別れさせ屋の成功率は何%くらい?成功例と失敗しないポイント

別れさせ屋の成功率は何%くらい?成功例と失敗しないポイント

別れさせ屋の成功率は何%くらい?成功例と失敗しないポイント

「別れさせ屋の成功率ってどのくらいあるの?」

「別れさせ屋って本当に別れさせられるの?」

とお悩みの人も多いと思います。

別れさせ屋の成功率は、50%~70%と言われています。

依頼内容により状況が全く異なるため、100%成功するとは言えないのが別れさせ屋の世界です。

しかし、別れさせ屋に依頼するのであれば絶対に成功させたいですよね。

そこでこの記事では、別れさせ屋の成功率について詳しく紹介していきます。

どのような依頼であれば成功するのか、逆にどのような場合に失敗してしまうのか事例をまじえて紹介します。

また、失敗しない別れさせ屋選びのポイントもあわせて紹介しています。

別れさせ屋への依頼を検討している人は、成功率を高めるためにもこの記事を参考にしてみてください。

当サイトおすすめの別れさせ屋

別れさせ屋 M&M
  • 業界最大手の別れさせ屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

別れさせ屋の成功率は50~70%

別れさせ屋のホームページを調べたところ、別れさせ屋の成功率は50%~70%が目安となるようです。

しかし、こうした成功率はあくまで目安にしがすぎません。

なぜなら、依頼内容によって難易度が大きく変わるからです。

そこで、依頼の成功率が高くなるケース・低くなるケースの特徴を以下で紹介します。

成功率が高い依頼の特徴

別れさせ屋の成功率が高い依頼の特徴として、「社会との接点が多いターゲット」であることが挙げられます。

具体的には以下のようなケースです。

  • ターゲットが働いている場合
  • ターゲットが趣味や習い事などで外出が多い場合
  • ターゲットに行きつけの店がある場合
  • 好奇心が旺盛でコミュニケーション力がある場合
  • 夫婦間や恋人間の関係がマンネリ化している場合

