元嫁と再婚したい!幸せが続く復縁の方法5つ

元嫁と再婚したい!幸せが続く復縁の方法5つ

生きていれば何度か大きな分岐点があり、そこで大きな決断をしたものの、やり直したいと思うことがあります。

結婚や離婚にまつわることもそのひとつで、離婚したことを後悔することが。

何かしらの理由で離婚してしまったけれど、今になってやはり元嫁が良かったと気づくということや、そもそも離婚したくなくて、してみれば吹っ切れるかと思ったけれどやはり戻りたいということなど。

元嫁ともし再婚したらどうなるのか。実際に離婚した相手と復縁する確率はどれくらいあるのかなどが気になるところです。

元嫁との再婚について多角的に検証し、幸せに続くための復縁の方法についてご紹介します。

元嫁との再婚したらどうなるのか

元嫁と再婚したらどうなるのか。答えは成功するか失敗するかのどちらかです。

そして残念ながら失敗する可能性の方が高いのが実際のところ。

元嫁との再婚には2つの大きなハードルがあります。まずひとつは、復縁するというハードル。

そもそも離婚は簡単なことではありません。その決断をした相手とはそう簡単に復縁を考えないのが通常です。

どちらか一方が節に復縁を願っても相手がNOであれば成就は不可能です。元嫁とあなたが復縁できるかどうかがひとつめのハードルです。

もうひとつは、復縁できたとしてそのまま再婚生活を継続できるかどうか。一度ダメになった相手ともう一度やり直したところでうまくやれるかどうかという問題があります。

元嫁との再婚ははっきりいって簡単ではありません。

しかし、可能性はゼロではありません。

あなたがどうしても元嫁との再婚を望み、努力する覚悟があれば幸せな復縁再婚はあり得ます。

元嫁と再婚したらどうなるのか。それはあなたの気持ち次第ということです。

 

元嫁と再婚できる人の特徴とは

元嫁と再婚できる人にはいくつかの特徴があります。

まずひとつはポジティブな人。真面目な人ほど離婚後に自分を責めてしまい、前向きさを失っていきます。しかし、後悔ばかりしている人には良いチャンスは廻らず、元嫁からみても魅力的ではありません。

離婚で失ったものをバネに頑張ることができる人は、心機一転また前の相手とヨリを戻せる可能性があります。

また、自ら価値観を変える努力をし変わることができる人は、復縁することも夢ではないでしょう。

復縁したければまずは自分が変わるしかありませんが、変わるためにはプライドを捨てるくらいの強さが必要です。自らと向き合い復縁に向けて変化できれば、元嫁も過去のイメージを捨ててやり直そうという気持ちになります。

 

元嫁と復縁する方法5つ

元嫁と復縁したいなら上手に縁を引き戻さなければなりません。

復縁はそもそも難しいものですが、離婚した相手との復縁はその中でも特に難しいため、焦らず手順を踏んで進む必要があります。

元嫁と復縁する方法をご紹介します。

まずは友達から

元嫁との復縁で失敗してしまうポイントのひとつに距離感があります。

一緒に暮らし家族だった気安さから、ちょっと仲良くなると関係を忘れて夫婦だったころのように振る舞ってしまい失敗するというパターン。

復縁にこぎつけたいなら、程よい距離をキープし続けるのがおすすめ。

まずは友達というくらいの距離がベター。適当に丁寧な言葉使いを混ぜながらフランクに話すというくらいがよいでしょう。何かにつけて踏み込みすぎず、ドライなくらいが丁度よし。

安心できる友達、という立ち位置が取れたらそこから徐々に近づいて復縁を目指しましょう。

 

下心なしにサポートする

元嫁ということで協力し合うことがあるなら、下心なしにサポートしましょう。

子どものことや場合によって仕事のことなど。

見返りを期待しないこと、そして思うような反応が見られなくても嫌味を言ったりしないこと。

淡々と助ける姿勢を見せることで元嫁は安心し、あなたに心を許すようになります。

元夫婦というのは特殊な関係です。赤の他人ではありますが、しがらみのようなものは残っています。それを良い方へ転がすためには、思いやりを持って接することが一番です。

「元夫婦だったよしみで、何かあったら助けるからね」という気持ちを見せることで、元嫁も安心してあなたに近づくことができます。

 

