相手の奥さんにバレた!知っておくべき妻からの慰謝料を減額する方法!

相手の奥さんにバレた!知っておくべき妻からの慰謝料を減額する方法!

不倫恋愛とひとくくりにいってもいろんなカップルがあります。単に体の関係だけという場合や、アクシデントのような不倫もあれば、運命的に出会いこのまま離れることはできないような深い縁で結ばれた二人もいます。

もし、あなたの不倫が運命的なもので、どうしても彼と一緒になりたいのであればまずは離婚をしもらわねばなりません。しかし、不倫が相手の奥さんにバレた後、離婚するにはややこしい話し合いに加えて、高額な慰謝料が発生します。

相手の既婚男性の妻からの慰謝料を減額する方法について具体的に伝授します。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

慰謝料の相場は50~300万円

不倫恋愛が発覚した場合、現在婚姻関係にある不倫をされた側は不倫相手に対して慰謝料の請求ができます。法律に定められた婚姻関係にあるカップルには、お互いに対して貞操義務があり、不貞行為はそれに違反するとされます。

慰謝料の額は、不倫関係の長さや反省の度合い、不倫が夫婦関係に及ぼした影響など総合的に判断して決定されます。

不倫をした側が反省し、関係を解消したなどであれば額は抑えられますが、不倫が元で離婚に発展したときなどは、高額な慰謝料となるケースが多いとされます。

 

慰謝料が減額されるケース

不倫に対する慰謝料は、不倫関係を解消するのであれば減額されることがあります。不倫関係を継続し、夫婦には離婚してもらおうとするのであれば、真正面からいけば減額は見込めません。

夫婦が離婚に至った場合で慰謝料が抑えられるケースについてご紹介します。

 

①あとからバレた場合

夫婦が離婚したあとに、夫が婚姻中に不倫恋愛をしていてそれが離婚の本当の理由であったことに気付いて慰謝料を請求する。そのようなケースでは、慰謝料が発生しないケースが多いとされています。

すなわち、あなたと彼が不倫関係である間、その関係が配偶者にバレないように上手にやりすごし、彼には不倫とは別の理由で離婚をしてもらえば、不倫に関する慰謝料はゼロにできる可能性があるということ。

もし、現時点で彼の配偶者が夫の不倫にみじんも気付いていないようであれば、その状態がキープしたまま離婚に持ち込めるよう彼としっかり打ち合わせをしておきましょう。

 

②婚姻期間が短く子どもがいない場合

慰謝料の額は夫婦の関係にも大きく関連しています。彼と配偶者の婚姻期間が短い場合や、子どもがいない場合などの慰謝料は相場よりも抑えられることがあります。

また、あなたとの不倫恋愛とは関係なく、夫婦が長く別居しているというケースや、離婚を前提に別居している又は実際に調停中であるケースなどは、慰謝料が減額されたり、ゼロになるということもあります。

別居といっても、仕事や家庭の事情で別々に暮らしているだけというパターンや、冷却期間をおくために別に暮らしているというのであれば、減額の対象にはなりませんので、彼の状況を冷静かつ的確に把握しておくことをおすすめします。

 

③相場からかけ離れている場合や収入が少ない場合

慰謝料には相場があります。腹立ちまぎれに好きなだけ請求してよいというものではありません。また、実際に支払いが可能な額でなければ、請求された側が支払いたくても支払えません。

請求を受けた金額が相場から大きくかけ離れているときは、相場に準じて減額がなされます。また、請求を求められた側の支払い能力によっては、それに見合った金額に減額されることがあります。

すでに慰謝料を請求されていてそれが法外な金額であったり、あなたの生活でとても払えそうにない金額なのであれば、手続きを踏んで減額を依頼してみるとよいでしょう。

 

慰謝料を抑えて離婚した事例

離婚にいくらかかったのか。慰謝料を抑えるためにどんな手を使ったのかなどは、友達などでもなかなか詳細には話してもらえないかもしれません。

慰謝料を抑えて上手に離婚を勝ち得た事例の体験談を伺いました。

 

①別れさせ屋を使って

同級生で大学時代に交際していた元彼。再会したときには彼はすでに既婚者になっていました。諦めなければと思いつつ、どうしても離れることができなくて不倫関係を続けてしまいました。

私はこのままの関係かなと思っていたのですが、彼が妻から愛されていないということを知って気持ちは変わりました。一流企業に勤務する彼をATMとしか思っていない妻。自分は友達と出歩くのに忙しく、毎日、出来合いの惣菜を並べる妻。許せなかった。

そこで、彼を説得して別れさせ屋を利用しました。妻が参加しているワインの会に別れさせ屋さんが潜入して、男女関係に持ち込むという筋書。

当初、私としてはそんなのうまくいくかな?ってちょっと疑問でした。だって、愛してないとはいえ夫のある女性がそんな簡単にほかの男性と、って考えにくいですから。

しかし、良い意味で別れさせ屋さんは私の予想を裏切り、彼の妻をホテルに連れ込んでくれました。私は知らなかったんですが、彼から事前にリサーチして妻の好みとか、口のうまい男性に惹かれやすい性格とかをちゃんと組み込んで仕掛けてくださったそうです。

