キャバ嬢と付き合う方法を伝授|確実に落としたいあなたへ

キャバ嬢と付き合う方法を伝授|確実に落としたいあなたへ

「キャバ嬢と付き合いたい!」

キャバ嬢に本気で恋をしてしまい、悩んでいる男性は少なくありません。綺麗に着飾り、優しく話を聞いてくれるキャバ嬢。自分だけのものにしたい、お店以外でも一緒にいたいと思うのは自然な心理です。

とはいえ「付き合ってほしい」とはなかなか言い出せないですよね。この記事では憧れのキャバ嬢と付き合うための方法をご紹介していきます。本気でキャバ嬢と付き合いたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

当サイトおすすめの別れさせ屋

  • 業界最大手の別れさせ屋(実働回数型)
  • 予算に合わせた対応が可能
  • お試しプラン、返金制度ありで安心
  • 着手金30万円、成功報酬10万円~で業界でも低水準の料金設定

匿名OK・オンライン依頼も可能!

キャバ嬢と付き合った時の男の振る舞い方

キャバ嬢とは特殊な職業です。仮に付き合ったとしても、注意しなければならないことがいくつかあります。キャバ嬢と付き合うのですから、それなりの覚悟が必要なのです。せっかく付き合えたのに、あっさりフラれたなんてことのないように覚えておきましょう。

キャバ嬢と付き合った際に注意したいのは以下の4点です。

  • 束縛・嫉妬はしない
  • 常に余裕をもつこと
  • 彼女の店にはいかない
  • キャバ嬢として接しない

それぞれの注意点を具体的に解説していきます。

束縛・嫉妬はしない

最初のポイントは「束縛・嫉妬はしない」ということです。キャバ嬢はお店に来るお客様に癒しを与えるのが仕事です。キャバクラに来る客の中には女性客もいますが、圧倒的に男性の方が来る割合は多いでしょう。

彼氏として、できれば他の男性と関りを持って欲しくないと思うのは当然です。しかしキャバ嬢相手に「他の男と話をするな」等、束縛や嫉妬をすれば、愛想をつかされてしまう可能性が高いでしょう。

相手がキャバ嬢であることを知っていて付き合ったのですから、キャバ嬢として働く彼女を応援してあげましょう。束縛や嫉妬をしてしまうと、高い確率で彼女と上手くいかずに終わってしまいます。

常に余裕をもつこと

次のポイントは「常に余裕をもつこと」です。キャバ嬢は毎日のように、たくさんの男性の相手をしています。先述したように、彼氏としては嫉妬してしまうような状況も多いでしょう。

お客さんによっては、同伴やアフターなど、店外で二人きりで会うこともあるのです。彼氏ができたからといって、これまでのスタイルを大きく変えることはできません。

ですからキャバクラの仕事を理解して、キャバ嬢としての自分を受け入れてくれる、心に余裕のある人が必要なのです。好きであればあるほど難しいことではありますが、彼女のことを信じて、常に気持ちに余裕を持たせておきましょう。

彼女の店にはいかない

キャバクラで彼女がどんな様子なのか、気になる気持ちはよく分かりますが、付き合ってからは彼女の店には行かないようにしましょう。他の男性客と話しているとこを彼氏に見られれば、彼女は当然やりづらくなるはずです。

これはキャバ嬢に限らず、どんな仕事でも言えることではないでしょうか?さらにあなた自身も彼女が他の男性客と話しているのを見て、良い気分はしないでしょう。時には「会えなくて寂しかった」なんて色恋営業もしなければならないのがキャバ嬢です。

わざわざ彼女の店に行って、嫌な思いをするようではキャバ嬢の彼氏は務まりません。また店では他の客の視線もあります。敏感な常連さんなら、一目で彼女の異変に気付くこともあるでしょう。そうなればキャバ嬢としての仕事にも支障が出てしまいます。

