして結婚費用、新しい住居、養育費…様々な支出が必要になるかと考えられます。

想像を超えるような大きな支出が必要になる可能性もあります。そのため、潤沢にあると思っていた資金がショートする可能性もあります。

略奪婚という特別な出来事であるため、ある程度予測を立てておくことが必要ですね。

パートナー、そして自分のメンタルケアと行動を

略奪婚ができれば幸せいっぱいの結婚生活..とはなりません。少なからず、後に不安や後悔、罪悪感などの感情が過ることが普通です。

その気持ちが大きくなり、「略奪婚なんてしなければよかった…」となることが最も大きな足を引っ張る要因となるでしょう。

それは相手だけではなく、自分自身も同じです。そのため、パートナーと自分のメンタルケアを欠かしてはいけません。気持ちさえ前向きであれば、二人で幸せな家庭を築いていくことができます。金銭的問題も乗り越えることができます。

一時の幸せな感情で終わらせることなく、幸せな関係を続けられるよう行動することが大切であると、心にとどめておきましょう。

 

まとめ

今回は、略奪婚によって貧乏になる要因を解説し、お金がどれくらいかかるのか、貧乏でも幸せになれるのかについて解説していきました。略奪婚の場合、乗り越えなければならない壁は少なくありません。

しかし、それを覚悟で結婚をするのであれば貧乏も苦になりません。2人で逆境を乗り越えて、幸せを手に入れましょう。

略奪婚カテゴリの最新記事