既婚者と両想いの確信が欲しい!脈ありのキッカケを徹底検証

既婚者と両想いの確信が欲しい!脈ありのキッカケを徹底検証

シングル同士であってもなかなかわからない相手の気持ち。

片思いの相手が既婚者であればなおさらわかりにくいものです。好きな素振りを見せていても両想いの確信が欲しいですよね。

実は、両想いの判定方法にはポイントがあります。

本記事では、既婚男性が出すサインや、その後の発展のさせ方、既婚男性と付き合う上での注意点についてご紹介します。

既婚者男性と両想いが確信できるサインとは?

男性からの脈ありサインは女性からするとわかりにくいことが多いものです。特に男性が既婚者の場合、周囲への配慮や思惑がからむことからさらに判定が難しいもの。

わかりにくいとはいえ、本人が何かしら脈ありサインを出しているのでそれを見逃してしまうと両想いになるべきせっかくのチャンスを流してしまうということがあります。

見逃しを防止し確実に相手との距離を詰めるために、既婚男性からの脈ありサインについてみていきます。

自分の話しをしてくる

男性は認めて欲しい相手や好意をもって欲しい相手に対して自分の話しをしてきます。これは異性としての好意だけでなく、好ましいと思った相手に対しても同様にとる行動です。

単に好ましい相手に対しては、自分のことだけでなく配偶者や子どもの話しを交えますが、異性として意識している相手には家庭の話しはあまりしません。あくまで自分個人についての話しをしてくるでしょう。

趣味の話しや仕事の話しなど。「俺」の日常や考え方についてあれこれ語ってくるようであれば気がある可能性があります。

 

簡単に誘ってこない

遊び好きな既婚男性であれば異性に声を掛けるときは調子よく、特に後先のことまでは考えていません。

ごく一般の既婚男性は気になる女性に対しては簡単に誘いかけるようなことは殆どしません。軽はずみな行動で噂が先行したり、女性が気を悪くして現状の関係が気まずくなることを望まないからです。

誘ってくれないから気がないのではなく、気があるから誘わないのです。

 

ポイントを絞って連絡がくる

既婚者の男性はラインやメールといった個人的連絡ツールを気になる女性に多用しません。

既婚男性は配偶者が、夫の下心を見抜くのが得意であることを知っているため、疑われるような行動は本能的に避けます。そのため何とも思っていない異性に対しては気兼ねなくメッセージを送りますが、好きな女性には防御反応が働き送ることができません。

好きな女性に対しては、いざというときポイントを絞って連絡がきます。飲み会お疲れさまメッセージや、お年賀メッセージなど。

日常的に連絡が来ないのに、ポイントを絞ってメッセージが送られてくる場合は脈ありといえそうです。

 離婚させる心理学テクニック!彼を夢中にさせる【悪用厳禁】

 

既婚者男性と両想いになれるきっかけは?

配偶者や家族との関係がどうであれ結婚している以上、家庭外にの女性に目を向けるのは本来タブーです。相手が既婚男性の場合、お互いに憎からずと思っていてもそこから先がなかなか発展ないことが多いもの。

既婚男性との関係が片思いから両想いに進むきっかけについて解説します。

信用を得られたとき

シングルの男性なら、気になる女性に振られても自分が傷付くだけのことです。既婚者の場合はそうはいきません。アプローチをしかけ失敗した上にそのことが周囲や配偶者にバレでもしたら大事です。

男性はそもそも慎重な生き物です。多分、女性が自分のことを好きだろうと思っていてもそれが勘違いだった場合を考えると行動に移すことができません。女性が自分のことを絶対に好きだと確信でき、かつその女性が信用のおける人物だと認識したとき、既婚男性は安心して自分の心をさらけ出すことができるのです。

既婚男性から信用を得られたとき、恋の扉が開きます。

共通のこと

人間関係は共通の「なにか」があれば仲良くなりやすいものです。異性同士、相手が既婚男性であってもそれは同じこと。趣味や、出身地、好みに共通することがあれば関係が進む可能性があります。

共通のこと、というのは探せば一つや二つは必ずみつかります。既婚男性との共通点を探し出しそこをアピールすることで両想いに一歩近づきます。

告白とふとしたはずみ

愛の告白はできれば男性からと考える女性も多いでしょう。しかし相手が既婚男性の場合はシングル女性側からの告白がオススメです。はっきりと意志表示をして、相手にそれから先をゆだねるのがベスト。

既婚男性の方に脈がある場合は、いずれタイミングを見計らって両想いに進めてくれるでしょう。それは一見、偶発事故を装って進むこともありますが、男性は確信的に行動しています。

女性からの告白と、ふとしたはずみ風な出来事が重なって両想いに進むことがあります。

 

既婚男性との交際で辛いこと

好きな男性が既婚者の場合、両想いになることを目標にしてしまいそれから先の出来事を冷静に予測できていないことがあります。

両想いになってからこんなはずでは、と苦しまないために、既婚男性と交際するデメリットもきちんと把握しておくことが安心です。

既婚男性との交際で起こり得る辛いことをみていきます。

全てを自分のものにできない

人を好きになるとその人の何もかもを知りたいと思い、できるだけ多くのことを共有したいと考えてしまいます。相手が既婚者であればそれは突っ走らない方が賢明。既婚者であるということはベースに家庭があるわけですから、相手のことを知れば知るほど背景にいる配偶者や子どものことを知ることになります。

