別れたいけど別れたくない!依存する心理や別れるべき理由を紹介!

別れたいけど別れたくない!依存する心理や別れるべき理由を紹介!

「別れたいけど別れたくない」という複雑な気持ち。不安定な気持ちのまま付き合っていても良くないことは分かっていても、関係を断ち切る気分にはなれない。

あなたが今、このような悩みを抱えているのは彼氏・パートナーへの依存が原因かもしれません。

この記事では、別れたいけど別れたくないあなたの深層心理について解説し、依存の感情を断ち切る方法について紹介していきます。

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

目次

「別れたいけど別れたくない」のはなぜ?主な5つの理由

あなたが別れたいけど別れたくないという気持ちになる心理は主に5つあります。まずは、以下の5つの中であなたの中に心当たりがあるかどうかを確認していきましょう。

好きな部分と好きになれない部分がある

パートナーと付き合うときは、好きになれるかもという気持ちより、その時のときめきや期待・感情の高まりをきっかけに交際するもの。また、告白されたから何となく…ということもあるでしょう。

しかし、交際していくうちに相手の好きな部分、嫌いな部分がわかってくるはず。現在はその気持ちのバランスが少し嫌いな部分に傾いてはいるものの、「別れ」という決断まではすることができない状態です。

彼氏の良さをよく知っているあなたの優しさから、別れを決断することができないのです。

彼氏に同情している

彼氏に同情してしまっているために、別れたくても別れられないという場合があります。ダメな男ばかり好きになってしまうタイプだと、同情が原因で別れられないこともあるでしょう。

決断しなければならない、しかし実際に会っている間は楽しくて悪い人ではない。そしてあなたといる時は彼氏も幸せそう。

その幸せそうな彼の笑顔を崩すことができず、別れられないでいる可能性があります。

別れたら金銭的に困るから

別れたら金銭的に困るため、別れない選択をしてしまう場合があります。例えば、生活費をすべて彼氏に出してもらっている、今のアパートを彼氏名義で契約しているなどのケースです。

金銭面で彼氏に依存してしまっているため、別れを決断できない状態ですね。

別れるのにもエネルギーが要るから

別れるのにもエネルギーが必要です。正直、別れって疲れますよね。別れを切り出すことさえも面倒に感じ、別れのアクションを避けている場合があります。

彼氏と別れたくないというより、別れるのが面倒なだけ。別れを切り出して面倒なことになるくらいなら、このまま交際することを選んでしまう場合があります。

独り者になるのが恥ずかしいから

別れたくても別れられないのは、独り者になるのが恥ずかしいという思いを潜在的に抱えている可能性があります。例えば、普段から「彼氏がいないと恥ずかしい」「クリスマスに一人は嫌」といった気持ちになることはありませんか?

独り者になるのが恥ずかしいと感じるあなたは、本当に彼氏を好きなわけではないかもしれません。

一人であると思われたくないという自己保身の気持ちが強いために、別れられない状況が続いている可能性があります。

 

彼氏依存度チェックリスト・10項目

別れたいけど別れたくないという状態は、あなたが依存状態にある可能性があります。

この章では彼氏への依存度を調べるためにチェックリストを紹介します。彼氏にどの程度依存しているかを知りたい場合に使用してください。

 

どんな場所にも彼氏と行きたい

旅行のような大きなイベントに彼氏と行きたいと思うのは普通です。しかし、日常のちょっとした用事でも彼氏と一緒でないと嫌だ…という場合は依存状態といえます。

いつも一緒でないと嫌だ、彼氏と一緒でないと不安だ..と感じるのなら、依存状態にあることを考えましょう。

 

彼氏の都合を優先させてしまう

彼氏のことを常に考えるのは、交際しているなら自然なこと。しかし、あなたの仕事や勉強に支障が出るくらい、彼氏の都合を優先させてしまうのは依存状態にあるかもしれません。

例えば、仕事を休んで彼氏のわがままに付き合ったり、使ってはいけないお金を彼氏にあげてしまった…等でしょうか。

また、 彼氏のスケジュールをすべてにおいて優先させ、自分のスケジュールを組めなくなってしまう場合もあります。

支障が出ているかどうかは、自己判断が難しいでしょう。信頼できる友だちなどに率直な意見をもらいましょう。

 

彼氏の機嫌をいつも気にしている

彼氏が怒っているか、喜んでいるかをいつも気にするようになったら依存状態といえます。相手の機嫌をうかがってしまうのは、彼氏を恐れているから。

一般的なDV体質の男性は、機嫌を気にしてくれる女性の心理を熟知している場合があります。あなたをコントロールするために、わざと不機嫌な態度をとったり、怒ったりすることが多いのです。

