【不倫で妊娠】浮気相手の子供を妊娠してしまった時にとるべき対応は?

【不倫で妊娠】浮気相手の子供を妊娠してしまった時にとるべき対応は?

この世に男と女がいる以上、不倫恋愛はなくなりません。男と女が恋愛関係になれば、新しい命を授かる可能性はあります。新しい命の誕生は非常に喜ばしいこと。しかし、それが不倫恋愛の関係の間に起きたことであれば、単純に喜べないのが悲しいところです。

不倫で妊娠してしまった時にどうすればよいのか。考えるべきことや、取るべき対応について解説します。

 

この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる

これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?

あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう

不倫で妊娠してしまったときの選択肢

男女が関係を持つということは、子どもができる可能性を理解した上での行為であるべきです。しかし、そんな表向きの話しは了解しつつも、子ども云々を忘れて気持ちのある二人が関係をもつことはこの世の常です。

男女がお互いにシングルであるのであれば、偶発的に子どもができても大きな問題にはなりません。しかし、どちらかが既婚者であれば深刻な問題になり得ます。

不倫関係で妊娠してしまったときの選択肢についてみていきます。

既婚男性に離婚してもらい結婚して子どもを産む

既婚者である彼のことを愛していて、彼の子どもを産みたい。彼も子どもも諦めたくないのであれば、彼に離婚してもらい結婚した上で子どもを産むというのがベスト。

しかし、離婚となれば彼一人の意志で決定できることではありません。彼と妻の間に子どもがいるのであれば、特に問題は複雑です。そもそも、彼自身が離婚をしてあなたと結婚するという気持ちがあるのかどうかをしっかり確認する必要もあります。

ハードルはあったとしても、とにかく離婚に向けて進めそうであれば、彼を信じて子どものためにもがんばりましょう。

もし、あなたが結婚を望むことについて、彼の気持ちがあいまいであったり、彼の妻が離婚に応じない場合は、別れさせ屋を利用するという方法も検討してください。

シングルマザーとして子どもを産む

既婚男性の子どもを妊娠したときに、思いつくことのひとつがシングルマザーの道です。彼との結婚がどう考えても難しい場合や、あなた自身が彼との結婚を望まないなど理由はそれぞれあるでしょう。

現在は個人の生き方が多様化しており、シングルでの子育ても理解が得やすい環境です。

ただし、子育ては思うよりも大変です。経済的な面はもちろん、具体的に子育ての支援が得られる環境を整えられる算段をしておくのが安心です。また、今後、彼に対して養育費や認知など、どれくらいの負担を求めるのかというのもしっかり確認しておかなければなりません。

とはいえ、物事は実行しまえばなんとかなります。子どもさえ産んでしまえば、しばらくは苦戦を強いられてもいずれは子どもも大きくなります。本当に一人で子どもを育てる覚悟があるならシングルマザーという道もアリです。

子どもを諦める

結婚がなかなか難しい相手の子どもを妊娠したのであれば、残念ですが今回は子どもを諦めるということもあるでしょう。

シングルで育てるパワーがない。略奪婚をして大変な苦労を乗り越えるほどの自信がない。もしかしたら、そもそも彼との関係は一時的なもので、子どもまでは考えたこともなかった、ということもあるかもしれません。

授かった命を自らの手で終わりにすることは非常に勇気のいることです。しかし、あなた自身の人生設計を考えてそれがベストであるのなら、今回は諦めるという選択も。できるだけ総合的に考え、体に差し障りのないよう適切な対処をとってください。

 

不倫で妊娠がわかったときにするべきこと

女性であれば、初めての経験であっても、自分の体の変化がなんであるのかに気づくでしょう。不倫恋愛の場合、女性は一人で妊娠の事実を知ることになるかもしれません。

不倫恋愛の相手の子どもを妊娠したとわかったときに、やらなければならないことをみていきます。

既婚男性と話し合う

何よりも先にするべきは、彼との話し合いです。事実を共有しこれから先のことについてしっかり話し合うことが先決。

できれば、話し合いの前に、病院での診察を受けるなど妊娠の事実を確定しておきましょう。自分でできる簡易チェックだけで、深い話しをするよりもより具体的なプランを話し合うことができます。

また、彼との話し合いの前に、あなた自身の気持ちを決めておくことも大切です。子どもを産むのか、産まないのか。彼と結婚を望むのかどうかなど。気持ちが固まっていない状態で話し合いをすると彼のペースで物事が進みます。まずは自分が宿った命をどうしたいのかについて考えておくのがよいでしょう。

職場の状況を確認する

子どもを持ったことの責任は男女平等ですが、妊娠中の負担は基本的に女性にかかります。妊娠は病気ではありませんが、平常時と同様というわけにいきません。

もし、出産するのであれば、略奪婚やシングルマザーに対して職場の理解は得られるのかどうか。今回は出産を見送る場合は、手術の前後の休暇を取ることができるのかを確認しておくのが安心です。

労働者は法律で守られていますので、不倫や出産などで不利益を受けることはないはずです。しかし、会社の体質や慣習によっては未だに、正攻法ではない形に偏見のある会社もあります。

職場の空気や状況を把握して、自分にとって不利のないように立ち回りことが大切です。

将来的な見通しを考える

妊娠したときに決めなければならない重要事項は、子どもを産むか産まないかということです。自分の気持ちとして、産みたいと思っていても、実際にそれが可能かどうか。現状で難しいポイントがあるのであれば、それをどう解決するのかを考えておくべきです。