別れさせ屋の工作は、工作員がターゲットと接触し、恋愛感情を持たせることで離婚や別れの口実を作ったり、友人関係を築いて別れを後押しをします。

そのため、工作員が自然に接触をできる機会が多いターゲットほど成功率は高くなります。

また、現在の夫婦関係や恋人関係がマンネリ化しているような場合はターゲットの心を動かしやすいため成功率は高い傾向にあります。

成功率が低くなる依頼の特徴

一方、依頼の成功率が低くなる依頼は、先ほどとは逆に「ターゲットが社会との接点が少ない」場合です。

例えば、ターゲットが専業主婦で家から出ることがほとんどないような場合には、工作員が近づく機会が少なく、工作が難航します。

このような場合でも依頼人がターゲットの夫であれば、夫の部下や友人を装って工作員が近づくことが可能です。

しかし、依頼人がターゲットの夫の不倫相手の場合は簡単に接点を作ることができないため、工作にかかる期間や実働回数が増えます。

その結果、費用が高額になりやすく、依頼人が支払いできなくなったタイミングで工作が止まってしまうため、結果失敗に終わってしまうことがあります。

このように、別れさせ屋の成功率は依頼内容の難易度によって変わります。

では、実際に別れさせ屋が成功した依頼の事例はどのようなものだったかを以下で紹介していきます。

別れさせ工作の成功事例・実話

別れさせ屋が公表している別れさせ工作の成功事例を以下にまとめました。

妻と離婚させたい依頼者の事例

「元彼氏と奥さんを別れさせて欲しい」という依頼の成功事例です。

依頼者のAさんは、元カレとの復縁を望んでの依頼です。

Aさんと元カレは過去に5年間付き合っており、なかなか結婚に発展しなかったことをきっかけに別れてしまいました。

別れた後、お互いに別の人との結婚をしますが、Aさんはすぐに離婚をすることになります。

その後、実家に帰ったAさんは偶然元カレのBさんに出会い、お互いの近況を話したところ、Bさんも奥さんと上手くいっていないとのこと。

この出会いをきっかけに、二人は再び関係をもつことになったそうです。

しかし、Bさんの奥さんに関係がばれてしまい、弁護士から通達が届き、二人は別れることに。

しかし、AさんはBさんと結婚したかったため、別れさせ屋に依頼することにしたそうです。

Bさんの奥さんに女性工作員を派遣し友人関係を築き、今の旦那から慰謝料をとって別れたほうが良いと諭すことに。

奥さんもそれに同意し、慰謝料を条件に離婚が成立。

この事例では慰謝料の支払いの発生はしたものの、最終的には対象者から離婚が切り出さえれてスムーズに解決した例です。

夫やAさん側から離婚を申し入れた場合にはスムーズにいかない場合もあるため、別れさせ屋を使ったことでスムーズに解決できたと考えられます。

妻と離婚したい依頼者の事例

夫と離婚したいAさんの成功事例です。

依頼者のAさんは、結婚して10年以上経過し、妻への気持ちがなくなってしまいました。

離婚したいと伝えたものの受け入れてもらず、別れさせ屋に依頼をされました。

ターゲットであるAさんの奥さんは、基本的に外出せず趣味もないため工作員が接触する機会が少ないケースでした。

そこで、若い男性工作員を依頼者の部下として自宅に連れて帰り面識を作りました。

その後、依頼者が酔いつぶれたことを口実に2回目の接触をはかり、今後同様のことがあった際にということで連絡先を交換。

これをきっかけに親密になり、デートの様子を撮影。

これを口実に離婚を申し入れ、奥さんに慰謝料請求をしないことを条件に離婚を成立させました。

このケースでは、依頼者の協力のもと対象者である奥さんに近づきやすかったことが成功の要因となりました。

相手に落ち度を作ることによってスムーズな離婚を実現し、解決金も発生せずに離婚をすることができた例です。

不倫相手と別れさせたい依頼者の事例

夫を不倫相手と別れさせたいというAさんの成功事例です。

夫であるBさんは不倫をしており、内密に別れさせたいということで別れさせ屋に依頼。

女性工作員が夫の不倫相手のCさんと接触し、友人関係を築きました。

CさんとBさんは、出会い系アプリで知り合い肉体関係をもってしまったとのこと。

これをきっかけに、不倫相手であるCさんBさんと一緒になりたいと考えるようになりました。

一方、Bさんは離婚する気がないということが調査で確認が取れていました。

そこで、女性工作員はCさんに「奥さんかCさんかはっきりしてもらったほうが良い」とアドバイスをしたところ、BさんはCさんとの別れを決意しました。

このケースでは、依頼者のAさんの夫に気づかれず成功できた例です。

弁護士を通じて不倫相手に慰謝料を迫るという手段もありますが、どうしても依頼者の夫には気づかれてしまいます。

このような内密に別れを実現したい場合には別れさせ屋が有効的と言えるでしょう。

恋人と別れたい依頼者の事例

同棲中の彼氏と別れたいというAさんの成功事例です。

Aさんの彼氏であるBさんは、同性後にAさんに暴力を振るようになりました。

Aさんからの別れ話も受け入れてもらえず、家から出て行ってもらうこともできないという状況が続いていました。

そこで、Bさんが普段通っているパチンコ店で女性工作員を接触させました。

何度かパチンコ店で接触したのち、連絡先を交換し、親密な関係を築くことに成功。

Bさんは工作員に恋愛感情を持ったことで、Aさんとあっさりと別れることに。

このケースでは、依頼者との接触機会を作りやすかったことでスムーズに成功した事例です。

AさんはBさんと別れるうえで同棲状態が大きな問題になっていました。

別れさせ屋によって同棲状態を完全に解消することができたため、別れた後もBさんと完全に距離を置くことができるようになりました。

その他、別れさせ屋の工作事例がしりたい人は、「別れさせ屋の工作事例・実話エピソード」を参考にしてみてください。

ここまで、別れさせ屋の成功事例を紹介してきました。

しかし、別れさせ屋の成功率は50~70%のため、成功ばかりではありません。

以降では、別れさせ屋が失敗してしまう原因について紹介していきます。

別れさせ屋が失敗・バレてしまう理由

別れさせ屋が失敗してしまう、あるいは依頼が対象者にばれてしまう大きな原因は以下の通りです。

  • 依頼者の不注意による失敗
