略奪婚で子供がいるときの方法や成功例を紹介!相手が子持ち、自分が子持ちの場合について!

略奪婚で子供がいるときの方法や成功例を紹介!相手が子持ち、自分が子持ちの場合について!

恋愛は男女当事者の問題です。しかし、結婚となればお互いの家族やバックボーンを考慮しないわけにはいかず、二人さえよければというだけでは済まなくなります。

略奪婚を目指すときに考えなければならないのは子どものこと。相手の男性またはあなた自身に子どもがいるのであれば、存在を無視して物事を進めるわけにはいきません。

子どもがいる状態で略奪婚をするときの考え方や、幸せになる方法について解説します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

子どもを持つ彼との略奪婚を成功させる方法

交際している既婚男性に子どもがいる。でも、どうしても彼と結婚をしたい、というとき女性はどんな行動をとればよいのでしょうか。

子どもを持つ彼に離婚してもらい、略奪婚そしてその後も幸せでいるための方法についてみていきます。

 

①まずは彼の一番になる

子どもがかわいくない親はいません。気持ちの大きさに程度の差はあれども、子どものことを大切に思っていることにかわりはありません。

子どものいる男性との略奪婚を考えるときに気になるのが子どもの扱いについて。彼がなかなか離婚に応じないなどであれば、「子どもがネックになっているのかな」と考えることがあります。

男性と女性では子どもや家庭に対する考え方が違います。男性は、基本的に子どもと自分は別の人格だと理解していますので、親としての責任を果たすことができていれば良しとします。男性は子どものために自分を犠牲にするという考えではなく、自分が幸せでいて子どもも幸せにする、という思考です。

すなわち、彼にとってあなたが唯一無二の存在であなたがいなければ自分の幸せはないと感じることになれば、子どもがいようといまいと離婚をしてあなたと一緒になるということ。

彼に子どもがいたとしても、そのことにこだわりすぎず、まずは彼にとって一番大切な人になることが略奪婚を成功させるカギです。

 

②離婚や進展を急かせない

男性にとって子どもがいることと、自分が幸せになることは別問題ではあります。しかし、離婚、再婚をしても子どもにはしっかり責任をとってやれるという自信がなければ、離婚には進めません。具体的には、離婚をしても子どもが不自由しない生活保障がしてやれるなどです。

男性は女性とちがって、一直線には進みません。停滞していたかと思うと急に走り出し、また停滞してしまう、という行動を繰り返してあなたとの関係を作っていきます。

この前まで離婚しそうな雰囲気だったのに、急にその話しをしなくなれば女性の方は不安です。「あの話しはどうなったの」と問い詰めたくなりますが、それは逆効果。

停滞している期間、彼は次のステップへの準備をしているのです。子どもへの生活保障をどうするのか真剣に考えているのかもしれません。そこは彼を信じてじっと待つことで、次にまた一歩前進します。

略奪婚を成功させるためには、離婚や進展を急かせず、彼を信じて待つということが大切です。

 

③広い視野で物事をみる

女性にとって、結婚そしてその後に続く出産は人生の一大事です。彼の離婚がなかなか進まないなどであれば、いらいらするのは当然です。「このままではどんどん年をとってしまう」「自分の子どもを持てなくなってしまう」と焦ることがあるでしょう。

もし、彼とどうして一緒にいたいのであれば、時間の概念や子ども云々は忘れるぐらいの覚悟がいります。単純に結婚して子どもが産みたいだけなら、彼よりも他に目を向ける方が建設的です。

子どものいる彼との略奪婚は、セオリー通りの形にはなりません。あなたが、結婚、自分の子どもと世間と同じ幸せにこだわりすぎていると、彼はあなたとの結婚は難しいと考えるでしょう。実際、子どものいる男性との略奪婚の成功のカギは、形にこだわらず受け入れられるかどうかです。

どんな形になろうとも、自分についてきて柔軟に対応してくれる女性だと彼が感じるようになれば、子どもがいようともあなたとの結婚を現実のものとして考えるようになります。

 

 

