既婚者と復縁したい女性が知っておくべき10の事実。別れさせ屋を使って離婚させる方法も?

既婚者と復縁したい女性が知っておくべき10の事実。別れさせ屋を使って離婚させる方法も?

恋が終わった。そこからの気持ちは二つに分かれます。日々、恋の思い出が薄くなり気持ちの中から消えていくパターン。または、別れたことを後悔し復縁したい気持ちがつのるパターン。あなたの恋はどちらでしょうか。

もし、手放した既婚者との恋をもう一度、復活させたい。復縁したいのであれば知っておくべき事実があります。事実を知って受け止めることが、復縁への第一歩。

既婚者との復縁を望む女性が知っておくべき10の事実についてご紹介します。

 

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼別れさせ屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

事実その1:既婚者とただヨリを戻すだけなら難しくない

既婚者の男性と交際していて恋が終わった。その恋を取り戻すのは、シングル同士のカップルが復縁することに比べると難しくはありません。

シングル同士の恋愛であれば、通常であれば恋愛の先に結婚や同棲があります。すなわち、復縁するということはその先の未来も見据えて再スタートするということですので、ハードルが高くなります。

既婚者との恋愛であれば、未来云々ではなくあくまでも「恋愛」だけの関係です。根本的に嫌いになったり、物理的に関係が続けられなくなったという以外は、また関係を戻すのは難しくないでしょう。

言い換えれば、不倫恋愛は未来がないから復縁がしやすい。未来を考えない「恋」に特化するなら復活愛は可能ということです。

 

事実その2:あなたと別れた既婚男性は何を考えているのか

あなたと別れた既婚男性は、不倫相手を失ったという状態です。寂しいし、気持ちの拠り所がなくなったと感じています。そして、その一方で、家族への隠し事がなくなってほっとしているというのも、また事実です。

そもそも不倫向きではない、真面目な男性であれば、このまま家庭に沈んでいくことがあります。自分が、家庭を持っている以上、自分からあなたに連絡はできない。恋は諦める方向で耐えています。

恋愛に刺激を感じるタイプの男性は、ほっとしたという時期が過ぎると、また刺激を求めて気持ちが動きます。再び恋がしたいので新たな相手を探そうか、それともあなたに連絡してみようか。そう考えてチャンスを伺っているでしょう。

恋が終わって3~6か月程度は、静かにしていますがそれが過ぎると既婚男性の気持ちが落ち着きます。あなたの方からアクションするなら、落ち着いた時期以降がねらい目です。

 

 

事実その3:復縁があなたにもたらすメリット

恋の渦中は、デメリットも感じています。相手が既婚者でなかったら、あんなことやこんなこともできるのにという不満が募り、恋の喜びを享受する妨げとなっていることがあります。

しかし、恋を手放してしばらくすると彼の良さがじわじわわかってきたりします。何もしてくれていないように見えて実は愛を注いでくれていたことや、小さなことが彼なりの気持ちの表現だったことなど。ふとした瞬間にそれを感じることが。

一度、別れたことであなたは彼の良さに気づき復縁したときには、その良さをしみじみ味わうことができます。

彼のちょっとした癖や、行動パターンをすでに知っているというのもメリット。恋の渦中は冷静になれないので深読みしすぎたり、疑心暗鬼になったりします。しかし別れている間に実は大したことではないとわかることがあります。以前の恋では、「なぜ連絡してこないのだろう?」といらいらしたことが、「忙しいと余裕がなくなる人なのだ」と受け止めることができたりします。

復縁することで、相手への理解が深まり付き合いやすくなるという事実があります。

 

事実その4:復縁が既婚男性にもたらすメリット

よほどモテる男性はさておき。普通の既婚男性が不倫相手を見つけるのは簡単ではありません。自分好みの女性で、気が合い、居心地がよく、自分の立場を理解してくれる人。そんな女性は、そこらへんにはいないのです。

