浮気相手と本気でも別れない理由とは?不倫相手の本音が知りたい

浮気相手と本気でも別れない理由とは?不倫相手の本音が知りたい

「妻とはもう冷めている」「本当に好きなのは君だけ」といったセリフは、不倫をしている人が良く口にする言葉。

しかし、そんなことを言いながらも、なかなか彼が別れてくれないことも少なくありません。

そんなとき、彼の言葉を信じたいと思いながらも不安になってしまうことがあります。

では、不倫相手と本気なのに、家族と別れない男性の本音はどのようなものなのでしょうか。

今回は、本気でも奥さんと別れてくれない男の本音について解説します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

不倫女性を本気で好きといったことはある?

 

相手に「好き」と言われるとうれしいのは当然ですが、不倫の場合にはちょっと複雑な気持ちになることがあります。

「相手は本気で言ってるの?」、そんな疑問を持ってしまう人も多いかもしれません。

どれだけ相手のことを信じたい気持ちがあっても、不倫の場合にはどうしても不安な気持ちになりがち。

もし男性がなかなか奥さんと別れてくれない場合など、どうしても相手を信じることができなくなってしまいます。

しかし、実際には多くの既婚男性が不倫相手に対して「好き」「愛してる」という言葉を口にしているものです。

では、その言葉は本心なのでしょうか?

実は、既婚男性が「好き」と言うとき、それは本気であることがほとんど。

というのも、家庭のある既婚男性の「好き」は独身の男性とは重さが違うから。「好き」ということで複雑な問題になるのを知っていながら、あえてそれを口にすることで相手に本心を伝えようとしています。

そのため、既婚男性が「好き」という場合、その言葉は本気だと考えることができるでしょう。

 ⇒既婚者を好きになって辛い時の対処法!彼の気持ちを手に入れる方法とは

 

浮気相手と本気でも家族と別れない理由

 

相手のことが好きなら、奥さんとは別れるはず!

不倫している女性にとっては、それが当然のことと思いがちですが、実際には浮気相手に本気になっていても奥さんと離婚したり、家族と別れないということも多いものです。

では、なぜ男性は本気の場合でも、家族と別れようとしないのでしょうか。

 

経済的な問題

男性が奥さんと離婚しないという場合、経済的な問題が関係していることがあります。

たとえば、不倫が理由で離婚する場合、奥さんに慰謝料を支払わなければならないというのが一般的。それは決して、気軽に考えられる金額ではありません。

さらに共稼ぎの場合には、簡単に言って収入が半分になってしまうため、それまでの暮らしのレベルを維持できなくなってしまう可能性も。

また、持ち家で名義が奥さんになっていたり、マンションの頭金を義理の両親に援助してもらっているといった問題も、簡単に離婚できない原因になっています。

 

子どもがいる

結婚していても子どもがいないという場合には、男性は比較的身軽に離婚に踏み切れるもの。

しかし、子どもがいるとなると話は別です。

たとえ夫婦の間が上手く行っていなかったとしても、子どもには愛情があるという男性は多いもの。

それだけでなく、子どもには両親が必要だと考えている人も少なくありません。

その場合、子どもが成人するまで離婚を待つということになってしまいます。

また、離婚したあとは子どもは母親が引き取ることが一般的ですが、子どもに父親がいないということがハンデキャップとなる場合も考えられます。

さらに、妻が新しい男性と再婚した場合、血のつながらない父子関係で子どもが幸せになれるかなどを考えると、どうしても離婚に踏み切れなくなってしまいます。

 

妻に気持ちが残っている

「不倫の相手に本気なら、奥さんとは離婚するはず」というのは当然の考えです。

しかし、「不倫相手に本気でも、奥さんにも気持ちがある」という男性は意外に多いもの。

むしろ、夫婦関係が上手く行っていないにしても、一度は愛し合った相手に対して、何の気持ちも持っていないという人は少数派かもしれません。

もし子どもが出来て自分の相手をしてくれなくなったといった理由が不倫の引き金になった場合では、心の中に奥さんに対する自責の念があるもの。

その場合、男性はどうしても離婚をためらってしまいます。

 

バツをつけたくない

離婚してしまった場合、気になるのが世間体です。

会社によっては、プライベートなことは問題にしないというところもありますが、保守的な企業では離婚が出世に対してマイナスに働くことがあります。

また、男性の中には両親に反対されて離婚しないという人も意外に多いもの。

両親の世代では離婚というのは非常に重いもので、できれば離婚だけは避けて欲しいと考えることもあります。

さらに「友人に祝福してもらって結婚したのだから離婚は避けたい」「上司にどう話したらいいのか分からない」といった理由も。

「妻とは上手く行っていないけれど妻の家族には感謝している」というケースもあり、問題が一層複雑になっていることもあります。

 

「本気」は口だけ

すでに説明したように、既婚男性が「好き」という言葉は重いもの。

しかし、男性の中には気軽に「好き」「本気」などと口にする人がいます。

このタイプの男性は生来の浮気者。誰にでも同じような言葉を口にして、浮気をしては奥さんの元に戻るということを繰り返しているはず。

そんな男性は、いくら「本気」だと言っても、決して奥さんと離婚することはないでしょう。

 

「不倫」自体を楽しんでいる

男性の中には「不倫」という状態を楽しみたいために離婚を避ける人もいます。

そんなタイプの男性にとっては「不倫をしている」という状態こそ魅力的なもの。

逆に不倫ではなくなってしまうと、急に情熱の炎が消えて、相手に魅力を感じなくなってしまいます。

そのため、相手に本気であったとしても、できるだけ「不倫」を続けようとします。

 

