別れさせ屋の体験談と裏話!実体験を紹介!

別れさせ屋の体験談と裏話!実体験を紹介!

別れさせ屋は探偵のサービスであり、夫婦やカップルなどを別れさせることを生業とする、いわば別れのプロです。

あなたに別れさせたい人がいて、別れさせ屋の利用を検討している場合、自分の依頼が成功するかどうかを過去にあった体験談や実体験で確認したいと思いますよね。

この記事では、別れさせ屋で過去にあった体験談や裏話をご紹介し、あなたの『どんな事例があるのだろう?』『本当に別れさせれる?』という疑問を解消します。

 

別れさせ屋の体験談を知って分かること

別れさせ屋には、『どうしても別れさせたい』という強い思いを抱いた依頼者が工作依頼に訪れます。

しかし、『本当に別れさせることができるのかな』と疑問に感じることもあるでしょう。

これらは実例を知ることで解消できるかもしれません。

別れさせ屋の体験談を読むことで、どのような事が分かるのかを紹介します。

 

①自身のケースが可能かどうかを判断する

なぜ別れさせたいと思ったのか、不倫の末の略奪婚希望や怨恨、あるいは自身のパートナーとどうしても別れたい…など、別れさせ屋への依頼を検討するきっかけとなる原因はそれぞれ異なります。

別れさせ屋であれば別れさせてくれるかもしれないという期待と同時に、『本当に別れさせることができるのだろうか』『自分と似たようなケースはないか』と知りたくなるのは当然です。

やはり、自身と似た事例の結末はもちろん、工作がどのように進められるのかを知っておけば安心できるはずです。

実例を知ることで、自身のケースが成功させられるのか否かをあらかじめ確認することも可能です。

 

②工作に要する期間や料金の目安がつく

別れさせ工作に要する費用や時間はケースによりますが、やはりお金のことはあらかじめどれくらいかかるのかを知っておいた方が安心ですし、具体体な資金計画を立てることもできます。

自身のケースと似た実例の平均的な期間や料金を知っておけば、資金計画だけでなくあらかじめ心の準備をすることもできますし、別れさせた後どうするかについても冷静に考えることができるはずです。

ただし、似たようなケースであっても、難易度やいざ工作が始まると思わぬハプニングが起こる可能性も考えられるので、あくまで目安として捉える必要があります。

 

③覚悟ができる

別れさせ屋のリアルな体験談を読むことで、以来における覚悟ができるでしょう。

別れさせ屋に依頼さえすれば、必ず別れさせてくれると思っていませんか?

人は期待をしてしまう性質があり、失敗に終わる可能性があることを知っていても、どうしても自分が望む未来となるよう期待してしまいます。

期待をすること自体は悪いことではありません。しかし、難易度が高い事例である場合、過去にあった実例を知っておくことで、どのくらい難しいのか、失敗に終わる可能性もゼロではないことの覚悟ができます。

別れさせ屋に依頼するにあたり、どのような未来が考えられるのか、負担となることなどについてもあらかじめ知り覚悟した上で依頼をするかを決めることができます。

 

④依頼前にやるべきことが分かる

別れさせ屋の体験談から、依頼前にやるべきことが分かります。

別れさせ屋に依頼したら、あとは別れさせ屋に任せて依頼者は何もしなくても良いのかというと決してそうではありません。

そもそも、別れさせ屋に依頼するのであれば、ターゲットやその周辺に関する情報は少しでも多い方が有利に進めることができますし、自身のターゲットに対する接し方についてもこうした方が良いという方向性があれば意識して計画的に行動した方が良い場合もあります。

実例を知ることで、あらかじめ情報収集をはじめとした自分にできることを考えることができるので、いざ別れさせ屋に依頼した後も効率よく進めることができるでしょう。

 

別れさせ屋でオススメの会社はどこ?