もし、上記に当てはまる場合は、彼氏によって依存状態にさせられている可能性も考えてみましょう。

彼氏の要望にはいつも応えてしまう

好きな人に尽くすのは悪いことではありません。しかし、すべての要望に応えてしまうとなると、彼氏の要望に応えるこに喜びを感じてる癖がついている場合もありますよね。

これも依存状態の一つといえます。

度が過ぎているかどうかは自分で判断しにくい内容なので、友人や家族など、彼氏とあなたの関係を知っている人に、率直なアドバイスをしてもらいましょう。

女友達が少ない

あなた自身に同性の友達が少ない場合、彼氏に依存するケースがあります。

その場合、女友達が少ないから彼氏に依存し、彼氏依存によって女友達が少なくなる負の連鎖につながります。

彼氏を優先させて、友達が徐々に減ってしまったり、彼氏以外と話す時間が少ないと依存状態になる可能性が高いでしょう

彼氏にか弱いところを見せてしまう

彼氏から「こいつは俺がいないとダメだな」と思わせるような姿を見せてしまうのは、依存の兆候です。あなたのこうした行動は、状況によっては彼氏にとって嬉しいことでもあります。自分の存在価値が肯定されるためです。

ただ、彼氏がいないとダメというのが事実だったら、あなたは本当に彼氏に依存しないと生きていけないということです。一番わかりやすいのは生活費を全部出してもらっているなどのケースです。

演技としてわざとか弱くみせているなら良いのですが、本当に弱い場合は、物理的に依存せざるを得なくなります。

彼氏への支配欲

彼氏を自分のものと思うのは、一見彼氏を支配しているように感じるかもしれません。しかし、実はその逆で依存関係である可能性もあります。

理由としては、誰かを支配することで自分の自尊心を保っている人は少なからず存在します。

もし支配欲が少しでもあるのなら、依存状態にあるかもしれないことを考えてみましょう。

彼氏と同棲している

彼氏と同棲している場合、依存症になることが考えられます。若年層に多いですが、例えば、同棲生活において常に彼氏に家事などを任せていたり、彼氏のヒモのような状態になっていたりしませんか?

彼氏ありきの生活に慣れてしまうと、自分は彼氏無くしては生きられないという思い込みが強くなってしまいます。そして、彼氏依存となる可能性が高いのです。

彼氏依存症になる5つの原因

彼氏依存症になる原因は主に5つあります。この5つの原因は、独立する部分もあれば、相互に絡み合う部分もあります。5つの原因を詳しく見ていきましょう。

承認欲求が強い

SNSでも流行りの承認欲求は、あらゆる依存症の原因になります。人に認められたいという欲求は、良い努力にもつながることがあるものです。

しかし、過剰になると依存症の原因になってしまいます。

少女漫画・ドラマの見すぎ

少女漫画やドラマの世界は面白いのですが、非現実的なストーリー設定が多いものです。そして、現実世界では彼氏依存の状態が、フィクションの世界では一途な愛として、美しく見えることもあります。

適度に楽しむ分にはいいのですが、あまり強く影響を受けてしまうのは、依存症の原因になり危険です。

人間関係が狭い

人間関係が狭いことから、彼氏しか見えなくなる場合は大いに考えられます。

大げさな表現をすると、彼氏しか見えないことから、自分のことを理解してくれるのは彼氏しかいないという錯覚に陥ることがあります。

まずは、彼氏以外の友達との関わることが必要かもしれません。

ほどほどに広く開放的な人間関係を目指しましょう。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、自信の源となるものを欲しがります。そして、自信の源として恋人を求めることが多いのです。

人間は子孫を残すことを本能的に求めます。恋愛は子孫を残す前の段階です。前段階のステージに立ち、子孫を残せるという自信が欲しいため、恋愛に依存してしまう人が多いのです。

過去の失恋のトラウマがある

過去に好きだった人にフラれた経験があると、トラウマによって失恋を怖がってしまいます。失恋の恐怖心で、必要以上に今の彼氏に依存してしまうわけです。

このトラウマは、自信を持てる何かを獲得することで、克服できるでしょう。フラレてももっといい彼氏をすぐ見つけられる自信があれば、フラれることは怖くないからです。

(むしろ、あなたがふる側に回る可能性が高いくらいでしょう)

彼氏依存を克服する5つの方法

彼女持ち 別れさせる


自分が彼氏依存症かもしれないと自覚でき、原因もわかったら、次に気になるのは克服する方法でしょう。ここでは、6つの方法を解説します。

新しいサークル・コミュニティに入る

彼氏依存になる原因として、人間関係が狭いというものがありました。ということは逆に、人間関係を広げる行動に出ればいいわけです。

現代はSNSがあるため、新しいコミュニティに参加することは簡単です。ボランティアや朝活のイベントなどに、気軽に参加してみましょう。

趣味に打ち込む

彼氏依存を克服したいのであれば、彼氏がいないところで趣味を持つことも一つの手段です。趣味を持つことで、少なからず彼氏中心の考え方を切り離すことができ、他の人との新たな出会いにも繋がります。

新しい出会いや、他の人と過ごし、彼氏といる時間を少しでも短くすることで、彼氏依存を克服できるきっかけになるでしょう。趣味に打ち込める新しいコミュニティを積極的にみつけることから始めてもいいですね。

