元彼とずるずるした関係から復縁する方法!曖昧な関係は終わりにしたい!

元彼とずるずるした関係から復縁する方法!曖昧な関係は終わりにしたい!

もう別れたはずなのに、彼から連絡があると断れない。そんなずるずるした関係に陥っている女性は意外に多いものです。

しかし、一度ずるずるした関係になってしまうと、中途半端な状態が続きがち。思い切って断ち切ることができなくなってしまうだけでなく、復縁へのハードルもさらに上がってしまいます。

ずるずるの関係はできるだけ早く解消するのがベスト。

では、元カレとのずるずるした関係から脱出するためにはどうすればよいのでしょうか。

今回はずるずるした関係を続ける男性の心理や、関係を断ち切り、復縁に導く方法などについて解説します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

なぜ元彼は中途半端な関係を続けるのか

一度別れたはずなのに、中途半端な状態が続くのは決してよいことではありません。

できれば復縁したいけど、それもままならないというのは精神的にも肉体的にも苦しいものです。

では、元カレの側はそういった状態をどのように考えているのでしょうか。

まず考えられるのは、元カレも一人では寂しいということ。誰でも一人でいるのは寂しいものですが、人によってはその状態に耐えられないということもあります。

そんなとき、タイミングよく新しい相手がいればよいのですが、いつも都合よい相手が現れるとは限りません。

そんな寂しさを紛らわすためだけに、元カノと中途半端な状態を続けているという可能性があります。

一方、男性の中には元カノが未練を持っていることを利用して、都合よく扱っているというタイプの人も。

このタイプの人にとって、まだ好意を持っている元カノは、非常に便利な存在です。

寂しいときや、性欲を処理したいときなど呼び出せばすぐに来てくれるだけでなく、きちんと付き合っているわけではないので責任を取る必要もありません。

この場合、元カレは気持ちが残っているというよりも「相手は誰でもよい」と考えているかもしれません。

 

 ⇒元彼と体の関係から復縁!セフレから本命への逆転プロセスとは?

 

元彼との復縁は難しい。ずるずるの関係が良くない理由

まだ元カレのことが好きだという場合には、ずるずるの関係でも構わないと考えている方もいるかもしれません。

しかし、中途半端なずるずるの関係が続くのは、決してよいことではありません。

というのも、一度中途半端な関係になってしまうと、そこから復縁するのはなかなか難しくなります。

男性にとって、中途半端な関係は非常に楽なもの。「付き合っているときよりも楽だから」と、復縁よりも中途半端な関係を選びがちです。

また、女性側からすれば「一緒にいるということは復縁の可能性があるかも」と期待してしまいますが。実際に復縁できる確率は非常に低くなります

さらに、きちんと別れることもできていないため、「なぜこうなってしまったのか」という原因を見つめなおすこともできません。

その結果、時間だけが経過してしまうだけでなく、どんどん女性としての魅力が低下してしまいます。

 

思い切って元彼とずるずるの関係を断ち切る方法

元カレとのずるずるの関係は、決してよいものではありません。

寂しい気持ちがあっても、思い切ってその関係を断ち切ってしまうことが必要なことも少なくないもの。

でも、まだ元カレに未練があり、気持ちが残っている場合、関係を切るのは難しいかもしれません。

特に一度ずるずるの関係になってしまうと、どうすればよいのか分からなくなってしまいます。

では元カレとのずるずるの関係を断ち切るためにはどうすればよいのでしょうか。

 

現状に満足しない

ずるずるの関係は、男性にとって快適なもの。しかし一方では、女性にとっても悪くない状態ということもできます。

一人でいたくないときはもちろん、デートや食事などに一緒に行ったり、ときにはセックスしたりなど、それなりに楽しい時間を過ごせるため「これで十分」と考えてしまいがちです。

しかし、その状態に満足してしまうと、永遠に中途半端な関係が続いてしまいます。

もし元カレとのずるずるの関係を止めたいなら、現状に満足しないこと。

「ちょっと物足りないけどこれでいいや」と思ってしまうと、関係を断ち切ることはできません。

 

期限を決める

どれだけ不満があったとしても、これまで一緒にいた相手との関係を急に断ち切るのは難しい部分もあります。

特に相手が元カレで、まだ未練がある場合、さらにハードルは高くなります。

そんなときにおすすめなのが「期限を決める」という方法です。

たとえば「三か月にはこの関係を終わらせる」と決めたら、少しずつ会うことを減らしたり、連絡する回数を減らしていきましょう。

中途半端な相手との関係を断ち切るのは、いわばダイエットと同じ。

いきなり食べる量を減らしてしまうと、一時的に体重は減るかもしれませんが、いつかはストレスでドカ食いして元の状態に戻ってしまう可能性も高くなります。

そうならないためにも、毎日少しずつ元カレとの接触を減らしていきましょう。

 

連絡をしない、会わない

元カレとのずるずるの関係が続いてしまう大きな理由として「連絡が来ると、つい会ってしまう」ということが挙げられます。

もちろん、復縁を望んでいたり、まだ元カレのことが好きという場合には、連絡を取り合うことは悪いことではありません。

付き合っていたカップルの中には、別れたあともよい友達になる人たちも大勢います。

しかし、連絡を取って会ってしまうと、どうしても関係が続いてしまい、中途半端な状態になりがち。

もし本当にずるずるの関係を断ち切りたいなら、連絡しない、会わないということが必要です。

「連絡するだけなら」と油断していると、最終的には会ってしまうことになるため、思い切って連絡自体を止めましょう。

 

