奥さんと別れない理由!既婚男性が離婚しない場合の対処法とは

奥さんと別れない理由!既婚男性が離婚しない場合の対処法とは

不倫関係にある既婚者の彼が「一緒になろう」と言ってくれるものの、なかなか離婚をしてくれない。不倫関係にある場合、そのような状況ってありますよね。

彼が奥さんと離婚しない理由は、彼の心理的な理由の場合と奥さんが主な理由の場合があります。

今回は奥さんと別れる気が無い彼の離婚しない理由や対処法について紹介します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

奥さんと別れない理由!離婚の意思がないケース

不倫相手の既婚男性が別れてくれない理由が気になりますよね。

まず第一に考えることとして、離婚の意思がないのにもかかわらず「一緒になろう」などと伝えているケースです。

詳しく見ていきます。

 

子供が大事

既婚男性で奥さんとの間に子供がいるとすれば、二人の間に子供がいるケースも考えられます。

やはり父親なので子供のことを大事にしていることもあるでしょう。

奥さんとの関係は破綻していたとしても、子供を第一に考えている場合は離婚に踏み切れない場合もあるでしょう。

離婚したら子供は周りからどう思われるだろうか、寂しくないだろうか。

その不安を抱えてまで離婚・結婚に踏み切るのは難しいと考えている可能性もあるでしょうね。

 

不倫相手と再婚することへの懸念

現在の奥さんには特に不満などは無く、タイミングや流れであなたとの不倫関係になった場合、なかなか離婚に踏み切れないケースもあります。

ただ単に現在の生活に刺激が欲しいという思いから不倫関係になったのであれば、彼には離婚の意思はないと言えるでしょう。

まずは、相手がどのような気持ちであなたとの不倫関係にあるのかを考える必要があるでしょう。

もし「遊び」での付き合いなのであれば、既婚男性の彼との将来性は薄いと考えるべきでしょうね。

 

家族愛が強い

既婚男性の彼にとって家族愛を大切にしているケースもあります。

つまり、家族は家族、不倫は不倫と、それぞれの愛を割り切っている場合です。

その場合、残念ながら優先されるものは家族関係。子供はもちろん、奥さんもしっかり実は愛していて、お盆休みは家族サービスをしていたり、休日は家庭と向き合っている場合もあるでしょう。

辛いことですが、あなたと平日の仕事と同じその延長線上に自分を満たすだけの快楽、奥さん以外の女性を支配しているという私欲の表れという関係となるでしょう。

この場合、彼にとって離婚の意思はないと考えるべきです。

 

 

奥さんと別れない理由!奥さんの承諾が得られないケース

では、あなたの事を家族よりも大事にしていながら、離婚できない場合について考えてみましょう。

いざ彼が離婚をしようと行動するも、奥さんがなかなか承諾をしないこともあったりするケースがあります。

ここでは、相手の奥さんがどのような事を考え、離婚を承諾してくれないのかを紹介します。

 

彼に愛情がある

既婚男性の奥さんにとって、離婚というのはカンタンに承諾できないものです。

年齢にも寄りますが、一度離婚すると再婚が難しい場合もあるでしょう。

離婚の慰謝料があるとはいえ、金銭的な不安も生まれます。

そのため、奥さんにとって将来的なことを考えると離婚はリスクでしかありません。

夫婦関係がギクシャクしていたとしても、少なくともまだ彼の事を思っているなら離婚を承諾するのはあり得ない話。

法的な理由が無い限り、離婚の説得は困難となるでしょう。

 

子供がまだ幼い

既婚男性と奥さんの間に子供がいる場合について考えてみましょう。

子供がいて、奥さん自身も働いている場合、親権についても考える必要があります。

子供の世話をするのが奥さんである場合、家計を支えることも考えなくてはなりません。

シングルマザーとして一人で支えることができるのか、働きながら子育てができるのか。

そういった不安を考慮した場合、奥さんにとっても、彼にとっても離婚は大きなリスクとなります。

 

