既婚者が指輪しない心理は浮気目的?独身男性の見分け方が知りたい!

既婚者が指輪しない心理は浮気目的?独身男性の見分け方が知りたい!

男性が既婚者かどうかを知りたい場合、まず最初にチェックするのが左手の薬指。指輪をしていたら既婚者で、していなかったら独身と考えることができます。

ただし既婚者であっても指輪をしていないことがあります。なぜ既婚者なのに指輪をしていないのでしょうか。

さらに既婚者の中には、結婚していることを隠すために指輪を外している人も少なくないもの。

では、どうすれば指輪を外した既婚者を見破ることができるのでしょうか。

今回は指輪をしない既婚者の心理や、独身を装った既婚者の見破り方を紹介します。

 

【※既婚者の本心を確かめたいなら!】

 ⇒既婚者男性の脈ありサインはコレ!振り向かせ必勝法を伝授!

 

 
 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

不倫願望を持っている男性は意外と多い

芸能人の不倫がニュースになることもありますが、一般人でも不倫は社会的にも大きなリスクを伴うものです。

それでも不倫願望を持っている男性は非常に多いもの。

不倫といえば、結婚生活が上手く行っていない男性や、現在の妻と別れたい男性だけがするものと考えがちですよね。

しかし、実際には家庭が上手く行っていて、妻との離婚をまったく考えていない男性でも、不倫のチャンスを狙っている人は少なくありません

男性が不倫に走る理由には、妻以外の女性と関係を持ちたいというだけでなく、刺激的なことをしたい、男性として認められたい、恋愛がしたいなど様々なものがあります。

 

指輪を付けない既婚者の心理

結婚指輪は、永遠の愛を誓うもの。そのため、結婚している人は必ず指輪をしているものと考えがちですが、既婚者でも指輪と付けないという人もいます。

では、指輪を付けない既婚者の心理とはどのようなものなのでしょうか。

 

指輪を失くすのが怖い

結婚指輪はほとんどの場合、非常に高価なもの。

また、思い入れのあることも多く、もし失くしたらと思うと、普段は身につけずに自宅で保存したいという男性も少なくありません。

お酒を飲む男性の中には、財布やスマホなど貴重品を失くして困ったという経験のある人も。そのため、結婚指輪を紛失しないよう普段はあまり身につけないようにしている人もいます。

いつもは持ち物を失くさないという男性でも、体型が変わると、指輪が指から抜けやすくなってしまうもの。

特に男性は指輪をつけ慣れていない人も多く、もし指輪が抜けてしまったとしても、気づかないことがあります。それを避けるために、いつも指輪を外していることがあります。

 

独身だと思われたい

結婚指輪は既婚者であることを証明するもの。男性が結婚指輪をしていないというとき、既婚者であると思われたくないという心理が働いているかもしれません。

その場合、積極的に浮気をしたい、不倫をしたいというわけではないケースもあります。

たとえば合コンなどでは、指輪をしている既婚者は女性にとってはじめから対象外になるもの。自分も男性として見て欲しい、女性にモテたいという願望で、既婚者が指輪を外すことがあります。

また、「結婚指輪をしているのは愛妻家のようで恥ずかしい」という既婚男性もいます。

このタイプの男性は浮気や不倫が目的というよりも、同性である男性の視線を意識していると考えればよいでしょう。

 

指輪をするのに抵抗がある、サイズが合わない

女性にはちょっと理解できないかもしれませんが、いまだに男性の中には「男が指輪をするのはおかしい」と思い込んでいる人がいます。

そのタイプの男性は、指輪をすること自体に抵抗があり、結婚していても指輪を外しています。

また、結婚してから太ったり、サイズが変わってしまったという場合、指輪を窮屈に感じたり、邪魔に思えてしまうことで、指輪を外すことがあります。

特に男性は中年になると太りやすいもの。

最初は左手の薬指にしていたものがサイズが合わなくなり、結婚指輪を付けること自体止めてしまったというケースも考えられます。

特に、大きくサイズが変わってしまうと、指に血液が届かず、指がきちんと動かないということもあるため、結婚後に太ってしまった男性は指輪を外してしまうことが多いようです。

 

