略奪婚!成功までの4か月を徹底解析!成就と失敗の分かれ目はコレ

略奪婚!成功までの4か月を徹底解析!成就と失敗の分かれ目はコレ

不倫恋愛をして最もつらいのは未来の見通しがたたないことです。周囲が結婚や出産というライフイベントを進めて行く中、自分だけ取り残されていく悲しさ。

不倫恋愛は必ずしも未来のない恋愛とはいえません。相手が本当に好きなのであれば略奪婚というのもアリです。しかしながら、シングル同士の恋愛から結婚に進む以上に略奪婚はハードルが高いのも実際です。方策を誤ると手痛い失敗に終わることも。

略奪婚成功までのポイントや秘訣を実例を交えて解説します。

 

略奪婚成就まで4か月の流れ

不倫恋愛を始めた当初から結婚を意識していることもないわけではありません。しかし大抵の場合は最初は火遊び、もしくはちょっとした出来心からスタートした恋がどんどんお互いの中で大きくなり本気になっていくということが多いようです。

略奪婚を成就させた人達がどんな道のりでそこに至ったのかをみていきます。

 

略奪婚をしようと決めたきっかけ

略奪婚を意識したきっかけは女性が自分の結婚願望が目覚めたからというものが多いようです。不倫恋愛を始めた当初は20代で結婚はいつかするだろうという程度に考えていたけれど、不倫恋愛が長引いたことで他の男性に目が向かず略奪婚を考えるというパターン。不倫恋愛の期間は短くとも、交際したことで運命の相手と確信し結婚を望むことになったパターン、など。

反対に、婚活などを積極的にしてみたけれど思うようなシングル男性に出会うことができず、魅力的な既婚男性と交際をスタートさせ結婚願望を彼に対して持つようになったという例もあります。

どちらにしても不倫恋愛を始めたときは、「恋愛」として楽しんでいたものが、自分自身の結婚願望と重なったときに略奪婚をしようと決心するようです。

 

略奪婚成就までの期間

略奪婚成就までの期間はそれぞれです。お互いの事情などによって長い時間を経て結婚にいきつくこともあれば、短期間で燃え上ることも。それはシングル同士の結婚までの道のりと同様です。

略奪婚成功まで4か月程度というカップルが目立ちました。これは、真剣交際がスタートしてから略奪婚が事実上成立するまでの期間です。不倫恋愛の場合、「お付き合いしましょう」といういわゆる交際宣言はしないことが多い傾向。そのため何となく始まり徐々に発展するというのが不倫アルアルパターンです。

肉体関係は始まっているけれど、本気と言うわけではない。まだ微妙な関係で逃げ道を残している、という状態が真剣交際の前に数か月程度あることも。

一定期間を経て真剣交際になりそこから略奪婚までは4か月程度で突っ走るカップルが多いようです。

 

辛かったこと

略奪婚を決めてから実際に成就するまで、今まで経験のないトラブルが発生するためそこで精神的につぶれてしまう人がいます。相手の事は信じていても家族の状況は実際に見ることができないため、想像と妄想で押しつぶされそうになることも。シングル同士の恋であれば友人などに相談し発散することができまが、不倫恋愛の場合はそれもあまり好ましくはありません。

次々とやってくる辛いことを自分で受け止め、ブレずに彼を愛し続けるというのは経験者にしかわからない苦しみでしょう。

略奪婚成功者は信念と鋼の精神力で運命の恋を手に入れています。

 

実例!4か月で略奪婚を成就

略奪婚は、真剣交際になってから4か月程度で成就させるカップルが多いようです。成功者たちはどんな道筋を通って結婚に行き着いたのかが気になります。

略奪婚成功者達の生の声を元に成就の秘訣を検証します。

始まりは上司と部下

出会いは社内、上司と部下の関係であった二人。お互いになんとなく知ってはいましたが、ちゃんと会話を交わしたのは彼が彼女の部署に着任してから。部署の古株であった彼女がサポートについたのがきっかけでした。

