離婚したい妻の心理とは?危険信号の見分け方と離婚回避方法

離婚したい妻の心理とは?危険信号の見分け方と離婚回避方法

最近なんだか妻の様子がおかしい。それはもしかしたら離婚の危険信号かもしれません。

人間には本能的に危険をかぎわける能力がありますので、妻から発せられる「離婚オーラ」を敏感に感じている可能性があります。

離婚したい、そのとき妻は何を考えているのでしょうか。

離婚したい妻の心理とは?妻からの離婚サインの見分け方など、離婚回避方法を交えて解説します。

離婚したい妻の心理状態

離婚が珍しくない昨今ですが、とはいえ人生の一大事には違いありません。

毎日続く結婚生活の中でそれなりにイヤなことがあっても、なんとなく過ぎていくものであり、「離婚」の二文字がくっきり胸に浮かぶには何か余程の事情があるはずです。

まずは、離婚を望む妻の心理状態についてみていきます。

我慢の限界

好きで結婚したのですが、生まれ育った土壌の全く違う人間同士が共に生活するのですから、何もかもピッタリ一致とはいきません。

お互いに譲り譲られ生活を作っていくのが結婚生活です。

しかしそんな譲り合いが五分五分ではなく、自分ばかりが我慢していると思うようになると離婚したいという気持ちが溢れてきます。

何度も伝えているのに夫が改めようとしない。夫が妻の頑張りを認めない。嫌味を言われる。自分は我慢しているのに夫は好き放題にしている、など。

自分ばかりが我慢しているのに状況が好転しない。妻が我慢することを夫が当たり前だと思っていることなどに対して我慢の限界にあるとき、妻は本気で離婚を考えます。

離婚したい妻の心中は「我慢の限界!」という状態にあります。

望む状態に修復することは不可能

離婚したい、そう思っている妻の心は「諦め」でいっぱいです。

支え合い、寄り添い、そして楽しく暮らすのが理想の夫婦だとすれば、理想から大きく外れてしまった自分たちの軌道修正は不可能と諦めています。

元に戻すための努力をする気さえ失っています。

結婚する前や結婚当初は、夫婦のあり方などに理想や夢があります。夫婦としての時間が長くなると次第に「理想」通りにはいかなくなりますが、また違う形の良い状態を思い描いて歩んでいくもの。

離婚に向かっている妻は、夫婦としての良い未来を描くことができず、関係を良くしようと努力するつもりさえない状態です。

人生をやり直したい

結婚することで男女は二人で人生のタッグを組むことになります。即ち、夫婦になってからの人生は浮くも沈むも相手と一緒の運命共同体です。

離婚したい妻はそのタッグを解消して一人の人生を思い描いています。

自分ひとりならこんな暮らしをする。こんな風に時間を使う、そして新しい目標を持つなど。

結婚するときには、一緒になることで夢や希望が2倍にも3倍にも膨らんだかに感じられましたが、離婚を考えている今は、ひとりになることで叶う夢を思い描いて、新しい人生を切り開きたいと考えています。

 

妻の行動に現れる離婚のサイン

「離婚したい」そう考え出した妻の行動はいくつかのパターンがあります。

妻の離婚サインを見逃さずできるだけはやく対処すれば、離婚を回避することができるでしょう。

離婚したいときの妻から発せられるサインについてみていきます。

スキンシップから逃れる

女性は性欲と感情が一致していることが多いため、「嫌い」と感じる相手には触れたくないもの。

離婚したいほどの気持ちを持っているなら、夫と接触したくないと思っています。そのため、ベッドへの誘いを断られるのはもちろん、何かの拍子に体や手が触れてもさっと離されてしまいます。

ソファなどで妻が座っている横にさりげなく腰掛けようとしたら、よけられた。何かを渡そうとすると「そこに置いておいて」と接触を避けるような言動を投げかけるのは危険信号。

離婚したい妻はスキンシップを頑なに避けようとします。

外出が増えて気遣いが薄れる

「離婚」が気持ちの中で具体化している妻は自分ペースで動きます。外出についても夫のスケジュールや状況おかまいなしに実行するでしょう。自然と外出の回数や外出時間が増えていきます。