あなたと別れていざ、別の相手を探そうとしたときに彼はあなたの貴重さに気づきます。恋愛中は、面倒くさいと感じたこともあるけれど、いなくなって初めてあなたは大切な人だったと感じるのです。

既婚男性にとって、復縁は自分がもう一度恋ができるチャンスを得ることであり、それ以上のメリットはありません。

気心の知れた好きな女性ともう一度、恋の夢が見られることのありがたさを感じることができます。

 

 

事実その5:復縁があなたにもたらすデメリット

大好きな彼とヨリが戻る。それほど嬉しいことはありません。その一方で、既婚者との関係を戻すということにはデメリットもあります。

既婚者の彼と復縁した場合、彼の方はあなたが現状の形を維持し続けることを承諾したととらえる可能性が高いでしょう。平たく言えば、彼が既婚である、離婚はしないことに納得してあなたが復縁をしたと、都合よく彼が考えるということです。

実際に、あなたが現状維持を望んでいるのであればそれで問題ありません。しかし、略奪まで考えているのであれば、彼の気持ちとの間に温度差があるかもしれません。

話し合いや、お互いの本音までを聞かず、単純に復縁してしまうとそれ以降もだらだらとした発展性のない不倫が続いていくだけになるというデメリットがあります。

 

事実その6:不倫の復縁がうまく進まない場合の理由

既婚男性に復縁を持ちかけてもなかなか進まない、そんなときにはいくつかの理由が隠れています。

まず、彼が配偶者に気兼ねをしている場合。あなたとの以前の不倫恋愛が妻にバレていて監視されている。なにかしら妻に負い目を感じているなどです。

過去の不倫がバレているのであれば、夫婦間で何かしら取り決めをして許してもらっている状態の可能性があります。

不倫中や現在、妻に自分の両親の介護をしてもらっているなど負い目があり、「申し訳ない」という気持ちがあって、あなたに気持ちを戻せないということもあります。

もし、あなたがシングルなのであれば恋愛の第一条件は「好きか否か」かもしれません。しかし、既婚者である彼の方は「好きであっても戻れない」事情を抱えているかもしれないという事実があります。

連絡の返信などはしてくれるけれど復縁に至らないのであれば、彼の事情があるかもしれませんので、しばらくそっとしておくのがよいでしょう。

 

 

事実その7:復縁で大切なのはあなたの気持ち

既婚男性と復縁がしたいとあなたが望むなら、叶う可能性は十分にあります。しかし、その前に肝心なのはあなた自身の気持ちです。

復縁することで、寂しさを埋めることや、恋の醍醐味を再び味わうということはできます。しかし、それはあなたが本当に求めているものなのでしょうか。

男女がお互いに求めあう理由はいくつかあります。ひとつは性欲をベースにした、情熱や刺激のある恋愛がしたいという気持ち。もうひとつは、心の支えとして寄り添いたいという思い。他にも、他者を愛し愛されたい、大切にして大切にされたいという気持ちや、どんなことがあっても味方でいてくれる相手を得たいという思いなどが複雑に絡み合っているのが男女関係です。

不倫という形の中でこれらが満たされるのは実際には難しいもの。お互いに唯一無二の相手であって欲しいと思っても、相手には配偶者がいるのです。

もちろん、夫婦の形はそれぞれですし、あなた自身が不倫でも十分にいろんなことが満たされていると考えられるのであればまったく問題はありません。

復縁しようとアクションを仕掛ける前に、まずはあなたが本当に求める男女関係の姿を理解しておかなければ、いずれまた彼とはサヨナラする可能性が高いという事実があります。

 

事実その8:別れの理由に宿る真実

既婚者の彼と別れてしまった。それには必ず理由があります。一度、深く愛し合った男女が別れるということは、何か大きな出来事や思いが絡んでいるはずです。

時間が経つと、人間は自分にとって害が少ないように記憶を調整する傾向があります。自分にとって都合がよいような理由をつけて自分自身を納得させるということです。

例えば、「彼がなかなか離婚してくれないので別れてしまったが、私の方にも落ち度があったので、きちんと向き合えばきっと彼は今度こそ離婚してくれるだろう」などと考えてしまいます。