当時、彼には配偶者と子ども2人がいて、彼女の方は独身でしたが彼氏アリ。恋に発展しそうにないはずの二人です。ただ、非常に気が合ったことから外回りの帰りに一緒にお茶によったり、時に食事をするように。徐々に信頼関係を築いていきました。仕事仲間以上、恋人未満の関係が続いていましたが特にそれ以上の関係には発展しないはず、でした。

しかし、彼が仕事のトラブルで地方転勤することに。出世街道を外れた彼が配偶者から冷遇されていることを知ったことから関係に変化が生まれます。彼を励まし、話し合いを重ねたことで彼にとって彼女はいなくてはならない存在になっていきました。

それから4か月後、彼は離婚を決意し彼女に結婚を申し込みました。肉体関係はなく交際期間もないまま、略奪婚に発展した事例です。

 

趣味の仲間から

SNSから始まった写真サークルで出会った二人。彼はプレイボーイタイプで女性にモテる男性です。女性の方も、専門職につくキャリアウーマンであり美人タイプ。お互いの素性や、家庭のことも深く知らないまま仲良くなりやがて恋愛に発展しました。

不倫であると知らされたのは関係が深まってからのこと。彼女の方は不愉快ではありましたが、自分自身がすぐに結婚したいとは考えていなかったためそのまま関係は続きました。

交際から3年が経ち、彼女は結婚と出産について真剣に考えるように。彼と別れてシングルの男性を探すべきと思いつつ、なかなか思う相手に巡り合えずにまた1年が経ち、そこで不倫恋愛の彼に結婚願望を打ち明けました。

彼も彼女と別れることを望んでおらず、配偶者との間に子どもがいなかったことから、相応の慰謝料をお互いで捻出しあい、話し合いからわずか4か月で晴れて結婚に至りました。

 

W不倫を乗り越えて

あるカップルはお互いに家庭がありました。仕事関係の顔見知りだった二人が偶然、バーで鉢合わせしなぜかそのままホテルに行くことに。酔った勢いの火遊びで、男性の方はそういうことが初めてではない雰囲気でした。

その後は、仲の良い友達状態が続き仕事の愚痴をこぼし合う間柄に。そして、女性の配偶者が不倫恋愛をしているらしいことを相談するようになりました。彼女が男性と関係を持ったのも実は夫へのあて付けだったことを告白したことを受け、男性の方も妻が子どもにかかりきりで仮面夫婦であることを打ち明けました。お互いに価値観のあう相手とやり直したいという気持ちを確認し、そこから二人は真剣交際に発展します。

女性側は配偶者に不倫相手がいたことからスムーズに離婚が成立。男性側は妻が専業主婦であったことから話し合いは難航しましたが、経済面でのサポートを申し出たことで受け入れられることになりました。

 

年の差略奪婚

趣味のクラブで先生をしている男性とその生徒である女性。二人は一回り以上年齢が離れています。自由業者の彼は年齢よりも若々しく、家庭があることも感じさせない自由な雰囲気でそこに女性は惹かれました。女性からのアプローチで関係が進み、やがて彼女の部屋に彼が通うことに。そのまま一緒に暮らすようになっていきました。

そのころ、彼には彼女以外にも愛人が複数いて、彼女はあちこちから嫌がらせを受けます。マンションのポストに脅迫めいた文書が投げ込まれたり、勤務先にタレこみ電話がかかることも。彼の方はといえば自由人らしくのらりくらりと、二人の生活を楽しむだけでトラブルへの対処や今後の結婚について口を開こうとはしませんでした。

そんなとき、彼女が妊娠していることが判明。これによって事態は一気に展開します。配偶者との間の子どもが既に成人していた彼は自ら離婚を算段し、彼女との結婚を決めました。この間、わずか4か月。その後は、彼もすっかり落ち着いてよいパパとして生活しています。

 

