既婚男性に離婚を決意させる方法!離婚を考える時の行動や特徴は?

既婚男性に離婚を決意させる方法!離婚を考える時の行動や特徴は?

交際している男性が既婚者で、妻とはうまくいっていないと聞いているのになかなか離婚しない。そんなときはいらいらしてしまいます。既婚男性を離婚させるには、男性の心理を知ってそれを逆手に取って行動するのが一番。男性ならではの行動心理を読むことも大切です。

既婚男性に離婚を決意させる極意と、男が離婚に傾きつつあるときの行動についてご紹介します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

既婚男性が離婚を決意するとき

人間の心は一筋縄にはいきません。あれこれ悩んだり、感じることがあって徐々に変化していきます。

離婚するつもりだ、といっている既婚男性もそうは言いつつなんのきっかけもなく離婚にふみきったりはしません。何かしら心の動きがあってそれに突き動かされて離婚に至るのが通常です。

男性特有の行動心理を解きながら、既婚男性が離婚を決意するときについてご紹介します。

 

①安らぎを感じたとき

男性は白黒をいきなりつけるというよりは、自分にとってよいことがいくつも重なって、徐々に離れがたくなっていくというパターンが多いもの。反対に言えば、どんなに姿かたちが好みであっても一緒にいると不愉快になる相手からは離れていきます。

既婚男性の場合は、妻という比べる対象があります。あなたの存在が妻よりも安らげると感じるようになれば自然とあなたと一緒に過ごすための方法を考えるようになります。

彼があなたといて安心すること。良い意味で気を遣うことなく安らげると感じるようになれば、その女性を自分のものにしたいと考え、そのために離婚するしかないと思うようになります。

 

②自分の理解者だと思ったとき

他の誰よりも自分のことを理解してくれると感じたとき、男性はその女性と共に人生を歩みたいと考え、そのために離婚を考えます。

女性の考える理解者とは共感者というイメージですが、男性の場合はちょっとちがいます。自分を認め、褒めてくれる女性。自分が忙しいときは適度に距離をとってくれるけれど、抱きしめたくなったら何も聞かずにそれに応じてくれる女性です。

女性の立場からすれば、なんて自分勝手なと思いますが、その先にある彼らの優しさを得たいのであればまずは基本的な男性の欲求を知って受けいれる必要があります。

自分の生き方を認めてくれる女性は貴重です。そんな女性でれば、どんな苦難を乗り越えても手に入れたいと考え離婚を決意するのが男です。

 

③相手の本気を感じた

人生は決断の連続です。常に何かを決めながら生きているのは男も女も同様です。自分にとってベストな選択をするための大きな判断材料となるのは、相手が本気であるかということ。

仕事において、本気の人にしかチャンスが与えられないように、男女関係においても本気の人にしかチャンスはやってきません。既婚男性にとって離婚、そして再婚というのは大きなハードルであり人生の岐路です。この選択は自分が本当に幸せになれるのかどうかの分かれ道。そこであなたの気持ちがゆれていると離婚には到底ふみきれません。

もしあなたが本気で彼と幸せになりたいと思うなら、彼はあなたの本気を感じるでしょう。そしてあなたの本気に誘発されて、離婚してあなたを選ぶことになります。本気の心が既婚男性の本気を引き出し離婚を決意します。

 

④自分のためだと気付いたとき

人は誰しも自分が大切です。恋愛関係においても、自分が幸せでいるために必要な相手と一緒にいたいと考えるのが人間です。

あなたと一緒にいることが自分にとって一番良い、ベストであると気付いた既婚男性は離婚してあなたと一緒にいることを選択します。

男性は自分が必要とされる相手と一緒にいてそれを満たしていると実感するとき、幸せを感じています。あなたといることで自分の欲求が満たされて安定して生活ができるとなれば、あなたといることイコール彼自身のためということだと理解します。

離婚することが自分のためであると既婚男性が思うと、それに向けて具体的な行動を起こすようになるでしょう。

 

 

既婚男性に離婚を決意させる具体的手段

恋の始まりは偶然であるかもしれません。また、ちょっと好みのタイプだったなどが最初の第一歩であったりします。しかし、それだけでは、既婚男性を離婚させるほどの原動力にはなり得ないのが現実です。

既婚男性を離婚させあなた一人のものにするには、対策をたててじっくり行動することがマスト。

既婚男性に離婚を決意させるための具体的な手段についてご紹介します。

 

