別れさせ屋の期間はどれくらい?別れさせ工作に必要な期間が知りたい

別れさせ屋の期間はどれくらい?別れさせ工作に必要な期間が知りたい

「彼が浮気した」「妻が不倫した」など、そんな場面に出くわしたら恋愛関係にあるふたりを別れさせたいと考える人も多いでしょう。もちろん自分でも工作を仕掛けられますが、多くの時間を要することも少なくありません。

こんなときは、プロの工作員が在籍する別れさせ屋に依頼することが一番です。ただ、実際にプロの工作員に依頼した場合どのくらいの期間が必要か気になりますよね。そこで今回は、別れさせ屋の工作でかかる期間を解説します。別れさせ屋に依頼する際の判断基準にしましょう。

別れさせ屋に依頼するメリット

そもそも別れさせ屋に依頼する際、多額の費用がかかります。そんな高い費用を払ってまで別れさせ屋に依頼すべきか悩む人も多いでしょう。そこで別れさせ屋に依頼するメリットを紹介します。

対象者にバレにくい

別れさせ屋に依頼するメリットは対象者にバレないことがあります。対象者を別れさせるには、尾行や張り込み、心理誘導を行わなければいけません。もちろん自分でも対象者に近づけますが、尾行や張り込みに慣れない素人が工作を行うとバレるリスクが高まります。

対象者に工作がバレると、信頼関係が崩れて場合によっては別れに至ることもあるのです。そんなリスクを回避したいなら、別れさせ屋に依頼することが一番なのです。別れさせ屋に在籍する工作員は、これまで多くの案件で恋愛関係にあるふたりを別れさせてきた実績を持つプロです。多くの実績で得た経験を元に対象者に近づくので、バレる心配はありません。

複雑な工作を行える

自分では行えないような複雑な工作を行えることも別れさせ屋に依頼するメリットです。通常、恋愛関係にあるふたりを本人に気付かれぜずに別れさせるのはとても難しいことです。ただ別れさせ屋に依頼すれば、異性の工作員を対象者に近づけて自然な流れで別れさせることができます。

難易度が高い恋愛工作は自分でも行えますが、協力者がいなければ実行することはできません。また、実行できたとしてもその工作がうまく行くとは限らないのです。別れさせ屋では、対象者の異性の好みをしっかり調査して、最も適切な異性の工作員を配置してくれます。そして巧みな技で心理誘導を測ってくれるのです。

チームプレイで成功率を上げられる

別れさせ屋に依頼するメリットとして、成功率を高められることがあります。成功率を上げられる理由は、別れさせ屋ではチームを組んで工作を行えるからです。チームプレイで対象者に近づき工作を行えるので、対象者にバレることなく心理誘導をはかることができるのです。

ただし、注意しなければいけないのは、工作員を増やすたびに費用がかかる業者もあることです。もちろん工作員を増やすことで成功率は高められますが、その分費用がかかる場合もあるので十分に注意しなければいけません。料金プランや工作員の数は、業者によって異なるのでしっかり確認しましょう。

手間や時間がかからない

自分で対象者を別れさせたい場合、自分で戦略を立てたり工作をしたりする必要があります。別れさせ屋に依頼しないことで費用はかかりませんが、その分手間がかかってしまいます。社会人であれば仕事が多忙な時もあるでしょう。そんな多忙な日のなか、対象者を別れさせるための戦略や工作のことを考えなければいけないのです。

別れさせ屋に依頼すれば、戦略や工作をすべて任せられるので負担が軽減されます。また、依頼者の置かれる状況に合わせて効果的な戦略を立ててもらえるので、自分であれこれ考える必要もありません。仕事や育児に多忙で、戦略や工作に割ける時間がない人は別れさせ屋に依頼することがおすすめです。

別れさせ屋に必要な期間や実働回数

別れさせ屋にかかる必要な期間や実働回数は、依頼者の置かれる状況によって異なるのが現状です。ただ別れさせ屋に依頼するにあたり、必要な期間や実働回数はきになるところですよね。おおよその目安は以下の通りになります。

  • 期間(2ヶ月ほど)
  • 実働回数(520回以上)

ただ、この期間や実働回数はあくまで目安です。依頼者が置かれる状況によっては、これ以上の期間や実働回数が必要になることもあります。正確な期間や実働回数を知りたいときは別れさせ屋に相談して見積もりを依頼するのが望ましいです。

別れさせ屋には期間工作型と実働回数型がある

別れさせ屋は、大きく分けて期間型と実働型の工作プランがあることを知っていますか?この工作プランの違いを知らないと、契約した後に後悔することもあるかもしれません。期間型と実働型違いをしっかり理解しましょう。

期間工作型の特徴

期間型工作型とは、決められた期間の中で工作を行うことです。工作が成功するまでにどのくらいの期間が必要か検討して、その期間にあったプランで契約をします。ただし、この期間に工作が成功しないこともあるかもしれません。

