元彼と復縁したい!復縁方法と成功するためのコツ

元彼と復縁したい!復縁方法と成功するためのコツ

元彼と復縁したい!復縁方法と成功するためのコツ

「別れてしまった元カレと絶対に復縁したい」

「フラれてしまったけど、どうしても復縁したい」

など、復縁でお悩みの人はとても多くいます。

今すぐヨリを戻したい!と思っても焦りは禁物です。 復縁は、片思いのころとは違った難しさがあるからです。

そこでこの記事では、元彼と復縁をする方法について、タイミングや連絡方法など手順に沿って紹介していきます。

各段階での事例や注意点など、男性心理を交えて紹介しているので、自分の状況にあわせた復縁方法をおこない、復縁に役立ててください。

当サイトおすすめの復縁屋

復縁屋 M&M
  • 業界最大手の復縁屋 (実働回数型)
  • 業界でも低水準の料金設定
  • お試しプラン、返金制度ありで安心

匿名OK・オンライン依頼も可能!

STEP1.元彼と復縁したいなら冷却期間をおく

STEP1.元彼と復縁したいなら冷却期間をおく

元彼と本当に復縁したいと思っているなら、ある程度冷却期間をおく必要があります。

というのも、別れた直後に連絡しても元彼のあなたに対する気持ちは変わっていない可能性が高いからです。

例えば関係のマンネリ化が原因で別れてしまった場合、別れてすぐはすっきりした気持ちの方が強く、しばらくしないと寂しいという気持ちが湧いてきません。

また、すれ違いや遠距離によって別れたケースでも、「もう一度やり直したい」と思うのは別れてしばらく経ってからのことがほとんどです。

どんな理由で別れたとしても、冷却期間をおくのは復縁するうえで欠かせません。

こちらでは別れたシチュエーション別に、冷却期間の目安を紹介していきます。

冷却期間の目安

復縁するための冷却期間は、別れたシチュエーションによって異なります。

こちらは別れることになったケースごとの冷却期間の目安です。

フラれた場合喧嘩別れ自分からフッた場合

自分がフラれて別れることになったときは、2~3カ月程冷却期間をおくようにしましょう。

フラれた原因が突発的な理由でない場合、相手の気持ちはすぐに変わらない可能性が高いからです。

例えば、あなたとの付き合いがマンネリになったからという理由でフラれたとすると、冷却期間をおかずにすぐに復縁したいと元彼に連絡しても、あなたへの気持ちは別れた直後と変わることはないでしょう。

あなたに何かしら不満な点があって別れを切り出された場合、少なくても2~3カ月の冷却期間が必要です。

喧嘩別れしてしまったときは、1~2週間の冷却期間が目安です。

お互い喧嘩の最中にカッとなって別れることになってしまったと考えられるので、冷静になる時間があれば元彼の気持ちが変わっている可能性が高くなります。

お互い頭に血が上っている最中に、元彼が「こんなに喧嘩するんだったらいっそ別れよう」と言ってしまったのかもしれません。

しかし、時間が経つにつれて「別れるなんて言い過ぎだったな」と別れを後悔している可能性がままあります。

喧嘩別れのケースでは、冷静に考えられるようになる1~2週間の冷却期間をおくようにしましょう。

あまり長く冷却期間をおいてしまうと、「別れたままでもいいか」となってしまうこともあるので、時間をおきすぎないことがポイントです。

自分から元彼をフッて別れた場合、冷却期間をおかずにすぐに連絡をしてみましょう。

フラれた直後は気持ちの整理がつかない状態で、あなたへの想いが残っている可能性が高いからです。

元彼にしてみればフラれたのは寝耳に水で、直後はまだあなたとの別れを受け止めきれないでいます。

あなたのことを諦められないという可能性も高いので、自分からフッたときはなるべく早めに元彼に連絡して、復縁したいと伝えましょう。

次のステップとして、冷却期間中は別れた原因を分析することをおすすめします。

STEP2.別れた原因を分析する

別れた原因を分析する

たとえ、元彼が原因だったとしても、別れてしまった原因を自分なりに分析してみましょう。

別れた原因を突き止めて、その問題に対して向き合わない限り、元彼との復縁は難しいといえます。

うまく復縁できたとしても、また同じ理由で別れることになりかねません。

別れの原因としては以下のものが挙げられます。

  • マンネリ化
  • 性格・価値観の不一致
  • 束縛・重い
  • 相手へのプレッシャー・負担
  • 遠距離恋愛
  • 仕事や学業でなかなか会う機会がなかった