ちなみに、本サイトでオススメしている別れさせ屋はM&Mです。

お試し工作が可能であり、通常料金の半額で依頼が可能。また、実働回数型であることから実際に工作で動いてくれる分の料金をお支払いする形になるため、予算に合わせたプランニングも可能です。

工作時には毎回、動画や写真を使った証拠を見せてもらえますので、どのように工作したのかが明確に分かる形になっています。

他にも全国でどのような別れさせ屋があるのかを知りたい!という方は以下のページにて別れさせ屋をランキング形式で紹介しています。もし気になる人は参考にしてみましょう。

 

 

別れさせ屋の体験談や裏話5選

別れさせ屋の体験談や裏話を知ることで、実際に別れさせ屋に依頼する場合メリットが数多くあることを前述しました。

やはり、実際にあったケースや、どういう結末になったかなどの実例は、知っておいた方が安心です。

ここで、別れさせ屋で実際にあった実例を5つご紹介します。

 

ケース①:DV旦那との離婚に成功

長年、夫からのDVを受けていたAさん。夫に怯える生活から逃げたいと思い、別れさせ屋に依頼しました。

DVの程度やDVを受けるようになったきっかけ、ターゲットである夫の性格や情報を聞き出した上で、夫に工作員を接近させて、心理誘導を行いました。

 

工作員との会話やコミュニケーションの中にはDVの片鱗は全く見えず、DVはAさんにのみ行っていることが明らかとなりました。

心理誘導を繰り返した結果、Aさんと別れる覚悟をした夫は離婚後もAさんに接近することはありませんでした。

工作員が離婚後夫に会いに行くと、『あなたと話をしていると、妻に対して後ろめたい気持ちになって、もうDVはやめよう、そのためにも離婚しようと思った』と話してました。これは、間接的に行った心理誘導が、対象者に刺さった事例です。

 

ケース②:彼とやり直したい!彼と彼女を別れさせて見事復縁

別れてしまった彼と復縁したいと思っていたBさん。しかし、既に彼はBさんと付き合っていた頃から浮気をしていた女性がいて、その女性と交際をしていました。

 

別れさせ屋の男性工作員が彼女が通う英会話教室に入会し、接近を試みました。
入会後2週間程度で連絡先を交換し、彼女は男性工作員と恋人同然の仲になりました。

結局、彼よりも男性工作員になびいた彼女は別れを切り出し、見事別れさせることに成功。

Bさんは別れさせ屋の指示の元、彼に連絡をして食事をしたり連絡を取り合う仲になり、タイミングを見計らって告白したところ承諾、見事復縁することができました。

その後2年の交際を経て、結婚に至りました。

 

ケース③:夫の元カノから略奪!

会社の先輩を好きになったCさんですが、彼には長年交際している彼女がいました。彼女がいることを知っていてもどうしても諦めることができず、別れさせ屋に依頼。

男性工作員を彼女に接近させて連絡を取り合う仲に。自分以外の男性の存在に気付き始めた彼は、Cさんに相談し、相談にのる流れで食事やデートをするなど仲を深めていきました。

 

結果、3か月後に彼から『絶対に彼女よりも大切にするから、付き合って欲しい』と告白してOKをもらって恋人関係に。

彼から彼女には別れを切り出してもらい、彼女も工作員という存在があったためあっさりと別れることに承諾して工作成功に至りました。

 

ケース④:別居中の妻と別れて彼女と一緒になりたい

妻と別居して3年が経過するDさん。別居している間に、Dさんには彼女ができ、彼女と結婚したいと考えていました。

妻とは別居中に何度も離婚の話をしたものの、世間体を気にして妻が承諾せず難航…。

そのため、妻好みのハイスペックな工作員を接近させて、見事妻と工作員がデートしている証拠を得て証拠を元に離婚を成立させることができました。

 

Dさんと妻の間には元々子どももいなかったので、妻の気持ちが工作員になびいてからは離婚まで時間がかかりませんでした。

無事、彼女と結婚して今では妻と子どもと幸せに過ごしています。

 

ケース⑤:ハニートラップが通用せず失敗

元彼女とやり直したいと思っていた依頼者Eさん。

しかし、元彼女には既に彼氏がいて、2人の交際は順調に進んでいるようでした。

 

どうしても元彼女とやり直したいという思いから、彼氏に女性工作員を接近させてハニートラップをかけて欲しいと依頼しました。

シナリオ通り、彼氏に女性工作員を接近させて、深い関係に。その間に、Eさんは元彼女と会う約束をし、浮気されていることを元彼女に話しましたが、元彼女は『浮気されていることは知っている、けれど別れるつもりはない』と言い、その後彼と工作員が一緒にいる姿を見ても驚かず機にしていない様子でした。

結局、元彼女は本当に彼と別れるつもりはなく、ハニートラップも失敗に終わりました。

 

