年の差既婚者と浮気から略奪婚へ..結末と幸せの見つけ方

年の差既婚者と浮気から略奪婚へ..結末と幸せの見つけ方

年の差のある男性との恋。しかもそれが不倫恋愛である場合、幸せの着地点の見つけ方が難しいといえます。

年の差のある男性の場合、背負っているものの分量が異なるため、理解が難しかったり我慢しなければならないことが多かったりという問題が生じることも。

もちろん、幸せに年齢差は関係はなく、考え方や性格によって大きな幸せを掴めることもあります。

年の差のある略奪婚の結末の実例を交え、選ぶべき方向の見つけ方について解説します。

年の差既婚者との浮気・略奪婚の実例

年の差のある夫婦、カップルを時々見かけます。中には略奪婚のカップルもいると推測できますが、そんな二人はどんな軌跡を経て結婚したのでしょうか。

略奪婚をした年の差カップルの実例をみていきます。

自分自身の年齢が後押し

あるカップルは、女性の年齢が後押しとなって結婚に発展しました。

不倫恋愛が始まった当初は20代だった女性も、付き合いが長くなると当然、年齢を重ねます。気が付けばアラフォーと呼ばれる年齢に突入し、交際している既婚男性と別れて結婚できる道を探ろうかと迷っていたとのこと。

その迷いを正直に相手に話したことで事態は変わります。別れるかどうかと真正面からぶつけられたことで、男性は真剣に二人のことを考え新たな道を一緒に進むことを提案してきました。

自分のこと、相手のことの両方を真剣に考え本音でぶつかりあえたことが結婚につながったといえそうです。

病気を超えて

年上の交際相手が重篤な病気に倒れたことがきっかけになったということも。

相手の男性が仕事中に倒れ、命を取り留めたものの後遺症が残り少々の介護が必要になりました。男性と妻の間は冷え切っていたため、妻は介護に積極的ではなく必要最小限のことだけを助けていました。

不倫相手の女性は、病気を期に別れるつもりでいましたが現状を目の当たりにし自分が彼を引き受けることを提案し再スタートをきりました。彼女の献身的な介護のかいあって彼は元気な体を取り戻しつつあります。

相手が窮地に立った時にそれでも一緒にいたいと思ったことがきっかけとなりました。

尊敬がベースの結婚

尊敬できる相手との不倫恋愛に発展することがあります。

仕事の先輩として心から尊敬しそしてそれがそのまま男性への愛となっているケース。一緒にいることで自分自身が高められ相手を敬うことで男女関係はスムーズに続いていました。

男性は若いころに結婚した妻がいましたが、妻は専業主婦であったため仕事を通じての社会的価値観に年々ずれが生じていました。

やがて男性の子どもが独立した時に、夫婦で話し合いの末に円満離婚し、男性は不倫関係にあった女性と結婚しました。

お互いにとって生き方の軸となるものが一致したことで、強い絆が生まれそれがベースとなって略奪婚に自然と進んだケースです。

当サイトでは、その他の略奪婚の実例をについても掲載しております。特に失敗事例については 略奪婚で失敗事例から学ぶ!寝取った後に後悔しないための心得とは? の記事を確認しておきましょう。


年の差既婚者との浮気・略奪婚で得るもの

略奪婚という言葉には情熱的で運命的な響きがあります。乗り越えたものが大きいだけに達成感も相当なもの。

年の差の略奪婚をすることで得るものについて解説します。

自分らしい生き方

略奪婚をしたことで得られるものの一つは自分らしい生き方です。

社会で生きていくにあたり、私たちは常識やルールに縛られ本当に自分の心の赴くままに歩いていくことはできません。周囲とのバランスやこうあるべきという思想に縛られながら生きています。

家庭のある男性と恋愛をし、結婚に至るというのは社会的に見れば大きなルール違反です。しかし、当事者にとっては「好き」を貫いたのであり、「運命」のままに生きたにすぎません。自分のやり方を貫くということは全ての責任を自分でおうということ。

愛する人をルールに関係なく手に入れたという事実が、今後の人生で自分らしさを貫く強さを作っていきます。

新たなモノの見方

年の離れた男性と生活を共にすることでモノの見方が変わってきます。子ども時代、兄や姉のいる子が早熟であるように年の離れた配偶者と一緒にいることで、自分の目線プラスもう少し年齢を経た目線の両方をもつことができます。

