別れさせ屋と弁護士!どちらを利用すべき?違いとそれぞれの特徴を解説

別れさせ屋と弁護士!どちらを利用すべき?違いとそれぞれの特徴を解説

ひとつのカップルを別れさせるのは簡単ではありません。どうしても別れさせたい相手がいるなら、プロの手を借りるのが成功の近道ですが、そのときに弁護士を頼るか、または別れさせ屋を頼むのか、迷うところです。「別れ相談」について、別れさせ屋と弁護士にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、それらの特徴を理解した上で自分の事情にあった方を選ぶべきでしょう。

別れさせ屋と弁護士の違いや、どちらを選ぶかを判断するために知っておきたいことについてご紹介します。

当サイトおすすめの別れさせ屋

  • 業界最大手の別れさせ屋(実働回数型)
  • 予算に合わせた対応が可能
  • お試しプラン、返金制度ありで安心
  • 着手金30万円、成功報酬10万円~で業界でも低水準の料金設定

匿名OK・オンライン依頼も可能!

弁護士を利用するメリット

まずは弁護士を利用するメリットについて。

弁護士を利用すれば当然ですが法律に準じた手続きがスムーズに運びます。相手の行動で法律に抵触するところがあれば、それをチェックすることができますし、別れる上での条件などは法律に乗っ取って決めることができます。法律に守られていることから、違反などについての罰則もはっきりしているでしょう。

弁護士であれば公的な届け出だけに留まらず、必要であればあらゆる書面作成が可能。男女間の問題の解決を、口約束ではなく法律家が介入した書面にすることで、約束が守られなかったときの準備をしておく助けにもなります。

弁護士は国が認めた資格であり、法律に従って対処します。法律で解決できる四角四面な問題であればたくさんのメリットがあるでしょう。

弁護士を利用するデメリット

男女を別れさせたい、別れたいときに弁護士が役立ちます。しかし、状況や希望によっては弁護士の仕事ではどうにもならないこと。力が及ばないことがあります。

別れさせに弁護士を利用するデメリットについてみていきます。

別れさせるための力は弱い

弁護士は直接に別れさせるための行為はしません。もちろん、依頼者が別れたいのに相手が別れてくれないなどであれば、スムーズにことを運ぶためのアドバイスは法律の範囲でしてもらえるでしょう。しかし、別れるため、別れさせるために弁護士が直接に発動することはありません。

アドバイスだけでなんとかなればそれに越したことはありませんが、男女間の問題はそうは思うようにいかないもの。結局のところ弁護士に依頼すれば、別れさせや別れの行為自体は自分で何とかするしかないのがデメリットといえます。

法の範囲以外の事案は受けてもらえない

法の元に結ばれた婚姻関係に関すること、すなわち離婚や内縁関係の問題などについては弁護士が活躍する場面がたくさんあります。

しかし、恋人関係でのトラブルや不倫相手を離婚させたいなど法律の範囲外の事案について、弁護士は関与してくれません。部分的に助けとなることはあっても、往々にして依頼者の希望に沿うとはいかないでしょう。

男女の問題は法律の定めだけで何とかなるものではありません。人の心やイメージに関わることが多いのですが、弁護士はそこに踏み込むことはできないというデメリットがあります。

別れさせ屋を利用するメリット

別れさせ屋は、男女を別れさせる、別れるためのサポートサービスです。名前を知っていても具体的にどんなことをしてくれて、どんなときに領すればよいのか分からない人も多いよう。

ここでは、別れさせ屋の特徴と利用のメリットについてみていきます。

関係性を問わず引き受け可能

別れさせ屋が引き受ける事案は、別れさせたい相手や、別れたい相手との関係性を問いません。

例えば、依頼者が既婚者と交際していて、配偶者と離婚させたい。依頼者が既婚者で婚外恋愛をしている不倫相手と別れたい。依頼者の子息とその恋人や配偶者を別れさせたい、などにも別れさせ屋であれば対応できます。

弁護士であれば、法律で認められる関係を守るため、または解消するときにしか基本的に動けませんので、この点が別れさせ屋の大きなメリットといえます。

依頼者が望む幸せを手に入れるために必要な「別れさせ」を引き受けてくれるのが、別れさせ屋です。

別れさせの工作が可能

別れさせ屋はその名の通り、別れるため、別れさせるためのノウハウを持った業者です。

男女関係は二人の合意によって成り立っていますので、本来であれば一方の気持ちが冷めてしまえばそれ以上の継続はできないもの。しかしながら、実際には相手が同意しなければ円満に別れることはできません。

また、結びついた男女については、それが一般社会に反するものだからと第三者が正論を並べたところで引き離すことはできないのが現実です。

セオリー通りに進まないのが男と女。

別れさせ屋はそんな場面に、プロならではの企画と工作を使って「別れられるよう」に持っていきます。

もちろん、工作は合法の範囲で行いますので、トラブルなどを避けて実行します。

弁護士の場合、「別れ」そのものは当事者同士の問題として法律に抵触することがあるケース以外は直接に介入しませんが、別れさせ屋であれば「別れること」にスポットをあてたサービスを受けられるというメリットがあります。

別れさせ屋を利用するデメリット

別れさせ屋は男女を別れさせたいとき、別れたいときに役立つサービスです。しかし、利用の上でデメリットもあり、それを知らずに利用すれば「そんなはずではなかった」という残念な結果になることも。