あなたの考えとしてそれは間違いではありません。しかし、彼が心の奥底で何を考えているかは本人以外はわからないことです。先の場合であれば彼自身にそもそも離婚する気があったのかどうか、それは他人にはうかがい知れないということ。

あなたは前の恋で、表面上では彼の離婚の意志を信じていても、本能的に彼は離婚するつもりはないという本心を察知してそれが別れにつながっていったのかもしれないのです。

復縁を考える前に、もう一度、冷静に別れの真実について総合的に考えてみるとそこに深いものが見えてくるかもしれません。

 

事実その9:復縁してはいけない場合もある

復縁がしたいと思っても、やめておいた方がよいこともあります。復縁をしない方がよいのは、あなたが幸せになれない恋である場合。

あなた自身が結婚そして子どもを持つことを強く望んでいる場合です。大好きな人と出会い、結ばれて結婚し、その人の子どもを持つ。それは多くの女性が望むこと。しかし、人生は必ずしも何もかもがパーフェクトな状態で叶えられるというものではないのが世の常です。

大好きな人、にこだわるのであれば彼と例え結婚ができなくても一緒にいるという方法や、時間をかけて結婚し子どもは諦めるなどということがあり得ます。

適齢期での結婚にこだわるのであれば、大好きでなくとも好きになれる人を選んで幸せを作っていくということもあります。

既婚者の彼と復縁して一緒にいたいと思うのであれば、それ以外のことは手放すくらいの覚悟が必要。自分のタイミングで結婚がしたいと思っているなら、既婚者の彼と復縁するのは時間の無駄で、あなた自身が心に傷を負うかもしれません。

もし、近いうちに結婚がしたいと考えるのであれば、彼との復縁ではなく結婚できる相手を探すという方法を考える方が建設的です。

 

事実その10:既婚者と復縁したい!「別れさせ屋」で離婚させるのも手段の一つ

別れた彼と復縁がしたい。彼は既婚者なので略奪婚を視野に入れたい。そう考えるのであれば、正攻法だけでは無理だというのが事実です。

恋愛攻略法などを見ると、彼を夢中にさせる方法などが掲載されておりそれは概ね正しい内容であったりします。しかし、それで陥落するのはシングルの男性のみ。

既婚者の男性も夢中にさせることはできますが、略奪となるとそう簡単ではありません。

あなたは、恋愛攻略法を実践すると同時に、別れさせ屋を使うなど、略奪に向けた本気の戦略を立てる必要があります。彼と結婚がしたい、そう強く思うのであればこれはあなたの人生で大きな勝負時です。自分一人の力ではできることに限界がありますので、プロに相談してきっちり物事を進めましょう。

別れさせ屋と聞くと復縁することと別れさせることは真反対の行為に思えますが、その実は表裏一体で、復縁を果たすためには、相手を別れさせる・離婚させるための手段も必要になってくるのです。

 

 

復縁の事実を知ることが良い恋愛につながる

既婚男性と復縁を考えるときに知っておくべき事実を10個ご紹介しました。

別れは悪いことばかりではありません。別れたからこそ分かる真実があり、それを超えて復縁することで、二人の絆は強固になります。

しかし、復縁は状況や場合によっては必ずしも吉とならないことがあるのも事実です。復縁したいという思いだけでアプローチをすると、後悔することになりますので必ず今回ご紹介した事実を了解しておくことが大切です。

復縁そして、その先に略奪までを考えるのであれば計画的にそしてときには別れさせ屋などプロの力を借りることも必要です。

手放した恋が運命だったと気づいたのであれば、しっかり準備をして取り戻す作戦を練りましょう。

復縁したいカテゴリの最新記事