復縁の冷却期間に可能性を最大にするためのやるべきチェックリスト全15選

復縁の冷却期間に可能性を最大にするためのやるべきチェックリスト全15選

彼氏と破局してしまい、やむなく冷却期間として彼と距離を置くことになってしまったけれど、ここからどうやって復縁のための行動を起こせばいいんだろう?とお悩みのあなた。

恋愛における冷却期間は、ただ時間を空ければいいと言うものではありません。彼と離れている間にどれだけ自分を高められるか、また復縁の可能性を高めるための行動を起こせるかが成就のポイントとなるのです。

今回の記事では、復縁のために冷却期間がなぜ必要なのか、復縁の可能性を高めるためにはどんなことをすればいいのかなどを解説していきたいと思います。

 

 
この記事を読む前に

【期間限定】あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
 
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

まずは口コミだけでも覗いてみましょう。

復縁のために冷却期間が必要な理由

復縁における冷却期間というのは最低でも1ヶ月、平均で3ヶ月〜半年と言われています。

そもそもなぜ、復縁を目指すのに彼から離れる必要があるのでしょう?ここでは、復縁のために冷却期間が必要な理由について説明していきます。

 

別れた当初の悪い印象を薄れさせるため

別れて間もない時期というのは、どうしても相手に対してマイナスな感情の方が強くなっています。それが自分から別れを告げた場合であると尚更です。

今のあなたは彼からしたら「大好きな女性」ではなく、「自分にストレスを与える存在」でしかないということを、まずは受け止めなくてはなりません。

今の彼にむやみに謝ったり、自分の悪いところを直すと伝えたところで、「復縁したくて言っているだけだ」と思われてしまうだけです。

とは言え、時間が経てば彼の気持ちも冷静になり、落ち着いてくるかもしれません。そのためまずは時間を味方に付け、彼の中のあなたへのマイナスイメージを消していく必要があるのです。

 

元彼に対する依存心を薄れさせるため

復縁したいと言いながら当記事を読んでいる時点で、あなたの元彼への依存心はかなり強くなってしまっていると考えられます。

対して、離れたがっている彼の方は、あなたに対する依存心が低い状態と推測できるでしょう。

よってあなたが下手に接触して依存心が伝わると、彼の心に負担を感じさせてしまいます。今はあなたの気持ちに応えることができないのに交流を望まれても、彼にとってはストレスにしかなりません。

元彼に対する依存心を薄れさせるためにも、冷却期間を置くことが大切なのです。あなたの依存心が薄れてくる頃には、彼の気持ちもだいぶ落ち着いているでしょうから挽回のチャンスは十分にあります。

 

別れた原因を冷静に分析するため

別れたばかりの時期は頭が混乱していて、なぜ別れることになってしまったのかを冷静に分析できなくなっています。

復縁を成就させるためには、同じ過ちを繰り返さないというのが必要不可欠です。別れの原因を完全に理解しないまま彼に接触したところで、彼からすれば「なんで別れることになったのかわかってないんだろうな」としか思えないでしょう。

そんな状態で復縁を受け入れてもらえるのは難しいですし、運良く受け入れてもらえたとしても、また同じ理由で別れてしまう可能性が考えられます。

まずは彼から距離を置き、なぜ別れることになったのかを何度も冷静に考えてみることが大切なのです。

 

自分磨きをして自らを成長させるため

復縁を成就させるためには、以前とは違う成長したあなたを彼に見てもらわなくてはいけません。しばらく時間を置いたところで、あなた自身が何も変わっていないなら復縁できても再び別れてしまう可能性があります。

外見を以前よりも磨く、彼によく指摘されていた欠点を改善する、仕事や趣味などに力を入れて人生勉強をするなど、できることはたくさんあるはず。離れている間に人生を充実させているあなたを見せることで、冷却期間後に彼の気持ちを揺さぶることも可能です。

SNSや友達経由で、あなたの近況がさりげなく彼に伝わるように動いても良いでしょう。仕事やプライベートを充実させているあなたの近況を知らせることで、彼も安心できます。