それぞれ紹介していきます。

原因1.マンネリ化

相手との関係がマンネリ化してしまったのが原因で、フラれてしまうということがあります。

付き合い始めの頃は、一緒に何をしていても楽しかったのに、いつの間にか隣にいることが当たり前になり、ドキドキしなくなってしまうこともあるでしょう。

特に絶えず新しい刺激を求めるような人なら、物足りなく感じるかもしれません。

ほかに好きな女性ができた、あるいは浮気が原因で別れてしまった場合はマンネリ化が原因と考えられます。

原因2.性格・価値観の不一致

男女の別れの原因になりやすいものとして、性格や価値観の不一致があります。

自分と違う価値観や性格の人と一緒にいると、窮屈に感じたりすることがあるからです。

例えば、あなたが潔癖なところがある場合は別れの原因になることがあります。

細かい汚れや掃除について口うるさく言われることを煩わしく感じる人も少なくありません。

また、金銭感覚の違いも別れの原因として挙げられます。

相手の金銭感覚が緩いと感じて「もっと節約して」と言ってしまうこともあるでしょう。

しかし、男性からはそれが面倒だと感じてしまうこともあるのです。

同様に、ゲーム好きの男性はあなたと一緒にいるときもゲームばかりしているかもしれません。

それが嫌なあなたはデートに誘ったりすることもあるでしょう。

それが嫌と感じる男性もいます。

このように、価値観や性格の不一致が別れの原因となることは少なくありません。

あなたが悪くない場合であって、相手からはそれが窮屈で面倒に感じることがあります。

復縁を真剣に考える野であれば、相手の嫌な面を受け入れるということも考えなければなりません。

原因3.束縛・重い

彼女からの束縛がキツ過ぎるのも、男性が別れを意識する原因です。

自分の行動にいちいち口を出されたり、「毎日〇回は連絡して」などと強要されると、多くの男性はうんざりすることがあるからです。

仕事などに集中したいのに連絡をしなきゃというプレッシャーが元カレを追い詰めているかもしれません。

交際中に「重い」「めんどくさい」と言われたことがある場合はこれが別れの原因になっている可能性があります。

原因4.相手へのプレッシャー・負担

自分の存在が相手にとって負担になってしまい元彼にフラれたという人もいるでしょう。

たとえ相手を束縛していなくても、あなたが負担になってしまうこともあります。

結婚へのプレッシャーや、元カレに対して感情の起伏が激しいなど、あなたが元カレの負担になってしまうことがあります。

交際中に「親と会ってほしい」「はやく結婚したい」などしつこく言っていないか、すぐ相手に怒りをぶつけていなかったかなど思い返してみましょう。

原因5.遠距離恋愛

遠距離恋愛の場合、会う回数が少ないといつの間にか心にも距離ができてしまい別れにつながることがあります。

遠距離恋愛の場合は会いたくなってもすぐに会うことができないため、どうしても「辛い」や「寂しい」といったマイナスの感情を抱きがちです。

なかなか会えないと寂しいという気持ちが強くなってしまうことがあるため、別れの原因になることがあります。

原因6.仕事が忙しい

仕事が忙しくなってしまい、別れを切り出されたという人も多くいます。

「今は仕事に集中したい」と思う男性は少なくないからです。

自分のことで必死なときは、なかなか彼女のことまで考えることができません。

しかし、彼女のことは大切だから中途半端にしたくないと別れを決める人もいます。

また、逆にあなたの仕事が忙しくなったことが原因で別れを告げられてしまうこともあります。

男性は寂しがり屋であることも多いため、会えないことが別れの原因になることがあります。

このように、別れの原因は様々です。

復縁のためには、自分たちの別れの原因がなんだったかを冷静に見直しをしてみましょう。

参考までに、男性側が別れを決める理由について調査した結果を以下で紹介するので参考にしてみてください。

男性に聞いた別れたいと思う理由は?