社会的体裁を保つため

離婚と聞くとどういったイメージを持つでしょうか。少なくともマイナスイメージであることは間違いありません。

離婚をすることによって経済的部分だけではなく心理的、世間体的にも生活が変わる方も出てくるはずです。

また、奥さんの立場になると離婚をすると名字を基に戻さなければなりません。

必然的に身内や職場の人からも離婚したことが遅かれ早かれ伝わってしまい、心理的に辛くなることが予想されるでしょう。

周囲の目や社会的体裁を保ちたいという意思から離婚に踏み切れないケースがあります。

 

別の相手と再婚するのが許せない

既婚男性と奥さんの関係が破綻していたとしても、別の女と再婚することが許せないという意思から離婚を承諾してくれないケースがあります。

これは奥さんの女としての意地も関わっているでしょう。

この場合、奥さんに不倫相手であるあなたの存在は既に知られていると考えられます。

自分と別れて不倫相手と幸せになるのが許せない、自分だけが不幸になるのが許せないという嫉妬心。

彼に対する気持ちが冷めていたとしても、離婚の説得は難しいでしょうね。

 

 

既婚男性が別れてくれない場合の対処法

では、既婚男性の彼が奥さんと別れてくれない場合の対処法について紹介します。

まずは、既婚男性の彼と話し合うべきことについて紹介します。

 

奥さんと離婚した場合のメリットをイメージさせる

基本的には離婚は悪いイメージしかありません。

周囲の目や金銭的な問題も発生するため、たとえ一緒になりたいと思っても離婚は悪い面に目が向きがち。

彼も言葉では口にしていても本心では積極的ではないでしょう。

そのため、離婚を進めさせるにはポジティブなイメージを考えさせる必要があります。

離婚すればどのような事が出来るのか、離婚してどのような生活が送れるのか。

まずは自分の欲求だけをぶつけるのではなく、将来の良いイメージを与えるように努めましょう。

 

離婚しなかったらどうなるかを話す

不倫相手の彼に離婚しなかったらどうなるかを話してあげる方法も有効です。

離婚してくれない彼の本心としては、奥さんが別れてくれないのではなく、現在の状況が最も理想的と考えているのかもしれません。

幸せな家庭があり、仕事上の悩みを相談でき、恋愛ごっこができるあなたがいる。

もしそう考えているなら、彼は離婚しようとは思っていないでしょう。

そのため、あなたは離婚しなかったらどうなるかを彼に伝えなくてはなりません。

期限を設けて「この日までに離婚しなかったら..」といった形で、期限付きの条件を提示しましょう。

そうすることで、彼はその日までに決断を下すことになるでしょう。

どれだけ彼の事が好きであったとしても、あなたの時間は有限ではありません。

離婚する気が無い彼の傍に縋っていたとしても将来は無いのです。

 

金銭的問題について話し合う

不倫からの再婚となると、彼の奥さんはあなたと彼に慰謝料を請求することができます。

男性は離婚や結婚に金銭的問題を抱えると行動をためらいがち。

妻からの慰謝料を請求されると、離婚したくも無くなりますよね。

そのため、場合によってはあなたから金銭的援助をしてあげることも視野に入れておきましょう。

お金について彼に頼りっきりにしているのはNG。慰謝料がどれだけかかかるのか、金銭的援助をすること、それだけ本気に考えていることを彼に伝えてあげましょう。

もしあなたが「お金は男が出すもの」という考えを持っているのであれば、あなたの考えを改めるところから始めるべきです。

彼にとっても、金銭的援助があるなら、行動の後押しに繋がるでしょう。

 

 

どうしても別れてくれない奥さんと彼を離婚させるには

 

基本的には要点を絞って真摯に対応していくしかありません。奥さんのことを悪くいってしまうと離婚協議自体がうまくいかなくなる可能性があります。相手の価値観や大事にしているポイントを聞き出して円満に離婚することが大切です。

 

条件面での最大限譲歩

いわゆる「お金」で解決をすることです。もちろん奥さんが愛情を持っていたりそもそも離婚をしたくないなどありますが、どうしても子供の養育費や経済的部分が一番気になるもの。奥さんの経歴・職歴を知ると離婚にあたりどの部分に比重を置いているかが分かってきます。お金で解決が出来るのであれば相手が生活できる十分な金額を提示していっそのこと離婚してもらうということも一つの手です。

 