自分に子どもがいる場合に略奪婚をする方法

女性にとって子どもは分身のような存在です。かわいいというだけでなく、一心同体と感じている人もいるでしょう。

女性側に子どもがいて略奪婚を成功させる方法についてご紹介します。

 

①相手の負担にならないようにする

子どもを大切に考える女性は、子どもと自分をセットと考えているかもしれません。自分に子どもがいることをアピールしたり、結婚イコール子どもの父親になってもらうという考えをベースに持っていたりします。

子どものことを第一に考える母親としては当然のことですが、相手にとってそれは負担です。あなたと結婚すれば、その子どもについてまで責任を持たされるように感じます。

結婚はまず当事者間が愛し合い信頼関係が築かれていてこそ成り立ちます。あなたとどうしても結婚がしたい、その上であなたに子どもがいるのであれば当然、その子も家族にしようと考えるのが自然な流れ。

結婚後も、本当の親と同様の負担を彼に強いて自分の負担を軽くしようとするのではなく、あなたが夫と子どもと両方に全力で愛を注ぐ努力が必要です。

子どもを大切に考えるあまり、相手の負担になりすぎると略奪婚はうまくいきません。相手の負担を求めず、自分と子どもがが幸せになる努力をすることができるなら子持ち略奪婚は成功します。

 

②子どもも彼も大切にする

女性はマルチタスク脳を持ち、複数のことが同時にできると言われます。しかし、いざ恋愛となるとそちらに気がいってほかのことが考えられなくなったりするのが女性です。

恋愛に年齢は関係ありませんが、大人の女性であれば生活全体のバランスの中で上手に恋愛をすることで、良い関係を築くことができます。

恋愛に気持ちがいくあまり子どもをないがしろにしてはいけません。子どもが大切であるあまりに彼に気が回らなくてもいけません。

子どもも彼も大切にすることができるのであれば、略奪婚は叶い成功します。また、彼の前では女性でいる、子どもの前では母でいるという演じ分けをすることで、子どもも彼も幸せにすることができます。

 

③自分の人生観をしっかりもつ

子どものいる女性が略奪婚をするのは、難しいことではありませんが、そこから幸せになり継続をするのはかなり努力が必要です。

子どものこと、自分のこと、彼と二人のこと、彼の家庭のこと全てについて一本芯の通った考え方を持っていなければぐたぐたになってしまいます。

彼から愛されて幸せになりたい。子どもの面倒を一緒に見て欲しい。彼の家庭にはできるだけ関わりたくない、などお姫様のような思考回路では略奪婚は成功しません。

彼を愛しぬく、子どもは自分の手で幸せにする、彼の家庭についても考慮する、と自分から積極的に幸せを作っていくことが大切です。

子連れ略奪婚で幸せになるために、まずは自分の人生観をしっかり持ち、ビジョンを定めておくとよいでしょう。

 

 

どちらかに子どもがいても幸せになれる略奪婚の形とは

彼または自分、どちらかに子どもがいて略奪婚をしたのであれば、その後にどんな形を作っていくのがベストなのでしょうか。

子どもがいても幸せになれる略奪婚の形について考えます。

 

①子どもを大切にする

彼またはあなたに子どもがいて略奪婚をしたのであれば、夫婦のことと子どものことは切り離して考えましょう。

子どもを見捨てるのではなくその逆です。例えば、彼の子どもが前妻の元にいてそこに彼が気持ちを注ぐことについて、彼の未練を疑うなど、夫婦の問題につなげてはいけないということ。

同様に、あなたの子どもに彼が関心がないようだとしてそれをあなた自身への愛情の薄れととらえてはいけません。

夫婦関係はあなたと彼の二人でしっかり絆を築きましょう。相手を思いやり愛すること。通常の夫婦と同様です。

お互いに過去がある以上、それは消すことができません。良い夫婦でいるためには、過去や子どもの存在を認めることです。

子どもと夫婦、どちらが一番と順位をつけず、子どもも今の夫婦関係も同じくらいに大切と思うことで良好な関係を築くことができます。

 