それでは、実際に男性が彼女と別れたいと思った理由を紹介していきます。

自分に当てはまることがないかチェックしていきましょう。

彼女との性格の不一致で別れを意識するようになったという男性がよくいます。

人間一人一人性格が違うので、全く一致するということはあり得ませんが、あまりにも価値観や物の見方が違ってくると、一緒にいるのが苦痛に感じてしまいます。

例えば、「彼女が潔癖すぎて、自分との衛生観念が合わずいちいち合わせるのが面倒になった」や「お金は堅実に使いたいのに、高いものをバンバンねだられて嫌になった」などです。

どれだけ彼女のことが好きでも、あまりにも性格が合わないと次第に受け入れられなくなってしまいます。

付き合い始めの頃の新鮮さがなくなると、男性は別れたいと思うようになります。

ただ一緒にいるだけでドキドキしていた付き合いはじめの頃と違い、一緒にいるのが当たり前になると彼女に対してときめかなくなり、好きだった気持ちが冷めてしまったり、他の女性の方がよく見えたりしてしまいます。

長年付き合っているとどうしても新鮮さがなくなるのは仕方がないことでしょうが、「いつの間にか自分の前では化粧をしなくなった」「デートでもおしゃれに気を抜いていつもだらしない恰好をしている」といったことがあると男性がさめる原因になります。

男女の仲は付き合いが長くなればなるほど新鮮さはなくなってしまうものですが、浮気の原因になることもあるため気を付けたいものです。

彼女の束縛が激しすぎると、男性は別れたくなることがあるようです。

毎日の連絡回数を決められたり、女友達がいる場所には遊びに行けないなど、自分の行動が制限されて面倒に感じ、次第に彼女の言うことを聞くのが疲れてしまいます。

中には、「自分と一緒にいない間の行動を全て教えてと彼女に強要される」といった声や「ちょっとしたことでも嫉妬してすぐに浮気に結び付ける」という彼女もいます。

初めのうちは「そんなに自分のことを思っていてくれるんだ」と感じても、束縛が続くにつれて辛くなり、彼女と別れたい気持ちが出てくるのです。

適齢期の彼女がいる場合は、結婚へのプレッシャーが別れの原因になることがあります。

自分はまだ結婚したい気持ちになっていないのに、彼女から結婚したい雰囲気を出されると、焦りの気持ちが出たり、結婚への責任が重たく感じて疲れてしまいます。

「彼女にことあるごとに『こんな結婚式をしてみたい』『こんな家に住んでみたい』などプレッシャーをかけられても、まだそんな気持ちになれない」

「仕事が軌道に乗るまではと頑張っているのだが、彼女から結婚を急かされると、いっそ別れた方がいいのではと思うようになった」そんな、男性からの声が聞かれます。

二人の結婚へのタイミングがピッタリと合わない限り、彼女からの結婚のプレッシャーは男性にとって重荷になるようです。

彼女から心ない言葉をかけられて別れたくなったという男性もいます。

男性はプライドの生き物だと言われてることをご存知でしょうか。

自尊心を傷つけるようなことを彼女から言われたり、バカにされているような話し方をされると、多くの男性は好きだった気持ちも冷めてしまいます。

「自分の方が給料が低いのを何かというとバカにされる」「一緒にいると疲れると言われ自分自身が否定されたように感じた」など、男性の自尊心を失わせるような心ない言葉を投げつけると、彼女と別れたくなるようです。

