元嫁からの復縁拒否を回避したい!復縁したい人のための最強バイブル

元嫁からの復縁拒否を回避したい!復縁したい人のための最強バイブル

元嫁に未練が残っている、離婚後にやはり彼女がよかったと思うなどから復縁を望んだときに気になるのが、アプローチしたら元嫁がどんな反応をするのかということ。

すぐに復縁といかなくても前向きに考えてくれるならアプローチしたいけれど、拒否されたらどうしようと不安になることがあるでしょう。

復縁は行き当たりばったりや感情に任せて動いてはうまくいきません。しっかりと戦略を練って近づくことで成功率はアップします。

元嫁からの復縁拒否を回避してヨリを戻すための方法や手順をわかりやすく解説します。

 

元嫁との復縁の可能性アリのパターン

元嫁との復縁は状況などによって難易度が異なります。状況によってはそれほど頑張らずとも復縁の道が開けることだってあるのです。まずは自身の立ち位置をしっかり確認しましょう。

元嫁との復縁の可能性が高いパターンをご紹介します。

円満離婚している

一緒にいた男女が別れるときに全て円満というわけにはいきません。しかし、お互いの納得を得て離婚したのであれば、一般的には円満離婚とされます。

離婚時には子どものことやお金のことなど話し合うべきことがたくさんあります。それぞれに主張がありますので、それをひとつひとつ解決していくもの。

あなたの方が主に元嫁の言い分をのむ形で離婚したなら、復縁の可能性はあります。

また、離婚後の約束事についても、責任を持って果たしているならさらに高ポイント。

これはあくまでも、元嫁が「円満」と感じていることがカギです。離婚時やその後の話し合いの様子などから感触を掴んで、元嫁の心情を図ってみましょう。

 

元嫁を尊敬し愛している

大前提ですが、あなたは元嫁を愛しているでしょうか。

一人の人間を愛しぬくというのは簡単ではありません。相手の幸せのために自分が犠牲になることすら厭わないというのが愛です。そこに見返りはありませんし、もしかしたら向こうから愛されないことだってあります。

それでも彼女を愛していくと自信をもっていえるでしょうか。

本来であれば、「好き」が高じて結婚し、結婚生活の中で愛を育み育てるものです。離婚したということはそれを途中退室してしまったようなもの。

もう一度、諸初心に戻って好きになり愛を強めていけるという気持ちがあれば復縁の望みがあります。

 

離婚理由が解決している

復縁するなら離婚理由が解決していることが条件です。

結婚を解消するほどの理由が何かあったのですから、それをしっかりクリアしなければ元嫁としては「復縁」する気にはなりません。

解決が目に見えるようなこと、例えば長く失業していたことが原因で離婚したが今は正社員として就職して真面目に勤務している。借金が理由で離婚をしたが、離婚後に完済した、などであれば堂々と復縁アプローチできますし、元嫁の気持ちが動く可能性が十分あります。

離婚理由が複数ある場合でも、その根元にある最も重要なことが解決しているなら、復縁できる見込みはあるでしょう。

 

元嫁と復縁するためのステップ

元嫁の復縁拒否を回避して、しっかりヨリを戻すなら手順をまちがわないこと。

自分の気持ちの盛り上がりだけでがんばっても、空振りに終わります。ここは高ぶる感情を横においてじわじわいきましょう。

元嫁と復縁するためのステップをみていきます。

 

しばらく時間をおく

復縁はタイミングが大切です。

離婚してすぐの元嫁の気持ちは、まず生活を安定させることに向いています。場合によっては離婚で精神的に大きなダメージがあることもあり、必死で前を向こうとしているでしょう。元嫁に恋愛依存の気がある以外は、誰が相手であれ、恋愛モードに入る余裕はないことがほとんどです。

そんなときにいくらアプローチを仕掛けても、元嫁には受け入れてもらえません。それどころか決定的に「嫌い」の烙印を押されてしまいます。

復縁のアプローチは離婚からしばらく時間をおくこと。

気持ちを切り替えたよいタイミングでアプローチがあれば、元嫁の方も復縁を考える余裕があるでしょう。

 

反省し離婚理由を改善する

元嫁の状況が落ち着くのを待つ間、ぼんやり過ごしていてはいけません。

その間に離婚について反省し、離婚理由の改善をしましょう。

人間の脳の作りの関係上、時間が経つにつれて問題を美化、自分に都合よくしてしまいがちです。それを踏まえて、「自分に反省点がある」という視点で離婚理由の改善に取り組むのがおすすめです。