別れさせ屋を利用するデメリットについてみていきます。

 

業者選びが難しい

別れさせ屋について警鐘を鳴らす弁護士の意見がみられます。

実際に、別れさせ屋の中には悪徳な業者もあり、過去には刑事事件もありました。しかし、これは一部の別れさせ屋で起こっていることで、ちゃんとした業者を選べば問題はありません。

ただ、別れさせ屋という仕事には国家資格や国や協会が定めたガイドラインはありませんので、どの業者に依頼するかは自分の目利きが必要。そこがデメリットだといえます。

ただし、弁護士の中にもトラブルを引き起こす人がいたり、事件を起こす人がいますので、選び方についてはこちらも注意してかかることが必要です。

法律手続きが必要な場合は対応が難しい

別れさせ屋は「別れること」「別れさせること」に特化した業者です。別れることで起こり得る財産分与や、慰謝料、養育費などについては基本的には範囲外です。

もちろん、別れさせ屋のプロであれば、離婚や別れにまつわる法律上の問題点、起こり得ることについては熟知していますので、アドバイスなどを聞くことはできるでしょう。

法律上の手続きや書類作成はできませんので、法律の専門家を頼ることになります。

別れさせ屋によっては法律のプロと連携しているところもありますので、事前に確認して部分的にそちらを利用するのもおすすめです。

 

別れさせたい・別れたい!弁護士それとも別れさせ屋のどっちがよいの?

別れさせたい相手がいる、自分が別れたいなどのときに弁護士を使うのが良いのかそれとも別れさせ屋を頼むべきかは状況によって異なります。

それぞれを使うべきケースについてみてきます。

弁護士を使うべきケース

弁護士を利用するべきケースは、まず法律で解決できる状況にあることが前提です。

例えば、配偶者との離婚や、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したい場合など。法律で守られた婚姻関係に関する別れや、違法と認められるトラブルであれば対応できます。

次に、別れること、別れさせることを依頼者が自力で解決できるなら、弁護士がおすすめ。

例えば、配偶者とすでに離婚の話しが進んでいるケースや、離婚話を切り出せば配偶者が納得するだろう状況にあるなどは弁護士向き。そこから起こり得る面倒な条件交渉や手続きを有利に進めたいときに弁護士が役立ちます。

別れに関する雑多な事項をスムーズにしたいときに弁護士を使いましょう。

別れさせ屋を使うべきケース

別れさせ屋は、自力で別れさせや別れが難しいときや、法律で守られない立場にある場合に助けとなってくれます。

別れたい相手が執拗で、別れてくれないケース。配偶者の気持ちが浮気相手に向いていて浮気を責めれば離婚を切り出されかねない状況の中で、浮気相手と別れさせたいケース。そして、法律では守られない不倫関係にあり恋人とその配偶者を引き離したいケースなどであれば、別れさせ屋を使うことで望む目的が得られる可能性があります。

また、これ以外のケースでも精神的に疲れている方や、自分で行動するのが難しい方も別れさせ屋を利用しています。

別れさせ屋はハイブリット依頼も可能

別れさせ屋はその名の通り、別れさせを目的としてサービスを提供するのですが、男女の別れさせは定石通りにはいかず、相談を進めるうちにほかの問題が表面化してくることがあります。

大手の別れさせ屋であれば、ほかのサービスと連携してその都度、ハイブリットに問題解決にあたりますので、複雑な問題でもスムーズに前に進むでしょう。

例えば、意中の相手とその恋人や配偶者を別れさせ工作をしている過程で、実はほかにも恋人らしき相手がいるとわかった、などであればそちらも合わせて別れさせつつ、依頼者が大本命となれるよう工作を進めます。

また、配偶者と浮気相手との別れさせ依頼をしているが、すでに依頼者に対して配偶者の気持ちが冷めているケース。この場合は、例え浮気相手との別れさせに成功しても元のさやには収まりにくいと想定できます。そんなときには、別れさせ屋は復縁屋と連携して、配偶者の気持ちが依頼者に戻るサポートを行います。

弁護士であれば、法律家というその業務の性格上、法律アドバイスや書類作成などを得意とし、別れさせについては部分的なサポートとしかできません。

別れさせ屋は、人の心に寄り添うこと、依頼者が幸せになることを目標としていますので、依頼者の気持ちの確信をついたサポートが可能です。

 

別れさせ屋?それとも弁護士?事情に合わせて上手に選ぼう

別れを依頼するにあたり、別れさせ屋を使うべきかそれとも弁護士に頼むべきを判断できるようそれぞれの特徴、メリットについて解説しました。

別れさせ屋と弁護士は使えるケースや、利用目的が異なります。

国が認めた資格だからよいなどの判断ではなく、自分が何を頼みたいのか。自力でできないことはどんなことかをまず洗い出して、その上でどちらを使うかを決めるのがよいでしょう。

既に別れが整っているケースや、法律上のトラブルに巻き込まれているなどであれば弁護士が役立ちます。

別れることが難しくて悩んでいる場合や、法律的には弱い立場にあるケースなどは別れさせ屋が助けとなってくれるでしょう。

客観的に自身の状況を考えて、また本当に自分がどうしたいのかをしっかり見定めて自分にあった方をえらぶことで幸せにつながります。

別れさせカテゴリの最新記事