好きな人がそっけない!男性が職場やLINEでそっけない態度をとる心理20選

好きな人がそっけない!男性が職場やLINEでそっけない態度をとる心理20選

好きな人にはできるだけ親しくしていてもらいたいもの。もしも相手にそっけない態度を取られると悲しくなってしまいます。

しかし、そっけない態度を取る男性が多いのもまた事実。

会話だけでなく、LINEなどでも冷たく感じるという場合、もしかして嫌われているのではないかと不安に感じることも少なくありません。

実は男性が職場やLINEでそっけない態度を取る場合、意外な心理が現れていることがあります。

今回は男性がそっけない態度を取る心理や本音についてご紹介します。

 

2020年最新 初回無料体験ができる!電話占いおすすめランキング 詳細はコチラ
2020年最新 初回無料体験ができる!電話占いおすすめランキング 詳細はコチラ

好きな人がそっけない態度をとる理由5選

そっけない態度を取られると、「嫌われている?」「怒らせた?」と不安になってしまうもの。

特にそれが好きな男性ならなおさらです。

しかし、男性の場合、そっけない態度を取るからといって、怒っているわけでも、あなたを嫌っているわけでもないというケースがあります。

では、好きな人がそっけない態度を取る場合には、どんな理由が考えられるのでしょうか。

 

どう接していいのか分からない

男性の場合、相手が気になっていればいるほど、「どう話しかけていいのか分からない」ということがあります。

好きな人を前にすると、誰でもどきどきしてしまいますが、シャイな男性の場合は、特にそれが強いことも。

また、女性に接し慣れていない場合や、これまであまり女性と付き合った経験がないというタイプの人は、余計に接し方が分かりません。

そのため、そっけなくなったり、無口になったりしてしまうことがあります。

 

緊張している

相手のことを「好き」だと自覚している場合、どうしても緊張してしまうものです。

一度緊張してしまうと、いつものように話せなくなったり、普段通りに行動しようとして意識するあまり、逆にぎこちなくなってしまう、そんな経験は誰にでもあるかもしれません。

その場合、本人は冷静にふるまっているつもりでも、どうしても不自然な対応になってしまい、結果的にそっけない態度になってしまうことに。

特に相手に対して「自分を振り向いてくれるはずがない」「異性として意識されていないに違いない」など、自分に対して自信を持てない場合には、その傾向が強くなります。

 

自分に関心を持って欲しい

小学生の男子が、好きな子に対してわざといじわるをしたり、悪口を言ったりするのは珍しいことではありません。

大人になれば、そういう行動は収まるものですが、男性の中には、いくつになっても子どものような態度に出る人がいるもの。

どうしたら好意を持っている相手がこちらに関心を持ってくれるのか、どうしたら意識してくれるのかと考えて、結果的にそっけない態度を取ってしまいます。

自分からなにか行動するのは恥ずかしいけれど、そっけなくすることで自分に興味を持って欲しい、できれば女性からアプローチして欲しい、男性がそう考えていることもあります。

確かに相手にそっけなくされるとどうしても気になってしまうもの。

マイナスの印象であっても、無視されるよりマシだと考えて、わざと冷たくしていることも考えられます。

女性にとってはよくわからない心理かもしれませんが、「自分に関心を持って欲しい」と思い、わざと冷たい態度をしている男性も多く存在します。

 

自分だけが「そっけない」と感じている

男性の中には、愛想のいい人もいれば、不愛想な人もいるもの。

もともと不愛想な男性の場合、誰に対しても同じ態度なので、そっけない態度にはそれほど意味はありません。

また、そっけない態度を取られたという場合、あなただけが「そっけない」と感じている可能性もあります。

あまり人と話すのが得意でないという男性や、いつも笑顔でいるのは男らしくないと考えている人の場合には、そっけなくされてもそれほど気にする必要はないかもしれません。

 

嫌われている

男性がそっけない態度を取る場合には、本当にあなたのことを嫌っているという可能性もあります。

大人であれば、普通は好き嫌いで人と付き合うことはありません。また、嫌いだったとしても、それを表に出さないように、当たり障りなく振舞うもの。

一般常識として、それは当然のことですが、中には嫌いな人に対しては、その感情をはっきり示したり、態度に現れたりする人もいます。

そのため、そっけない態度は「付き合いたくない」「好きではない」という気持ちの表現だと考えることもできます。

 

 ⇒好きな人がほかの女と話すのに嫉妬!楽しそうなのを見たくない場合の対処法!