トラブルが味方に

元カレが既婚者になって焼け木杭、パターンだった二人。学生時代には恋人同士でしたが、社会人になって離れ、その間に男性は結婚。再会したことで関係が再熱しました。しかし、彼女の方は一時の不倫恋愛と割り切って交際。家庭に踏み込んだり、もちろんそれを壊すという気持ちはありませんでした。

そんなとき、彼女の実家でトラブル発生。倒れた父親に変わって家業をやりくりするため帰郷することになりました。彼に別れを告げて、郷里に戻った彼女は仕事と介護に追われ恋愛に心を向けている余裕はありません。そんな彼女の元を男性はときどき尋ね、励まし続けてくれました。

その後、女性の父親が無事回復したことから彼女は再び自由に。そこから真剣交際がスタートし、女性の猛烈アプローチで略奪婚に至りました。

 

略奪婚の成功の守るべきポイント

略奪婚を成功させるためにはいくつか守るべきポイントと取るべき対策があります。どんな運命の出会いでも、対応を間違えれば成就することはありません。冷静な判断と適切な行動が運命を大きく動かしてくれます。

略奪婚の対策とポイントについて解説します。

タイミングを相手に合わせる

略奪婚では「待つ」ということが非常に重要です。恋をしていると相手の気持ちが気になるためできれば早く答えが欲しいし、自分達のことをきちんとして欲しいと気がせくものです。

しかし、この焦りが恋を短命に終わらせる原因でもあります。自分の意志や希望を伝えたら後は待つこと。男性は行動に移る前に考える時間を必要とします。真剣な内容であればあるほど、答えを出すのに時間がかかるのです。この間に答えを急かせると、せっかく前向きに考えていたとしても、思考が中断されたことでどうでもよくなり、ジエンドとなることも。

略奪婚成就のポイントは、本気であるという気持ちを真っ直ぐ伝え、答えは男性のタイミングに合わせることです。気持ちが決まれば男性は女性以上に一途に目標に向かって走り出します。

もし、真剣な意志を伝えた時点でフェードアウトする相手であれば、その程度であったと諦めるのもひとつ。のらりくらりと返事を先延ばしにする男性であれば、急かせようと待とうと結果は良いものではありませんので適当に見切ることが大切です。

 

攻撃あるのみ

略奪婚を成就するためには攻撃的であることも必要です。自分はあなたと結婚したいのだという気持ちを常にぶつけ続けること。そして、もし配偶者などから嫌がらせを受けたり、話し合いを求められた場合は、挑戦的に恋する気持ちを隠さないことです。

略奪婚をするということは、誰かが悲しむということです。みんな平和に、誰も悲しむ人がいないようにと願うならば略奪婚は叶いません。自分が意志を押し通すことで不幸になる人がいたとしても自分は幸せになりたいという気持ちを打ち消していては略奪などできないのです。

何よりも大切なのは自分が好きな人と一緒になることであるという信念を持って行動することです。

 

じわじわ責めて成就

常に相手に寄り添いじわじわ責めるというのも略奪婚成就に有効です。男性は、相手にリードされていると思うと、気持ちが萎えてしまうことが多いよう。こちらの気持ちを押しつけ過ぎると、負担になり気持ちが離れていくことがあります。

男性にリードを任せているふりをして、自由を与えながらじっとそばに待機しておきましょう。自分から行動には出なくても男性からの誘いには必ず応じる、返信は直ぐに返すこと。

都合の良い女にされるのではと危惧することはありません。既婚男性には駆け引きよりもわかりやすい従順さが効果アリだったりするのです。

 

妊娠がきかっけで

既婚男性と配偶者の間に子どもがいない、もしくは子どもがある程度の年齢であるならあなたが妊娠することで略奪婚が成就する可能性はかなり大。但し、事前に男性に子どもを望むかどうかの意思確認をするとひるんでしまわれることがあります。自分の意志で決行しましょう。