外出の頻度には個人差がありますが、既婚者である以上、仕事以外のプライベートなお出かけ時には配偶者に何かしら配慮するもの。

帰宅時間をあらかじめ伝えたり、自分が担当している家事について申し送りをするなどがあるでしょう。

離婚をしようと決めた妻は、夫への気遣いを放棄します。その程度はそれぞれですが、うまくいっていたときに比べて明らかに適当感がでてきます。

態度や言動が「いつもと違う」ことが増えたとき、妻は離婚を考えているかもしれません。

攻撃的になる

多くの既婚女性は夫である男性に対して真っ向から攻撃してもうまくいかないことを知っています。

夫のプライドをへし折るように言葉を投げれば、夫はますます反抗的になり妻が望んでいる方向には動きません。

よって、多くの場面では夫に対して攻撃するのをやめて、諦めるか北風と太陽理論でいくかどちらかをとることが多いもの。

離婚を決めた妻は夫を上手にコントロールするための面倒な技術は使いません。ぶつかるときには攻撃し、改善するための努力も手放します。

夫の行動や言動に対してずばずば攻撃し始めたら要注意です。

 

離婚したい妻の気持ちを動かす方法

妻からの離婚サインに気付いたとき、離婚したくないならばどうすればよいのでしょうか。

妻の気持ちを動かして離婚を回避するには、的確で早めの行動がマスト。

離婚したい妻の気持ちを動かすためにできる方法をご紹介します。

妻の気持ちに向き合う

まず最初にするべきは妻の気持ちに向き合うことです。

何となくうまくいかないまま、いずれ流れが変わるだろうと放っておくと取り返しのつかないことになります。

妻が向き合うことを避けているようであれば、それに同調したりせずにできるだけコミュニケーションをとり、「ありがとう」「大丈夫?」など妻を気遣う言葉がけを行ってください。

こちらから歩み寄っても妻が引き続き無視を決め込むなどであれば腹がたちますが、そこは抑えてしばらく続けてみること。

あなたから向き合おうと努力することで妻の中で整理がつけば気持ちは徐々にほぐれてきます。

離婚したい原因を考え解決する

妻が離婚したいと考えている理由に思い当たることはあるでしょうか。

すぐに思いつくようであれば、それの解決に専念するのがマスト。あなたの価値観を変えるような問題であったとしても、離婚したくないのであれば変化する努力が求められます。

原因が思い当たらない場合や、これと思った原因が違っていたなどであれば、自分で考えるには限界がありますので第三者の意見を聞くのがおすすめです。

男と女は思考回路が異なるため、女性である妻が不満に思っていることを男性であるあなたが気づくのは難しいことがあります。プロの目線でカウンセリングを受けることで、妻が離婚したい本当の原因がわかり解決に向けて動くことができます。

 

離婚したくないことを伝える

一緒にいても思っているだけでは気持ちは伝わり切りません。特に離婚を考えている妻は既に半分はシャッターを閉めている状態ですので、今はあなたの気持ちを知ろうとさえしていない可能性があります。よって、離婚したくないのであれば、その気持ちをストレートに妻に伝えましょう。

「離婚したくない」または「離婚」という言葉がまだ出ていないのであれば、「うまくやっていきたい」「仲良くしたい」など。

妻は離婚について自分の中で考えて膨らませていっています。あなたの思考についても現時点ではネガティブに想像していると考えられますので、それをはっきり言葉で覆してください。

あなたが夫婦でいることに前向きでいることを知れば、妻も根本の考えを修正して離婚という頭から離れてくれることがあります。

 

妻が離婚の決意を翻す理由とは

離婚に向かって密かに進みだしていた妻が、何かの理由で離婚を思いとどまることがあります。妻が離婚を踏みとどまりうる事象を知っていれば、離婚回避にそれをうまく使うこともできるでしょう。

妻たちが離婚の決意を翻す場面や理由についてご紹介します。

経済的な不安

妻が離婚を踏みとどまる理由のひとつは経済的な不安です。

思うように職を得られない場合や、子どもを育てることに不安を感じるなどであれば離婚したいと思っていても具体化できず、そうこうしているうちに離婚を諦めることがあります。