 

好きな人が「職場」でそっけない態度をとる理由5選

職場に好きな人がいる!そんなときは会社に行くのが楽しくなるし、仕事へのモチベーションもアップしますよね。

でも、好きな人が職場でそっけない態度を取るというのはちょっと悲しいものです。

男性が職場でそっけない、そんなときには、彼の態度をどう考えればよいのでしょうか。

 

仕事とプライベートを区別したい

職場は一日の大半の時間を過ごす場所です。

そのため、どれだけリラックスしているように見えても、心の中は緊張している状態です。

そうなると、どうしても不愛想になったりすることがあります。

男性の中には仕事とプライベートは出来るだけ分けておきたいと考えている人は少なくありません。

仕事とプライベートを区別できない場合、ついついオフの日にも仕事のことを考えて休めなかったり、逆に仕事のパフォーマンスに影響が出ることも考えられます。

それを避けるためにも、職場では緊張感を保っておきたい、そう考えて、職場ではそっけない態度になってしまうことがあります。

 

ふられたらどうしようと思っている

女性が考えている以上に、男性は傷つきやすい生き物です。

もし話しかけてうまくいかなかったり、男性として意識されていなかったりということがはっきりしてしまうと、立ち直れないダメージを受けてしまうことになります。

そう考えた場合、そっけない態度を取ることで予防線を張ろうと思う男性も多いかもしれません。

また、職場が同じ女性に勇気を出してアプローチして、振られてしまうと今後の付き合いが難しくなるもの。

さらにそれがうわさになってしまうと、仕事の上で支障が出てしまうことも考えられます。

特に職場では、必ずひとりは職場恋愛に敏感な人や、そういった話題が大好きな人がいるもの

一度そういった人に注目されると、どんどん話が広がって取り返しがつかないことになってしまいがちです。

それを避けるためにも、男性は気がある女性にそっけない態度になってしまうことがあります。

 

仕事で頭が一杯

仕事に打ち込んでいる男性にとって、職場は真剣勝負の場所。笑顔を見せることはあっても、頭は仕事のことで一杯になっています。

そんなときには、誰に対してもついついそっけない態度になってしまいがち。

また、集中して仕事をしたい、考え事をしているという場合に話しかけられても、きちんと返事をすることができません。

そういった場合には、どうしてもそっけない態度になってしまいます。

 

近づきたくない

どんな人でも苦手なタイプというのはいるもの。

しかし、職場が同じという場合、どうしても多少の接点は保たなければいけません。

「話はしなければならないけれど、必要最低限に抑えたい」「あまり近づきたくないタイプだけど、コミュニケーションを取らなければいけない」、そんな場合には、どうしてもそっけない態度になってしまいます。

また、社交的な女性の場合には、男性に声をかけることにためらいがなかったり、相手の状況を考えずに話しかけることもあります。

できるだけ話しかけないで欲しい、相手の態度に戸惑っているという場合にも、ついついそっけない態度になってしまうことも考えられます。

 

 ⇒片思いの社内・職場恋愛!好きな人と恋人を別れさせる方法は?

 

好きな人が「LINE」でそっけない態度をとる理由5選

普段の会話ではそんなことがないのに、LINEだけが妙にそっけない。そんな経験はありませんか?

もしかすると、普段の態度は無理をしていて、LINEのそっけない態度が本音なのかも?そう考えると心配になってしまいます。

では、男性がLINEでそっけない態度を取るという場合にはどんな理由があるのでしょうか。

 

文章を書くのが苦手

男性でも女性でも、文章を書くのがあまり得意ではないという人は多いもの。

特に男性の場合、LINEを使うときの目的は、用件を伝えたり、連絡をしたりという場合に限られていることも少なくありません。

男性にとって、「用はないけどLINEを送る」「なんとなくLINEをしてみる」というのは思ったよりもハードルが高いものです。

また、男性は目的をはっきりさせたり、簡潔に用件を伝えたりということを好むもの。

その結果、ビジネスメールのように、言いたいことはまとまっているけれど、なんだか冷たい印象を受けるといったLINEになってしまいます。

女性なら「文章が得意でないなら、絵文字やスタンプにすればいいのに」と考えるかもしれません。

しかし、大人の男性の場合は、絵文字やスタンプに慣れていないため、どうしても文章だけというそっけないものになってしまいます。

 

LINEが面倒

会っているときは優しいけど、LINEになると冷たいという場合、単にLINEやメールを面倒だと思っている可能性もあります。

特に普段は優しいという人の場合には、非常に気を使ったり、こまやかな気配りができる人ということも少なくありません。

そういった人がLINEを送ろうとした場合、相手に与える印象やイメージをあれこれ考えてしまい、短い文章を送るにも時間がかかってしまいます。

また、スタンプひとつにしても、探して送らなければならないという手間があるもの。

それをあれこれ考えているうちに、どうしても面倒になってしまい「用があるなら会ったときに伝えればいいや」となってしまうことも。

さらに、どんな人でも優先してやらなければならないことがあります。

人によっては、LINEに返信することを高い優先順位に置いている人もいますが、逆に「LINEは一番最後」と考える人もいます。

他にやらなければならないことがある、忙しいといった場合には、どうしても短いLINEになってしまうことがあります。

 

