好きな人がほかの女と話すのに嫉妬!楽しそうなのを見たくない場合の対処法!

好きな人がほかの女と話すのに嫉妬!楽しそうなのを見たくない場合の対処法!

気になる男性は姿を見ているだけでもうれしくなるもの。でも、もし彼と他の女が話していたら?

その女性はただの友達や知り合いかもしれないと思いつつも、仲がよさそうな様子を見ると、ついつい嫉妬してしまいます。

嫉妬するよりも、自分が彼ともっと仲良くなりたい!

そんなときには、どのように対処すればよいのでしょうか。

今回は嫉妬のメカニズムや、好きな人が他の女性と話すのを見たくない場合の対処法などについてご紹介します。

 

好きな人が他の女と話すのが嫉妬する!なぜこんな気持ちになるの?

好きな人と話している女性に嫉妬するのはよいことではないけれど、どうしても胸が苦しくなってしまう。

そんなふうに、自分の感情をコントロールなってしまうことは珍しくありません。

では、そもそも、なぜ話しているのを見ただけでも嫉妬を感じてしまうのでしょうか。

他の女性に嫉妬してしまう大きな理由は「もしかして彼のことを取られてしまうのではないか」と思うから。

実際には、そんな可能性はなかったとしても、「もしそうなったら」とあれこれ想像してしまい、さらに不安な気持ちになってしまいます。

もちろん、誰でも「嫉妬はよくない」と知っているもの。嫉妬している間は嫌な気分になり、どうしても気分は暗くなってしまいがちです。

本当なら楽しく明るい気分で過ごしたい!そう思っているのに、ついつい嫉妬してしまうと、「自分はダメな人間だ」「心が狭い」などと思いこんで、もっと暗い気分になってしまいます。

特に嫉妬の中でも多いのが、自分と他の人を比較して嫉妬してしまうというケースです。

「彼と話している人の方が美人」「話も面白そう」などと余計なことを考えると、自分へのコンプレックスが強くなってしてしまいます。

そうなるとマイナス思考に陥ってしまい、次第にネガティブなことばかり考えてしまうように。

また、逆に「誰にも負けたくない」と思っている人にも嫉妬は起こりがちです。

プライドが高く、自信があるという場合でも、「いつもより彼が楽しそうに見える」と感じてしまうだけで、大きなショックを受けることも。

嫉妬というのは人間の基本的な感情のひとつですが、取り扱いを間違えると自分の魅力をそこなってしまうことにもつながりかねません。

 

好きな人が他の人と楽しそうに話すのはなぜ?

好きな人が他の女性と話していると、いつもより楽しそうに見える、そんな経験はありませんか?

では、なぜ好きな人が他の人と話していると、楽しそうに見えるのでしょうか。

実は、好きな人が他の人と楽しそうに話していても、本当に楽しいと思っているかどうかはわからないこと。

しかし、「彼が自分のことをどう思っているのか分からない」「自分なんて興味を持ってもらえない」という考え方をしている場合、「他の人のほうがいいに違いない」という思い込みが生まれます。

その結果、彼がいつもよりも楽しそうに見えてしまうという結果に。

もしかしたら、彼は話していて楽しいふりをしているだけかもしれません。本当は楽しくないけれど、仕方なく楽しそうな顔をしているだけということは、誰にだってあるものです。

また、逆にあなたと話しているときのほうが、周囲から見ればもっと楽しそうに思えるかも。

しかし、相手に恋愛感情を持っていればいるほど、なかなか冷静な判断ができなくなってしまいます。

特に、自分だけを見ていて欲しいという感情が強い場合、自分のことも、相手のことも、客観的に考えることが難しくなってしまうもの。

そのため、気になる人が誰かと話しているだけで嫉妬を感じた場合には、できるだけ早く対処することが必要になります。

 

 ⇒元彼がムカつくのに復縁したい理由!好きになってしまうあなたの心理は?

 

好きな人が他の女と話すのを見たくない場合の対処法

嫉妬は自分の感情の中で起きるもの。必要以上に意識する必要はありません。

しかし、どうしても嫉妬が抑えられないということも少なくないもの。

では、嫉妬を感じたくない、好きな人が他の女と話すのを見たくないという場合にはどう対処すればよいのでしょうか。

 

その場から離れる

好きな人が他の女性と話している場面で嫉妬を感じるなら、まずはその場から離れてみましょう。

人によっては、「見たくないものほどじっくり見てしまう」ということもあるかもしれませんが、嫌な場面を見ていると、不安が強くなるだけ。

さらに後からその場面を思い出して、余計なストレスと嫉妬を感じることにもつながります。

まずはその場を一度離れて、冷静になりましょう

 

深呼吸をする

心を落ち着ける方法としては、なんといっても深呼吸がおすすめです。深呼吸ならいつでもどこでもできるだけでなく、道具も必要ありません。

深呼吸なんかで嫉妬が収まるの?そう考える方も多いかもしれませんが、実は深呼吸の効果は絶大。

深呼吸を行うと、酸素を取り込み脳の活動を安定させるだけでなく、自律神経のバランスも整えられて、心をリラックスさせることができます。

このとき、余計なことを考えず、呼吸に集中することがポイント。嫌な場面を見てしまうと、どうしてもそのことばかり考えてしまいがちですが、深呼吸に集中すると、思い詰めて考えるのを防ぐこともできます。