例え結婚できなくてもあなたの子どもを生みたいという根性をはっきり見せつけることで、男性の気持ちが結婚に向いてきます。

相手の心をしっかり掴む

女性は、自分が好きになった男性には同じかそれ以上に好きになってもらいたいと考える傾向にあります。不倫恋愛の場合は、相手に好きになってもらう方法を考えるよりも、自分がどれだけ相手を愛せるかにとにかく注力しましょう。

男性が自分のことを好きな度合いはどうであれ、自分が相手を愛しぬくのです。男性は基本的に自分のことを一番愛してくれる女性の元に収まります。あなたが、現在の配偶者よりも自分を理解し愛してくれることを確信したら彼は結婚に対して前向きになります。

 

状況から固める

人間とは環境適応能力の高い生き物です。物事の流れに逆らうよりも、自然に流れている方向に乗る方がよいと考えることの方が多いでしょう。あなたが心から彼と結婚できると信じていたなら、その雰囲気は自然と彼に伝わります。

既婚者である男性の気持ちを疑うことなく信じている女性を彼はそう簡単には裏切れません。真剣に結婚できると思っている流れに逆らうよりもそれに同調して身を任せる方向が自然だからです。

あなたが本当に略奪婚を願うなら、彼との未来を疑うことなくとにかく信じること。その気持ちがやがて本当に成就に導いてくれます。

 

経済的に自立して成功

略奪婚とは、既婚男性が離婚しそしてあなたと結婚することで完成します。結婚そして離婚とお金は切っても切れない関係です。離婚するためには、これまでの財産の多くを手放し、場合によっては今後も負債を抱えることになります。そこに再婚が加われば経済的負担はかなりのもの。

既婚男性は、あなたのことを愛していたとしても経済的な破綻が見えているならば離婚はしません。もちろん再婚も考えません。ある程度、お金の算段が出来て初めて離婚、再婚が考えられるのです。あなたが、経済的に自立しサポートできる状況であれば彼は離婚しやすくなります。

本当に略奪婚を狙うなら経済力を身に着けること。しっかりと稼ぐ方法を身に着けることで略奪婚が具体化するといって間違いありません。

理解とブレない優しさが成就のカギ

彼を愛しぬく一方で、理解するということは非常に重要です。あなたを愛していたとしても男性には家庭や仕事でやるべきことがあります。それを理解し相手の気持ちを信じることで男性はよりあなたに愛を感じるようになります。

男性の求める優しさとは身の回りのお世話をしてくれるといったものではなく、自分を丸ごと受け入れて信じてくれるという大らかさです。例え家族サービスのために会えないことが続いたとしてもそれを責めず、黙って許してくれる、そんな女性に男性は感謝し心惹かれていくのです。

 

婚活をちらつかせて

略奪婚成就にはブレずに愛しぬくという方法がある一方で、距離をおくというのもひとつの手段です。

あなたとは結婚できないことはわかっているので、他を当たりますと婚活していることを隠さずにいれば男性は焦ります。本当に遊び目的の既婚者であれば、これ幸いと応援してくれるかもしれませんので、相手の本性が見える行動でもあります。

男性は女性の思うよりも何倍も独占欲の強い生き物です。自分のものだと思っていた女性が他に目を向けているとなれば心中穏やかでないもの。彼以外の男性の存在をちらつかせることで既婚男性の闘志を煽り、略奪婚を本気で考えるようしかけることができます。

 

プロの手を借りて

お互いに愛し合っていて結婚したいと思っているが、相手の配偶者がどうしても納得しないことがあります。自分は結婚したいと思っているが、既婚男性の気持ちがいまいちはっきりせず彼の家庭の状況がわからないため対策の取りようがないということがあります。

こういった場合、あなた一人の力ではどうしようもありません。プロの手助けで略奪婚に向けて準備するのが妥当です。別れさせ屋に相談すれば、無理だと思っていたことが嫌な思いをすることなくスムーズに進みます。