STEP3.改善策を考える

改善策を考える

自分なりに元彼と別れた原因を分析し、特定できたら具体的な改善策を考えていきます。

元彼と復縁したいと思ったら、別れの原因を改善するのは必須です。

特に相手からフラれてしまった場合は、大きな変化がなければ復縁は難しいです。

理由があって別れを告げられている以上、何も変わらないのに元に戻れるはずがないのです。

以下では原因別に改善策の案を紹介していますので、改善の参考にしてみてください。

原因マンネリ化性格・価値観の不一致束縛・重い遠距離
仕事

それぞれポイントを紹介していきます。

改善策1.イメチェンやダイエット

元彼とのマンネリが原因でフラれてしまった場合は、思い切ってイメチェンするなど自分磨きを頑張ってみるのがいいでしょう。

別れた彼女がキレイになったことで、「別れなければよかった」と思う男性は少なくありません。

冷却期間中にダイエットに励んだり、髪型を変えてみてもいいでしょう。

あなたの新しい側面を見ることでドキッとさせるのが効果的です。

改善策2.相手の価値観を受け入れる

元彼との性格や価値観の不一致が原因で別れと考えられる場合、相手の価値観を受け入れる必要があります。

相手は価値観の違いによって、あなたと一緒にいるのが面倒だったり、疲れたと感じていると考えられるからです。

これが改善しなければ復縁は難しいでしょう。

お互いが歩み寄れるような関係が理想的ではありますが、あなたが復縁を望むのであれば相手の価値観を受け入れるしかありません。

復縁のためには相手の嫌なところを受け入れる覚悟と努力が必要です。

改善策3.自分の趣味や時間を作り距離感を保つ

あなたの束縛や「重い」という理由でフラれてしまった場合は、相手との距離感の見直しや自分の趣味を持つことが効果的です。

彼氏を束縛してしまう原因は、独占欲や自分の自信のなさが原因です。

彼氏との連絡頻度を抑えたり、相手に「何してたの?」と頻繁に聞かないように距離感を保つ努力が必要です。

しかし、彼氏が好きな気持ちを抑えることは難しい場合も多いと思います。

そうした場合は、何か新しい趣味を見つけることが効果的です。

趣味に没頭している間は、彼氏への気持ちを抑えることができるからです。

ジムに通ったり、アニメや漫画を見るといった趣味でも大丈夫です。

彼氏以外のことに目を向けることによって、連絡頻度もほどよくなります。

改善策4.引っ越しや連絡方法の見直し

遠距離が別れの原因だったときは、難しいですが物理的な距離の障害を解消するのが最善です。

お互い嫌いになって別れたわけではないと考えられるため、距離という物理的な障害がなくなれば復縁できる可能性は高いです。

遠距離はお互いどうしようもないことですが、どうしても復縁したいならそこまで考える必要があるでしょう。

しかし、「突然仕事を辞めて引っ越したから復縁しよう」と元カレに伝えたらひかれてしまう可能性もあります。

「自分のためにそこまでしてくれて嬉しい」と思う場合もあれば、「なんでそんなことをしてしまったんだ」と思う人もいます。

どちらもあなたのことを大切に思う気持ちからの考えなので、まずは「復縁したいから仕事をやめて引っ越そうと考えている」と伝えることからはじめましょう。

すぐに引っ越しができなくてもテレビ電話などを使うことで問題が改善するケースもありますので、二人でよく相談するのが最適です。

改善策5.仕事を見直す

あなたの仕事が忙しくなって別れを切り出されたあなたは、思い切って仕事を変えてみるという選択肢があります。

とはいえ、遠距離と同様に簡単に現状を変えられるものではありません。

しかし、本当に元彼と復縁したいと思っているなら復縁を申し出る際に「仕事は辞めてもいい」と彼に伝えてみるのが良いでしょう。

逆に元カレの仕事が忙しくなって別れてしまった場合は、距離感を保つ努力が必要です。

男性が仕事を頑張るのは、将来のパートナーのためでもあります。