①してもらうことを求めない

恋愛ノウハウなどでよく目にするのが、彼がしてくれることの質や量で愛の深さをはかるという方法です。それは確かに間違いではありませんが、既婚男性を夢中にさせ離婚に向かわせるにはまったく意味をなしません。

既婚者である彼らは女性に何をしてあげたら喜ばれるのかということを何となく体得していますので、がんばってそれを実行しています。すなわち、彼があなたの気に入る何かをしているのは彼ががんばっている状態です。

もし、彼を本気にさせたいのであればしてもらう軸から、与える軸に移行しましょう。彼は自宅で自分の居場所を得るために妻の機嫌を損ねないように気をつかっています。そして、あなたという彼女を失わないために気をつかっています。もしここであなたが、「気をつかわなくてよい」相手、がんばらなくてよい相手になれば彼は妻よりもあなたの元にいることに安心感をもつようになります。そうすれば、彼はあなたと一緒にいることを望みます。

彼がラクな相手でいるために、あなたは彼に何かをしてもらうことを望むのをやめて、自分から与えるというスタンスに移行するのがベストです。

 

②責めない・せかさない

女性にとって時間は非常に大切です。時間がかかればかかるほど、若さは損なわれていき結婚できる確率は下がるかもしれません。子どもを持つチャンスも下がってしまうでしょう。恋愛を時間軸で考えると、不倫は効率的ではありません。さっさと彼と別れて別の男性を探す方が絶対に近道です。

しかし、彼こそが運命の人と感じていてどうしも好きなのであれば、時間のことはもう忘れて彼を待ちましょう。男性を責めたり、せかせたりするのはいざという時だけの手段です。普段から何度もやっていると男性は息苦しくなって、離婚どころか逃げ出してしまします。

彼と結婚すると本気で決めているのなら、離婚が進まない現状を責めたりせかしたりすることなく、大らかに彼を信じて待ち続けましょう。

 

③自立する

誰でもやったことのないことをするのは不安です。安定したものを捨ててとなればさらに不安は大きいでしょう。

できるだけ彼の不安を減らすためにあなた自身が自立していることが大切です。まず、精神的に自立していること。彼はこれから妻や家庭、そして社会などと対峙して決着をつけなければなりません。大変なときにあなたのご機嫌までとる余裕はないでしょう。彼を信じてしっかり待っていられる精神力が求められます。

また、経済的にも自立しましょう。離婚やその後の生活にはお金がかかります。彼がそれをあてにしていないとしても、いざというときに助けられるだけのパワーを身につけておいて損はありません。

精神的、経済的に自立した女性でいることで、彼は安心して離婚を目指すことができます。

 

 

彼が離婚しない・できないわけ

現状で彼は離婚をしていません。あなたと交際していて、真剣である様子がうかがえるのになぜ彼は離婚をしないのでしょうか。

既婚男性が離婚しない、できないわけについて解説します。

①あなたの本心がわからない

あなたの本心がわからなくて気持ちが固まらないということがあります。女性としては、言葉や態度で表現して精一杯気持ちを表しているつもりでも、それが伝わっていないことがあるのです。

人間は言葉を使ってコミュニケーションを取りますが、その本音や深層心理はどこからともなくオーラのように発せられています。言葉では良いことを言っていてもなんとなく信じられなかったり、反対に何も言われなくても信じられたりするのはそのオーラのせいです。

あなたが心のどこかで、彼のことを信じ切れていなかったり、不安に感じているのであればそれは彼に伝わっています。そして、そんなあなたの気持ちが信じきれないことから、「離婚」まではできないでいるということがあります。

②妻に頭があがらない

夫婦は好きや嫌いの感情だけでつながっているわけではありません。運命共同体として、財産や人生を共に運営しているのが夫婦です。もし、彼が妻に頼っていることが多いのであれば離婚はなかなか思いきれなくて当然でしょう。事業の一端を妻が握っていたり、家族のことで世話になっていたりすれば、離婚によって夫婦関係が切れるだけではすみません。あなたと結婚したいから離婚とスムーズにはいかないことがあります。

男性は好きな女性に格好悪いところや都合の悪いところをわざわざ見せたいとは思っていませんので、そんな事実があったとしても話してくれないのが通常です。

離婚の話しになると彼があまり詳細を言いたがらないのであれば何か夫婦の事情があるということが考えられます。

 