これから先の収入をどうするのか。具体的に子どもの面倒をどうやってみていくのか。住居はどうするかなど。

まずは、これからの数年間についての生活を詳細に考えましょう。子どもが生まれてきたら、日々、生活に追われます。それまでにできるだけ見通しをつけておくと、気持ちに余裕を持つことができます。

 

既婚男性が話し合いに応じない又は逃げようとしたときにすべきこと

自分が交際している相手は誠実であって欲しいし、例え不倫恋愛であっても気持ちをこちらに向けてくれていると信じたいものです。既婚男性の本性は、妊娠という大きな壁にぶつかったときにはっきり現れます。

大抵の既婚男性にとって、不倫相手の妊娠は青天の霹靂。できれば向き合いたくないのが本音かもしれません。しかし、誠実な男性であれば自分にとって不利な状況に立たされようとも話し合いはきっちり持ってくれるでしょう。

しかし、中には責任から逃げ出す男性も一部、存在します。話し合いから逃げる男性は、例え捕まえたとしても、誠意を持って対応することはありません。

残念ですがもし、あなたの彼が逃げる方の男性であったなら、あなただけの判断で行動せず第三者を介して次の行動を考えましょう。彼の方から一方的な申し入れがあった場合なども、自分だけで判断せず法的な知識のある第三者に相談するのが安心です。

彼が考えていたのとは違う行動に出たとしても、冷静に対応しましょう。

 

不倫で妊娠した場合にかかる費用

不倫恋愛の彼の子どもを妊娠し、今後どうするのかを考えるときに外せないのがお金の算段です。費用のことは、彼との話し合いでも重要なポイントになります。

不倫で妊娠した場合にかかる費用についてみていきます。

既婚男性に離婚してもらう場合

既婚男性が離婚し、あなたと結婚する場合にかかる費用があります。まず、妻への慰謝料です。慰謝料の相場は50万円~ですが、不倫恋愛は法律上認められた夫婦関係を侵害する不貞行為であり、妊娠という事実もあれば、高額になることが予想されます。

夫婦の間に子どもがいる場合は成人するまでの間の養育費の支払いがありますが、学費などを考えるとかなりの額になるでしょう。夫婦共有の財産があるのであれば、財産分与の必要があります。

一時的な費用だけではなく長期間継続的な支出が予想されます。今後、あなたと彼、そして子どもの生活に加えてこれらの費用がかかると覚悟しておきましょう。

子どもを諦める場合

不倫恋愛で授かった命。大切な命ではありますが今回は産むことが無理であれば諦めるという方法があります。

中絶にかかる費用は、胎児の週数によって異なりますが10万円から20万円程度です。もし、胎児が13週を過ぎている場合、費用は40万円前後。もちろん母体のダメージもかなり大きなものとなります。中絶手術を受けるのであれば、早い段階が望ましいといえます。

加えて、慰謝料と休業損害についても請求を検討してもよいでしょう。妊娠は二人の責任ですが、中絶によって女性は精神的にも身体的にも大きなダメージを受けます。そのことについての慰謝料。そして、妊娠中絶によって仕事を休んだのであれば休業損害も請求も考えておくことをおすすめします。

費用については話し合いが必要で、折半又は全額を男性が負担するなどお互いの経済事情やこれからの関係性を考慮して、遺恨の残らないように決定してください。

 

実録!不倫で妊娠そのときどうしたのか

情熱的な恋をしていると、ただその恋のことしか考えられず邁進してしまいます。そんな中で、突然やってきた妊娠。

不倫という関係性では、喜ばしいはずの妊娠も複雑であったりします。

不倫恋愛で妊娠した人の体験談を伺いました。

紆余曲折を経てシングルマザーに

妊娠がわかったとき、私には彼との結婚という選択肢はありませんでした。ただ、子どもについては年齢的に最後のチャンスかなと。

彼のことは、結婚はできなくても好きだったし、私は専門職についていたので育てる自信はありました。

結婚はともかく彼には認知をしてもらいたかったのですが、家族の手前か、かなりぐずられました。何をいったところで彼の子どもなので、最終的には認めるしかないという形でした。養育費も一定は負担してもらっています。

子どもが生まれて結局、彼とは別れましたが今でも良い関係が続いています。そして、何より子どもを産んでよかったと。ただそれだけです。

 

後悔しています

不倫恋愛の彼は職場の上司でした。妻との折り合いが悪く離婚するつもりだと聞いていたので、妊娠したときは嬉しかったです。ところが、妊娠を彼に告げたところ、中絶してくれの一点張り。私はどうしてよいのかわからなくて。

しばらくして、彼と妻の弁護士だという人が来て、中絶費用と慰謝料を提示されました。私は受け入れないつもりでしたが、彼の気持ちがもうこちらにはまったくないと気付いて、戦う気力も失せました。

手術後、私は精神的に不安定になり会社を退職。今回のことはそもそも不倫だったことから、親にももちろん相談できず立ち直るのにかなり時間がかかりました。

なぜ、あんな人を愛したのだろう。なぜあんな人の子どもを妊娠したのだろうと、後悔しかありません。

 

不倫で妊娠!未来をみすえて対応を

不倫恋愛で妊娠した場合に考えておくべきことや、妊娠後にかかる費用についてパターン別にご紹介しました。

子どもを授かるということは、奇跡的な出来事です。出来ることなら産み育てていきたいところですが、事情によってはそうもいかないことがあります。

不倫恋愛によって妊娠した場合、どう対処するかはあなた自身の未来をしっかり考えて決断しなければなりません。

子どものこと、そしてあなた自身のこと、後悔のないよう総合的に考えて速やかに行動しましょう。

振り向かせたいカテゴリの最新記事