ホテルの写真があっては妻も何もいえず、彼女の不貞ということでこちらからの慰謝料はなく離婚できました。

私自身が元妻に会うこともなくことが淡々と運んで、本当に助かりました。

 

②時間をかけて離婚へ

元上司だった今の夫とは、長く不倫恋愛をしていました。出会いは私が20代のころ。交際して半年ほどで奥さんにバレてしまい、二度と連絡をとらないという約束で一度は別れました。

その後、私の方は普通に付き合った男性もいたのですが、彼のことがどうしても忘れられずに復縁。彼の方も、私との結婚を望んでいるとのことでした。

私たちは、とにかく奥さんにバレないように気を使い、静かに交際しましたね。ときどき音信普通になったりもありましたが、彼の気持ちは私に向いていると信じていたので、乗り切れました。彼と奥さんは普段からケンカも多かったようで、子どもさんが高校を卒業するのを機に離婚となりました。

彼の離婚が成立して半年後に私たちは結婚したのですが、出会いから10年以上。私にはこの人しかいないと待ち続けた結果だと思います。

 

こんなときには別れさせ屋が便利

妻からの慰謝料を減額したいときなどに強い味方となってくれる別れさせ屋。なかなか離婚が成立しない場合や、離婚によって夫である彼氏に不利益が生じる場合などにも、助けてもらうことができます。

あなたや彼が直接になにか手を下したなら罪悪感が残ることがありますが、別れさせ屋に依頼すればそれもありません。別れさせ屋は、人生の方向を無理やり捻じ曲げるのではなく、ほんの少し力を加えて滞っている流れを正常に押し戻すことが仕事です。

別れさせ屋を使うべきパターンについてご紹介します。

 

①配偶者が専業主婦

統計では、結婚したカップルの3組に1組が離婚する時代と言われていますが、妻の境遇によってはなかなか離婚が進まないということもあります。

彼の配偶者が専業主婦などであれば、配偶者は生活の全てを夫に頼っているため、離婚に簡単には応じてはくれないことが多いようです。夫への執着が、愛だの好きだのといった感情論でないだけに、頑なに応じないとなると方策のたてようもありません。

そんなときにはぜひ別れさせ屋を利用しましょう。生活がかかっている専業主婦は、素人では落とせません。プロの力を利用して、専業主婦である妻が離婚に承諾するしかない状況を作ってもらうのがおすすめです。

 

②既婚男性が妻に弱みを握られていて離婚しにくい

婚姻関係は男女の結びつきだけでなく複雑な事情が絡んでいることがあります。彼の事業など仕事に妻や妻の家族などが関係している場合。彼の親など親族について妻に何かしら頼っている場合など。

既婚男性が妻に人生の一部を任せているなど、いってみれば弱みを握られている状況であれば離婚は難しいでしょう。

何かしら事情のある婚姻関係を解消し、再婚に向かうためには妻の方に非があって離婚する、または妻の方から離婚を希望するというのがベストです。

そのために一役買ってくれるのが別れさせ屋。費用はかかりますが、離婚の理由を引き出してくれますので、あなたと彼の不倫に関係なく夫婦を別れに導いてくれます。その後の再婚も気兼ねなくできるでしょう。

慰謝料に支払う分を抑えて、その分を別れさせ屋にまわせば、嫌な思いをすることなく再婚に向かうことができます。

 

③彼に知られずに離婚に進めたい

あなたの彼が真面目な性格で、そもそも離婚などできないと考えている場合にも、別れさせ屋がおすすめです。

真面目な性格の男性は、不倫相手の女性のことをどれほど愛していたとしても、それとは別問題として離婚はできないと考えていることがあります。例え、気持ちが冷めていたとしても、結婚している以上はそちらに責任があると考えているなどが理由です。

このタイプの男性は、あなたがいくらお願いしても離婚はしないでしょう。彼には彼の理屈があるのでそう簡単にはひっくり返らないからです。そうであれば、彼には内緒で別れさせ屋を利用して、離婚させるしかありません。

別れさせ屋は秘密厳守ですので、あなたが別れさせ屋を利用したことは彼には絶対にバレません。既婚男性に知られることなく、夫婦に別れてもらえば彼はあなた一人のものになります。

 

 

不倫の慰謝料は上手に運べば減額できる

不倫恋愛で既婚男性に離婚をしてもらった場合に発生する慰謝料。その慰謝料をできるだけ抑える方法や、慰謝料なしで離婚してもらう方法についてご紹介しました。

あなたの彼が既婚者であるなら、普通に関係がバレて離婚となれば高額な慰謝料が発生します。また、妻の性格や状況によっては、慰謝料を請求した上、離婚はしないということもあり得ます。

慰謝料をできるだけ少なくして、離婚を成立させるためには入念な準備がマスト。状況によっては、あなたと彼だけで物事を進めるのではなく、別れさせ屋などプロを利用することを考えましょう。

離婚は彼の配偶者にとっても人生の一大事。そう簡単に物事は運びませんが、上手にコトを動かすことで、慰謝料を減額して確実に離婚してもらうことができます。

 

不倫成就カテゴリの最新記事