【別居中の夫の心理6選】離婚をはぐらかす夫は何をしようとしているのか?

【別居中の夫の心理6選】離婚をはぐらかす夫は何をしようとしているのか?

夫と別居状態になってしまった。

夫が何を考えているのかよくわからない…。
このまま離婚することになるのかな…?
別居状態からの復縁は難しい?

などと、夫の本音や今後どうなるのか分からず不安な日々を過ごしている女性も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は別居中の夫が離婚をはぐらかしている理由や本音、そして復縁の方法をご紹介します。

別居中の夫が何を考えているのか知りたいと思っている女性はチェックしてみてくださいね。

 

別居中の夫の心理・本音とは

あなたがこのまま離婚をしたいのか、それとも復縁したいのかはわかりませんが、別居中の夫がどのように思っているのかは気になりますよね。

そこではじめに、別居をしている男性はどんな気持ちで日々を過ごしているのか、心理・本音を見ていきましょう。

 

心理・本音①:孤独は寂しいと感じている

別居してからは毎日寂しいと感じている男性も多いようです。

  • 1人でご飯を食べている時にすごく孤独を感じる
  • このまま一生ひとりで生活するのかと思うと悲しくなってくる

などと、1人で過ごすことに孤独を感じています。

たとえ、自由を好む男性であっても1人で暮らすことに孤独を感じることもあるようですね。

そして、これまでは家族でにぎやかに過ごすことが当たり前だった男性の場合、家族のための時間が無くなった分、自分に費やせる時間が増えます。
そうなると、何をしていいかわからず、更に孤独を感じやすくなるのでしょう。

別居中に頻繁に連絡をしてくる男性は、孤独を感じている可能性が高いです。

 

心理・本音②:気楽に暮らせる自由を満喫

結婚するということは共同生活をするということになります。

共同生活ではお互いの行動が制限されてしまったり、ライフスタイルも変わってきますよね。

そういったことからストレスを溜めてしまうこともあり得ます。

その暮らしから解放され、ひとり暮らしを自由気ままに堪能している男性も中にはいます。

  • 独身時代のような自由な暮らしを楽しんでいる
  • 好きな時間に帰って、好きなものを食べれて、時間を自由に使える
  • 自分のペースで生活ができ、ストレスが無くなった

などと、自分の時間が取れずにストレスを溜めていた男性の場合は特に別居したことで、ひとり暮らしを楽しんでいることも

別居後の連絡がほとんどない場合は、ひとり暮らしを楽しんでいる可能性が高いです。

 

心理・本音③:クールダウン期間の時間と捉えている

離婚をするかは別にして、一時的に冷静になるための別居と考えている男性もいます。

  • 奥さんの怒りが収まらないので距離を置きたい
  • 夫婦の仲が悪化してしまったので、お互いが冷静になるために別居をしている
  • 急に離婚には踏み切れないので、まずは別居をして考えてみる

などと、クールダウンの理由は1つではありません

奥さんを怒らせてしまい、長期戦になったため一時的に距離を置いていたり、別れを考えているがすぐに離婚には踏み切れないので、まずは別居をしてみるなど。

どんな理由であっても、冷静にならないことには良い判断ができないため、まずは気持ちを落ち着かせるためにクールダウンの期間を取っていると考えられます。

 

心理・本音④:仲直りする方法を考えている

奥さんに追い出されてしまった男性の場合、どうしたら仲直りできるかを考えているのでしょう。

  • 家を追い出されてから奥さんに取り合ってもらえずどうしたら良いかわからない
  • 別居から復縁するにはどうすれば良いのか作戦を練っている

などと、奥さんから許しを得る方法を考えている男性が多いようです。

また、その時の感情だけで別居を選んでしまったものの、復縁の方法が分からずに苦戦している男性もいるようです。

復縁したいけれど、タイミングやきっかけがつかめず、別居状態が続いている可能性もあります。

連絡を取った際に、相手が何か言いたそうな場合は、仲直りをしたいのかもしれません。

 