③実は仲良し

ちょっと嫌な話しですが、あなたと仲良くしていながら実は妻とも仲良しということがあり得ます。夫婦関係は恋人関係とは似て非なるもの。恋愛の相手としてあなたのことを愛していても、家族として妻を大切にしているという男性は少なからず存在します。

その場合は、あなたが努力してもなかなか離婚にたどりつかないという可能性があります。最悪の場合は、この三角関係がどこまでも続いていくということもあります。

もし、どうしても彼を手に入れたいと思うのであれば、別れさせ屋を利用してみてはいかがでしょうか。少し費用がかかりますが、あなたが嫌な思いをすることなく現状を打破できるかもしれません。

 

 

こんな男は要注意!離婚しない既婚男のチェックポイント

既婚男性にとって離婚は簡単なことではありません。あなたのことを愛していても、なかなか実行に移せずにいることが殆どです。しかし中には確信犯的に離婚などするつもりなく不倫は不倫とわりきっている男性がいます。彼らのような男性に夢中になるのは時間の無駄でしかありません。チェック方法をご紹介しましょう。

まず、言い訳の多い男は要注意。一見すると、きちんと説明しているように感じるので判断を誤りそうですが、何かにつけて丁寧に説明しすぎる男性は、結局は本音を隠しているということがあります。

また、逆切れする男性や、「俺のことが信じられないのか」などでごまかそうとする男性も離婚する気持ちは低いでしょう。

あなたに好きという気持ちがあると判断しにくいのですが、もし何かしら不安があるのであれば一度冷静になって見極めておくことも必要です。

離婚するつもりがない男にはできるだけはやく見切りをつけてしまうのが、幸せへの近道です。

男が離婚を決意したときの行動

男性が離婚を決意すると、それは行動に現れます。そのときの対応次第で本当に離婚に向かうのかそれとも、やはり離婚を断念してしまうのかが決まります。彼の行動を見逃さず、上手に対処してきっちり離婚に向かってもらいましょう。

男性が離婚を決意したときの行動についてみていきます。

 

①冷たくなったように感じる

彼が離婚を決意したなら、しばらくは以前より冷たくなったと感じるかもしれません。もっとわかりやすく、連絡が途絶えたりデートが減ったりということもあるでしょう。

離婚とは真逆のように感じますが、このとき彼は離婚に向けてパワーを注いでいるため、あなたに気持ちを向ける余裕がないという状態です。

離婚をするにはあれこれと考えることも多く、彼にとってストレスが多い状態。ふわふわとしたあなたとの時間を過ごすことに気が向けられないのです。

恋人であるあなたは少しでも彼の助けになりたいと思うかも知れませんが、いまは彼一人で戦うべきとき。静かに見守ることが何よりの応援です。

少し寂しいかもしれませんが、ここは待つとき。彼の邪魔をせずに信じて待ちましょう。

 

②家族のように接する

離婚を決意すると、男性はあなたに対して家族のような振る舞いをみせるようになります。大げさではない気遣いや、遠慮のない態度がそれです。

プラスのことばかりではなく、家族のようにあえて「後回し」にされるようになることもあります。

例えば、あなたの体調や仕事を上辺ではなく「大丈夫か」と心配してくれるでしょう。反対に、すぐに連絡をしなくても大丈夫と判断されて、こちらが連絡してもずっと既読スルーでなかなか返信してくれないことが増えたりします。

良くも悪くも垣根が取れて近い存在であるような振る舞いが現れだすと彼は離婚を意識してあなたに気持ちを向けていると考えられます。

 

既婚男性を離婚させたいなら誘導が肝心!彼の態度をチェック

既婚男性に離婚を決意させる方法や、既婚男性が離婚に向かう心理について男性の行動を軸に検証しご紹介しました。

例え既婚者であっても、彼こそが運命の人と思うのであれば上手に対処をして離婚を誘導することで、未来が開けます。余計なことに惑わされずただ彼を信じてまっすぐに突き進みましょう。

人間の気持ちは態度に現れます。ただし、女性と男性ではそこにちがいがあるため読み違いがしてしまうことがしばしばあるので、感情的にならずに一呼吸おいて対応をきめるのがおすすめです。男性ならではの行動を理解して適切に対処することで彼は間違いなくあなたの元にやってくるでしょう。

離婚させるカテゴリの最新記事