また、男性が大切なものを捨ててまで自分を選んでくれたことへの感謝の気持ちから相手を大切にしようという気持ちが通常の結婚以上に湧いてきやすいといえます。

年の差既婚者との浮気・略奪婚で失うもの

不倫恋愛からの結婚は、成就という言葉の裏に裏切り、背徳といったマイナスイメージがあるのは確かです。奪うときには見えなかった喪失もあります。

年の差略奪婚をしたことで失ってしまうものについてみていきます。

理想の生活

年の差のある男性と略奪婚をした場合、一般的に理想とする家庭生活をそのまま望むことは難しい可能性があります。

相手の年齢や前の家庭への配慮から子どもを持つことが難しいことがあります。養育費の支払いなどがあり経済的に余裕がもてない可能性があります。

不倫からの略奪でかつ相手と年が離れていると、ロールモデルが見つけにくいため、自分自身が幸せの基準をしっかり持っていないと、時間とともに空虚感が増していく可能性があります。

若さ

年上の配偶者と時間を共にすると行動は基本的に相手に合わせることが多くなります。個人差はもちろんありますが年齢が高いとアクティブな活動や、未来を一緒に作っていくという感覚の行動が自然とセーブされます。

また、相手は前回の結婚、離婚、再婚と経験値がかなり高いため、どんなことに対してもある程度の経験則が働きやすいもの。そんな相手に合わせての生活はチャレンジよりも、過去をなぞるようなタイプの選択をしてしまうことが多くなるかもしれません。

相手の年齢と経験に合わせて自分自身の若さの利点が失われていくことがあります。

年の差既婚者との浮気・略奪婚で 覚悟しておくべきこと

結婚をするにあたり覚悟が必要なのは当然ですが、年の差のある相手、しかも略奪婚となればさらにハードルがあがります。

結婚前からしっかり覚悟しておくべき点についてみていきます。

周囲からの目

個人主義が進みプライバシーへの配慮が当たり前とされる現代においても、不倫、特に略奪婚への風当たりは厳しいものです。

表立って何か言われることは少ないと考えられますが、何かにつけて噂がついて回ることは覚悟しておきましょう。会社での異動先やご近所、子どもの学校など、人の口に戸は立てられません。

周囲の目を跳ね返す強い心と、それを受け止め流す広い気持ちでいる覚悟が必要です。

前の家庭との関係

前の家庭と夫とのつながりは、子どもがいる場合など切れることはありません。経済的な問題や前妻との約束などから、何かしら連絡を取り続けることもあります。それについてあなたは余程のことがない限り口出しすることができません。例えそれが自分と自分の家族を守るためであっても。

責任感のある男性であるほど、現状はどうあれ過去の約束を守ろうとします。それを理解しないと夫の不信感をかきたててしまいます。

夫には前の家庭があり、その繋がりや約束は自分とは次元の違う問題であり夫が解決すべき問題として見守る覚悟をしておきましょう。

老いを受け止める

年の差がある夫は当たり前ですが先にどんどん老いていきます。病気リスクやそれに伴う介護なども早くやってくる可能性が十分にあります。

会社員の場合は定年までの期間が迫り、自分よりずいぶん早くリタイアし第二の人生が始まります。まだ先であるはずの老後が、早くやってくるということを頭においておくのがベターです。

 ⇒略奪婚の成功方法を伝授!彼と幸せになれる略奪愛テクニックとは?

無理なく受け入れられる未来を選択しよう

年の差のある男性との略奪婚について、実例を交えメリット・デメリットや覚悟すべきことについて解説しました。

男女の関係は縁であり、二人の行く末は誰も予測することはできません。それは相手が年上の既婚者であっても同じことです。

但し、年上の既婚者との略奪婚はそれ特有の難しさや覚悟がいることも実際です。事前に想定できる不安についてしっかり向き合い自分がそれにどう対処できるのかを熟考しておきましょう。

そうすることで、無理のない未来が見え自分にとっての幸せを掴み取ることができます。

略奪婚カテゴリの最新記事