心理・本音⑤:意地を張って連絡できないでいる

別居を解消したいけど、意地を張ってしまっている男性も中にはいます。

  • 別居を解消したいのに、何カ月も言えずにいる
  • お互い頑固なため、歩み寄ることができない
  • 男のプライドが邪魔をする

など、本当はもう別居を解消して一緒に暮らしたいと思っていても、どうしても素直になれず、別居状態が続いているという場合もあるようです。

プライドが高かったり、頑固なために、自分から謝れない男性も多いですが、本当は帰ってきたいと思っている可能性もあります。

あなたから連絡をして歩み寄ってみるなど、相手の様子を見てみるのも良いでしょう。

心理・本音⑥:この先どうするべきかを考えている

別居期間中に「この先自分はどうするべきなのか。」と考えている男性もいます。

  • 離婚すべきか、復縁すべきかを考えている
  • 大事な判断なので自分なりの答えが出るまで考えている

この先自分がどうしたいのか、家族を持っている男性であれば、家族にとってどうするのがベストなのか。

離婚」「復縁」など人生にかかわる大きな決断は時間をかけたいと考える男性も多いです。

そのため、なかなか答えを出せずに別居期間が長引いてしまっている可能性もあります。

この場合は、しつこく連絡せずに夫の答えが出るまでそっとしておいてあげましょう。

 

別居中の夫がどう思っているのか確認する方法

別居中の夫の考えられる心理や本音を見てきましたが、実際にあなたの夫がどのように考えているかわからなければ、次の行動に移れませんよね。

別居中の夫がどう思っているのかは、「連絡の頻度や内容、夫の様子」で確認ができます。

連絡の頻度 彼との連絡の回数が多ければ、その分復縁できる可能性は高いです。
連絡が多い=あなたのことを気にしていると考えられるため。
連絡の内容 会話中にあなたに対する気遣いが感じられれば、今後の関係を前向きに考えています。
ただし、あなたのことではなく子どものことばかり聞いてくる場合は、復縁を望んでいない可能性ありです。
夫の様子 電話での夫の声に元気がない、落ち込んでいるような様子であれば復縁の可能性は高いです。
夫が弱っている様子であれば復縁のチャンス。

連絡の頻度や内容、夫の様子をチェックしてみて、連絡の頻度が多く、あなたのことを気にかけている、かつ元気がなさそうであれば復縁できる可能性が高いといえるでしょう。

逆に連絡頻度が少なく、業務連絡のみ、そして、ひとり暮らしを楽しんでいるような様子であれば、離婚に向けて準備している可能性が高く、復縁は難しいかもしれません。

 

別居中の夫と連絡が取れる場合の復縁方法

では別居中の夫と連絡が取れる場合、復縁するためにはどのようなアプローチが効果的なのか見てみましょう。

次項では夫と連絡が取れない場合の復縁方法もご紹介しているので、状況にあわせてチェックしてみてくださいね。

 

連絡が取れる場合の復縁方法①:帰ってきやすい雰囲気を作る

夫と連絡が取れているなら、まずは夫が帰ってきやすい雰囲気を作りましょう。

毎日ではなくてもはじめは月に1回や2回だけでも充分です。
徐々に頻度が増やせるように夫の好きな料理を作ったり、好きなものを買ってきたりなど、あなたができる範囲のことで構わないので、夫が喜びそうなことをしてみましょう。

そうすることで、夫も帰ってくる理由ができます。
好きなものがあれば、帰りたいと誰でも思うでしょう。

帰ってくる頻度が週に2回、3回などと増えてくれば、復縁の話を切り出さなくても自然に復縁できる可能性も高いです。

夫が喜びそうなことをして気長に待ってみてくださいね。

 

連絡が取れる場合の復縁方法②:気にしていないことを伝える

夫が原因で喧嘩になり別居に至った場合は、夫はそれを気にしていて帰ってこれないでいるのでしょう。

復縁はしたいけど、妻への罪悪感から復縁の話を切り出せないでいる場合が多いです。

そんなときはあなたから、原因となった喧嘩は気にしていないと伝えてみましょう。

そうすれば、夫の肩の荷もおりて、帰ろうかなと思ってくれるはず。

それでも慎重になっている場合は、あなたも慎重に復縁の話を切り出してもいいかもしれません。

控えめな性格の男性であれば、慎重に進めてみましょう。
別居しているという現状に甘えがちな男性であれば、はっきりと「帰ってきて」と伝えてもいいかもしれませんね。

 