 ⇒別れさせ屋の口コミ評判や別れさせ工作徹底比較ランキング

これで失敗!略奪婚の失敗実例

不倫恋愛から略奪婚に進みたいと奮闘したけれど失敗した。悲しいですがそんな事例も少なくはありません。失敗は成功の母、失敗例には教訓が含まれています。

略奪婚に失敗した実例をみていきます。

 

タイミングの見誤り

略奪婚はタイミングを誤ると失敗します。男性の気持ちには段階があります。肉体関係があるからといって完全に女性を愛しているかといえばそうではなかったりします。

女性側は身も心も捧げて、すぐにでも結婚したいと思いそれを相手に告げたとたん男性の態度が変わりフェードアウトに持ち込まれたという例があります。若い男性であれば、性欲を満たして貰える相手を愛するということがありますが、ある程度の大人であればそれよりも心の繋がりが重要視されます。絆が芽生える前に結婚をちらつかされると男性は全力で逃げていきます。

男性の気持ちが完全にこちらを向くまでは結婚は持ち出さないのがベストです。

 

配偶者からの反撃

夫が他の女性から結婚をせがまれていることを知れば、妻は何かしら方策をたてます。冷静に対処する人もいますが、妻の性格によっては暴挙にでることが。

ある女性は、交際している男性の配偶者から連絡があり、人前で罵倒されました。周りで止めに入った人も、妻と愛人では妻に味方するもの。その後、会社への嫌がらせなどもあり彼女は徐々に精神の均衡を崩し、そんな彼女から既婚男性は離れていきました。

配偶者の性格によっては、自分で対処するのは危険です。別れさせ屋など第三者の力を借りて上手に事を運ぶのが良さそうです。

 

周囲からの重圧

家族や友人の恋愛は基本的に応援するのが通常ですが、不倫恋愛の場合はそうともいえません。何気なく相談したところ大きな反発を受けてそれが原因で恋愛を終わらせることになる人もいます。

不倫恋愛を両親に知られてしまい、四面楚歌になったという例があります。女性は家族から別れるよう説得されました。不倫恋愛、略奪婚はよくないという両親の意見は正しく反論したところで覆るものではありません。先の見えない彼との恋愛を続けることよりも、家族からの重圧から逃れることを選んで、略奪婚は未遂に終わりました。

 

彼の心離れ

彼の心離れが原因で略奪婚に失敗したカップルがいます。男性と配偶者の関係は既に終わっていると告げられていました。略奪婚に向けて女性と彼は着々と準備を進め、彼女は結婚できるものと信じて疑うことはありませんでした。

しかしいざ、男性が配偶者に離婚を切り出すと配偶者は応じなかったのです。その対応は強固で動きません。配偶者と彼女との板挟みで疲弊した彼は離婚を諦めることを一人で決め、配偶者の元に帰りました。

略奪婚は結婚して初めて成功です。彼が結婚の意志を見せても気を抜かず周到な準備をすることが大切です。

 

配偶者のまさかの妊娠

既婚男性と手を取り合って略奪婚に向かっている最中、彼の妻の妊娠が発覚するという何とも腹の立つ終わり方をした事例があります。もちろん妊娠は一人でできるものではありません。彼の意志の弱さ、配偶者への未練、下半身の緩さが招いた悲劇です。

こうなれば女性側も被害者であると言わざるを得ません。ただ、このタイプの男性は、配偶者への愛情があろうとなかろうと浮気をするタイプ。この男性と結婚しなくて正解というのが結論です。

 

状況にそむかれ

シングル同士でもいえることですが、結婚するためにはある程度状況が整っているということが最低条件です。略奪婚に向けて進んでいたカップルが、彼の仕事の失敗によって結婚計画を中断せずをえませんでした。