 

 ⇒元彼に復縁したいと思わせる!ヨリを戻す可能性を確実にする方法

 

復縁の冷却期間に可能性を上げるためにやるべきチェックリスト10選

冷却期間中、復縁の可能性をより高めるためにできることはたくさんあります。ここでは復縁希望の人に今すぐ始めてほしいテクニックについて説明していきますね。

 

外見を磨く

別れの原因で多く挙げられがちなのがどちらかの内面的な問題ですが、時には外見が原因となるケースもあります。付き合ってしばらくして、彼女がオシャレに手を抜くようになったことで冷めてしまったという男性も一部ですが存在するようです。

あなたが彼と別れた原因が外見と内面どちらに起因するものなのかはわかりませんが、彼の気を惹くための手段の一つとしても、外見は磨いておくに越したことはありません。

自分と別れてからあなたがどんどん綺麗になっていることを知ると、彼としても「もったいないことをしてしまった」と別れを後悔するかも。友達やSNSなどを通じて、あなたが以前よりも魅力的になっていることが伝わればベストです。

 

自分の短所を改善する

彼はあなたのどんなところが苦手だったか、きちんと理解できていますか?もし具体的な欠点が分かっているのであれば、冷却期間を使ってその部分の改善に努めましょう。

冷却期間空けに彼があなたとコンタクトを取った時、ポジティブな意味で「変わったな」と思ってもらえる自分を目指したいですね。

他にも「自分のこんな部分はモテないだろうな」と思える欠点があるなら、できる範囲で改善しておくと良いでしょう。人間誰にでも短所はあるものなので、うまく改善できなかったとしても自信を落とさないことが大切です。

 

別れた原因を見つめ直す

別れの時、別れることになった原因について彼から話があったと思いますが、それを鵜呑みにしないことも大切。なぜなら彼は優しさから、あなたに偽りの理由を伝えている可能性もあるからです。

よくあるのが「今は仕事が忙しくて、恋愛をする心の余裕が無い」という理由。一見すると彼側の事情によるものに見えますが、実は言わないだけであなたのこんな所が苦手だった、という隠された理由があるケースもあります。

付き合っていた頃を思い出してみましょう。彼に何か指摘されていた欠点はありませんでしたか?また、彼の立場や気持ちを考えて行動できていましたか?別れた原因を見つめ直すことは自分の振る舞い方を省みる大切なステップでもあります。

 

頻繁に連絡をしない

前述の通り、冷却期間中は元彼に連絡やコンタクトを取ることは控えるのが基本です。とは言え、事務的な連絡をしなかったり無視したりという行為はかえって未練を感じさせる結果となります。

よって事務的な必要最低限の連絡は取る方がベターですが、用事があるのをいいことに頻繁に連絡をすることはやめておきましょう。用事を言い訳にして連絡を続けてしまうと彼の方も「未練があるのでは?」と勘付きます。

冷却期間は彼のあなたのマイナスイメージを薄れさせることが目的の一つんなので、あまり彼の前で存在感を出さない方が良いでしょう。同じ職場などで事務連絡を頻繁にする必要があるなら、他の同僚に頼んで代わりに対応してもらうのも一つの方法です。

 

元彼の悪口を言わない

元彼の悪口を言ってしまううちは、あなたの心に成長が見られていない証拠です。ましてや共通の知り合いに元彼の悪口を言っているとそれは高い確率で元彼の耳にも届くと思ってください。人の噂というのは恐ろしいものです。

自分の悪口を言っていることが元彼に伝わってしまうと、当然あなたの印象は悪くなってしまいます。また、冷却期間中に人間として成長したあなたになるためにも、元彼に限らず悪口を言うという行為自体控えた方が良いでしょう。

元彼に対して「復縁してくれない」「私ばかりが悪いんじゃないのに」という思いがあると、その気持ちが悪口になってしまいがち。悪口を言ってしまううちは、あなたの未練も抜け切れていないということです。

 