その場合は、新たに契約しなければいけないため追加費用が発生します。そのため、当初考えていた予算以上の費用がかかる場合もあるのです。また悪徳業者によっては、23回ほどの実働しかしてくれないケースもあります。

実働回数型の特徴

実働回数型とは、工作員が実働する回数のことです。実働回数を保証してくれるので、安心して依頼できるのも大きなメリットでしょう。また、別れさせ屋の業者によっては、対象者の事前調査が実働回数に含まれることもあります。

一応期間に制限が設けられていますが、その期間内で最も効果的に働く戦略の立案や工作を行ってくれます。ただし、当初予定していた実働回数より早く目的が達成されることもあるので、余った分の実働回数が無駄になる可能性があります。

期間工作型と実働回数型はどっちがいいの?

別れさせ屋に依頼する際、期間型か実働回数型か迷う人も多いでしょう。全段落でも少し記載しましたが、残念ながら別れさせ屋の中には悪徳といわれる業者があることも事実です。

そんな悪徳業者で期間型のプランを選んだ場合、まったく実働してくれないケースもあります。その結果、追加料金を請求されてさらにお金がかかることもあるのです。その点を踏まえると、実働回数のほうが安心して依頼できるかもしれません。期間型プランで依頼する場合は、実働回数をしっかり確認するようにしましょう。

工作が早めに終わる場合

実働型の工作を依頼するにあたり、どのくらいの工作回数があれば目的達成できるのか気になるところですよね。工作の回数は、対象者の性格や依頼者が置かれる状況によって変わります。そこで工作が早く終わるケースについて解説します。

対象者が社交的な性格で近づきやすい

対象者の性格によって工作の成功率が大きく変わることがあります。例えば、対象者の性格が社交的な場合は工作員が近づきやすくので関係を深めやすい傾向があります。その結果、対象者に心理誘導を図りやすくなるのです。

対象者が仕事で外出する機会が多い

対象者が営業で外出する機会が多い仕事の場合も工作が早く終わる傾向があります。日中でも外出する回数が多い対象者は、それだけ工作員が接触できる機会を増やせるということです。対象者の性格にもよりますが関係を深めやすくなります。

対象者がよく行くお店がある

対象者によく行く店はありませんか?会社帰りなどに立ち寄る、いわゆる行きつけのお店があった場合は対象者の行動を把握しやすくなるので、うまく接触できる機会を演出することができます。会う回数を増やせれば、自然と距離感も縮まるので関係を深めやすくなります。

対象者に何か問題を抱えている

対象者が状況を突破できる何か問題を抱えている場合、心理誘導を図りやすくなるので工作が早く終わることがあります。例えば、仕事で出世できなかったり妻や夫との関係が良好でなかったりなどがあるでしょう。その本質的な問題が明確になるので工作も成功しやすくなるのです。

工作が長くかかる場合

次に、工作が長くかかるケースを見ていきましょう。これらの項目に該当する場合は、工作が長くかかることが考えられます。この場合は、実働回数を保証してくれるプランが望ましいでしょう。

対象者が警戒心が強い

対象者が警戒心が強い場合、工作が長くなる傾向があります。警戒心が強い人は、人見知りの傾向が高いです。初対面の人と仲良くなって裏切られたり傷ついたりするのが嫌なのです。その結果、初めて会う人には心を閉ざしてしまいます。

対象者がこのような性格の場合は、どんなに経験値が高い工作員であっても距離を縮めるのが難しくなるのです。まずは、対象者の心を開くところから始め徐々に関係を深めていきます。工作を行う前の段階で時間がかかるので、目的を達成するまでに多くの時間を要する可能性が高いです。

対象者が在宅勤務で家から出ない

近年は働き方が多様化しているので、会社に出勤せずに在宅勤務を選択する人も増えています。自宅で仕事をすることが中心の人は、1日中家から出ないこともあるでしょう。対象者が在宅勤務の場合は、工作員が近づくタイミングが無いのです。

その結果、工作が長引く可能性が高くなります。他の方法でも対象者に近づく方法はありますが、時間を要することに違いはありません。目的達成まで時間がかかることを理解しておきましょう。

対象者が別れさせ屋を認識している

対象者が別れさせ屋を認識している場合も要注意です。別れさせ屋が仕掛ける工作にもある程度知識があるので、初めて会う人には警戒心をあらわにすることも少なくありません。

その結果、バレるリスクを恐れてなかなか対象者に近づくことができなくなるのです。対象者に近づけないと工作も行えないので、長い時間をかけて工作を行うケースも多いようです。

対象者と依頼者の関係が良好でない

対象者と依頼者の関係が良好でない場合も工作が長引く可能性が高いです。これは依頼者に対してすでに心が離れており、浮気相手や不倫相手に心が傾いている状態です。

浮気相手や不倫相手に本気なので、工作員を近づけて工作を行ってもうまく誘導できないことがあります。対象者の気持ちを変えるまでに時間がかかるので、目的達成までにも時間を要してしまうのです。