LINEは残るから避けている

もらったLINEはいつでも読み返せるもの。

それがLINEを使うメリットでもありますが、あとで考えると送らなければよかったと思うことも少なくありません。

特に気持ちを伝える場合など、ちょっと恥ずかしい内容のものを送ってしまうことはあるもの。

それが残り続けることを避けるため、簡単な内容で済ませる男性は珍しくありません。

また、相手の男性にパートナーがいる場合などには、LINEから浮気がバレて修羅場になってしまうという可能性も。

そういった事情を考えて、LINEはあまり使わないか、感情が読み取れないように冷たい内容の言葉を選んで送ることがあります。

 

嫌われるのが怖い

LINEは言葉によるコミュニケーション。

簡単で便利だという反面、誤解が起こりやすいといった欠点があります。

特に相手を大切に考えれば考えているほど、気楽な気持ちで送ってしまうと嫌われてしまうかもと深読みしてしまい。ついつい短いLINEになってしまいます。

 

駆け引きをしている

男性の中には「自分をカッコよく見せたい」という心理があります。

どんな男性がカッコイイと思うかは人それぞれですが、「クールな自分がいい」と考えている人は多いもの。

そういう人は、すぐに返事をしたり、丁寧な長文を送ったりということは、自分の価値を下げることにつながると考えています。

また、恋愛テクニックなどでは「すぐにLINEを送ると、がっついているように思われる」「LINEでは短文を送るほうがよい」などとしているものもあり、その場合には、駆け引きのひとつとしてわざとそっけないLINEを送ることがあります。

さらにLINEの文面を冷たくすることで、あなたの関心を引こうとしているのかも。

もしかするとそっけないLINEを送ることで「どうしたの?」「大丈夫?」といった返事を待っているのかもしれません。

 

好き避けなのか嫌い避けなのかを見分ける方法

相手にそっけなくされる場合には、好きだという気持ちからついつい避けてしまう「好き避け」と、本当に相手のことが嫌いで避けてしまう「嫌い避け」があります。

このふたつの見極めは非常に重要。

好き避けなのに、「自分は嫌われている!」と思い込んでしまうと、せっかくのチャンスを逃がしてしまいます。

逆に嫌い避けの場合、無理に距離を縮めようとすると、望んでいるものとは逆の結果を生んでしまう結果に。

では、「好き避け」か「嫌い避け」かはどうやって見分ければよいのでしょうか。

まず「好き避け」「嫌い避け」を見極めるポイントは、「話しかけたとき、相手がどんな反応をするか」ということ。

誰でも急に話しかけられるとびっくりするものですが、「好き避け」の場合、驚いても返事をしたり、こちらを振り向いてくれたりするものです。

逆に「嫌い避け」の場合には、聞こえなかったふりや、無視されることがあります。

「嫌いな人に話しかけられるとついつい気づかなかったふりをしてしまう」という経験はありませんか?

これは「気づかなかったふりをすることで会話する前にコミュニケーションを終わらせたい」と言う気持ちの表れです。

もしも「好き避け」の場合には、「好きな人に話しかけられた!」という驚きで不自然な対応になることはありますが、無視されることはありません。

また、相手のそっけない態度が気になる場合には、自分が他の男性とコミュニケーションを取っているときの反応も観察してみましょう。

もしも、別の男性と楽しそうに話している様子を注目していたら、それは「好き避け」の証拠。

そのあと、大きな声を出したり、わざと視界に入ってきたりと、自分の存在をアピールすることもあります。

逆に、別の人と話しているとき、こちらに関心を向けない場合は「嫌い避け」といえるでしょう。

 

 ⇒彼女持ち男性を好きにさせる方法!脈ありの反応はコレ!

 

そっけなさを無くさせるためには?

相手の態度の原因が「好き避け」であっても、そっけなくされるのはあまり気持ちのよいものではありません。

では相手にそっけない態度をやめさせるには、どんな対処法があるのでしょうか。

まず、必要なのは相手がなぜそっけないのかという理由を知ること。

他の人と話しているときにもそっけないようなら、それは特にそっけないわけではなく、いつもと同じ態度ということになります。

その場合には、根気強く対応すること。

そうすることで、相手の態度も少しずつ変わって来る場合があります。

また、ある程度信頼関係が出来ているなら、「そっけない態度はどうしてなのか?」と直接尋ねる方法も効果があります。

もしかすると、男性は自分がそっけないと思われていることに気づいていないのかも。

本人に気づかせてあげることで、態度が改善する可能性があります。もし自分で言いにくいという場合、男性と対等の立場か、上の立場の人に相談してみましょう。

 

まとめ

好きな相手にそっけなくされると、ショックで傷ついてしまうことも多いもの。

しかし、実際にはそっけない態度は好きという気持ちによって生まれている可能性もあります。

特に職場やLINEなどでは、女性の感覚ではわからない理由が潜んでいるかもしれません。

そっけない態度には、男性の心理が現れているもの。

相手にそっけなくされた場合でも、悲観的になりすぎないように!

振り向かせたいカテゴリの最新記事