  • 新事実発覚により依頼が中断される
  • 金銭的な事情で依頼が中断される
  • 別れさせ屋のスキル・経験不足

依頼者の不注意による失敗

別れさせ屋の失敗で意外と多いのが、依頼者による不注意で失敗してしまうというものです。

対象者にスマホを見られて依頼がバレてしまうという場合や、自分から口を滑らせてしまってバレてしまうことがあります。

自分から口を滑らすなんてと考える人も多いと思いますが、対象者に「今日なんか知らない人に声かけられなかった?」などついつい聞いてしまう人もいるようです。

こうしたことをきっかけに依頼者から疑問を持たれてしまい、失敗してしまうということがあります。

別れさせ屋に依頼をする場合は、自分から対象者にばれないように注意を徹底したほうがよさそうです。

新事実発覚により依頼が中断される

別れさせ屋の失敗原因として、工作中に新事実が発覚し、依頼が途中で中断されてしまうことがあります。

例えば、彼女を浮気相手と別れさせて欲しいという依頼を進めた際に、対象者が複数の相手と関係をもっていたことがわかる場合があります。

このように、自分が本命ではなく浮気相手の一人であることが発覚した場合には、相手への気持ちが冷めてしまい依頼を中断する依頼者も少なく内容です。

こうした場合でも「浮気相手と別れさせる」という当初の目的は失敗に終わったということになります。

依頼者は納得して依頼を終了させたものの、依頼は失敗になるというケースです。

金銭的な事情で依頼が中断される

別れさせ屋の失敗原因として、依頼者が依頼料を払えなくなり、依頼が中断してしまうというものがあります。

別れさせ屋の料金システムの多くは、期間契約または実働回数型という仕組みです。

この料金システムでは、事前に決められた期間や回数を超えた場合には追加の料金が発生します。

そのため、依頼があと一歩のところまでいっていても、追加料金が支払えない場合には失敗になってしまうことがあります。

通常契約前の打ち合わせで想定回数が計算されますが、人間が相手の仕事のため、正確な回数や期間は予測ができません。

そのため、失敗確率を減らすためにはある程度余裕を持った予算を見積もっておくのが良いでしょう。

別れさせ屋のスキル・経験不足

別れさせ屋が失敗する原因として、依頼した別れさせ屋の実力不足があげられます。

具体的には、対象者との自然な接触をはかるための企画力がない場合や、事前調査の精度が低いなどです。

別れさせ屋の実力が不足している場合、別れさせにかかる期間や回数も増えてしまうため、費用も増えてしまい支払えず依頼が中断してしまうということもあります。

このように、別れさせ屋の失敗原因は依頼者によるところも多いのが実情ですが、別れさせ屋の実力によるところもあります。

そこで、以下では失敗しない別れさせ屋の選び方について紹介をしていきます。

失敗しない別れさせ屋の選び方のポイント

失敗しない別れさせ屋選びのポイントは以下の通りです。

  • 探偵業届出証明書の交付を受けている業者であること
  • 実績が豊富であること
  • 契約に関してきちんとした説明があること
  • 工作の報告体制がしっかりしていること

それぞれ詳しく説明していきます。

探偵業届出証明書の交付を受けている業者であること

失敗しない別れさせ屋選びで最も重要なのが、「探偵業届出証明書」を交付されている会社であるかどうかです。

探偵業届出証明書とは、探偵業をする場合に必要となる証明書で、これが交付されていない業者は違法業者である可能性があります。

別れさせ屋はターゲットを事前調査する際に、尾行や張り込みをする必要があります。

この尾行や張り込みを一般の人がやってしまうと、ストーカー行為となり違法です。

しかし、「探偵業届出証明書」が交付されている探偵には尾行等の行為が法律上認められています。

つまり、「探偵業届出証明書」の交付をされていない別れさせ屋は違法業者である可能性が高いのです。

違法な業者に依頼をしてしまわないためにも必ず「探偵業届出証明書」の有無をチェックしましょう。

実績が豊富であること

別れさせ屋選びのポイントとして重要なのが、業者の実績が豊富であることです。

なぜなら、実績豊富な業者のほうが成功率が高くなるのはもちろん、費用的にも安くなるからです。

別れさせ屋の料金体系は、期間や実働回数によって決まります。

そのため、限られた期間や回数で最大限の成果を出してもらえる業者に依頼をするほうが効率的です。

別れさせ屋への依頼は様々ですが、経験豊富な業者のほうが提案力や工作の実行力が期待できます。

そのため、大手の別れさせ屋など実績が豊富な業者に依頼するほうがリスクは少なくなります。

契約に関してきちんとした説明があること

別れさせ屋選びで重要な点として、契約に関するきちんとした説明があることが挙げられます。

契約書があることはもちろん、成果や料金の詳しい説明があることが重要です。

高額な依頼料を払うため、サービス内容や料金システムがしっかり明記されているかを確認する必要があります。

例えば、期間契約の業者に依頼した場合、着手金だけ受け取って実際には全く活動せず終わってしまうという可能性もあります。

期間契約であっても実際にどのくらい稼働をしてもらえるのか、報告をしてもらえるのかというのを事前に必ず確認しておきましょう。

こうした説明がない業者は、トラブルに発展してしまう可能性が高いので避けるのが無難です。

工作の報告体制がしっかりしていること

別れさせ屋で失敗しないためには、しっかりと報告をしてくれる業者を選ぶことがポイントです。

報告が適当な業者の場合、実際は稼働していない可能性があるからです。

そのため、実際に活動した場合には活動の証明となるような写真を提供してもらえるような業者を選ぶようにしましょう。

契約の際にこの点も確認しておく必要があります。

ここまで、失敗をしない別れさせ屋の選び方を紹介してきました。

以降では、以上の基準をもとに選んだおすすめの別れさせ屋を紹介していきます。

おすすめの別れさせ屋

当サイトおすすめの人気別れさせ屋を3社紹介します。 ランキング選定基準は、「料金の安さ」「お試しプラン・返金制度の有無」「工作証明の有無」です。 以上の条件をもとにランキングした結果、トップ3は以下の結果になりました。