運動をする

運動をするというのは一見恋愛とはかけ離れているように思いますが、運動は自らの精神状態へ大きく影響します。

何か悩みを抱えている時、運動をするだけで気持ち的に解放される場合もあります。いろいろな感情が交差している時、彼氏しか見えなくなっている場合もあります。

そのため、まずは視野を広くするため、運動から始めてみるのも一つの手段です。

スマホ放置(デジタルデトックス)

スマホやタブレットなどのデジタル機器は、24時間私たちを社会に縛りつけます。そして、特にスマホは彼氏からの連絡が来るため、彼氏依存を強めるツールになりやすいのです。

このスマホを放置することも効果的な依存克服方法です。

スマホなどのデジタル機器を遠ざける行動は「デジタルデトックス」と呼ばれており、最近では依存克服の方法としても知られています。

髪型やファッションを変える(イメチェン)

失恋したら髪を切るというのは、昔からよく見られる気分転換の方法です。必ずしも短くする必要はなく、ウェーブやカラーなどでイメージを変えるのもいいでしょう。

また、ヘアスタイルだけでなくファッションを大きく変えることは他者からでなく、自分自身の感情の変化につながります。

 

彼氏と別れるときの切り出し方・3つのポイント


彼氏と別れることを決めたとき、悩むのは切り出し方でしょう。ここでは、別れを切り出すときの3つのポイントを解説します。

時期:早い方がいい

別れを切り出すタイミングはまさしく今です。ずるずると引き延ばすよりは、少しでも別れについて考えるようになった今、行動に移すべきです。

彼氏のことも考えたくなる気持ちもわかりますが、その不用意な優しさが現在の関係を続けていると言っても過言ではないでしょう。

 

準備:何度かジャブを入れて心の準備をしてもらう

人間は、予想しないことがいきなり起きたときには、過剰に反応してしまうもの。この反応は別れ話でも同じです。突然切り出されると、混乱する人もいるでしょう。

すぐに別れを切り出すのは危険と判断したなら、事前に軽く別れたがっていることを匂わせておきましょう。彼氏も心の準備ができるため、別れ話も受け入れてもらいやすくなるのです。

 

言い方:「あなたのため」という言葉はNG

別れを切り出す言葉ははっきりとストレートに言いましょう。

私と一緒にいてもあなたのためにならない、などの優しさを含めた言葉はNGです。その言葉が彼氏に期待をさせ、ズルズルと関係を断ち切れない人はたくさんいます。

相手のことも考えてあげたいのであればなおさら、あなた自身が「別れたい」と正直に告げる必要があります。

 

彼氏への気持ちを戻すべき?戻す必要がない3つの理由

結論から言うと、別れを考えるようになった彼氏に対して、気持ちを戻す必要はありません。その 3つ の理由を説明します。

今この瞬間、カップルの4割は相手を好きではない

彼氏を好きになれないと悩んでいる人は、今この瞬間もたくさんいます。マイナビウーマンのアンケート結果によれば、約4割の女性が彼氏を好きになれないまま交際しているようです。

「今、彼氏を好きになれなくて悩んでいるか?」という問いに、何と38%の人がYESと答えています。つまり今、街で10組のカップルがいたら、4組のカップルは女性側が彼氏を愛せなくて悩んでいるのです。

そもそも「好きなじゃないのに付き合う」人が7割

『CanCan』のアンケートでは、「好きじゃない人と付き合ったことがある」と答えた女子は約70%でした。つまり、好きでなくなったどころか、最初から好きじゃなかったという人も多いのです。

多くの人が、上のように恋愛をドライに考えています。交際するかどうかはその時のタイミングや一時的な感情がキッカケのことも少なくありません。

そのため、無理に好きの気持ちを戻そうとする必要はありません。

 

別れの判断がしやすくなる、心理学の3つの手法

ここでは、心理学に基づいた別れの判断の方法について記載していきます。

書き出す:エクスプレッシブ・ライティング

気持ちをノートなどに書きなぐるのは、多くの人が気持ちの整理のために無意識にやることです。この行為は、専門用語ではエクスプレッシブ・ライティングといいます。

悩みや不安感情を頭の中で考えていても、人間は整理できないものです。

そのため、まずは自分の気持ちを書き出しましょう。書き出すことによって、新たな自分の気持ちに気付けるかもしれません。

人に話す:エモーショナル・ディスクロージャー

エモーショナル・ディスクロージャーは感情を吐き出すという意味となります。自分の感情を言葉にし、人に話すことによって、気持ちの整理を行います。

理路整然とする必要はありません。とにかく思っていることを吐き出してみましょう。そこから新たな自分の感情に気付くきっかけになるかも。

 

勇気を出して、別れの決断を

別れたくても別れられないことは彼氏への依存が原因であることがほとんどです。しかし、その一回の別れによって依存から解放され、新たな自分自身と出会えるかもしれません。

まずは、勇気を出して別れの決断をしてみましょう。別れてお互いに必要と感じたら、また付き合う選択もできるのです。

交際し続けることによって負の感情になってしまうのはお互いにとって良くありません。一度きっぱりと別れて判断してみましょう。

別れたいカテゴリの最新記事