彼女と別れたい場合のサインの出し方!上手な別れ方や距離の置き方を紹介

彼女と別れたい場合のサインの出し方!上手な別れ方や距離の置き方を紹介


好きな人と共に過ごす時間は楽しく、その存在はかけがえのないものです。恋人がいるという充実感は他のことでは代えがたい幸せをもたらしてくれます。

その一方で、彼女の存在に負担を感じることや、彼女がいるという事実を面倒に感じることも。そんな負の思いが積み重なるとやがて「別れたい」という気持ちに変わっていくことがあります。

今回は、彼女と別れたいと思った時にやるべきことを踏まえ、うまく距離をとるためのサインの出し方、彼女と上手に別れるための方法についてご紹介します。

別れたいその気持ちは本物か

人の気持ちには波があります。どんなに好きな相手であっても状況や精神状態によってふと別れたいと衝動的考えてしまうことも。

一時の気の迷いで別れを口にすると取り返しのつかないことになります。

今湧き上がっている「別れたい」が本物かどうかの確認方法をみていきます。

彼女に対する気持ちを再確認

人間関係は好きや嫌いのどちらかだけで割り切れるものではありません。一人の人に対して好き、嫌い両方の部分を感じるのが普通です。

彼女の好きなところ、嫌なところをそれぞれ一つずつ思い出しその上で総合的に今後続けていけるかどうかについて考えてみましょう。

彼女との交際を決めた時に立ち返り、彼女の一番好きな部分を思い出してそのことについて今現在の自分はどう考えるのかを考えてみるのもオススメです。

なぜ別れたいのかを冷静に考える

別れたい、という思いが湧くには何かしら理由があります。彼女のある部分が許せない、他に好きな人ができた、など。

別れたいという気持ちに至る具体的な問題が生じている場合は、別れることで解消されることなのかどうかを考えてみましょう。

これと言って原因はないけれど別れたい、という場合はその気持ちの由来が二人の関係から来るものなのか、自分の気持ちの変化から生じたものなのかについて突き詰めて考えてみてはいかがでしょうか。

男女関係は、縁で始まり寄り添う努力をすることで継続します。自分が努力することで関係を良い方に向かわせることができないかどうかを最後に一度熟考しておくと後悔するリスクを減らすことができます。

別れた後の未来を想像する

別れを考えているとき、別れるということに意識が集中するためその先のことまで冷静に考える余裕がなかなかでてきません。

今すぐに解放されたい不愉快な事象は一旦横におき、フリーになった自分を想像してみましょう。良い点、困る点の両面を考え、それが自分の思い描く未来と重なるのか重ならないのかを比較してみてはいかがでしょうか。

彼女と別れたいことをストレートに伝える

考えた結果、やはり彼女とは別れたい。そう思うなら実行に移りましょう。

別れの伝え方を解説します。

余計なことは言わないのが鉄則 別れの言葉は明確に

別れの極意、それはわかりやすくストレートであること。余計な言葉や優しい言葉に置き換えると真意が伝わらずこじれてしまう原因になります。

「別れたい」まずはその言葉をしっかり彼女に伝えましょう。その瞬間、相手は衝撃を受けて取り乱すかもしれませんがそれをしっかり受け止めるのが最後の愛情であり優しさです。

距離を置く なら期限をきめて

距離を置きたいという言葉は相手を混乱させます。このセリフを言うことが許されるのは距離を置くことで別れない可能性が1%でもあるときだけです。

距離を置いてそのままフェードアウトを狙うというのは誠実さのない行為です。

距離を置く場合は、1か月、3か月など最終的に答えを出す期限を決めておくのが彼女への思いやりです。

彼女を刺激しない別れの理由を考えておくこと

別れを切り出したなら、彼女はその理由を尋ねるでしょう。それに対する返事を考えておくこと。

本当のことを全て話す必要はありません。彼女の性格を考慮した上で納得してもらえる理由であることがポイントです。

彼女の悪い点には触れず感謝の気持ちを伝える

別れ際に彼女の悪い点を指摘してはいけません。もしそれが別れの理由だったとしても相手を不快にさせるだけですし、場合によっては自分の悪い点を治せばやり直せると考える女性もいます。