  1. 別れさせ屋M&M
  2. 別れさせ屋リライアブル
  3. 別れさせ屋フィネス

それぞれ紹介していきます。

1位:別れさせ屋M&M

別れさせ屋M&M

別れさせ屋M&Mは、毎月400人以上の別れさせや復縁の相談を対応する業界大手の別れさせ屋です。 千葉県内に本拠地をおき、各都道府県ごとに専従工作員を抱えています。 事業所は千葉県にありますが、全国に工作員がいるため全国どこでも対応が可能です。 依頼地域によって旅費交通費や料金が上乗せされることがないため、どこからで安心して依頼することができます。 別れさせ屋M&Mの料金は、着手料金が30万円、成功報酬は10万円からと業界でも最安値クラスです。 工作の内容も写真でしっかり提示してくれるので、低価格ながらも安心して依頼できます。 また、別れさせ屋M&Mは、探偵事務所として弁護士やお客様からも評価が高い会社です。 市場調査会社のゼネラルリサーチの調査結果によれば、M&Mは「依頼主満足度が高い」「調査力が高い」「浮気・不倫問題に強い」という結果が出ているようです。 安心して依頼したいとお考えの人は、一度無料相談してみてもよいでしょう。

料金システム 実働回数型
着手料金 30万円~
成功報酬 10万円~
お試しプラン あり
支払い方法 現金、クレジットカード
写真の提示 あり
所在地 277-0011 千葉県柏市東上町7-20 ロシェビル2F
全国対応 可能
探偵業届出証明書 千葉県公安委員会 第44210017号
相談窓口 0120-972-217
公式サイト https://brooklynmetfan.com/

2位:別れさせ屋リライアブル

別れさせ屋リライアブル

別れさせ屋リライアブルは成功重視を掲げている別れさせ屋です。 「本当に動いてくれているの?」という依頼者の不安を解消するために、実働回数保証をしています。 事案の進捗状況について報告を徹底していますので、「どれくらい進んでいるのか」「これからどうなるのか」を的確に知ることができます。 透明性が高く、利用者目線を重視しているのが別れさせ屋リライアブルです。

料金システム 実働回数型
着手料金 40万円~
成功報酬 10万円~
お試しプラン あり
支払い方法 現金、クレジットカード
写真の提示 あり
所在地 〒120-0034 東京都足立区千住1丁目4番地1号 東京芸術センター10階
全国対応 可能
探偵業届出証明書 東京都公安委員会 第30210049号
相談窓口 0120-978-149
公式サイト https://www.office-reliable.jp/

別れさせ屋フィネス

別れさせ屋フィネス

別れさせ屋フィネスは、予算に合わせたプランが特徴の別れさせ屋です。 単発プランやトータルプランなどバラエティ豊かに準備されていますので、経済状況や希望にあったプランを選ぶことができます。 実働回数重視で延長料金が不要ですので、遠距離など物理的に問題の多い案件などに適しています。 電話やラインを使ったサポートは無制限。アフターフォローにも力を入れていますので、使いやすい別れさせ屋といえます。

料金システム 実働回数型
着手料金 45万円~
成功報酬 10万円~
お試しプラン あり
支払い方法 現金、クレジットカード
写真の提示 あり
所在地 〒101-0032東京都千代田区岩本町3-8-8 秋葉原岩本町オフィス3F-5
全国対応 可能
探偵業届出証明書 東京都探偵届出番号 第30200345号
相談窓口 0120-913-023
公式サイト https://finesse-site.com/
3位以降の別れさせ屋の人気ランキング・業者比較が知りたい人は、「別れさせ屋を口コミ評判から18社をランキング形式で徹底比較!」を確認してみてください。

まとめ

別れさせ屋の成功率は、50%~70%です。

失敗の原因には、依頼者側の不注意や、依頼の中断など別れさせ屋が原因ではないこともあります。

しかしながら、別れさせ工作の成功率を上げるためには失敗しない業者選びが大切です。

この記事を参考に、納得のいく別れさせ屋を探してみてください。

別れさせ屋カテゴリの最新記事