浮気で後悔したエピソードや体験談!結局また浮気してしまうスパイラル

浮気で後悔したエピソードや体験談!結局また浮気してしまうスパイラル

ほんの出来心でしてしまった浮気。バレないだろうと軽い気持ちの浮気。寂しさを埋めるための浮気、など浮気のきっかけは人それぞれです。

浮気を楽しめるという人も中にはいますが、大抵は大きな後悔に結びついているようです。

配偶者や彼氏がいるのに浮気をした人はどんな後悔をしているのでしょうか。

浮気で後悔したエピソードをご紹介します。

 

浮気を浮気で仕返ししたけれど

遠距離恋愛の彼氏がいました。大学時代からの付き合いで転勤で離れ離れに。

いつかは結婚すると思っていたので、遠距離恋愛もそれはそれで楽しめばよいかと思っていました。

彼に仲良くしている女性がいると教えてくれたのは、共通の友人です。彼氏が同僚の女性に心惹かれていて、揺れているようだから注意するようにと教えてくれました。

彼氏のことを信じていただけに、ショックを通り越して腹立たしい気持ちで一杯になった私は、彼氏からの連絡をスルーしたり、約束を守らなかったりするようになりました。

それでも苛立ちは収まらず、マッチングアプリに登録しそこで出会った複数の人とデートをするように。

たまたまマッチングアプリに登録していた友人を通じて彼氏にバレてしまったのです。

そこで出会った人たちとはデートだけの関係だったのですが、それは言い訳にもならず、彼氏は離れていきました。

後で知ったのですが、先に浮気をしたと思っていた彼は、気持ちは動いたけれど実践には移していなかったということ。

浅はかで軽率な行動だったと本当に後悔しています。

 

浮気相手が本気になった

フリーで仕事をしている私は自分が既婚者であることを周りには話していません。わざわざ公開する必要はありませんから。

仕事で知り合った同年代の未婚男性と仲良くなり、プライベートで食事に行くようになりました。私としては、自分は結婚しているので、友達というか軽い気持ちで会っていたと思います。

食事をしているときに彼から正式に付き合って欲しいと言われてあわてて既婚者であることを告白しました。しかし、相手は引かず「待っているから」と執拗でした。

怖くなって、LINEを無視したり仕事でも必要最小限の接触に留めるようにしていましたが態度はエスカレート。毎日、告白めいたメッセージが届いていました。

このままでは、夫にバレてしまう。そう思った私はありのままを夫に話し、夫から彼に連絡をしてもらいようやく事が収まりました。

男性との距離の取り方は心得ているから寸止めなら大丈夫と甘い考えを持っていたことについて、夫からはかなり怒られました。

 

浮気女のレッテル

大学時代、彼氏がいたのですがもう一人気になる人がいました。クラブの友人Fくん、彼は優しくて頼み事は何でも聞いてくれるタイプ。クラブが遅くなるといつも彼の車で送ってもらっていました。

Fくんには彼女がいて、その子も同じ大学だったので顔は知ってました。

あるとき、私は彼氏といろいろあってそのことをFくんに相談。調子に乗ってドライブデートをせがみました。ドライブに行った先で、雰囲気に流されてキス。以来、二人の関係が微妙な感じに。

そのことに真っ先に勘付いたのはFくんの彼女でした。彼女の質問攻めに負けてFくんはドライブデートのことを告白してしまいました。それがきっかでFくんカップルは破局。もちろん、私と彼の関係も終わったのですが…。その後、Fくんの元彼女がエピソードに尾ひれをつけてあちこち言いふらしたのです。

学内で「浮気女」として有名になった私。その後の大学生活では良い恋ができませんでした。

今でも仕事などで大学の同窓だという人に出くわすと私の黒歴史を知られているのではないかと身構えてしまいます。

 

気が付けば心が離れて関係が破綻

元彼と連絡をとっていたことを夫に知られました。きっぱり元彼に気持ちが無い状態で連絡をとっていたのであれば、良かったのですが。私の中には何となく夫への不満があって、その気持ちを元彼との連絡で紛らわせていたところがあります。

元彼は結婚願望が無いタイプでそのことが原因で私たちは別れました。そして、夫を出会い結婚。元彼の方が好きという気持ちが残っていて、ついつい私の方から連絡をとってしまっていました。

夫は結論重視の会話を好むタイプで、愚痴などは聞いてくれません。引き換え、元彼はLINEの返信がマメで、寄り添うな返事を返してくれます。元彼とチャットをしていると毎回、長話になるのが常でした。

スマートフォンにかかりっきりなことについて、夫には、友達として元彼に連絡していると言いましたが、夫は信じてなかったのだと思います。徐々に二人の間に溝が生まれ、夫の方から離婚を切り出されました。

私と元彼は実際に会っていた訳ではありません。連絡するくらいはよいだろうと、考えていたのが失敗だったと後悔しています。

 