金属アレルギーだから

指輪だけでなく、金属製の時計なども付けていないという場合には、金属アレルギーで指輪が身につけられないという可能性もあります。

金属アレルギーとは、皮脂や汗と金属が反応して、痒みや赤みなどが生じてしまう症状。

結婚まであまりアクセサリーを付けた経験がなく、結婚指輪を付けてから金属アレルギーに気が付いたという男性も少なくありません。

金属アレルギーだという人の中には、睡眠不足や体調不良のときだけ痒くなるということもあるため、指輪を付けたり外したりしているという人もいるようです。

 

気分だけでも独身でいたい

結婚指輪には、既婚であることを周囲に知らせて浮気防止の効果もあるもの。

すべての男性が浮気をするというわけではありませんが、「浮気はしたいけどできない」という人は珍しくありません。

こういった男性は、指輪を外して気分だけでも独身に戻ることを楽しんでいます。

中には「飲みに行くときだけ指輪を外す」という男性もいます。

これは「楽しく遊んでいるときに、指輪を見ると現実に戻ってしまうから」と言う心理が働いているから。

飲みに行ったり、遊びに行ったりしたときに指輪を外している男性はワンナイトラブを狙っている可能性もあるため、女性はしっかりと既婚かどうかを見分ける必要があります。

 

仕事上の理由

男性の多くは、一日のほとんどの時間を仕事に費やしています。その仕事の内容によっては指輪ができないということもあります。

事務や営業といった仕事では指輪をしていてもほとんど問題はありませんが、精密機械を扱う仕事や、建築現場などの力仕事でも、指輪をするのは避けたほうがよいもの。

こういった仕事の場合、指輪が傷ついてしまったり、仕事自体ができないということがあります。

その他にも、食品を扱う仕事でもあまり指輪を付けることはありません。

たとえば生の食材を扱う料理人の場合、指輪をしているのはお客さんとしてもあまり歓迎できないもの。

こういった特定の職業では、結婚指輪をしている人のほうが少数派といえるでしょう。

また、企業によってはデスクワークの男性でもアクセサリーがNGというケースもあります。

そういった仕事をしている男性の場合、平日の仕事の時間に指輪をしていないと、休日もついつい指輪をするのを忘れてしまうもの。

男性が指輪をしないことにはこういった理由もあります。

 

今日は嫁を忘れるというアピール

既婚者の男性が指輪を外すのは、何かをアピールしたいというケースも少なくありません。

たとえば、今日は嫁を忘れる、家庭には帰らないなど、指輪を外すことで一緒にいる女性になにかのメッセージを伝えようとしていることが考えられます。

このタイプの男性は、浮気や不倫に慣れている可能性も高いため、確信犯ということができるでしょう。

 

夫婦関係がうまくいっていない

結婚指輪は夫婦生活の象徴です。いつも指輪を付けているのは、妻のことを身近に感じていたいから。

しかし、もし夫婦関係がうまくいっていない場合には、指輪を見るたびに自分の家庭のことを考えてイライラしてしまうことがあります。

また、別居していてすでに夫婦関係がないという場合にも、多くの既婚者は指輪を外しているものです。

そのため、既婚者が指輪を外しているときには、夫婦関係が冷めていたり、すでに別居状態に入ってしまったというケースもあります。

 

既婚男性を本気で奪いたいなら】

 ⇒略奪婚!成功までの4か月を徹底解析!成就と失敗の分かれ目はコレ

 

 

指輪を外した既婚者を見破る方法

既婚者の中には、指輪を付けている人も外している人もいるもの。

そのため、左手の薬指を見ただけでは、その男性が既婚者かどうかを見分けるのは難しいものです

では、指輪を外した既婚者を見破るにはどのような方法があるのでしょうか。

 

指のへこみをチェック

いくら結婚指輪を外したとしても、指輪を長期間付けていると、どうしても指輪の跡が出来てしまうものです。

さらに結婚している期間が長くなると、その間に太ってしまうことも多く、どうしても指に指輪の跡が入ってしまいます。

もし結婚指輪を外したとしても、左手の薬指に跡が出来ている場合や、不自然なへこみがある場合、既婚者が指輪を外していると考えたほうがよいでしょう。

 