別れさせ屋の体験談から分かる、成功する人の共通点

別れさせ屋への依頼内容や状況はもちろんのこと、別れさせ屋に依頼して成功するかどうかは依頼者によっても異なります。

ここで、別れさせ屋に依頼して成功する人の共通点について挙げてみましょう。

 

①経緯や情報を包み隠さず話す

別れさせ屋に依頼する場合、ターゲットやその周辺に関する情報や経緯は一つでも多い方が有利に進めることができます。

その反対で、依頼者がターゲットについて知っている情報を隠していたり、自分にとって都合が悪いからと言って嘘をついていると、工作にも影響します。

別れさせ屋に依頼した人は、自分が持っている情報を全て包み隠さず別れさせ屋に話をし、実際に工作が始まってから得た情報についても随時リアルタイムで報告しています。

そのため、情報量が多く別れさせ屋にとっては工作が進めやすいので成功に至るケースが多いと言えます。

 

②連絡をマメにとる一緒に取り組む姿勢

別れさせ屋は別れのプロではありますが、やはり工作を成功させるためには依頼者と別れさせ屋との連携や協力が必要不可欠です。

依頼をした後は全て別れさせ屋に丸投げして依頼者は何もしないで待っているだけでは、やはり情報量やサポート力が少ないことで失敗しやすくなります。

別れさせ屋に依頼して成功する人は、自分も一緒に取り組むという意識や姿勢があります。実際に工作を行うわけではなくても随時別れさせ屋と連絡を取り合い、情報を提供するほか、常に別れさせ屋の指示に従って行動するため、工作の邪魔になることもありません。

 

別れさせ屋の成功率を高めたいのであれば、以下の記事にも目を通しておきましょう。

 

悪質な別れさせ屋に要注意!別れさせ屋の工作は絶対ではない理由

別れさせ屋と一口に言っても、実にさまざまな業者が存在し、中には悪質な別れさせ屋も存在数ことから、注意が必要です。

別れさせ屋に依頼すれば大丈夫だと思いたい気持ちは分かりますが、悪質な業者だった場合には成功はおろか詐欺まがいな被害に合うことも考えられますし、そもそも別れさせ屋の工作自体成功が確証されたものではありません。

絶対に大丈夫と勝手に判断することなく、万が一の場合についても覚悟しておく必要があります。

 

①人同士の問題だから

別れさせ屋に依頼した具体的な内容や状況はケースによって異なりますが、別れさせ屋という業務内容からも分かるように、別れさせ工作とは誰かと誰かを別れさせることを目的としています。

誰かを別れさせることは、人と人との問題だからこそ、絶対はありえません。

人の気持ちはいつどのタイミングで心変わりするかは誰にも分かりませんし、工作自体はシナリオ通りに進んでいても急に気が変わって失敗に終わることも十分考えられます。

人同士のことだからこそ、プロの手を借りたとしてもどう進むのか、結果がどう終わるのかは誰にも分からないことは念頭に置いておきましょう。

 

②思わぬハプニングが起こることも

どんなに綿密なシナリオを作り、入念なリハーサルを行っていたとしても、予期できないハプニングはつきものです。それは、工作の場数を踏んでいる経験豊富な別れさせ業者や工作員であっても同じことです。

例えば、思ってもみなかったタイミングでターゲットと依頼者が鉢合わせをしてしまって悪い方向に進んでしまうこともありますし、何かをきっかけに、工作員の存在に気づいて失敗に終わるケースもあります。

反対に、思わぬハプニングがきっかけとなり良い方向に進むことも…。

経験豊富な別れさせ屋であれば、ある程度のハプニングには対応することは可能ですが、中には対応しきれないことも考えられます。

別れさせ工作に絶対はなく、依頼から終わりまで何が起こるかわかりません。

 

まとめ

実際にあった別れさせ屋工作の実例についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

成功する事例かつ自分と似たケースであれば期待ができますが、必ずしも成功するケースばかりではありません。

例え似たような事例であったとしても失敗に終わることもあることからも何が起こるのか分からないのが別れさせ工作と言えます。

 

事例を知って安心しきったり、反対に自身で無理だと判断して諦めるのではなく、まずは別れさせ屋に相談してみましょう。実際に依頼するのであれば、ご紹介した成功する人の共通点を意識してみてください。

 

絶対と言い切ることはできませんが、あなたの願いを成功に導くためには、依頼者であるあなたの気持や行動がカギとなるはずです。

別れさせ屋カテゴリの最新記事