キャバ嬢として接しない

「キャバ嬢として接しない」ことも重要なポイントです。キャバ嬢としてではなく、一人の女性として礼儀正しく接するようにしましょう。キャバ嬢とはいえ、店を出れば一人の女性です。話を聞くのはストレスが溜まりますし、辛い時もニコニコしていられるわけではありません。

キャバクラの外で会う時まで、相手にキャバ嬢としての立ち振る舞いを期待するのはNGです。キャバ嬢と付き合った後は、自分が癒してもらうのではなく、相手を癒してあげられるような存在になりましょう。

あなたがキャバ嬢として接しているうちは、相手もあなたを「客の一人」としてしか見てくれません。キャバ嬢と付き合うのであれば、自分と対等な一人の人間だと認識し、女性として大切に扱いましょう。

キャバ嬢と付き合うのは非常に難しい

キャバ嬢と付き合うのは簡単なことではありません。大抵の人は、客としてお店に行き、そこでキャバ嬢と出会い、好きになるのが一般的です。そうなると、まずは彼女に認識してもらえるまで、お店に通う必要があります。

お店でお金を使わないケチな客は、キャバ嬢にあまり好かれません。そのため、お店に行くたびにある程度のお金を使うことになります。とはいえ、お金を使うからといって、好きになってくれるわけではありません。

もちろんお店には歓迎されるでしょうが、お金を使ったからと言って、彼女の心まで思い通りになるわけではないのです。仕事上、プライべートを見せないキャバ嬢ですが、実は隠れた彼氏がいる可能性もあるでしょう。それだけキャバ嬢と付き合うのは難しいことを覚えておきましょう。

体の関係だけなら簡単

キャバクラに通う男性の中には、セックス目的でキャバ嬢を口説く客もいます。そういった客の扱いには慣れているキャバ嬢ですが、キャバ嬢とはいえ一人の女性です。

相手が魅力的な男性であれば、体の関係になっても不思議ではありません。しかし体の関係になった=付き合っているというわけではないのです。キャバ嬢の中には、営業目的として枕営業を行っている女性もいます。

昔よりも減ってきてはいますが、まだまだいるのが現状です。彼女たちにとって、キスやハグ、セックスといった体の関係は仕事の一環でしかありません。体の関係だけでなく、彼女の気持ちを自分だけに向かせて初めて、付き合っていると言えるのではないでしょうか?

キャバ嬢と付き合うための手順

キャバ嬢と付き合うためには、しっかりと手順を踏んでいく必要があります。焦ってガツガツ攻めても、相手にしてもらえないでしょう。余裕をもった大人の対応で、少しずつ距離を縮めて行ってください。

キャバ嬢と付き合うための手順は以下の通りです。

  1. 月に2、3回お店に通う
  2. 同伴は必ずする
  3. 休日にデートには誘わない
  4. タイミングを見て告白

それぞれのステップを具体的に見ていきましょう。

 

月に2、3回お店に通う

まずは月に2、3回お店に通うことが大切です。もちろん先述したように、お金をかければ付き合えるというわけではありません。しかしキャバ嬢は毎日大勢の客の相手をしています。

その中の一人としてキャバクラに1回行っただけで、キャバ嬢と付き合えるなんてそう簡単なことではありません。まずはあなたのことを認識してもらわなければならないのです。

そのため、月に2、3回は通って、顔を覚えてもらいましょう。長時間居座る必要はありません。キレイに遊んでスマートに帰るのが、大人の男性です。「もう帰っちゃうの~?」と物足りなさを感じさせるくらいがベストでしょう。

同伴は必ずする

キャバ嬢から同伴に誘われたら、必ずOKしましょう。キャバ嬢にとって同伴は大切な営業です。同伴をしてくれる客は、キャバ嬢にとって「良いお客さん」になっていきます。まずは好感を持ってもらえるようにしましょう。

さらに店の中とは違い、キャバ嬢とより親しくなれるチャンスでもあります。食事に行ったら、頑張って男性側で支払いをするようにしましょう。自分の魅力をアピールするチャンスだと思ってください。