相手が離婚条件に触れていないかチェック

不貞行為が相手にあるか

いわゆる奥さんが彼以外に性的な関係を持っている場合離婚できる可能性があります。但し不貞行為があった時にすでに夫婦関係が破綻をしている場合には不貞行為自体が離婚理由をして認めてもらえないケースがあります。どちらにせよ証拠を集めたほうが離婚事由をかき集める際に有利に働く可能性があるので奥さんが浮気をしているようでしたらチェックしてみる価値があります。

悪意の遺棄があるか

民法では夫婦は同居してお互いの生活を協力しあわなければならないと定められています。例えば同居していないのはもちろんですが、同居自体を拒んでいたり、彼から給料をほとんど取り上げていて彼の生活が成り立っていない、奥さんが家事を怠っている等です。つまり夫婦関係が壊れているにも関わらず夫婦の義務役務を遂行しない場合に該当する可能性があります。

3年以上の生死不明

配偶者が3年以上連絡が取れない、生死が不明だと離婚理由として該当する可能性があります。行方不明の場合はむずかしいですが、客観的にみて生死状況が分からない状況を指します。

但しはがきが届く、年に1度連絡がくるなどあれば離婚事由として該当することは難しそうです。

奥さんが回復の見込みが薄い重度な精神病

回復の見込みが薄く、夫婦の義務を果たせない場合にはそれが離婚理由になる可能性があります。実際の判断は医師の判断所を基に裁判官が判断をしていきます。

但し、離婚後の奥さんの介護や看護、生活に支障がきたさないように保障条件を整えてあげないと離婚までに踏み出せない可能性があります。

性格の不一致

性格の不一致といってもさまざまあります。

  • 金銭感覚
  • 趣味
  • 将来設計
  • 性生活
  • 育児

上記だけでなく様々なことが該当される可能性があるのが「性格の不一致」です。この場合は奥さんから離婚の同意をもらっていないと難しい可能性があります。可能性があるとするならば

  • 婚姻関係が破綻している
  • 将来を見据えても修復される可能性がない

これらのことを踏まえておく必要があります。ちなみに性格の不一致による慰謝料は0~50万円が相場とされているようです。

その他の離婚事由

そのほかの離婚事由としては

  • DVやモラルハラスメントが行われている
  • セックスレス
  • 犯罪を犯したことにより生活への支障
  • 薬物・アルコール依存症が見られる

上記が第3者からも認められれば離婚事由として該当出来る可能性があります。

離婚問題に強い弁護士に相談する

離婚問題に強い弁護士に相談することも一つの手です。ただし、これは彼が離婚を決めており、よほど協力的な状況でないとあなたの介入が難しいといえます。逆にあなたの前で離婚する気満々なのであれば一緒に離婚問題に強い弁護士を探して問い合わせてみるといった行動をすることで本気度を確かめることが出来るかもしれません。

別れさせ屋を使う

これは奥さんがどうしても別れてくれないときに使う手段です。弁護士であればどうしても法律に則り、現状から出来る離婚へのプランニングになりますが、離婚理由が一向に見つからない、どうしても奥さんが離婚をしてくれない場合の奥の手です。

別れさせ屋は状況をヒアリングしたうえで容姿や趣味工作員を選抜し、奥さんに近づかせて、連絡先を交換したりデートの約束をこじつけます。何度かデートをしている中、別れさせ屋が証拠を少しずつ集めていますので、それが一つずつ離婚事由として使える証拠となっていきます。

さらに本格的に離婚事由としていくなら例えばそれが浮気現場としての証拠となるようにホテルに入る写真や事に及んでいる写真を撮っておくなどすることが可能なので、結果的に離婚をさせられる直接的な手段が別れさせ屋のメリットです。

こういった証拠があれば慰謝料問題になったときの武器にもなりますので、必要以上に慰謝料を取られなかったり、むしろ状況によっては慰謝料を取ることが出来たりと奥さんから彼を守ることが出来る、あなたが出来る唯一の手段です。

実際に彼と奥さんを別れさせたいと考えているのであれば別れさせ屋の口コミ評判別れさせ屋の費用料金を確認しながら別れさせ屋を慎重に選んだ方がよいでしょう。

別れさせ屋の口コミ評判

離婚させるカテゴリの最新記事