略奪婚で失敗事例から学ぶ!寝取った後に後悔しないための心得とは?

略奪婚で失敗事例から学ぶ!寝取った後に後悔しないための心得とは?


略奪婚での失敗にはどんなパターンがあるのでしょうか。全身全霊をかけての略奪で幸せを捕まえたはずがその後、失敗に終わったということも残念ながら少なくありません。

略奪婚では、経済面や社会的立場における変化など結婚前に想定していなかった困難から失敗に終わるカップルも実は多いのです。

不倫を経て手に入れた結婚には、金銭面や心理面でどのようなマイナスがあるのかを実例を交えて解説。

失敗につながりやすいパターンや、せっかく手に入れた幸せを持続させる方法についてもご紹介します。

また、略奪婚で幸せになるためには、 略奪婚のその後は幸せ?不幸?後悔してる?略奪婚でも幸せになる方法 も確認しておきましょう。

略奪婚の失敗例はこちら

結婚の数倍パワーが必要と言われる離婚。その困難を乗り越えてまで一緒になったのだから、後悔はないはず..とは一筋縄にいかないのが人生の摩訶不思議なところです。

略奪婚したのに失敗となれば、逆転ホームランから一転、事態から受けるショックだけでなく因果応報と陰で囁かれWダメージを受けます。

失敗を防ぐには例を知るのが近道です。

不倫から略奪を経て結婚したのに失敗したという例をみていきます。

元さやパターン

離婚という面倒な手続きを経たはずの二人がいつの間にか復縁していた、ということがあります。非常に勝手な話しですが、離れてみて元の配偶者の良さがわかった、再婚生活が思ったほど楽しくなかったという理由で、手近なところに帰っていったというパターン。

元配偶者がしたたかで、上手にコントロールをかけて引き戻すということもあります。

元さやになってしまうには、略奪で結婚した相手の男性の性格が大きく関わります。優柔不断な性格、困難な物事から逃げる性格、下半身が緩いタイプは要注意です。

こんなはずじゃなかった お金

再婚後の経済的理由で亀裂が生まれ破綻につながったという例があります。

前の家庭に子どもがいる場合など。養育費は離婚時点での状況を元に決定されることが通常ですが、今の時代、それからあとにリストラや賃金カットなどを被る可能性は低いとはいえません。

加えて定期的な養育費以外に突発的に援助を求められることがあります。愛する男性の子どものためと割り切っていても、自分たちの生活を圧迫するようになると考え方に変化が生じても仕方がないことです。

こんなはずじゃなかった 周りの目

不倫恋愛をしている間、二人の恋愛は秘密裏に進んでいたかもしれません。略奪を経て再婚となった場合、過去の経過を含め公にさらされます。

多くの常識的な大人は、そのことであからさまに非難したり意見を述べることはありません。しかし、身近な親族となればそうはいきません。配偶者となった男性の親族はもちろん、自分の親類縁者からも色眼鏡で見られることがあります。

自分たちの生き方に反する意見を持つ人とは付き合わなければよい、という訳にいかないのが実生活です。周囲の目が精神的な負担となり、せっかく夫婦となった二人の絆を引き裂いてしまうことがあります。

略奪婚のその後は幸せ?不幸?後悔してる?略奪婚でも幸せになる方法

失敗しないためのチェックポイント

不倫恋愛がスタートの結婚は、シンプルな恋愛結婚とはまた別の覚悟や注意が必要です。

略奪婚で失敗しないための事前にチェックし、覚悟しておくべきポイントについて解説します。

人間関係の変化

生きていく上で、職場や親族、友人関係といったコミュニティは大切にしなければならないもの。

特に、女性の多くは群れで生きる性。 誰かの夫だった男性を離婚に導き結婚したことを良いこととは思うことはありません。表向きは以前と変わらずとも、女子会に呼ばれなくなるなど関係に変化が生じることを覚悟しましょう。

不倫からの結婚は、自分の親からも反対を受ける可能性は十分あります。結婚後、生活の不満を訴えたり助けを仰ぐことが難しくなると思っておいた方がよさそうです。

社会的立場の変化

家庭がありながら別のパートナーと交際し、離婚、再婚に至ったというのは男同士のプライベートでは一種の武勇伝でもありますが、社会においてはマイナス評価の対象です。

職場によっては降格人事となることも。収入源や地方転勤などもダメージですが、仕事に重点を置いて生きてきた男性にとっては、精神的に大きな打撃です。

仕事という支えが危うくなると、余裕がなくなり性格や態度にまで影響がでることがあります。お酒に溺れる、暴力をふるうなど。環境変化に特に弱いタイプの男性は要注意です。