親との関係や仕事のことが原因で離婚に至ったのであれば、元嫁の望む状況がどんなものであったかを冷静に想像してそれに近づくよう努めてください。

価値観がちがう、気持ちのすれ違いなど性格的な要素が原因であるなら、自力でそれを解決するのは難しいかもしれません。カウンセリングを受けるなど対策をとってみてもよいでしょう。

まずは距離を徐々に縮める

復縁したい側からすれば、最も蜜月だったころに照準を合わせて、すぐにでも関係を戻したいものです。そうであればアプローチも強引になってしまいそうですが、それでは元嫁から復縁拒否される可能性大。

既に離婚しているということは他人同士です。見知らぬ二人が出会ったという位置にいるくらいのつもりで元嫁と距離をとり気を使いましょう。

女性にとって最も鬱陶しいのは、「過去の女は俺のもの」という態度です。離婚したことを忘れたかのような馴れ馴れしい態度をとられた時点で拒否してしまうでしょう。

復縁は急がば回れ。焦らず徐々に距離を詰めるのが実は近道です。

 

元嫁に復縁拒否されるひとの特徴

元嫁に復縁を拒否されるひとにはある共通の特徴があります。

復縁に失敗してしまうひとの行動や考え方を知って地雷を踏まないようにしましょう。

元嫁に復縁してもらえない男性についてご紹介します。

離婚理由がわかっていない

離婚理由がわかっていない、上辺でしか理解していない男性は復縁を望んでも受け入れてもらえません。

離婚までのケンカや話し合いの中でお互いの気持ちを吐き出すチャンスはあったでしょう。そこで女性が語っていることだけが不満の理由と考えると「わかってない」ことになります。

女性は基本的に察して欲しいと思う生き物。言葉でぶつけられる怒りはあくまでも信号であって、根源は別にあるかもしれないのです。

例えば、「休日くらい家にいて!」と叫んだらなら、子どもの世話をしてほしい、家事をがんばる自分をねぎらってほしい、自分ひとりの楽しみに浸らないでほしい、私を優先してほしい、などが行間にあります。すなわち、ケンカの理由は「家にいなかったこと」ではなく、妻への愛情やねぎらいが不足している、妻の望む家事ができていないことです。

「家を空けがちだったことが離婚理由」と単純に考えているなら「わかっていない」可能性があります。

本当の理由を理解して解決する姿勢をみせなければ元嫁は復縁を拒否するでしょう。

自分の欲求だけで動いている

それぞれが自分の欲求を優先する夫婦はうまくいきません。

もちろん、それぞれが別の個人であり社会活動を送っていますので自由であるべき部分もたくさんあります。

しかし、一緒に生きていくと決めたなら歩調を合わすべき場面があり、それはお互いが譲り合ってうまくいきます。

「元嫁がもっと~であればうまくいくのに」と考えて復縁を望むならうまくいきません。

元嫁はうまくいきそうにない未来を察して復縁を拒否するでしょう。

夫婦がうまくいくためには自分の欲求だけで動かないこと。

復縁があなただけに利のあるものではなく、二人にとって良いことだという気もちがなければ元嫁の気持ちは動きません。

 

元嫁に拒否されない自分になる方法

元嫁との復縁について男性にとっては耳の痛いことを並べてきました。しかし、復縁は元嫁にとっても一大事。人生の大きな決断です。それを促すためには、プライドを捨てて頑張らなければなりません。それが、あなたの幸せに通じていくのです。

元嫁に拒否されない自分に生まれ変わるための方法についてみていきます。

自分が変わる決意をする

思考によって人間の行動は変わります。なりたい自分や、得たい未来を描くことでそこに向けてやるべき行動を自ずと見つけていくものです。そのためにまずは自分が変わるという決意をしてください。

次に、幸せな自分を想像しましょう。そしてそのために必要なことは何かを考えていきます。

元嫁と復縁することがあなたの幸せなら、それに向けて自分がどう変わるべきかが見えてきます。

元嫁が笑顔になるのはどんなときでしょうか。やさしく接してくれるのはあなたがどう動いたときか。それを掘り起こし実践していくことで、あなたは元嫁に愛される存在に変わります。

思考から見直して行動が変わればそれは本物。あなたの変化は元嫁に伝わりよい結果を導いてくれるはずです。

復縁屋を利用する

自力で復縁に向けたアプローチが難しい場合や、自分を変えることに抵抗があるひとは復縁屋を利用してみてはいかがでしょうか。

男女関係の問題は、論理的に対処すれば改善できることがあります。復縁屋は人間心理のプロですので、あなたがどう行動するべきかを教えてくれるでしょう。また、堅くなったあなたの心をほどくサポートもしてもらえます。