結婚はこりごり

一度でも結婚したことがある人であれば、結婚生活の長所も短所も分かっているもの。

結婚生活は楽しい部分もあれば面倒なことも少なくありません。

独身に比べると自由な時間は少なくなり、自由になるお金も少なくなります。

そのため、男性が「現在の妻と結婚して不倫相手と再婚してもまた同じことになってしまう」と考えるのはある意味、自然なことです。

 

今後のことを考えている

仮に奥さんと別れた場合でも、男性が「不倫相手と結婚してもよいのだろうか」と悩むことがあります。

というのも、不倫で略奪婚をした場合、どうしても周囲から向けられる目は冷たくなりがち。

再婚したとしても、男性の両親に温かく迎えられるということはほとんどありません。

さらに、不倫で離婚した場合には、それが原因で慰謝料や養育費など、経済的な負担が増えることも考えられます。もしかすると、以前のように仕事を続けられないといった可能性もゼロではありません。

今後のことを考えると、相手を幸せにできる自信がない。それが離婚をためらわせていることもあります。

 

妻が離婚しようとしない

どれだけ夫婦関係が冷え切っていて、男性が離婚を切り出していても、妻が決して同意しないというケースは多いものです。

妻が専業主婦の場合、夫と離婚してしまうと金銭的に苦しくなるのは目に見えています。もちろん、慰謝料や養育費などを請求することはできますが、それがきちんと支払われるという保証はありません。

さらに奥さんには「相手が幸せになるなんて許せない」という感情があります。

そのため、男性に気持ちがなくても、男性が幸せになることを邪魔しようとして離婚に応じないことも。

男性側からしても、どれだけ離婚をお願いしても同意を得られないと、そのうちに疲れ果ててしまいます。

その結果、不倫相手に本気になっていても離婚が実現しないという可能性もあります。

 

面倒なことを避けたい

離婚というのは非常に大きな労力が必要なもの。

結婚のように幸せなイベントであれば頑張ることもできますが、離婚の場合にはただひたすら我慢を続けなければならないことも。

特に不倫が原因になってしまうと、長期間の裁判なども考えられるため、おうしても消極的になる男性も多いもの。

また、そもそも妻に離婚を切り出すというのも、非常に気の重い作業です。

妻が同意してくれなければ、相手を説得しなければならず、もし同意してくれたとしても、子どもの親権や財産分与など、決めなければならないことは次々に発生します。

それに加えて、離婚することをお互いの両親や親しい友達に報告しなければならないなどと考えると、離婚についての手続きを始める前にうんざりしてしまう可能性もあります。

 

不倫で付き合っていて気持ちが変わるのか?

 

本気で「好きだ」と言われても、なかなか男性が離婚に踏み切らない場合、相手を信用できなくなってしまうことがあります。

人の気持ちは変わってしまうもの。相手が離婚してくれなければ、気持ちも変わってしまうことも。

では、不倫の関係を続けていて、気持ちが変わってしまうことはあるのでしょうか。

結論から言えば、関係が長くなればなるほど気持ちは変わってしまうもの。

といっても、「好き」という気持ちが「嫌い」になるというよりも、遊びだったものが本気になるケースの方が圧倒的に多数です。

長く一緒にいれば、お互いの様々な部分が見えてきます。同時に感じるようになるのが「情」。

一度情が生まれれば、なかなか関係を断ち切ることは難しくなります。

気持ちの変化が生まれるのは当然ですが、だからといって必要以上に不安になることはないといえるでしょう。

 

本気かどうか確かめる方法

 

もし不倫の相手が「本気だ」と言っていても、それが本当かどうかはなかなか知ることができないもの。

特に不倫に慣れている浮気の常習者ほど、口が上手く、説得力のある言葉を使ってそれが本当のことだと思い込ませようとします。

では、相手の既婚男性が本当に本気なのかどうかはどうやって確かめればよいのでしょうか。

以下の記事では、相手が本気になっているのかどうか、本気度が分かる行動を紹介しています。相手の本気を信じられないというときには、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 ⇒既婚男性が本気になったらどうなる?本気度がわかる7つの行動!

 

最終手段!相手を離婚させる方法は?

 

相手も本気なのに、どうしても離婚してくれない!

もし、相手を確実に離婚させたいというときには、「別れさせ屋」に依頼するという方法があります。

「別れさせ屋」というと、あまりよくない手段というイメージを抱いている人も多いかもしれませんが、実際にはお互いの気持ちを傷付けず、自然な形で離婚に結び付けてくれる存在。

以下の記事では別れさせ屋の口コミやおすすめの業者についてご紹介しています。

 ⇒別れさせ屋の口コミ評判や別れさせ工作徹底比較ランキング

 

既婚男性は一時の感情で離婚に踏み切ることはできない

 

不倫をしている男性の過程には様々な事情があります。

経済的・社会的な問題はもちろん、個人の感情だけをとってもかなり複雑なもの。

そのため、既婚男性が一時の感情や勢いだけで離婚に踏み切るのは難しいことも。

しかし、ただ待っているだけでは時間だけが過ぎてしまいます。

そんな場合には、まずは相手の本気度確かめてから、別れさせ屋などを利用するという方法もおすすめです。

別れさせるカテゴリの最新記事