 

自分を慰める

気になっている男性が他の女性と話しているところを見て嫉妬した場合、「話しているだけなんだから嫉妬するのはおかしい」「嫉妬してはいけない」と思ってしまいがち。

しかし、ときには嫉妬している自分を認めてあげることも必要です。

感情を押さえつけたり、我慢を繰り返していると、どうしてもストレスが溜まって大爆発を起こしてしまう可能性もあります。

嫉妬というのは、誰でも感じるもの。特に相手が好きな男性となればなおさらです。

もし嫉妬している自分を感じたら、「大丈夫」「仕方ないよ」と慰め、励ましてあげましょう。

そうすると、高ぶった感情も自然に穏やかになっていきます。

 

鏡を見る

冷静な気持ちを取り戻したいとき、鏡を見るというのも効果的な方法です。

どれだけ冷静なふりをしても、人間の感情は意外に顔に出るもの。もし彼が別の女性と話していて嫉妬を感じたとき、鏡で自分の顔を確かめてみましょう。

多くの場合、嫉妬のせいで普段とは違う表情になっているはず。もちろん、それは決して美しい顔ではありません。

そんな顔を彼に見られたら?

そう思うだけでも怖くなってしまいますよね。

人間は暗い表情をしていれば暗い気持ちに、明るい表情をしていれば明るい気持ちになるものです。

表情を変えるだけでも、嫉妬する気持ちを抑えることができます。

 

自分の気持ちをノートに書く

どうしても嫉妬が抑えきれない!そんなときには自己嫌悪に陥ってしまうことがあります。

もし嫉妬を感じてどうしようもないときには、その感情をノートなどに書いてみましょう。

不満や愚痴、彼や相手の女性への文句など、思い切り紙にぶつけてみると、溜まっていた感情もすっきりするはず。

もちろん、誰かに相談するのも効果がありますが、自分の感情をストレートに口に出すのは難しいもの。

また、どれだけ親しい友人であっても、「嫉妬深い」「文句ばかり言っている」とはあまり思われたくはありません。

しかし、相手がノートなら、言いたいことや思っていることをどれだけ書いても、マイナスの印象を与える心配は無用。

もし感情をすべてぶつけ終わったら、それを再び読み返してみましょう。

冷静な目で自分の感情を客観的に見つめることで、自分の気持ちをコントロールできるようになります。

 

好きなことをする

誰かに嫉妬するというのは、意外にエネルギーが必要なものです。また、嫉妬すればするほど、ストレスも溜まってしまいます。

もしも自分が嫉妬深いタイプだと思ったら、普段から好きなことをしてエネルギーを発散するように心がけましょう。

好きなことを楽しんでいれば、余ったエネルギーを使えるだけでなく、楽しむことで心に明るさと余裕が生まれます。

ただし、好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりすることは、あとで自己嫌悪につながりがち。

嫉妬を抑えられない人は、欲望のコントロールも下手な傾向が強いため、暴飲暴食よりも、運動をしたりカラオケをしたり、エネルギーを使う方向を心がけるとよいでしょう。

 

憧れの人のことを考える

この場合の「憧れの人」というのは、気になっている彼のことではなく、自分が理想としている人物のこと。

それは尊敬できる友人といった実際の存在だけでなく、映画やドラマ、アニメなどに出て来るキャラクターでも構いません。

自分が「こうなりたい」「こんな女性として生きたい」という存在であれば、誰でもOK。

そういった憧れの存在が同じような状況に遭遇した場合、一体どうやって振舞うでしょうか。

そのイメージは、いわばあなたの理想像。

理想の人物と同じような行動を取ることができれば、あなたは理想に一歩近づいたということになります。

また、そうやって頭を別の方向に向けることで、少しでも冷静になることができます。

 

自分も話しかける

意中の男性が別の女性と楽しそうに話している!そこで嫉妬を感じた場合、思い切って自分も彼に話しかけてみるというのもよい方法です。

自分から行動を起こすことは、嫉妬を克服するための重要なポイント。

もし同じように楽しく話せた場合には、達成感を得ることもできます。

といっても、話している二人の間に割り込んでいくのは、彼にマイナスの印象を与えてしまいます。

誰だって、話をしているときに邪魔されるのはうれしくないもの。

相手の話が一段落したと思ったら、そのタイミングで声をかけてみましょう。

 

 ⇒片思いの社内・職場恋愛!好きな人と恋人を別れさせる方法は?

 

男性の気持ちを理解することが必要

誰かに嫉妬している気持ちは楽しいものではありません。

でも、押さえようとしても、なかなか思い通りにならないのが嫉妬というもの。

そんなときには、ご紹介した対処法を使いながら嫉妬する気持ちを抑えつつ、彼の立場を尊重し、男性の心を理解するように努力してみてはいかがでしょうか。

別れさせるカテゴリの最新記事