指輪の部分が日焼けしていない

既婚者の中には、結婚してからも体型を維持している人や、逆に痩せたという人もいるもの。

その場合、指にへこみや跡ができることはありません。

そんなとき、チェックしたいのが指の日焼けです。

スキンケアや日焼け止めを使っていない男性は、指輪をしていると、どうしてもその部分が日焼けしてしまいます

特に体型維持やダイエットのためにスポーツをしている男性は日焼けしやすいもの。

もしへこみがなかったとしても、指輪型の日焼けがある場合は既婚者だと考えるべきでしょう。

指を触っていることが多い

普段は指輪をしているのに、一時的に外しているという場合には、どうしてもその指が気になるものです。

もし男性が、なにもない左手の薬指を触っている場合、普段は指輪をしているという可能性があります

 

財布の中を調べてみる

もし既婚者が指輪を外している場合、その指輪はどこにあるのでしょうか。

もちろん既婚者は帰宅するときには指輪を付けているため、どこかに隠し持っているはず。

ズボンや上着のポケットに入れているという人も多いものですが、それ以上に多いのが、財布の小銭入れに隠すという方法です。

小銭入れなら指輪を失くす心配もなく、必要なときにすぐに指に戻すことができます。

もし機会があれば、財布の中をチェックしてみましょう。

 

シャツやハンカチにアイロンが掛かっている

独身の男性の場合、なかなか服装の手入れには気が回りませんが、既婚者は多くの場合、奥さんがしっかり身だしなみに注意しています。

そのため、既婚者の場合はシャツやハンカチにもきちんとアイロンが掛かっています。

シャツならクリーニングに出してそのままという可能性もありますが、ハンカチをクリーニングに出す人は少ないため、ハンカチがどのような状態かで既婚者かどうかを見破る方法もあります。

その際、柔軟剤の香りなどがすると、さらに既婚者の可能性が高くなります。

 

「家に行っていい?」と尋ねる

既婚者が何よりも困るのは女性に家に来られること。

そのため「家に行っていい?」と尋ねるのも効果があります。

もし既婚者の場合、様々ないいわけをしてできるだけ家に来られないようにします。

「実家だから」という嘘をつく既婚者もいますが、その場合には「家族にも会いたい」などと言ってみて相手の反応を確かめましょう。

 

乗っている車を確認する

男性の中には車が趣味だという人も多いもの。

もしその男性が既婚者かどうかを知りたいなら、どんな車に乗っているかをチェックしてみましょう。

もし既婚者なら、大勢が乗れるワゴンタイプの車や、ファミリーカーを選んでいるはず。

また、車の助手席や後部座席にチャイルドシートを固定した跡がある場合や、シートの下に子どものためのお菓子などのゴミがある場合にも既婚者の可能性が高くなります。

 

自分の行動を気にしない

男性が恋人を束縛するかどうかは人によって異なりますが、もし既婚者であれば、相手を束縛する可能性はほぼゼロです。

たとえば友達に合コンに誘われたという場合、何も心配せずに「行ってらっしゃい」と言えるのは、自分にも家庭があるから。

もし自分の行動をまったく気にしない、束縛しないという場合、余裕のある男性というだけではなく、既婚者だからかもしれません。

 

既婚かどうか直接質問する

相手が結婚しているかどうか知りたいなら、もっとも早いのが既婚かどうかを直接質問してみること

もちろん、「実は結婚している」と認める男性もいますが、中にはごまかそうとする場合もあります。

その場合には、これまで紹介したチェックポイントについて、男性に尋ねてみましょう。

その場合にもいいわけで逃げようとするかもしれませんが、必ず態度が不自然になるため、その態度で既婚かどうかを見破ることができます。

 

【※既婚者を本気で落としたいなら】

既婚者なのに片思い!男を落とすテクニックと脈ありサイン

 

まとめ

指輪をしていない理由は男性によっても様々。中にはどうしても指輪ができないというケースも少なくありません。

ただし、独身のふりをしたいからと結婚指輪を外している男性には要注意。

独身だと思って付き合っていたら実は既婚者だったという場合、女性が受けるダメージは精神的なものだけではないこともあります。

指輪をしているかどうかだけなく、相手が本気かどうかを確かめることも重要です。

 

不倫成就カテゴリの最新記事