それを理解して支えてあげるためにも、会いたい気持ちを抑えて距離感を保つ努力が必要です。

ここまで別れの原因とその改善策を紹介してきました。

別れの原因を解消するのは簡単なことではありません。

それでも復縁したいという強い気持ちがあるのであれば、以上を参考に改善に取り組んでみてください。

以降では、実際に改善をし、それを元彼にアピールするするための方法を紹介していきます。

STEP4.改善策の実行とアピール

改善策の実行とアピール

別れの原因とその改善策を立てたら、冷却期間中にそれを実行していきましょう。

相手の気持ちを動かすためには、まず自分が行動に移すことが大切です。

まずは比較的簡単にできる自分磨きがおすすめです。

長かった髪を思い切って切ってみたり、明るい髪色に変えてみるのも良いでしょう。

今まで着ることがなかったテイストの洋服に変えてみたり、メイク方法を変えるのも効果的です。

あなたの新しい面を見た元カレはあなたが気になるようになるでしょう。

また、冷却期間中に連絡したい気持ちを抑えるためにも新しい趣味を持ったり、積極的に外に出るようにしましょう。

元彼は、あなたから連絡がこないことで「連絡くると思ったのにこないな」「なんか寂しいな」とあなたのことを意識する場合があります。

冷却期間中は元カレへの気持ちを抑えて、相手にあなたのことを気にしてもらえるように、距離を置く努力が大切です。

このように、比較的実行しやすく、元カレからもあなたの変化がわかりやすい対策は簡単です。

問題は、内面の変化をどうやって元カレにアピールするかです。

以下では、改善点のアピール方法を紹介していきます。

改善のアピール方法

元彼に改善をアピールする方法は、SNSや共通の友人に協力を依頼するのが効果的です。

自分から直接的にアピールするよりも、第三者的に変化を感じるほうがより改善したことの説得力が増すからです。

例えば、SNSでプライベートの充実ぶりを、さりげなくアピールするのが良いでしょう。

別れた彼女が自分の知らないところで楽しそうにしているのを見ると、元彼は何となく寂しく感じるでしょう。

そのうちだんだん彼女のことが気になって、定期的にSNSをチェックするようになるかもしれません。

男性は追われるより追う方が燃え上がるものです。

「彼のことはもう忘れたの」といった雰囲気でいると、彼の方から追いかけてくるかもしれません。

また、内面の改善などは共通の友人・知人に協力を依頼してアピールしましょう。

内面の改善は相手からは見えにくいところであり、かつ自分で言っても説得力がないからです。

そのため、共通の友人などから元カレに「もう束縛などすることは止めると言っていた」「とても後悔していた」などさりげなく伝えてもらいましょう。

元彼も簡単には納得はしてもらえない可能性は高いですが、あなたが別れの原因に向き合い改善するという気持ちは十分アピールできます。

このように、冷却期間中は自分磨きなど改善に取り組み、さりげなく元カレにアピールをしてみてください。

参考までに、男性が復縁したいと思うきっかけの一部を以下で紹介しています。

男性が復縁したいと思うきっかけ

男性が復縁したいと思うきっかけにはいくつかあります。

こちらでは、実際の男性の声をもとに、復縁したいと思ったきっかけについて紹介していきます。

別れた彼女の仕事やプライベートが充実していると感じたとき、男性は復縁したいと思うでしょう。

人伝てやSNSを通して、彼女の充実ぶりを知るとどことなく寂しく感じるようです。

「偶然元カノが知らない男の人と楽しそうにしているのを見つけて気になり、復縁できないかと考えるようになった」という声があります。

充実ぶりをアピールするには上で紹介したSNSがおすすめです。

いつもきていた連絡が急に来なくなると寂しくなり、復縁したいと考えます。

女性は別れた直後に寂しさがくるのに対し、男性は別れてからしばらく経ってから喪失感や寂しさを感じます。