「自分のスタンスを曲げたくない」「格好悪いことはしたくない」そんな大人ならではの障壁を取り除くサービスが復縁屋であり、利用するべきなのです。

復縁屋は調査をしていますので、元嫁と音信不通であったり、現状がまったくわからないなどであればまずはそこから解決していきます。

復縁に第三者を入れることで、スムーズに進む可能性が出てくるでしょう。

 

元嫁との復縁が難しいパターン

男と女の縁は人知の及ばぬところがあります。いくら努力しても復縁がうまくいかないことがあるのです。

復縁にこだわりすぎると、心の傷を深くしてしまうことがあります。復縁が難しいケースについて知っておくことで、考えすぎや固執を避けることができるでしょう。そして、ライトに接することで物事は好転することだってあります。

現状で元嫁との復縁が難しいパターンをみていきます。

男性側の浮気が原因で離婚した

離婚原因があなたの浮気であるなら復縁は難航しそう。

世の中には大きく分けて浮気が絶対に許せない女性と、許す努力をする女性がいます。

もし、あなたの元嫁が「許す努力をする」タイプだったなら離婚に至らなかったでしょう。また、何度か許してもらっていたのに繰り返してしまい堪忍袋の緒が切れたパターンであるなら、もう一度許してもらえる確率は低めです。

女性にとって夫の浮気は裏切りです。男性は浮気をしたことで信用を失い、これから信用してもらうための土壌まで台無しにしてしまったということです。

あなたの浮気が原因で離婚した場合、浮気相手と別れたから復縁、とはなりません。

これから先、浮気をしない保障を与えることはもちろん、信頼を取り戻すことができなければ復縁は難しいと覚悟しましょう。

元嫁に恋人または夫がいる

離婚後に元嫁が既に再婚しているなら復縁の可能性はほぼゼロです。恋人がいるという場合も、女性はひとりの相手に気が向いている間はほかに目を向けることは基本的にありませんので、横やりを入れても不発に終わりそう。

もちろん、再婚相手や恋人とうまくいってない可能性もありますので、一度くらいは様子伺いをしてもよいでしょう。しかし、そこで幸せそうな様子が読み取れたらそっとしておくべき。彼女の幸せを祈ってあげてください。

もし、あなたと元嫁に本当の縁があるならまたいつか気持ちは戻ってくるかもしれません。そう考えて静かに見守りましょう。

元嫁が真面目または頑固

復縁できるかどうかは元嫁の性格が大きく関係します。

元嫁が真面目な性格で「復縁は恰好が悪い」「離婚した相手とやり直すなど考えられない」と心に決めているなら覆すのは難しいでしょう。

二人さえよければよい、と考えられるならよいのですが、世間体を極端に気にするタイプや、頑固なひとにとって「自分で認められない」ことをするのは非常にハードルの高いことです。

そもそも離婚自体を恥じているなどであれば、その当事者であるあなたとの復縁は自分自身を貶めるという気持ちになるのです。

これは本人の性格ですので、あなたサイドが復縁に向けた努力をしても突破できないと思われます。

 

元嫁に復縁アプローチする前に考えておきたいこと

元嫁と復縁し末永い幸せにつなげたいと思うなら、復縁を持ちかける前にあなた自身が気持ちの整理を付けておくことが大切です。

まず、「寂しい」からの復縁はおすすめできません。寂しさは恋愛のスパイスであり、男女関係を持続させるためのポイントです。しかし、いったん離婚してひとりになった寂しさを埋めるための復縁は意味がちがいます。復縁して寂しさが解消されても、「よい関係」に戻れるとは限らないからです。

復縁はあなただけの問題ではありません。元嫁、そして子どもの人生を巻き込む問題です。

復縁したら今度こそ絶対にうまくいく、うまくいかせるという覚悟をもって挑むべき。

元嫁がみているのは、あなたのその「覚悟」なのです。

 

元嫁と復縁したい!万端の準備と覚悟が成功のカギ

元嫁と復縁する方法、元嫁に復縁拒否されないために考えるべきことについて解説しました。

離婚という大きな決断をした夫婦がヨリを戻すのは、はっきり言って簡単ではありません。しかし、一度は同じ未来をみた二人ですから縁はあるはず。原因を解決し順序通りに進めれば修復もあり得るでしょう。

今一度、あなた自身の心と向き合い、復縁について考えるのがスタートです。

あなたの本気が元嫁の心を動かします。覚悟を持ってチャレンジし復縁の成功を目指してください。

復縁したいカテゴリの最新記事