せっかく同伴なら楽しんでもらい「もし付き合ったら楽しそうだな」と思ってほしいですよね。同伴はキャバ嬢にとっても、あなたにとってもメリットになるのです。ただし体を許しているわけではありません。間違ってお触りをして、ドン引きされることがないように気を付けましょう。

休日にデートには誘わない

少し仲良くなってきたからといって、休日にデートに誘ったりしないように気を付けましょう。何度も通ってお金を使っていると「たまにはお店の外で会いたい」「休みの日に会いたい」と思ってしまいがちです。

しかしキャバ嬢の中には、ほとんど休みなく働いている人もいます。中には週に6日働いているという人も。貴重なお休みの日はゆっくり好きなことをして過ごしたいと思うのも無理はありません。

もし時間に余裕があり、あなたに好意を持っていれば、向こうからデートに誘ってくれるでしょう。それまではあなたの方から休日にデートには誘わないようにするのが大切です。

タイミングを見て告白

付き合うためには告白が必須です。ただしタイミングを間違えてしまうと、キャバ嬢との関係そのものが壊れてしまう可能性もあります。告白をするのは、キャバ嬢があなたの告白を待っている状態の時にしましょう。

ついつい「客とキャバ嬢の関係を終わらせたい!」と、感情の赴くままに告白してしまいがちですが、それは絶対にやめましょう。キャバ嬢にフラれるだけでなく、気まずい雰囲気になって、お店に行けなくなってしまう可能性もあるからです。

キャバ嬢があなたのことをどう思っているのか、冷静に判断してください。あなたのことが好きなら、必ず告白にOKをしてくれます。キャバ嬢があなたのことを好きになったタイミングで告白することが大切なのです。

【最終手段】別れさせ屋を使う

ここまでご紹介したように、キャバ嬢と付き合うのはかなり難易度の高いことです。自分の力だけではどうしようもないと感じる方も多いでしょう。でも本当に好きなら、諦める必要はありません。

最終手段として別れさせ屋を使うことをおすすめします。別れさせ屋に依頼すると、もちろん費用はかかりますが、これから何度もキャバクラに通うことを考えると、決して高い買い物ではないでしょう。

別れさせ屋とはプロの探偵が展開しているサービスです。別れさせるだけでなく、好きな人と付き合うためのきっかけ作りも行ってくれます。いくら付き合いたくても、相手の心をこちらに向かせるのは難しいことです。

しかし別れさせ屋は恋愛のプロなので、様々な心理テクニックやこれまでの経験を駆使し、相手の心をあなたに向けてくれます。付き合えるかどうかはあなたの努力次第ですが、自分の力だけで何とかしようとするよりも、はるかに成功率が高くなるでしょう。

ただネットで「別れさせ屋」について検索すると、多数の業者が浮上します。その中から自分に合った別れさせ屋を選ぶことは至難の業です。この項目では、おすすめの別れさせ屋をご紹介します。

おすすめの別れさせ屋①「別れさせ屋M&M」

まずは「別れさせ屋M&M」です。別れさせ屋M&Mは過去の実績も豊富で、別れさせ工作から復縁工作、出会い工作などさまざまな恋愛プランを展開しています。

工作員や調査員の質の高さが特徴で、自然で運命的な出会いを演出してくれます。相手がキャバ嬢であっても、状況に合わせた具体的な提案をしてくれるので、細かく状況を説明しておきましょう。

単発プランや通常金額の半額で試せるお試しプランも用意されています。まずはどんな工作をするのか知りたいという方でも、気軽に試せるのではないでしょうか?相談料は無料なので、ぜひ気軽にお問合せください。

おすすめの別れさせ屋②「別れさせ屋リライアブル」

次は「別れさせ屋リライアブル」です。リライアブルは工作実働回数を保証している会社なので、「数回しか工作をしてくれなかった」というトラブルを防ぐことができます。

楽天リサーチで「信頼度」「提案力」「スタッフ対応満足度」で1位を獲得したこともある、実力ある会社となっています。契約金の1/3程度の料金で利用できるお試しプランも用意されています。

