略奪婚で両親へ挨拶!説得するコツは?反対,拒絶,絶縁を回避するためにやるべきこと

略奪婚で両親へ挨拶!説得するコツは?反対,拒絶,絶縁を回避するためにやるべきこと

相手が離婚を成立させ、略奪という形式であれど一緒になる準備が整ったところで最初の難関が親への挨拶です。

ただでさえ気難しい親の場合、略奪婚であることを簡単に理解してもらえるとは思えません。そして、略奪婚の場合の挨拶ではどういった事が起こるのか、疑問や不安に思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、略奪婚で挨拶をする重要性や、相手の親を説得するにはどうすれば良いのかを解説していきます。

略奪婚を目前に、親への挨拶で悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

 

略奪婚での挨拶は尻込みするもの

 

略奪婚での挨拶ともなると、誰でも尻込みするものです。ほとんどの人が、憂鬱や怖いと感じているのではないでしょうか?

しかし、両親への挨拶は今後結婚生活を進めていく上で重要なステップの1つです。怖い、憂鬱、行きたくないといった気持ちがあっても、真摯に向き合い乗り越えていくべき過程です。

特に略奪婚という特殊な状況の場合、やっと一緒になれるという気持ちと同時に、今後、本当に幸せになれるだろうか、結婚後に上手くいかななったらどうしよう…という不安の気持ちは潜在的に抱えているものです。

その不安な気持ちを和らげるためにも、親への挨拶と説得が必要になります。

今後の結婚生活で長く関わっていくことになりますので、今後の信用を築くためにも、ご両親に略奪婚という事実をどのように説明し、説得するかを深く考えていきましょう。

 

両親へ挨拶する際に起こりうるケース

相手の両親に挨拶に行く前に、起こりうるケースを想定しておき、どう対応するか事前に考えておきましょう。

門前払いをくらう

略奪婚の場合、そもそも話を聞いてもらえない可能性もあります。

新幹線や飛行機を使い、長い時間をかけてご自宅に挨拶に訪れても、家にすら上げてもらえないことも珍しくはないでしょう。

できればきちんと話し合いができるよう、身内側が先に話を付けておくことが必要です。

話は聞いてもらえるが反対される

相手の両親に話を聞いてもらえたとしても、素直に結婚を祝福してもらえるケースは稀です。

両親からしたら、生涯を共に誓い合う幸せな家庭を壊し、新しい関係を築こうとしていることになります。

日本人は変化を嫌いがちですし、両親の気持ちになれば、今後この先トラブルや再び離婚を繰り返さないか心配になるでしょう。

反対されるのは当然のことと考えておきましょう。

今後の生活について説明を求められる

挨拶に行く場合、ご両親が最も憂慮していることは、今後の二人の結婚生活を安定して暮らしていけるのか?というもの。

略奪婚となれば、周囲の目だったり、会社での立場、金銭面において大きな不安を抱えることになります。そのため、親としては心配になるものです。

そのため、今後どのように生活していくのかを細かく聞かれることもあるでしょう。「今が良ければそれでいい」と済ませることはできません。

今後の人生設計について質問されることは覚悟しておきましょう。

 

略奪婚で彼女の親に挨拶にいく場合の注意点と心構え

 

ただでさえ緊張する親への挨拶ですが、略奪婚を認めてもらうとなるとそう簡単にはいきません。

身だしなみのチェックは当然ながら、話すことも事前にシュミレートしておきましょう。

第一に謝罪の言葉を

通常の挨拶と同じように、「結婚したいと思っております。」と話し始めることはできません。

両親も略奪婚だということは把握済みと考えて話をしていきましょう。何事もなかったように挨拶してしまっては怒りを買うことになります。まずはご両親に迷惑をかけてしまったことを謝罪しましょう。結婚の話はその後です。

非難の言葉を覚悟しておくこと

略奪婚となると、当然親からは反対されます。これはどんな性格の親でもほぼ間違いありません。子供がいる場合は、「孫にかわいそうな思いをさせた」など、非難の言葉や強い口調で批判されることもあるでしょう。