②形にこだわりすぎない

どちらかに子どもがいる略奪婚は、障害がたくさんあります。すぐに法律的な結婚に進めないことや、彼の前妻から面倒な要求を出されることもあるでしょう。

背負うもののある彼、またはあなたが更に幸せになろうとするのですから、簡単にいかなくて当然と思っておくことです。また、形通りの結婚生活がやってくるかもしれないし、こないかもしれないという程度に思っておくことも大切です。

結婚がしたい、家族になりたいなど形にこだわりすぎると本当に大切なことを見失い、結局二人の関係が壊れてしまうことがあります。

まずは彼と一緒にいられることになったことを喜び、それを大切にすることで結果的に略奪婚は成功します。

 

子持ちの略奪婚!成功体験談

子どものいる彼、または女性側に子どもがいての略奪婚。実際に成功した人はどんな経験をしているのでしょうか。

子持ち略奪婚の実態と成功体験談をうかがいました。

 

①彼の子どもとの距離感を大切に

子どものいる彼と略奪婚をしました。彼には中学生になる男の子がいます。彼の希望で子どもは前妻と彼の二人で育てるという形になりました。具体的には、同じ区内に住んで基本的にウイークデーは前妻宅、週末は我が家にやってきます。そんなことから、私は子どもの母親になろうとするのはやめて、あくまでお父さんの奥さんという立場をとっています。

子どもなりに気を使っている様子もあるし、食事のリクエストなど懐いてくれている部分もあります。

子育て経験のない私には丁度良い距離感かと思っています。夫には、前妻と二人きりでは会わないこと、会う場合は必ず報告して欲しいと伝えています。

いずれ子どもが大きくなれば、こちらに来る回数は自然に減ると思いますので、今を大切に生活していこうと思います。

 

②子どもの負担にならにように配慮

彼は私と結婚したことでいきなり小学生の娘を持つことになりました。本人いわく子ども好きとは言ってましたが、実際問題、毎日一緒に生活をするとなれば、どうなるかわからないなと思っていました。

子どものいる私との略奪婚を決めてくれたこと、彼には感謝しています。ですので、彼には彼のペースで生活してもらい、徐々に家族になっていけたらよいなと考えています。

子どもには、本当のパパにも自由に会ってよいと伝え、もしママと新しいおじさんが一緒にいることで悲しくなるようなことがあったなら、必ずママが守るから安心してと常に伝えています。

女の子は敏感ですし、これから難しい年頃になりますので不安はありますが、夫への感謝を忘れず子どもをしっかり守っていきます。

 

子どもの存在で略奪婚が難航したら

略奪婚は、恋愛をしている当事者以外にその家族を巻き込みます。相手の配偶者の性格や、経済状況によっては、離婚したいと強く願っても簡単に進まないことがあるでしょう。

相手の配偶者が子どもがいることを理由に離婚を拒むことや、あなたに子どもがいることに難癖をつけてくる可能性もあります。

子どもを持った以上は責任があります。その子を第一に考えなければなりませんが、自分の欲求を通すための道具に子どもを使うことは、子どものためにもよいこととはいえません。

子どもをたてに相手が何が言いそうなのであれば、別れさせ屋を使って離婚させるのもひとつの方法です。

壊れた夫婦関係は子どもがいようといまいと修復は不可能です。だらだらと無駄な時間を過ごさないために、プロの利用を検討しましょう。

 

 

子どもがいても幸せになれる!略奪婚を成功させよう

相手またはあなた自身に子どもがいての略奪婚について、成就の方法や幸せを継続するための考え方についてご紹介しました。

略奪婚を考えるときに子どもの存在は、ひとつの問題ではありますが、超えられない壁ではありません。夫婦が真剣に愛し合い、子どもを大切にできるのであれば、幸せをつかむことができます。

再婚など、過去がある二人が結ばれるためには大らかな気持ちと、相手への深い愛情が不可欠。無用の嫉妬や、期待をかけすぎず、自ら努力することで略奪婚は成功します。

略奪婚カテゴリの最新記事