経済的な問題点

離婚にはお金がかかります。慰謝料や養育費だけでなく、自宅を手放したり、財産分与を行うなどこれまで築いた財産の多くを失います。現状の収入を維持できたとしても、経済的には圧迫を受ける可能性は大。

今後、自分たち夫婦に子どもが生まれ費用が必要になったり、リストラなど不慮の出来事で収入が激減する可能性もあります。

経済的に苦しくなっても手を携えて自分も当事者として努力し続けるという覚悟がいります。

結婚からが本当のスタート!幸せ持続のポイント

不倫恋愛を経て結婚したカップルは、結婚に至る道程が険しかっただけにそこをゴールと錯覚してしまいがちです。結婚生活はゴールではなくスタート地点にすぎないということは、どんな夫婦でも同じこと。

略奪婚をしたカップルが幸せを持続するためのポイントについてご紹介します。

特別ではない、普通の結婚生活と考えよう

人との出会いはご縁であり、結婚に至る相手とは深い縁があったと考えられます。略奪婚の場合、世間の夫婦以上に「特別」の縁で結ばれたと考えてしまうことが。運命や特別という感覚に惑わされ過ぎると、実際の生活で起こる様々な落差を乗り越えられなくなる可能性があります。

どんな夫婦でも結婚生活を幸せに維持するためにはお互いに歩み寄る努力が不可欠です。運命や特別な縁があるから、私たち夫婦はありのままで大丈夫と考えているといつの間にか埋めようのない溝を作ってしまうことになりかねません。

結婚までの経緯は横において、しっかり寄り添う努力をするのが夫婦円満の秘訣です。

自分たちらしい幸せを探す

夫婦の形は100組いれば100通りあります。結婚したら子どもを持って、家を持って、というステレオタイプの考えに縛られないようにしましょう。

前の家庭を壊してまで作った家庭なのだから、誰からみても幸せな家庭にしなければ、という考えは幸せの妨げです。

誰から評価を受けるわけではなく、夫婦が揃って幸せを感じられることを目標とすることで、幸せカップルに育っていきます。

過干渉はNG 夫婦としての絆を強く

自分との不倫経験のある夫を信じぬくことができない、また不倫の恋に走るのではないかというパラドックスに悩まされることがあります。思いに取りつかれてしまうと、夫の行動を監視したり、不倫を疑うような言葉を投げかけたりしてしまうことも。

そのような過干渉が夫を追い詰め遂に本当に不倫に走られてしまうということが実際にあるのです。

人間には思考癖があり、恋愛についても同様で不倫は繰り返すと世間では言われています。しかし、略奪婚を経て結婚した男性は離婚の大変さも十分に経験しているので、できれば二度と同じ轍を踏みたくないと思っています。

夫を信じ、風通しのよい関係でいることで幸せな夫婦関係は持続します。

運命の恋もメンテナンス次第!

不倫恋愛を経て結婚した場合の失敗例や、失敗しないための準備、結婚後の心得について解説しました。

結婚すること、手に入れることだけを目標に突っ走ってしまうと、こんなはずではなかったということになりかねません。後悔しないためには、不倫相手への気持ちの大きさは一旦横に置いて、結婚で本当に幸せになる覚悟があるかどうかを自分の中で今一度熟考しておくのがオススメです。

結婚生活が幸せに持続できるかどうかは結婚までの道のりは関係ありません。結婚後の生活で夫婦として幸せでいるための努力ができるかどうかが大切です。

 ⇒略奪婚の成功方法を伝授!彼と幸せになれる略奪愛テクニックとは?

人生をよりよく幸せにいきるためにしっかりと見極めて行動に移してください。

本気で別れさせたいなら

CTA-IMAGE 浮気・不倫相手、もしくは既婚者の方を別れさせたい…と考えている方へ
好きな人を別れさせ、本気の恋を叶えたいなら別れさせ屋を利用してみましょう。
この記事ではおすすめの別れさせ屋をランキング形式で掲載しています。

略奪婚カテゴリの最新記事