連絡が取れる場合の復縁方法③:自分から謝る

別居の原因が夫にあったとしても、あなたが復縁を望んでいるなら、あなたから先に謝ることで復縁のきっかけになるでしょう。

自分は悪くないのに謝るのは気が引けるかもしれません。
ただ、多くの場合どちらかだけに原因があるのではなく、両者に非があります

ちょっとした一言や、行動が知らずのうちに相手を傷つけている可能性もあるでしょう。
恋愛はどちらが上などではなく、両者がイコールの関係であることが長続きのポイントです。

夫とやり直したいと思っているのなら、意地は張らずに柔軟に対応してみることで良い方向に進むはず。

 

別居中の夫と連絡が取れない場合の復縁方法

別居中の夫と連絡が取れない場合は、連絡が取れる場合とアプローチの方法が異なります。

連絡が取れない場合」の復縁方法を見てみましょう。

 

連絡が取れない場合の復縁方法①:待ち伏せする

待ち伏せ」というと聞こえは良くないですが、夫からの連絡がないのであれば、強引な方法も必要になります。

結婚していないのなら待ち伏せ行為はあまり良くありませんが、結婚しているにも関わらず連絡が取れないのであれば仕方のないことです。

長期間にわたり夫からの連絡が無いのであれば、何かトラブルに巻き込まれていたり、体調が悪くて連絡ができないのではないかと心配するのが普通です。

あなたが復縁したいと思っているのであれば、あなたから夫と接触できるようにアクションを起こす必要があるでしょう。

たとえ、あなたが復縁を考えていなかったとしてもダラダラと先延ばしにせず、早めに問題を解決させた方がお互いにとっても良いはずです。

 

連絡が取れない場合の復縁方法②:共通の友人に協力してもらう

夫とあなたの共通の友人に協力してもらうのもひとつの手です。

夫からすると友人の協力を得ることは嫌がられるでしょう。
ただ、連絡が取れないのであれば、仕方のないことです。

友人が間に入ることで第三者の意見を聞くことができるので、良い方向に向かう可能性も高くなるでしょう。

また、2人だけでは解決できなかったことの答えが見いだせたり、復縁するためのきっかけになることもあります。

友人の助けを求めるのは少し気が引けるかもしれませんが、あなただけでは解決できないと感じた場合は、友人に力を借りてみましょう。

 

連絡が取れない場合の復縁方法③:手紙で気持ちを伝える

電話やLINEで連絡をしてみても反応が無いのであれば、手紙を書くというのもひとつの方法です。

どれだけ本気で連絡をし続けても、本気度が夫に伝わりずらく、夫からしても「電話やLINEであれば放置してもいいや」とあまり本気に取り合ってくれていない可能性が高いです。

一方であなたが時間をかけて書いた手紙は電話やLINEよりも思いが伝わりやすいです。
内容もネガティブなことではなく、復縁したいという気持ちや離れて暮らしていることについてどう感じているのかなども一緒に書くことで、あなたの本気度が伝わるはず。

電話やLINEでなかなか思いが伝わらないのであれば、手紙にあなたの思いを綴ってみましょう。

まとめ:別居中の夫の心理状態によって復縁のアプローチ方法は異なる

別居中の夫の心理や本音、復縁方法などを解説してきました。

あなたが夫と復縁したい場合、別居中の夫の心理状態によって、アプローチの仕方が異なってきます。

夫と連絡が取れる状態であなたのことを気にかけているのであれば、復縁できる可能性は高いです。

一方で連絡が取れず、落ち込んでいる様子が見られないのであれば、復縁できる可能性は低いので、復縁のアプローチは慎重に行うようにしましょう。

復縁したいカテゴリの最新記事