別れさせる心理学・離婚させる心理学!確実に略奪するために実践すべき方法

別れさせる心理学・離婚させる心理学!確実に略奪するために実践すべき方法

人の気持ちを無理に動かすことはできません。しかし、心理学を利用して行動することで相手を自分の思うように誘導することはできます。

最愛の人を離婚させて略奪したいのであれば、感情や運だけに頼っていては前には進まないでしょう。

人間の思考回路を理解して、巧みに働きかけることで希望は実現します。

どうしても別れさせたい、離婚させたいと考える方へ。確実に略奪するために実践すべき「別れさせの心理学」について解説します。

 

当サイトおすすめの別れさせ屋

  • 業界最大手の別れさせ屋(実働回数型)
  • 予算に合わせた対応が可能
  • お試しプラン、返金制度ありで安心
  • 着手金30万円、成功報酬10万円~で業界でも低水準の料金設定

匿名OK・オンライン依頼も可能!

心理学を使った離婚させる方法

男女関係は縁によって結ばれ、未来につながっていきませすが、その進捗やゴールについてはあなたの行動次第で良い方に引き寄せることができます。

よい未来につながる行動とは心理学を利用したテクニック。あなたの感情や、自分の尺度で動くのではなく人間の思考を理解して動けば、相手を思うように動かすことも無理ではありません。

心理学を使った離婚させるための方法についてみていきます。

徹底的に彼に合わせる

大人になると自分を無条件で受け入れてくれる人にはめったに出会えません。

特に男性は、苛酷な男社会で戦っているため弱みをめったに見せることはできない状況です。そのため、自分をまるごと受け入れてくれる人、弱い部分も含めて愛してくれる女性に惹かれ、そんな相手であれば手放すことができなくなります。

彼を虜にしたいのであれば、彼に徹底的に合わせましょう。

愛して欲しい、あれをして欲しいなどの欲求はひとまず捨てて、また、彼から連絡させるために策を講じるなど駆け引きもやめましょう。

人間は勝手な生き物です。自分にとって心地よい相手、都合のよい相手からは離れたくないのが心理です。

意図的に「彼にとって都合のよい女」になることで、離婚してでもあなたを手に入れたいと思わせることができます。

 

安心感を与える

恋愛の初期や軽い恋愛であれば、どきどきすること、振り回されることも醍醐味のひとつです。

しかし、未来を見据えた関係にしたいのであればどきどきすることよりも安心感を求めるのが人間です。

社会人になれば仕事やほかの人間関係など常に気をはって生きていることから、ほっと一息つける場所があればそれだけで、気持ちが安らぎます。

男性であれ女性であれ最終的に落ち着く場所は自分が安心できるところであり、そこは大切にしたいと考えるもの。

彼を常に優先すること。何かあれば先にあなたが折れること。彼の調子が悪くてもそれを責めないこと、などで相手に安心感を与えることはできます。

ちょっとイヤな話しですが既婚男性にとって家庭は最も安心できる場所であることから、それを手放すことができずに離婚に至っていないということがあります。あなたが、彼の家庭を超える安息の場所になれば彼は、あなたを選びます。

ときに突き放す

安心感をしっかりと相手に与える一方で、場面によってときに突き放すことが必要です。

その場面とは、彼が彼自身で決めなければならないことについて。

例えば、家庭の行事とあなたとのデートのどちらを優先するか。もっといえば彼が離婚するかどうかなど。

これらの事項は彼が決断することであり、例え恋人であっても介入することはできません。彼が決めるべきことは、助言を求められても突き放しましょう。また、どちらにするか指図するのもNGです。

あなたがするべきは、彼の決断を見守りそしてそれを支えることです。

彼の決断があなたにとって好ましくないものであるときは、それを責めるのではなく、許すか、それとも静かに距離をとって離れるかのいずれか。

甘えさせつつ、全てが許されることはないということを植え付けることで彼の行動が変わります。

 