成功率の高さにも定評があるので、絶対失敗したくないという人にもおすすめです。全国対応で、相談は無料となっていますので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

関連記事
これが本当の別れさせ屋!別れさせ工作の料金や成功率・実話、業界のすべてを紐解く

落とす時に絶対にしてはいけないこと

キャバ嬢は多くの男性客と接する仕事です。ただでさえ出会いが多いですし、ちやほやしてくれる男性客も少なくありません。そこで対応を間違えてしまうと、恋愛対象になるどころか「うざい客」と思われてしまうでしょう。

キャバ嬢と付き合いたい時に絶対にしてはいけないことは、以下の3点です。

  • 上から目線で接する
  • 自慢話をする
  • ドリンクを上げない

それぞれの注意点を具体的に見ていきましょう。

 

上から目線で接する

まずは「上から目線で接する」ことです。

「自分は客なんだから、キャバ嬢としてもてなすべき」
「こんなにお金を使ってやってる」
「毎週通ってあげている」

恩着せがましい人と付き合いたいとは思いません。お客様としては良いお客様ですし「また来て、お金を使ってね」と思いますが、それで終わってしまうでしょう。

ニコニコ笑顔で接してくれると、キャバ嬢のもてなしを当たり前と思ってしまいがちです。しかしその気持ちはキャバ嬢に伝わってしまいますし「見下されている」と感じてしまいます。上から目線で接するのではなく、一人の女性として丁寧に接しましょう。

自慢話をする

次にしてはいけないのは「自慢話をする」ことです。相手に良く思われたいと思うと、ついつい自慢話をしてしまいたくなりますよね。それは相手に好意を持ってもらいたいからです。

しかしキャバ嬢に限らず、女性は自慢話をする男性を「つまらない」と思ってしまう傾向にあります。いくら「俺は喧嘩が強い」「お金持ちだ」「エリート企業でバリバリ仕事をしている」と言ったところで、相手に興味が無ければどれも信じません。

特にキャバ嬢の場合は、お金持ちや仕事のできるエリート集団をたくさん見てきています。あなたがいくら自慢話をしても、聞き流して気にも留めないでしょう。話し上手よりも聞き上手な人の方が、好感を持たれるということを忘れないようにしましょう。

ドリンクを上げない

最後は「ドリンクをあげない」ことです。大盤振る舞いをする必要はありませんが、飲み物をケチる男性は、キャバ嬢に好かれません。キャバクラはお金を払って、キレイな女性とお酒を飲むために行く場所です。

そこへ行っておいて「高いからだめ」「水にして」と言う男性は、キャバ嬢にとっても迷惑な客になってしまうでしょう。気を付けたいのは、ヘルプの女の子にもドリンクを出すという点です。

お目当ての指名キャストにはドリンクを自由に注文させるけれど、ヘルプの女の子にはドリンクをあげないという男性は意外と少なくありません。節約したい気持ちは分かりますが、キャバ嬢の気持ちも考えてあげましょう。

きっと裏では自分のヘルプについてくれた女の子に謝っているはずです。相手の気持ちを考え、細かな気遣いのできる男性が、キャバ嬢にとっては魅力的なお客様であることを忘れないようにしましょう。

キャバ嬢と付き合う方法まとめ

ここまでキャバ嬢と付き合う方法をご紹介してきました。キャバ嬢と付き合うのは、普通の女性と付き合うよりもはるかに難易度が高く、難しいことです。しかし可能性はゼロではありません。

少しずつ距離を縮めていけば、付き合える可能性もあるでしょう。もちろんお店に通わなければなりませんし、お金がかかることは覚悟しなければなりません。

そんなに時間もお金もかけられないという人は、ぜひプロの別れさせ屋に依頼しましょう。相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。迷っているうちに他の人と付き合ってしまう可能性もありますので、早めの一歩を踏み出すことが大切ですよ!

別れさせカテゴリの最新記事