彼女の浮気など明らかに相手に非がある場合も、「浮気をする彼女を僕自身が許すことができない」というスタンスで、あくまで別れの理由は自分の中にあることを伝えます。

理由はなんにせよ、別れ際には今までお付き合いしてこられた事への感謝の気持ちを言葉にして伝えるのがスマートです。

彼女と別れたい!切り出せないときの有効サイン

彼女と別れたい。でもいきなり切り出すのはちょっと難しい。そんな時には普段の態度で別れのサインを出していくのがベター。

彼女と別れたい時に有効なサインについてご紹介します。

別れたい彼女への連絡の頻度を減らす

別れを決めたら彼女への連絡は控えめにしましょう。自分からは連絡しない。彼女のメッセージも適当に既読スルーなど。カンの良い女性ならこれだけで何となく男性の気持ちの変化に気づきます。

ただし、普段から連絡の頻度が低く仕事の状況で返信が滞りがちな関係の場合はあまり効果が期待できません。

自分のことを話さない

順調に交際を進めているとき、彼女には自然と自分のことを話しているのではないでしょうか。今日一日の行動や週末の予定など。最初は自分のことを知って欲しくて話していたことが、付き合いが長くなるうち習慣的に行動報告をしてしまうことがあります。

別れを決めたなら自分語りは控え聞かれても適当に流すくらいにすると彼女に温度変化を気づいてもらいやすくなります。

会わないことは最大のサイン

別れようと決めたなら二人で会う頻度を減らすこと。職場や学校で顔を合わす関係の場合は二人だけの会話をしなくて良いよう心がけます。

多少、会話の内容や連絡頻度に変化があっても会えている間は彼女も安心してしまいます。会わないことで何かしら気持ちの変化があったことを遠回しに伝えることができます。

彼女と別れた後のルール

彼女と別れることができたなら、その後の対応にも気を配る必要があります。

キレイに別れ切るための別れた後のルールについてご紹介します。

別れた彼女とは3か月は連絡をとらない

別れを男性から切り出した場合、彼女の方にはしばらく未練が残っていることがあります。別れを切り出した方は、すっきりして友達になれたと思っていても彼女が同じ思いかどうかはわかりません。

少なくとも3か月は個人的な連絡は控えましょう。彼女から連絡があった場合は無視するか、挨拶程度の返信に留めるのがベストです。

名前の呼び方を変える

日常でやり取りが続く関係であるなら、別れた後は名前の呼び方を変えましょう。二人だけの呼び方は控え、名前に「さん」をつける、苗字で呼ぶなど。

ラインのアイコンをニックネームで登録している場合は、こちらも苗字などに戻しておくと気持ちの整理をつけやすくなります。

アイコンやSNSで変化を悟らせない

彼女と別れて直ぐのSNSの投稿は控えめがベター。楽しそうなお出かけの様子や女性との関係を匂わせるような投稿は百害あって一利なし。彼女への心証はもちろん、別れを知っている彼女の友達や自分の周りの人にも良い印象を与えません。

ラインなどのアイコンは、別れた彼女と一緒に写っている写真などの場合は直ぐに変更しても構いませんがそれ以外は、そのまま放置しておくことをオススメします。

別れはお互いの幸福へのリスタート 思いやりをもって上手な対応をしよう

出会いがあれば別れがあります。できればずっと一緒にいられるのが理想ですが、時に別れることは必然でありそれが二人の新たな幸せへのスタートでもあります。

別れることをこじらせてしまうと、楽しかった思い出までが暗いものになってしまいます。思いやりを持って上手に対応し、それぞれの明るい未来を目指してリスタートをきりましょう。

別れたいカテゴリの最新記事