社会人であれば一日の多くの時間を仕事に費やします。既婚者は仕事以外の時間の多くを家庭で使います。彼が恋愛に割く時間は、それらの合間の一部ということになります。

交際が進むにつれ、自分が介入できない部分が彼にあるという事に苦しめられていくことがあります。

 

未来がみえない

既婚男性との交際の未来は、このまま続けるか、別れるかしかありません。中には略奪婚に発展するカップルもありますが、そこに至るにはお互いの努力と運が必要です。

未来が見えぬまま、ただ目の前の快楽だけを追い求めている関係は虚しさが伴います。あなたの年齢によっては、既婚男性と交際することで、適齢期や子どもを持つチャンスを見送ってしまうことがあります。

交際が長引くと男性側は既に結婚しているため、一時期は気持ちが燃えても徐々に鎮火し現状維持のぬるま湯から動こうとしにくくなります。

計画なく好きという気持ちだけでスタートすると、未来がみえないまま時間だけが過ぎていくということがあります。

 

自分が本当に幸せなのかわからない

片思いのときは、両想いになれば自分は幸せになると思うでしょう。シングル同士の場合、結婚というキーワードがなくとも、見ている方向が同じであれば幸福感を持続することができます。

男性が既婚者の場合、女性側は自分にはない家庭を持っている男性とどこか平等ではない、という潜在意識がくすぶっていることがあります。その場合、一緒にいるときは幸せなような気がしても、一人になるとどうしようもない孤独感や寂しさにさいなまれ、自分が幸せなのかどうかわからないと感じることがあります。

既婚男性との交際はどこか満たされることがないままであることがあるでしょう。

 ⇒略奪婚のその後は幸せ?不幸?後悔してる?略奪婚でも幸せになる方法

 

既婚男性と交際する上での心得

既婚男性との恋愛はシングル同士のそれとは異なる心得や配慮が必要です。通常の恋愛と同じつもりで行動してしまうとときに破局につながってしまうことも。

不倫恋愛を遂行する上で気にかけておくことについて解説します。

 

相手の立場を理解する

既婚男性はどんなにあなたのことが好きであってもまだ誰かの夫であることを忘れてはいけません。彼は配偶者や子どもについても気を配らなければならない立場なのです。

また、職場においては不倫恋愛が仕事に悪影響を及ぼしたり、会社によっては人事査定に響いてくることがあります。従って、彼としては不倫恋愛を最優先事項にすることは難しいということです。

それらのことを理解し、一見自分がないがしろにされたり都合よくあしらわれたりしているように感じても既婚男性を責めずに愛するという覚悟が必要です。

 

他人に二人のことを話さない

恋が軌道に乗るとついそのことを誰かに話してしまいたくなることがありますが、不倫恋愛の場合それはタブーです。第三者の口を介して職場や、男性の家族にバレてしまうことがありそうなれば、二人の関係も壊れてしまいます。

また、もし将来的に彼との恋愛が終わった場合、かつて不倫恋愛の相談をしていた人が口外してしまうことがあります。不倫の既往歴は誰にも知られないに越したことはありません。

二人のために、自分ために既婚者との恋愛については口を慎みましょう。

 

略奪婚をしたいなら手順を踏む

不倫恋愛を一生ものにしたいなら略奪婚という手があります。略奪婚はシングル男性を結婚に導くのに比べ大きなハードルがあります。お互いが愛し合っているのはもちろん、男性が離婚を決意し、次にようやく結婚があります。

その一連の事象を遂行するには、強い気持ちと運、そして冷静な判断による正しい手順で進めることが重要です。

当事者だけでは思うように進まないというときは、別れさせ屋に相談してみましょう。第三者、プロに介入してもらうことで確実に着実に話しを進めることができます。

 ⇒略奪婚で成功したブログを徹底検証!後悔しない秘訣とは?

 

既婚者との両想い!ルールを守って自分を大切に

既婚者との恋愛について、脈ありの見極め方から交際への発展方法、お付き合いする上での心得について解説しました。

既婚者との恋愛は珍しいものではなく、両想いになれることもあります。但し、相手が既婚者である以上、シングル同士の恋愛とは違う点があるのが実状です。不倫恋愛のデメリットを把握し、覚悟をきめておくことで後悔のない恋愛ができるといえます。

「好き」という気持ちだけで行動せず、冷静に未来を見据え自分にとって最良の選択をし続けることで本当の幸せを掴み取ることができます。

本気で別れさせたいなら

CTA-IMAGE 浮気・不倫相手、もしくは既婚者の方を別れさせたい…と考えている方へ
好きな人を別れさせ、本気の恋を叶えたいなら別れさせ屋を利用してみましょう。
この記事ではおすすめの別れさせ屋をランキング形式で掲載しています。

不倫成就カテゴリの最新記事