別の世界に目を向ける

元カレとずるずるの関係になってしまう原因のひとつに「元カレに執着しすぎている」ということが考えられます。

相手のことを好きであればあるほど、それ以外のものが目に入らなくなるもの。

実際に付き合っているときには、お互い相手のことしか考えられなくなるのは当然ですが、別れてからも相手のことばかり考えていると、周囲のことが見えなくなって「自分の相手は元カレしかいない」と信じ込んでしまいます。

もし元カレとのずるずるの関係を断ち切りたいなら、一度周囲の世界に目を向けてみましょう。

その中には、あなたのことを考えてくれている魅力的な男性がいるかもしれません。

 

自分の気持ちを伝える

ずるずるの関係でダメージを受けるのは、どちらかというと男性よりも女性です。

しかし、男性がそのことを分かっていないことも多いもの。

それどころか、「ずるずるの関係でも納得してくれている」と信じている人もいます。

このタイプの男性は、決して悪気があるわけではありませんが、やや鈍感なところがあります。

そのため、「こんな関係はいや」「復縁するか別れるかはっきりしたい」と、自分の考えや気持ちを伝えることが必要になります。

もしはっきり気持ちを伝えれば、「自分は悪いことをしていた」ということに気づいて、関係を絶ってくれるかもしれません。

 

 ⇒元カレとの復縁きっかけエピソード6選!体験談から復縁のタイミングを探ろう

 

元彼とずるずるの関係から復縁する方法とは?

一度ずるずるの関係になってしまうと、本格的に復縁するのはなかなか難しいものです。

では、すでにずるずるの関係になっていてもどうしても復縁したいという場合には、どうしたらよいのでしょうか。

 

冷静になって考える

元カレとずるずるの関係になっている場合、どうしても自分自身が鈍感になりがち。
深く考えると、自己嫌悪に陥ってしまう可能性もあるため、考えることを拒んでしまうこともあります。

しかし、もし本当に復縁したいなら、一度立ち止まって冷静さを取り戻すべき。

元カレは復縁する価値のある相手なのかということも含めて、一度自分と相手のことをきちんと考えてみましょう。

 

今後のスケジュールを立てる

本気で復縁することを決めたら、次にするべきは復縁までのスケジュールを立てることです。

復縁というと、きっかけとタイミングだけが大切のように考えがちですが、実際にはどうやって行動するかというスケジュールがもっとも重要。

特に、ずるずるの関係が続いてしまっている場合、スケジュールを立てなければそのままの状態から改善することはできません。

また、「いつまでに」という目標を設けておけば、中途半端な関係がいつまでも続くのを防ぐことができます。

 

身体の関係を絶つ

中途半端な関係に陥っている場合、元カレが目的にしているのはあなたの身体です。

女性の側からすれば「求められている!」と思いたくなってしまうこともありますが、実際には、男性は性欲を発散させようとしているだけ。

そのため、復縁を望んでいるときには、まず身体の関係を絶っておくべき。

「身体の関係がなくなったら、完全に捨てられるのでは?」、そんな不安を感じるなら、スキンシップやボディタッチは許す、手をつなぐまではOKと、自分の中で線を引いておくこと。

そうすることで、ずるずるした関係を終わらせられるだけでなく、相手の欲求を刺激し続けて、元カレにも「復縁したい!」と思わせることができます。

 

自分を磨く

「どうしても相手と復縁したい」「つながっていたい」、そんな感情が、ずるずるの関係の原因になっていることもあります。
しかし、もし相手を求めすぎていると、余裕がなくなって、せっかくの自分の魅力も失われてしまいます。

それを防ぐためにも、自分に磨きをかけておきましょう。

すると元カレも、あなたの新しい魅力に気づくことでしょう。

彼のことばかり考えず、自分磨きにも時間を使うと、復縁の可能性もアップします。

 

自分で追わず、相手に追わせる

ずるずるの関係に応えている期間というものは、いわば相手を追っている状態です。

実は男性の多くは、追いかけられるよりも追いかけたいもの。

また、人間にはもともと「手に入らないものほど欲しくなる」という心理があります。

相手を追っている状態を元カレの側から見れば「いつでも手に入る状態」ということ。

これでは元カレが復縁を考えることはありません。

「相手は元カレだけではない」「他にいい男性がいる」、そう思うことで元カレへの執着を断ち切って逆に相手に追われることにつながります。

 

元彼とずるずるした関係から脱出する方法まとめ

別れたけれど一緒にいたい、一度別れてもまたやり直したいというのは当然の感情です。

しかし、だからといって曖昧な関係を続けていると時間だけが経ってしまい、結局は何も手に入らず年だけを取ってしまったということになりかねません。

新しいスタートを切るためには、まずはずるずるした関係を見直すことが必要。そうすることで、自分から行動を起こすきっかけも見つかります。

元カレとの関係に悩んでいる方は、感情ではなく理性を働かせてこれからのことを考えてみてはいかがでしょうか。

振り向かせたいカテゴリの最新記事