決意と気持ちをストレートに伝える

復縁したいのであれば、その気持ちと覚悟をストレートに元嫁に伝えましょう。

元夫婦はある意味で他人よりも遠い関係です。お互いに気持ちの中にわざと壁を作って警戒していることもあります。

また、離婚した以上は復縁など考えないのが通常で、相手も同じだという風に妻が考えていることもあります。

あなたが復縁したいのであれば、わかりやすくそれを元嫁に伝えるのが、第一歩です。

そして、前回の結婚生活を振り返り反省するべき点や、自分で努力して修正している点についても何かの形で元嫁に伝えるようにしてください。

ややこしい駆け引きをするよりも、まっすぐぶつかる方が成功率は高めです。

 

相手のペースに合わせる

男女関係のスタートはタイミングが非常に重要です。大人には様々な事情があるため、お互いに「いいな」と思っていても、タイミングが合わなければ発展させることができないことがあります。

将来を見据えた復縁がしたいのであれば、相手のタイミングに合わせましょう。

場合によっては長く待たされることもありますが、人生と言うスパンでいけばそれは回り道ではありません。

元嫁とつかず離れずの距離を保ちつつ様子を伺ってチャンスを待つこと。

相手のペースに合わせることは、その相手を尊重することでもありますので、気持ちが伝わりよい結果に繋がる可能性があがります。

復縁屋を使う

元嫁との復縁はそもそも難しいもの。自力では無理と判断するなら業者を利用するとよいでしょう。

復縁屋というサービスを利用すると、あなたが元嫁とヨリを戻すためのサポートをしてもらえます。

復縁屋は依頼者に合わせたサービスを提供してくれます。

サービス例としては、依頼者のカウンセリング、行動や言動について具体的なアドバイス、復縁するためのきっかけ作りなどです。

離婚したときから何も変わってなければ復縁はほぼ無理。別れてしまった相手の気持ちを取り戻すには、生まれ変わって挑むしかありません。人間心理に精通したプロのカウンセリングで、依頼者を復縁できるように変化させます。

また、相手の気持ちを取り戻すためのメッセージの送り方や、振る舞い方について実践的にアドバイスがもらえます。

復縁屋を使えば必ず復縁できるということはありませんが、プロの第三者を介入させることで自力でがんばるよりも良い成果が得られる確率はアップするでしょう。

 

元嫁との再婚成功率は10%!失敗する原因とは

元嫁と再婚して成功する確率は10%程度と言われます。

そもそも元嫁とやり直しを望む人が少ないためこの確率をどう考えるかは難しいところではあります。

しかし、どちらにしても元嫁との再婚して幸せになるのは簡単ではないということがわかります。

元嫁と復縁再婚をして幸せになりたいのであれば、まずは、失敗する理由を知ることが、これからを考えるための判断材料になります。

なぜ元嫁との復縁がうまくいかないのか。失敗する原因について探ってみます。

前の経験がいかされていない

元嫁と離婚に至ったには理由があります。そのことを横においてとりあえず「復縁」すればほぼほぼ失敗します。

元妻に気持ちが残っていたり、未練がある場合、離婚してしまった後には「戻りたい」気持ちが先行し、本当にイヤだったことや、離婚するほど大きな問題になったことを上回ってしまうことがあります。

その状態で、復縁再婚ができたとしても、時間が経てばまた同じ問題が起こる可能性はありますし、そして同じ道を辿って別れることになります。

前の経験が活かされず、復縁することばかりに気が向いて失敗に終わることがあります。

 

離婚のハードルが下がっている

結婚するときに離婚を想定している人はいませんし、離婚するなんて思ってもいない人が殆どでしょう。

そして実際に離婚したときはかなりの決心をし、心労も相当あったはずです。

人間心理として、経験したことがないことは簡単にはできません。

しかし、やるつもりのなかったことでも一度やってしまえば二度目は簡単にできてしまいます。

過去に離婚した相手に対しては、離婚することについてハードルが下がった状態です。二人の関係が悪くなったときにふと「離婚」を選択してしまう可能性があります。

復縁再婚をして、またケンカをしたり問題が起こったときに、「離婚すること」の閾値が低いと、最後の踏ん張りが聞かずにまた離婚してしまうことがあります。

信頼が取り戻せない

人間関係は信頼関係で成り立っています。裏切られることがないと信じているから心を開き、相手のために尽くすこともできます。

その信頼を失ってしまうと、どんなに良いことをしてもらっても、もう一度信じるのが難しいことがあります。

離婚で相手から裏切られた、信じられないという体験をしたなら、その気持ちを乗り越えることはなかなかできません。再び信頼関係を築いていくつもりで復縁しても、気持ちがついていかないことがあるのです。