恋愛以外のプライベートを楽しむ

一見遠回りに見えますが、恋愛以外のプライベートを充実させることは、復縁の可能性を上げることにも繋がってきます。

仕事や趣味などをめいっぱい楽しみ、自分の人生をキラキラと生きている女性は魅力的に見えるものです。自分磨きのために何か習い事を始めてみるのも良いでしょう。

もし元彼が同じ職場などで顔を合わせる機会があるなら、自分と別れてから人生を謳歌しているあなたを見て魅力的に感じるかもしれません。出会う機会がなくても、冷却期間後に連絡を取っている内にあなたの変化を感じ取るので、「もう以前の彼女とは違う」と思ってもらえる可能性が高くなります。

 

元彼の立場になって考えてみる

人はどうしても自分の気持ちばかりを考えてしまうものですが、一度元彼の立場・気持ちになって別れたことについて考えてみましょう。

元彼に対して、心の負担になりそうな発言・行動をしていませんでしたか?そんなあなたを見る彼はいったいどんな気持ちだったでしょう?

自分が元彼の立場なら元カノにはどんな風にいてほしいか、もう別れているのに追いかけられることに対してどう感じるかなど、自分に置き換えて考えてみることも必要です。そして、自分がされて嫌だなと思う行動は、当然元彼にもしないように気を付けなくてはなりません。

 

共通の友人から近況を伝えてもらう

自分から元彼に連絡したり接触したりといった行為はなるべく控えるのが良いですが、かと言って何もしなさすぎて彼から忘れられてしまうと、彼が新しい恋に進んでしまうリスクも考えられます。

そんな時におすすめなのが、共通の友人や知人から近況をさりげなく伝えてもらう方法です。もちろん、「さりげなく」なので、あなたが元彼に自分の近況を伝えたがっているという気持ちはなるべくバレないようにしなくてはなりません。

あなたの変化を周りにどんどんアピールすることで、誰かしらが元彼にその事を伝えようとするでしょう。かつて付き合っていた相手であることを知っているなら尚更、あなたのことを話題にする可能性は高いです。

 

SNSでさりげなく近況アピール

もし周囲に共通の友人・知人など協力が得られそうな人がいない場合、SNSを使って彼にさりげなく自分の近況を伝える方法も有効です。TwitterやFacebookなどの繋がりがない場合は、LINEのタイムライン機能であれば伝えるのに向いているでしょう。

アピールする内容は恋愛以外のことが基本で、愚痴や暗い内容の投稿は避けましょう。仕事や趣味など恋愛以外のことに打ち込んでいることを、ポジティブにアピールできれば理想的です。

ブロックされていないのであれば、あなたの投稿した内容は彼の目にも入ります。別れてからも明るく日々を過ごすあなたの様子を知ることで、彼もあなたの変化を感じ取ったり、心惹かれたりするかもしれません。

 

他の男性とも交流を増やしてみる

恋愛するかしないかは別として、冷却期間中に他の男性との交流を増やしてみるのも有効な方法です。他の男性との交流を通して、元彼以外にも魅力的な男性はいくらでもいるという事に気付きましょう。

「男は元彼だけじゃない」という考えは気持ちに余裕を生みますし、未練が薄まるのが早くなります。元彼との事に関しても冷静に余裕を持って考えられるようになるでしょう。

冷却期間を終えるタイミングは「元彼への未練が消えているかどうか」が重要なので、手っ取り早く未練をなくすためにも他の男性に目を向けてみる方法はおすすめです。

 

復縁の冷却期間にLINEやり取りで気を付けるべきチェックリスト5選

冷却期間中は、とにかく彼とのコンタクトを一切断つのが望ましいというのがセオリーです。ここでは復縁の冷却期間中にLINEのやり取りで気をつける点について説明していきます。

 

基本的には連絡を取らない

先ほども触れた通り、冷却期間中は彼とは会わない、連絡を取らないというのが基本になります。彼からしたら別れているのになぜ連絡を取る必要があるのかと考えますし、復縁を迫られたらどうしようという不安で、あなたへのイメージがなかなか回復しません。