経済的な事情と合わせて離婚後は精神的な支えや、協力してくれる人がいれば安心です。頼る相手のいない女性は離婚をしたくても不安が先行します。妻本人の事情で親族に頼りにくいケースや、周囲の助けを借りられる見込みがないなども、先々の算段がつけにくいため思いきれず離婚の決意を翻すことがあります。

夫婦としての未来がみえた

何かのきっかけで夫婦としての未来がみえて離婚の決意を撤回することがあります。

実例として、親族問題を夫婦で乗り越えなければならなくなり、そうするうちに絆が戻ったというものや、夫の態度に変化があり、これならやり直せると思い持ち直した、などがあります。

誰しも離婚はしたくないと考えていますが、「離婚するしか自分の人生がよくなる手段がない」と感じれば離婚します。

反対に今は悪い状態が続いていても、夫婦として生きていく道筋が見えればそちらに向けて努力したいという気持ちが生まれ、離婚を踏みとどまることができます。

夫婦としてやっていけるかもと思えることがあれば妻は離婚したい気持ちを封印します。

子どもの気持ち

離婚しようという気持ちが薄れる理由に子どもの存在があります。

子どもと父親の関係が良好で引き離すのがしのばれる場合や、子どもの将来を考えてどちらかだけで育てるよりも両親揃っているのが望ましいと考えた場合など。

ここで大切なのは、夫も同様に子どもを第一に考えているケースに限ります。

両親揃うに越したことがないとはいっても、夫が子どもを大切にしていると感じられないなどであれば、それを理由に離婚をやめることはありません。

夫婦でいることが間違いなく子どものためになると感じれば、妻は結婚生活を継続する方法を模索します。

 

復縁屋の利用で修復を目指す

妻の様子がおかしく、どうも離婚を考えているようだ。そう思ってもどう対処してよいのかわからないという夫がほとんどです。修復のマニュアルをあれこれ読んで何となくやるべきことがわかっても、実際に行動に移すことができない夫もたくさんいます。

実際のところ妻の本音がわからないということもあるでしょう。

そんなときに利用したいのが復縁屋です。復縁屋とはその名のとおり、人間関係の修復を手助けしてくれるサービス。

現実離れした業者をイメージする方もありますが、夫婦関係をよくするためのコンサルタントのような仕事をしています。

まず、依頼者の相談を受けて夫婦関係の現状をプロの目線で読み解き、妻と良い関係に戻るためのプランを立てます。

プラン内容は個々に異なりますが、例えばカウンセリングで依頼者の行動変化や価値観変化を促したり、女性特有の考え方などを元に妻への対処方法などをアドバイスしてもらえます。

復縁屋を利用するメリットのひとつは、夫婦関係修復のための支援者を得ることが出来る点です。夫婦のことは周りに相談しづらく、自分の中で悶々と悩んでいることが一般的です。復縁屋はプロの第三者ですので安心して相談することができ、依頼者の希望を叶えるためのサポートが受けられますので、精神的な支えができ気持ちに余裕が生まれます。余裕をもって穏やかに行動することで依頼者の希望が叶う確率は高くなるでしょう。

離婚目前まで来てしまった夫婦関係の修復ははっきり言って容易ではありません。本当に離婚したくないと強く思うのであれば、出来る限り手を広げてチャンスを探ってみるとよいでしょう。

 

離婚したい妻の心中を知り対策をたてて離婚の阻止を

離婚したいと思い出したときの妻の行動や特徴、そのときの心境などについて解説しました。

結婚生活を長続きさせるためには努力が必要です。ときに二人の心が離れそうになったり、妻の気持ちが離婚に傾いてしまうこともあるでしょう。離婚の危険信号に気づいたらできるだけ早急かつ適切に対処すること。そうすれば、軌道修正し二人の絆を深めることも可能です。

男女の縁は切れてしまえばそれまでです。せっかく夫婦となった大切なご縁を守り育てられるよう、常日頃からメンテナンスを怠らず、もしものときにはあらゆる手段を想定しておくことをおすすめします。

 

離婚したいカテゴリの最新記事