そのタイミングで連絡を止めてみると、今まで当たり前にあった電話やLINEがこなくなることで、あなたを失った喪失感が実感として湧いてくるでしょう。

「別れてからもしばらく連絡が来ていたのに、ある時からパタッと来なくなった。元カノがどうしているか気になって仕方がない」

復縁するためには、意識してしばらく連絡を絶つようにしましょう。

別れても自分への気遣いが感じられると、元彼は復縁を意識するでしょう。

学校や会社など、顔を合わせる機会があればさりげなく気遣いの声をかけてみましょう。

「元カノに『仕事大変そうだけど大丈夫?』と言われ、自分のことを気にかけてくれているんだと感じた」

別れても親身になって自分のことを考えてくれる元カノなら、きっと彼も復縁したいと思うはずです。

他の男性と元彼を比較してほめられたときに、復縁を考えることがあります。

男性は女性に褒められると嬉しいもの、特に自分のことを良く知っている元カノに他の男性と比較されてほめられると嬉しさ倍増です。

「別れた彼女に他の同僚と比べて自分の方が頼れると言われた。もしかしてまだ好きでいてくれるのかと気になってしまった」

男性をほめるときは、内面をほめるとより喜んでくれます。

STEP5.連絡をする

連絡をする

冷却期間を越えたら、徐々に元彼に連絡を取るようにしましょう。

連絡する際の注意点や脈ありのサインは、以下で紹介していきます。

連絡の際の注意点

こちらでは、冷却期間後に元彼に連絡をするときに気を付けたいことを見ていきます。

ほとんどの場合LINEでやり取りをすると思うのですが、LINEを送るときや返信するときには次のような内容に心がけましょう。

連絡するときのLINEでは、重い内容を送らないようにしましょう。

久しぶりの連絡にも関わらず「あなたに会えず辛かった」や「まだ私のこと好き?」といった重い内容を送ると、元彼はドン引きしてしまいます。

連絡する際はなるべく当たり障りのないことを、返事が返しやすい内容で送るのが秘訣です。

LINEで送る場合は、長文で送るのはNGです。

何十行にも渡って、自分の気持ちや別れてからの近況を語るのは止めましょう。

「元カノからのLINEだ」と思ってLINEを開いたとしても、その長文を見ただけで読むのが嫌になってしまいます。

LINEで送るときは、長くても10行以内、なるべくなら5行程度に納めるといいでしょう。

元彼から返信があって、嬉しくなっても「即レス」は厳禁です。

「もしかして俺からの返信をずっと待っていたのでは?」と重く感じられてしまうかもしれません。

出来れば既読もすぐつけず、あえて1~2時間時間を空けるなど、心の余裕を見せるのが正解です。

もし、元彼に既読スルーや未読スルーされても我慢して、連投でメッセージを送らないようにしましょう。

もしかして、返信しなきゃと思いつつ返事が返せない状況かもしれないですし、そもそもLINEが来ていることに気が付いていない可能性もあります。

後から連投されている画面を見て、「こんなに送ってたんだ」とギョッとされてしまう恐れがあります。

待っているだけの時間はとてもつらいですが、ここは心を鬼にして、とにかく我慢が大切です。

相手の反応をチェックする

冷却期間後のファーストコンタクトとしてLINEを送ったら、相手の反応をチェックして次の出方を決めましょう。

初めに連絡してから半日や1日以上、未読状態や既読スルーが続いているなら、まだ元彼が返信したくない心境だという可能性大です。

ここで無理に元彼からの返信を求めても、復縁に至るのは難しいでしょう。

冷却期間がまだ足りていないと考え、あと1カ月以上は時間を置くようにしましょう。

返信はくれるものの、相手の反応が遅いケースがあります。

「付き合っていたときはすぐに返事をくれていたのにどうして?」と思うかもしれませんが、元彼の方が億劫になっている可能性や、元カノと連絡を取り合うという状況に戸惑っている可能性があります。