離婚のトラウマで相手を心から信頼することができないと、結局またダメになってしまいます。

 

元嫁との復縁が難しいパターン

男女のご縁は努力だけではどうにもならないところがあります。あなたが強く復縁の望み、自分なりに努力しても、状況によっては難航します。

元嫁との復縁が難しいパターンについてみていきます。

元嫁にパートナーがいる

現状ですでに元嫁に恋人や夫がいるのであれば復縁は難しいでしょう。恋人とまでいかず、「好きな人」がいるだけでも、気持ちがそちらに向いていますので、振り向かせるのは簡単ではありません。

一般的に女性は複数の異性に同時に気持ちを向けることはできません。また、新しい相手が見つかると過去に戻ることを基本的には考えなくなります。

あなたと離婚して次の相手に向かっているということは、きつい言い方になりますがあなたのことは目下、忘れています。

そんなときに復縁を誘いかけても、全く気にもかけてこないというのが実際です。

もし、パートナーのいる元嫁にアプローチするのであれば、パートナーと別れた直ぐ後がねらい目ですので、じっくりとそのときを待ちましょう。

 

元嫁の性格

恋愛傾向は個人の性格が大きく影響します。「好き」「苦手」という感性は本能的なものであっても、それをすぐに実際の恋に移すかどうかは、その人の性格や考え方、価値観によって異なります。

元嫁が真面目な性格であったり、プライドが高く上昇志向がある、執念深いなどであれば、そもそも復縁はほぼできません。

真面目な女性は離婚したことにそもそも罪悪感があるため、その相手であるあなたのことをマイナスイメージでみています。同じ失敗は繰り返したくないとも思っていますので、同じ相手と復縁することは彼女の中でタブーとしているでしょう。

元嫁がプライドが高く上昇志向のあるタイプであれば、離婚後には気持ちはあなたを離れてもっと別のことに向いています。離婚をバネにさらに良い人生にしたいと願っていますので、過去を振り返ることはありません。

また、過去にこだわるタイプや執念深いタイプの女性は、離婚した相手のことを何があっても許したくないという気持ちから、頭の中で封印しています。

元嫁がそもそも復縁に向かない性格であれば、諦める方が無難です。

どうしても復縁を望むなら、相当な時間をおいてからあなたがすっかり生まれ変わった状態で持ちかけるくらいでなければなりません。

 

幸せが続く復縁再婚をするためのポイント

復縁再婚をしても幸せに末永く続いていかなければ成功とはいえません。

幸せを継続するためのポイントを心がけることで、より良い状態をキープすることができるでしょう。

復縁再婚が成功するためのひとつ目のポイントは、あなたが変わるということ。人間は年齢を重ねるごとに「自分ルール」が強くなり、変化が苦手になっていきます。しかし、よい夫婦関係を維持するために自分ルールは不要。パートナーに合わせつつ、二人のルールを作って行く努力が必要です。

もうひとつは油断しないこと。再婚できたからといって、それでOKではありません。パートナーの様子に気を配り、二人の関係を常にメンテナンスしながら過ごしていきましょう。

これらのことは、はっきり言って面倒くさいことです。しかし、面倒くさいことを丁寧にすることが幸せそのものであり、大きな充実につながっていきます。

夫婦を維持する努力を怠らないことで幸せな復縁再婚を作っていくのです。

 

元嫁と幸せな復縁再婚しよう!

元嫁と復縁再婚するための方法や失敗例、幸せが続くポイントについてご紹介しました。

離婚した相手と復縁するのは容易ではありません。また、復縁再婚後の関係維持は難しく、また離婚してしまうカップルも実際にいます。

しかし、世の中にはあらゆる失敗を乗り越えて、再び幸せを掴んでいる二人もいます。

あなたがどうしても元嫁とやり直したいのであれば、強い気持ちと覚悟をもって突き進みましょう。

幸せが続くかどうかはあなたの努力次第です。出来る限りの手をつくして、望む幸せを手に入れてください。

 

復縁したいカテゴリの最新記事