冷却期間は、時間を味方に付けることで彼のあなたへのマイナスイメージをゼロに戻すための期間です。なのに、こちらから連絡ばかりしてしまうと彼からしても「どうして別れることになったのかわかってない」としか思いません。

彼の心に負担を与えないためにも、連絡をとるのはグッと我慢しましょう。連絡をとらないことでしばらく彼に自由を与えてあげる気持ちが大切です。

 

連絡してしまった場合は再度冷却期間を設ける

復縁を目指す女性にありがちなパターンが、冷却期間中、我慢できずについLINEを送ってしまったというもの。「挨拶程度の些細な内容なのに、それでもダメなの?」と思うかもしれませんが、別れてあまり時間の経っていない元カノが連絡をしてきたら、「まだ自分に未練があるのか…」と考えるのが普通です。

彼は今あなたを警戒している可能性が高いですから、たとえ挨拶程度の軽いLINEであっても下手な接触は逆効果です。もし我慢できずにLINEを送ってしまったのであれば、もう一度最初から冷却期間を空けるのが理想的です。

最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月以上は時間を空けましょう。彼の心の負担やあなたの依存心が薄れてくるまでは続けるのが理想的です。

 

相手から連絡が来たらやり取りOK

冷却期間中は、基本的にこちらからの連絡やコンタクトをとることがNGとされています。しかし例外として、相手から連絡が来た場合や、事務的な連絡であればやり取りをしてもOKです。

相手の連絡を無視すると「もう忘れられたのかな」「嫌われたかな」と思われてしまうので、この場合に限っては軽い返信程度なら送っても良いでしょう。

ただし、嬉しさのあまり未練が伝わる内容を送ってしまわないように気を付けてください。元彼がどんな意図でLINEをしてきているのかがわからない以上、あなたの好意や未練を見せるとまた不利になってしまう可能性があります。あくまで友達と接する感じで、短めの返信がベストです。

 

相手からの内容によっては返信しない

冷却期間中、相手から連絡が来た場合は返信をしても大丈夫と先ほど述べましたが、内容によってはあえて返信しない方がいいパターンもあります。

その筆頭とも言えるのが体の関係を求めてくる内容。普通はなかなかいませんが、一部の男性は「元カノは今でも自分が好きなはず」と無意識に感じている節があり、そういう男性は平気で別れた相手にも体の関係を求めてくる可能性が。

他にも「お金を貸してほしい」なども危険です。あなたの未練を利用して都合良く扱おうという気持ちが感じられたら、そっと距離を置くのが正解。これでかえって彼の気を惹けることもありますが、この手の男性との復縁はあまりおすすめできません。

 

どうしても連絡を送りたい場合の対処法

どうしても彼に連絡を取りたい!我慢できない!という場合は、まず連絡を取ることで、復縁を目指すにあたりどんなデメリットが生じるかをもう一度考えてみてください。

相手があなたの未練を感じて余計に離れたくなってしまうかもしれませんし、「復縁はしない」という決意をさらに固められてしまうかもしれませんよ?

それでもなお連絡を取りたいという場合は、事務的な連絡のやり取り程度であればOKですが、それ以上の近況報告などを送るのであれば自己責任で。冷却期間の効果も薄れてしまうことを覚悟の上で行ってください。

 

 ⇒元カレとの復縁で効果的なLINEテクを伝授!

 

復縁は長期戦。すぐに復縁したいなら復縁屋も考えよう

復縁は一筋縄ではいかず、時間のかかるものです。普通なら新しい出会いを探すのが得策ですし、その方がより早く幸せになれるかもしれません。

「それでも私は彼と復縁したい!」というのであれば、冷却期間をうまく利用し、彼のあなたへのマイナスイメージの払拭や、あなたが自分を磨き成長することが必要です。

どうしても早いうちに復縁したいというのであれば、「復縁屋」という恋愛工作業者に協力してもらうという裏テクニックもあります。費用はかかりますが、プロの恋愛工作で復縁までのスピードや復縁できる可能性が大幅にアップするので、こちらも検討してみてくださいね。

復縁したいカテゴリの最新記事