彼をラクにさせる

当たり前のことですが、疲れる相手や面倒に感じる相手とは一緒にいたいとは思いません。

ラクに過ごせる相手や気の許せるひとと時間を過ごしたいのが普通です。

彼にとって「ラク」な相手になることで、これから先もずっと一緒にいたいと思わせることができ、今あるものを手放してでもあなたと一緒にいることを選ぶようになります。

そのためには、彼に求めすぎないこと。

たとえば、誕生日や記念日を一緒に過ごせなくても気にしない、強要しないなどです。相手に負担を感じさせない努力をしていれば、彼は解放されつつあなたに感謝します。

今ある彼をただ受け止めることで彼はラクに過ごすことができます。

 

プライドを満たす存在である

男性にとってプライドは女性が思う以上のものです。

普段の生活の中でも、自分のプライドが打ち砕かれそうになるとそのたびに、自分を鼓舞してなんとかそれを保っているのが男性です。

男性のプライドは女性にとって意外なところにあります。日常で彼ができないちょっとしたことを指摘したり、責めたりはNG。がっかりした顔をみせてもいけません。

せめて好きな女性、身近な女性からは認められたいと考えていますので、大げさなくらい彼の行動を褒めて認めましょう。彼の存在そのものを認めるような褒め方がおすすめ。「あなたがいれば私は幸せ」など言ってみるのもよし。

否定せず、プライドを満たしてくれる女性を男性は自分のものにしたいと考えますので、そうなれば略奪も遠くはありません。

 

なぜ彼は離婚しないのか

彼を本当に手に入れたいのであれば男性の心理をしっておく必要があります。

「離婚したい」と思っている男性はたくさんいますが、実際に行動に移す人はその一部です。ほかに恋人がいてその人を愛しているなら、すぐに離婚が思い浮かびそうなものですが、なぜかそれを実行する男性は少なめ。

男性が離婚しない理由のひとつは、家庭を失うことの怖さ、帰る場所を失うことへの不安です。現状どんな状態であれ、築き上げたものを手放すことは自身のアイデンティティに関わることです。

また、帰る場所である妻を失うことは男性にとって足場を崩されるようなもの。恋人のことがどんなに好きでも、それとこれとは別、と男性は考えます。

彼が離婚しないのは、あなたへの気持ちの大きさのせいではありません。帰巣本能のようなものがあるからです。

あなたが、妻や家庭に代わる彼の居場所になれば彼は離婚するでしょう。

反対にいえば、どんなにあなたを愛していたとしても、彼があなたを「自分の場所」と感じなければ離婚にまでは至らないのが男性です。

 

心理学を利用!NG行動とは

人間の心理を巧みに読み解き上手に行動すれば、人を動かすことはできます。反対に、どんなに好きでも、行動心理に反する行動をとれば悪い方に動いてしまいます。

ここでは心理学的にやってはいけない行動、離婚させたいならNGの行動についてみていきます。

離婚を急かす

人から言われたら、やろうとしていても気持ちが萎えるのは子どもも大人も同じこと。「勉強しなさい」と言われると途端にやる気がなくなったりした経験は誰にでもあります。

同様に「離婚して」と言われると、したくなくなるのが人間です。

あなたと交際しながら離婚をしない状況はおもしろいものではありません。女性サイドにしてみれば、こちらが言い出さなければそれをよいことに、現状で楽しもうとしているように感じられることもあるでしょう。

しかし彼は離婚しないことを決めているのではなく、常に悩んでいます。そして、離婚は彼だけでなく家族を巻き込むことだけに、深く考え迷っているのです。

男性は女性とちがい、悩みに助言を必要としません。自分一人で考えたいとするため、離婚を急かされると、いらいらするだけ。

離婚して欲しければ急かさないこと。そして、どうしてもそのことが気がかりなのであれば、「いつまでに離婚しなければ別れる」というデッドラインをあなた自身が決めておくとよいでしょう。

 

ほかに目をむける

男性が既婚者である以上、彼に操をたてる必要は厳密にはありません。あなたもほかの男性に目を向けてときには、楽しんでもよいはずです。

しかし、彼に離婚してもらい略奪したいと考えているならそれはおすすめしません。

男性は自分のことはさておき、身持ちの悪い女性を大切にすることはないのです。自分だけのものだから大切に扱うし、これからもずっとそばにおこうと考えるのです。

心身共に愛しているのは、あなたの気持ちが自分にあると思っているからこそ。

離婚は男性にとって人生の大きな局面です。それを決断させるためにはあなたも相応の覚悟がいります。

本気で彼を略奪したいなら、ほかには目を向けず彼を真剣に愛するのが一番の近道です。

 