二人の気持ちは固く、順序だてて愛を育んでいました。そんな折、彼の会社が経営危機に陥り最終的に負債を抱えて倒産したのです。会社のことで頭が一杯になった男性は離婚、再婚どころではなくなりました。当初は現状の回復を待つ覚悟をした女性も、それが簡単ではないことを悟り、別れることになりました。

人生を揺るがす大事件によって略奪婚がうまくいかなかったパターンです。

経済的問題

経済的な問題に阻まれ略奪婚に行き着けなかった実例があります。結婚生活ではあらゆるものを共有し経済的に補完し合っています。自宅のローン、養育費など男性が離婚によって背負う負債は莫大です。

それらを支払いながら新しい生活を営むことは現実的ではないと男性が判断したことで、徐々に恋愛熱が覚め最終的に不倫関係の方を解消することになったという実例があります。

  

略奪婚成功後に覚悟しておくべきこと

やっとのことで成就した結婚。それから先は現実です。略奪婚に向かって突っ走っている間には見えなかったことや、なんとかなるだろうと思っていたことで苦しむということがあります。

略奪婚成功後に起こり得る覚悟しておきべきことについて解説します。

 

社会的制裁

略奪婚によって、夫となった男性や自分自身が社会的制裁を受けることがあります。会社によっては不倫や離婚が出世の妨げになります。

口さがない同僚によって噂が引き継がれ、何かにつけて話題にされていることも。夫の両親など身近な親族から、前妻と比較されるなど不愉快な仕打ちを受けたり、面と向かって不倫を咎められることもあります。

自分たちの尺度で幸せを図るのだという強い信念を持つことが大切です。

 

経済的な問題

略奪婚ならではの経済的問題が発生することがあります。夫が前の自宅ローンを抱えたままで新しく家を購入するのが難しい。養育費だけでない子どもにかかる費用を請求されるなど。前妻との離婚時点より夫の収入が悪くなっても支出を変更するのが難しいのも辛いところです。

経済的な問題から夫婦不和に発展させないために、あなた自身もしっかり経済力を身に着けておきましょう。

 

夫と前の家族との関係

夫の前の家庭に子どもがいる場合は、前妻との関係がキレイに切れることはなかなかありません。子どものことで会う、連絡を取り合うということは普通にあり得ます。

仕方がないこととわかりつつイライラしてしまったり、そんな自分自身に腹がたったり。そうならないために、彼を信じましょう。離婚し自分が選ばれたという事実だけを見て余計な詮索はしないのがベターです。

 

恋から目覚めて

不倫恋愛の間、彼には配偶者がいました。即ちあなたが好きになったのは配偶者のいる状態の彼。晴れて離婚が整い自分のものになったら急に色褪せて見えることがあります。だらしない部分や横柄な態度がうっとおしく感じられるようになったりします。

そうならないために、略奪婚に挑む前にしっかり両目を開いて彼の本性を見極めるようにするのがオススメです。

略奪される恐怖と新たな恋の誘惑

不倫や浮気は繰り返すと一般的に言われています。もちろん全員にあてはまる訳ではありません。略奪婚成就後、あなたとの不倫前科を持つ彼の動向が気になって仕方がなくなるということがあります。また、あなた自身も新たな恋の誘惑に流されてしまう可能性はないではありません。

略奪婚を経験したことで不倫や離婚へのハードルが下がると考えるのではなく、二度と同じことはしないと固く心に誓うようにしましょう。

 

略奪婚成功の秘訣はタイミングと綿密な計画にアリ

略奪婚、成功までの道のりを実例を交えて検証し成就するためのポイントについて解説しました。

略奪婚成功者は、思いやりと信念を共通して持っています。相手への愛をベースに行動することで勝利を勝ち取ったようです。

とはいえ、自分の努力だけでは成功に進まないパターンというのも存在します。そんなとき

は別れさせ屋を使うのも一手。素人では限界のあるトラブル解決も任せられます。どうしても諦められない恋は、絶対成就させるという強い気持ちを燃やして必ず手に入れましょう。

略奪婚カテゴリの最新記事