元彼からの返信が遅いときは、自分も即レスするのではなく、相手のペースに合わせてあげると、元彼もプレッシャーなく返信し続けてくれるでしょう。

こちらから送るとすぐに返信が返ってきたり、向こうから話題を振ってきてくれるときは、復縁の兆しありです。

相手に合わせるように会話を進め、復縁へと距離を近づけましょう。

詳しい連絡方法や内容については以下の内容を参考にしてみてください。

元彼に復縁したいと思わせるLINEの方法について相手の反応をチェックして、すぐに返信が返ってきたり、向こうからメッセージを送ってくるようになったら、復縁への次のステップへ進めていきましょう。

STEP6.会う機会を作る

会う機会を作る

元彼と冷却期間後、再び連絡を取り合えるようになったら、会う機会を作る作戦に入ります。

詳細は以下で解説するので、ぜひ参考にしましょう。

元彼の誘い方

元彼と会う機会を作るには、自然な誘い方がポイントです。

「復縁を持ち出されるのでは?」「何か裏があるのでは?」と顔を合わせる前から元彼に構えられてしまっては、作戦失敗です。

次のような自然な流れで誘えば、元彼も警戒せずに会いに来てくれるでしょう。

会話の流れで「気になっているお店があるんだ」と匂わせ、「一人で行きにくいからついていってくれないかな?」と誘うのがおすすめです。

あくまで会うのはお店に行くためと思わせれば、元彼も気軽にOKしてくれるでしょう。

また、元彼の趣味の話題から「私も最近興味があるんだ」と伝え、趣味グッズのお店で買うのを手伝ってほしいとお願いする方法もいいでしょう。

自分の趣味に興味を持ってくれて嫌な人はほとんどいません。

教えたがりの男性なら、聞いてもいないようなことを教えてくれたり、道具選びも積極的になってくれるでしょう。

誘うきっかけに迷ったら、元彼の趣味の話題を振ってみましょう。

他にも、元彼の好きな料理が評判のお店に誘ったり、気になっているイベントに一緒に行くという方法があります。

ただし、誘っても断られた場合は無理に誘ったり引きずったりせず、継続して連絡を取り合い、再度チャレンジできる機会をうかがいましょう。

元彼と会う際の注意点

こちらでは、元彼と再会するときの注意点を紹介していきます。

久しぶりに元彼と会えてうれしくなっても、付き合っていたころのようにベタベタしたり、甘えるのは厳禁です。

とくに別れの原因が自分にあるときは、束縛したり重いと思わせるような言動に注意しましょう。

元彼に「もう別れたのにどうして彼女気取り?」と思われたり、「やっぱり変わっていなかったんだ」と思われてしまいます。

再会する際は思い切ってイメチェンして、付き合っていたころと変わった自分を見せ、なるべく楽しい雰囲気にするのがポイントです。

元彼に会ったときに、復縁したい雰囲気を出し過ぎると警戒されてしまうのでNGです。

元彼には復縁が目的だとバレないよう、誘った口実が目的だと思わせることを忘れずに。

あまり復縁したいオーラが出過ぎると、復縁する気がない元彼は引いてしまいます。

丸一日のデートだと元彼に躊躇される可能性があるので、初めは数時間からのデートがおすすめです。

久しぶりに会って自分の気持ちが盛り上がっても、その日のうちに体の関係は持たないようにしましょう。

「前に付き合っていたからいいのでは?」と思うかもしれませんが、「元カノ」から「都合のいい女」になりかねません。

一度都合のいい女になっていしまうと、彼の中であなたの順位が下がってしまい、復縁できる確率がかなり低くなります。

なるべくなら、体の関係に流れやすい夜のデートやお酒を飲むデートは避けるのがコツです。

STEP7.復縁の可能性を見極める

復縁の可能性を見極める

1度目の再開デートのあと復縁できるかどうかは、元彼の次のような言動で見極めましょう。

再開後に元彼からのLINEや電話が増えたときは、復縁の可能性があります。

基本的に男性というのは必要のある連絡はするものの、必要がない連絡はあまり好きでない傾向にあります。