挨拶に行っても、玄関口で門前払いをされてしまうケースもあります。ただ、それらはきちんと受け止める覚悟をしておかなければなりません。

認めてもらうためには、まずは非難の言葉を受け止める、その上で本気であることを説明しましょう。

略奪婚で子供がいる場合については、子持ち略奪婚の成功例アリ!既婚者を略奪婚する成功メソッド の記事で子供への対応についても確認しておきましょう。

低姿勢を貫くこと

挨拶に行き、まったく取り付く暇もない、話を聞いてもらえないということもあります。

人によっては理解してもらえないまま、結婚を強行する人もいますが、長い結婚生活でご両親の支えが無いことは自分にとってもパートナーにとっても辛いこと。

意思を伝えることも大切ですが、まずはあくまで低姿勢を貫き、結婚について本気であること、理解してもらいたいことをわかってもらうまで、何度も通う覚悟で挨拶に行きましょう。

すぐに認めてもらえるケースはほぼない

略奪婚の場合、1回目の挨拶ですぐに結婚を認めてもらうケースはほとんどありません。

最初は門前払いで、話を聞いてもらうまで行きつくにも時間がかかります。何度も足を運び、誠意を見せることで本気が伝わってようやく認めてもらえるでしょう。

 

略奪婚で両親を説得させる方法

 

最後に略奪婚で両親を説得させる方法を紹介します。ただ、略奪婚の場合、両親を説得させるのは容易ではありません。

最も重要なのは根気です。諦めずに通いつめましょう。

まずは身内で話し合い、味方を作れればベスト

まずは身内の人間だけで親と話し合い、現状報告と、今後略奪婚という形式であれど、結婚生活をスタートしていきたいことを周知しておきましょう。

身内だからといって突然の略奪婚となれば、話し合いはそう簡単には進みません。

両親は、再び不倫や離婚のトラブルが発生しないか、孫とは良い関係なのかなど、不安なことだらけなはずです。その不安を取り除けるかどうかが認めてもらうための第一歩です。

話し合いの上で、母か父、どちらかだけでも理解を得られれば話し合いがスムーズにいきやすくなります。まずは事前に確認を行っておき、周りから固めていくやり方がベストかと思います。

時間をかけて誠意を伝える

略奪婚という特殊なケースの場合、そう簡単に認めてもらえることはありません。

ご両親と和解するのに何年もかかったケースもあります。そのため、親に認めてもらうのに時間がかかるという事を事前に理解し、そして時間がかかっても認めてもらおうという根気が必要です。

しかし、どんな形であれ、親からしたら子どもには幸せになってもらいたいものです。

世間的に認められにくい結婚であっても、誠意を見せ続ければ認めてもらえます。どんなに時間がかかっても、何度も足を運んで親を説得しましょう。

今後についてしっかりと考えておき、説明できるようにしておく

略奪婚の場合、新たな結婚生活を送る上で様々な問題が付き纏います。子どもの問題、金銭面の問題、転職を余儀なくされることもあるでしょう。

両親からそういった問題に対して質問された場合、きちんと答えられなければ結婚を許されることは無いと考えてください。

もちろん、言葉ばかりで強気で対応することも説得力はありません。状況に応じて、数字や行動で示すことも大切です。

両親に挨拶に行く前に二人でじっくりと話し合い、今後起こりうる問題に対してしっかりと回答を用意しておきましょう。

略奪婚での失敗事例については、略奪婚で失敗事例から学ぶ!寝取った後に後悔しないための心得とは? にて、詳しく記載しておりますので、こちらも目を通したうえで挨拶に臨みましょう

 

まとめ

今回は、略奪婚の場合に両親に挨拶にいくべきか、行く場合の注意点に関してまとめました。

なかなか簡単に親を説得させるのは難しいですよね。

しかし、今後の結婚生活をうまく進めるためにも親から認められているかどうかは大きなポイントです。

時間がかかっても、両親に認めてもらえるように説明し、説得する努力を続けていきましょう。

その「姿勢」がご両親の心に届く一歩となるのです。

略奪婚カテゴリの最新記事