浮気相手の子どもを妊娠

彼氏と付き合って3年。周囲からはどんどん結婚式の招待状が舞い込む中、本当に結婚できるのかどうか、不安でした。

彼氏とは順調に交際していましたが、結婚については鈍感で「特に考えていない」というようなことを友達に言っているのを耳にしました。彼氏は、大手企業に勤務していてそれなりに収入があるはずですが、高級外車を買ったり、休日は海外旅行に出かけたりと自分のことにお金を使ってそんな生活に満足している感じでした。

彼とのまま交際していても埒があかないかもと思い、同時並行で婚活をすることを思い立ち、結婚相談所に登録。複数の男性に会い、その中の一人と深い関係になりました。そして、ほどなく妊娠が判明。彼氏の子どもなのか、結婚相談所で知り合った人の子どもなのか?考えてわかるはずもなく、途方にくれました。

どうしようもなくなった私は、どちらの男性にも相談することなく一人で堕胎を決断しました。

それからしばらくして、結婚相談所で知り合った男性は、別の相手を選び結婚。婚前交渉が原則禁止の相談所に訴えることも出来ず泣き寝入りです。

彼氏に結婚について真剣に考えて欲しいと言ったところ、まだ考えられないの一点張り。どうしても結婚がしたいなら別の人を探して欲しいと言われ結局、別れることになりました。

 

ずっと後悔

私は夫のことが大好きで、自分から何度もアプローチをして結婚に結びつきました。理系の夫はクールなタイプで、私が一生懸命に告白をしてもいつも冷静に答えを返してきていたと思います。

大好きな夫と結婚ができて私はとても幸せでした。一方で、淡々と毎日の生活を送る夫の姿には寂しさを感じていたところがあります。私は、「好き」「愛してる」という言葉をダイレクトに言う方ですが、夫はそれを聞いても照れくさそうにするだけ。もちろん、同じ言葉を返してくれることはありませんでした。

夫との温度差は私の中で次第に悲しみに変わりました。結婚してからは外での付き合いは控えていたのですが、気持ちを晴らすために職場の飲み会には積極的に参加することにしました。そこで、後輩の男性と仲良くなり男女の関係を持ちました。

後輩には彼女がいて結婚を控えていたので、もちろん火遊びです。ただ彼は口がうまく「このまま二人で暮らそうか」「好きだよ」と、甘い言葉をたくさんくれました。待っていたはずの言葉なのに、なぜか虚しくて。後輩とは一度きりで終わりにしました。

あれから3年。夫は以前と変わらず淡々としていますが、それが彼の愛なのだと今になって心から思えています。夫のことがやはり私は大好きです。

夫に浮気はバレていません。しかし、大好きな人を裏切った後悔は消えていません。多分これから先も消えないと思います。

 

浮気から略奪に進んだけれど結局また浮気

結婚3年目、可もなく不可もなく普通の夫婦でしたが、子どもを授かることが出来ないのが悩みでした。病院で相談をしてみましたが、特に問題はなく夫の意向で不妊治療はせず、神様に任せようということにしていました。

しかし、夫の両親からの「孫はまだか」という攻撃はすさまじく、何よりそれに対して夫が助け舟を出そうとしないことがやりきれません。そんな不甲斐ない夫の態度に自分の心が静かに覚めていくのを感じていました。

仕事帰りにときどき行くバーで開催された、既婚者飲み会に参加したのは下心があったからではありません。ちょっと憂さ晴らしをしたいという気持ちがきっかけでした。店の常連客とそのツテで集まった人の会でしたが、男女とも遊び人というより、普通の社会人たちという印象です。定期的に参加し、そこで知り合ったIという男性と個人的に親しくなりました。

Iは当然既婚者でしたが、芸術的な仕事をしている妻とは価値観が合わず、家庭内別居の状態だと聞かされました。そして、実際に私たちが関係を持って半年後にIは離婚しました。

Iの離婚を受けて私も自分自身の未来を模索しました。結果、夫とは離婚。Iとの再婚に踏み切りました。

再婚から1年したころ、Iが既婚者飲み会に参加していると聞きました。問い詰めたところあっさり自白。悪びれた様子はありません。

Iは私と出会おうと出会うまいと前妻と離婚をしていたと思います。そして、誰と結婚しようと浮気を繰り返す癖がある男です。彼の行動を自分への愛とはき違え、行動力に感動していた自分が愚かだったと後悔しています。

 

後悔先に立たず!浮気の前に一度立ち止まって考えて

既婚者や彼氏がいる女性が浮気をし後悔しているエピソードを7つご紹介しました。

浮気と一言で言っても、肉体関係を伴うものから、連絡を密にとっているだけというものまで幅があります。何をもって浮気と認定されるかは、個人の考え次第。自分ではセーフと思っていても、クロ判定を受け人生の大きな局面に立たされることもあります。

いずれにせよ、配偶者や恋人を横に置き、別の男性に対して心を傾けてしまうと浮気になります。軽い気持ちを実行に移す前に先々を想像し、立ち止まって考えることをオススメします。

浮気はやるかやらないか。一度でも浮気をすると大きな後悔につながることがあります。後悔のないよう、気持ちをコントロールしてよりよい幸せをつかみましょう。

 

不倫成就カテゴリの最新記事