工作を行うまでの3つのステップ

次は、別れさせ屋で工作を行うまでのステップを紹介します。実際に別れさせ屋に依頼する時に備えて具体的なイメージを膨らませましょう。

①対象者の情報を集める

別れさせ屋と契約したら、工作に必要な事前調査を行います。調査機関は、依頼者が持つ対象の情報量によって変わってきます。もし依頼する前に具体的な調査機関を知りたい場合は、担当者に問い合わせることがおすすめです。ただ、対象者の情報が多いほど調査機関も短くなるので、持っている情報は正直に担当者に伝えましょう。

②現状の情報を共有・工作方法の検討

対象者に関する事前調査が終わったら、調査報告を依頼者に共有します。そして事前調査を踏まえて恋愛工作の内容や方法を具体的に検討します。恋愛工作の内容や方法を決める際も依頼者の意向もしっかり汲み取っていくので、何か不安や疑問がある場合は担当者にその旨を伝えましょう。

③工作員を選出

恋愛工作における具体的な戦略を立てたら、次は最適な工作員を選出します。選ばれる工作員は、対象者の性格や好みのタイプなどを考慮して選出されることが一般的です。その方が、対象者に近づきやすく心理誘導を図りやすくなるからです。

④工作実行

恋愛工作における戦略と適した工作員を選出したら、次は実際に実行します。この時点でいよいよ工作員が対象者に近づき接触を試みます。しかし、恋愛工作の戦略として参加が必要な場合は依頼者にも協力をお願いされることもあります。

もし参加をしたくないと考えるなら、正直に担当者に話すことが望ましいです。ただ、依頼者の参加により工作の成功率を上げられる可能性もあるので、十分に検討しましょう。

⑤工作結果の報告・今後の対策を検討

契約回数分の工作が終わったら、一度結果報告を依頼者に行います。この時点で工作が成功した場合は、別れさせ屋との契約が終了いたします。また契約機関を残して目的が達成された場合も、同じく契約が終了するので注意しましょう。

契約が終了してもアフターサービスが付く別れさせ屋の場合は、今後の対象者への対応方法をアドバイスしていきます。契約期間と同じようにサポートしてくれるので、心強い味方になってくれるでしょう。

別れさせ屋の選び方

残念ながら、別れさせ屋のなかには悪徳といわれる業者もあります。場合によっては、多額の追加費用を請求されることもあるかもしれません。そこで、ここからは悪徳業者を選ばないための別れさせ屋の選び方を紹介します。

会社情報が明確に記載されている

まずは別れさせ屋の公式サイトを訪れて、会社情報が記載されているか確認しましょう。悪徳業者の共通点として会社情報が明確に記載されていないことがあります。

もし気になっている業者のサイトに会社情報が明確に記載されていない場合は、悪徳業者の可能性が高いです。また、代表者の氏名や会社の住所が記載されていない場合も要注意。悪徳業者の可能性があるので、十分に注意しましょう。

探偵業届出書を提出している

別れさせ屋に訪問して相談をする場合、室内に探偵業届出の証明書があるか確認しましょう。通常、別れさせ屋では工作で対象者の尾行や張り込みをします。そのため、探偵業届出書の提出が必ず必要になるのです。

探偵業届出書を提出して認可された場合は、会社の見えるところに提示する義務があります。悪徳業者の場合は探偵業届出書を提出してないことも多いので社内に提示していないことも。そのため会社に行くときは社内を見回してみましょう。

料金プランが明確で低料金過ぎない

別れさせ屋に依頼する際、多額の費用が発生します。できる限り費用を抑えたい場合は、料金プランが安い業者を選びたいと考える人も多いはず。しかし、安すぎる料金プランを提供する業者は注意しましょう。

十分な工作をしてくれなかったり契約後に追加料金を請求されたりする可能性があります。さらに費用が高くなることもあるので、料金設定が安すぎるときは十分に注意する必要があるでしょう。

電話をかけるとすぐに出てくれる

疑問や不安なことがあると、別れさせ屋に連絡することもあるでしょう。そんなときに、なかなか電話が繋がらないときは要注意です。悪徳業者はスタッフの数が少ないこともあり、十分な対応ができないこともあります。

そのため、契約しても困ったときに十分な対応をしてくれない可能性もあります。契約してから困ることが増えるかもしれないので、契約するか慎重に検討する必要があるでしょう。

まとめ

現在、恋愛関係にあるふたりを別れさせるための工作を行う別れさせ屋は数多くあります。しかし、業者によって料金プランも大きく異なるので期間型か実働型の違いをしっかり理解して検討することが重要になります。

ただ、別れさせ屋のなかには悪徳といわれる業者もあるので期間型で契約すると実は全く工作を行っていなかったケースもあります。もし料金プランで迷うのであれば、実働型を選ぶのが無難でしょう!

別れさせ屋カテゴリの最新記事