愚痴や悪口をいう

男性は女性以上にネガティブな感情に弱いもの。

女性の場合は、気持ちが落ちたときなど、それをストレートに吐き出すことでストレス解消になったりしますが、男性はそうではありません。

愚痴や悪口などの負のエネルギーに自分のパワーが取られてしまうような感覚になるのが男性です。また、そこで発生したマイナスの感情が自分に向けられているように感じることがありますので、彼の前で愚痴などは控えるのがベター。

イヤなこと、辛いことがあったときは大好きな彼に慰めて欲しいものですが、そこはぐっと我慢しましょう。

あなたと会えばなぜかネガティブな気持ちが生まれてしまう、と思われないようにすることが大切です。

 

離婚させるための心得

既婚男性と付き合っていて、本気で彼が好きならば当然、離婚させたい、別れさせたいと考えるでしょう。

それを叶えるためには、先にご紹介した心理学を使った行動とともに、あなた自身が離婚させるための心得を持っていることが必要です。

彼を略奪するための心得のひとつめは、急がないこと、焦らないことです。

略奪を成就させたいなら、「子どもをもちたい」「〇歳までには結婚したい」という欲求は捨てること。それができないなら、略奪婚は諦めた方があなた自身のためです。

何年かかろうとも、誰がなんと言おうとも絶対に彼と一緒になる、という強い気持ちが略奪成功の絶対条件です。

もう一つの覚悟は、自分軸で物事を考えるということ。彼を待つ、彼が〇〇してくれるという考えではなく、「自分が彼を好きだから〇〇する」と考えましょう。彼が「離婚する」と言ったから彼を待つのではありません。あなたが彼を手に入れたいから待つのです。

既婚男性を離婚させるのは簡単ではありません。彼の現在の家族の人生も巻き込む一大事です。それだけのことを望むのですから、あなたも覚悟を持って挑むこと。本気の人のところにしか幸せはやってきません。

 

別れさせ屋を使えばどうなるか

心理学を使えば他人の気持ちを動かすことはできないことではありません。しかし、そのためにはあなた自身の感情のコントロールや、覚悟も必要で自力ではなかなか難しいのも現実です。

そこでおすすめは、心理学に通じたプロに相談すること。人間関係、特に男女関係を専門にあつかうプロのサポートがあれば、判断に迷ったときや、うまく進まず気持ちが落ちてしまったときも乗り越えることができ、最終的に略奪に結びつくでしょう。

略奪に役立つプロとは「別れさせ屋」です。別れさせ屋と聞くと、ターゲットに近づいて特殊工作を仕掛けることがクローズアップされますが、仕事はそれだけではありません。

別れさせ屋は行動学、心理学に精通したプロ。依頼者からの相談を受けて、的確に状況を判断して、離婚させるために依頼者がどう行動するべきか、どのように考えるのがよいかなどのアドバイスを行います。

必要があれば、特殊工作も実行していきますが、カウンセリングだけで状況が好転したという人もたくさんいます。

どうしても彼を手に入れたい!その気持ちがあるなら、まずは別れさせ屋の無料相談を受けてみるのも選択肢のひとつでしょう。

 

心理学で離婚させる!別れさせる!

心理学を用いた別れさせ、離婚させの方法について具体的な行動から、NG事項などをご紹介しました。

他人の気持ちを動かすことはたとえ恋人であってもできません。しかし、心理学を利用することで自然に自分の思う方に気持ちを向けさせることはできます。

不倫恋愛からの略奪は決して簡単なことではありませんが、どうしても彼こそはと思うのであれば覚悟を決めて、そしてセオリーを守って飛び込むことで道は必ず開けます。

恋愛は感情から生まれますが、それをコントロールするのが幸せへの近道です。

心理学を上手に利用し、思う幸せを手に入れてください。

別れさせカテゴリの最新記事