ただし好意を寄せている女性に対しては例外で、「連絡を取りたい」と思うことが目的になり、自然に連絡が増えてくるようになります。

したがって元彼の方から積極的に連絡をくれる場合は、復縁の脈ありといえるでしょう。

どちらともなく誘い合って会う回数が増えたという人も、復縁が近づいています。

初めは月に1回だったものが週に一回となり、次第に週に数回ともなれば、あなたと一緒に居たいと思っているサインです。

会う機会が増えれば増えるほど、一緒に居ることが自然になるので、復縁の可能性も高まるでしょう。

自分と別れてからしばらく経つのに、元彼がまだ彼女を作っていないということは復縁の可能性があるでしょう。

もし他に気になる女性がいるのなら、時計を確認したり、スマホをチェックしたりといった行動が見られます。

しかし、元彼にも復縁したいという気持ちがあるなら、間違っても上のような行動はとりません。

もしかしたらあなたに気づいてほしいというサインの可能性があるので、復縁への道も近いでしょう。

元彼の方からあなたとの別れを後悔していると言われたら、復縁できるでしょう。

別れを後悔しているということは、どうしても元カノのことが諦められず、復縁したいという気持ちの表れです。

別れたことで大切だったと気づいたり、自分の気持ちに気が付いたことで、復縁への可能性がより高まります。

元彼から「俺と別れたあと、いい意味で変わったな」と褒められたら復縁できる可能性大です。

「いい意味で変わった」ということは、あなた付き合っていたころより魅力的なったということ。

そんな元彼は心の中で「魅力的になった元カノとまた付き合いたい」と思っているに違いありません。

「いい意味で変わった」と言われたら復縁のサインだと思ってもいいでしょう。

STEP8.復縁したい気持ちを伝える

復縁したい気持ちを伝える

元彼の復縁したいサインをキャッチしたら、あなたから復縁したい気持ちを伝えましょう。

こちらでは、復縁を伝える方法やタイミングを紹介していきます。

元彼への復縁の気持ちの伝え方

復縁したいという気持ちの伝え方も、復縁が成功するかどうかを左右します。

復縁の可能性を高める伝え方はこちらです。

元彼に復縁したい気持ちを伝えるときは「明るく・簡潔に・分かりやすく」が鉄則です。

自分の辛かった気持ちや後悔していることなど、同情を誘うようだったりだらだらと話していては彼の気持ちは動きません。

断られるのが怖いからとあいまいな表現だと、何を言いたいのか元彼にはっきりと伝わりません。

復縁の告白は明るく簡潔に「あなたとやり直したいと思っている」と伝えましょう。

復縁の気持ちを伝えるときは、自分の気持ちを押し付けすぎず、元彼のペースで伝えましょう。

告白するときは自分の気持ちを押し付けて復縁を迫りすぎると、元彼がうんざりしてしまいます。

また、忙しい相手に突然復縁を切り出したり「いついつまでに返事を下さい」などと急かすといい結果にならないことが多いでしょう。

気持ちを伝える時は復縁したいという気持ちを押し付けすぎず、元彼のペースで伝えるのが成功の秘訣です。

自分が原因で元彼にフラれた場合は、その原因を見直して反省していることを伝えるようにしましょう。

「あなたに言われたこと本気で考えて直そうと努力している。前とは違う自分を見てくれないかな」と反省していることと、改善しようとしていることを伝えるのがポイントです。

原因がはっきり分かっている場合は、それを直せると復縁できる可能性があります。

しっかりと反省し改善していることを彼に伝え、復縁へとつなげましょう。

あなたの方からフッた場合は、元彼と別れたことを後悔していることを伝えるのが大切です。

「フッたことを後悔している」とキチンと伝え、謝りましょう。

元彼がまだあなたのことが好きなら、きっとあなたの気持ちを受け止めてくれるはずです。

復縁の成功率が上がるタイミング

復縁の成功率をアップできるタイミングがあります。

もしこんなタイミングがそろそろ訪れそうなときは、復縁のいいチャンスかもしれません。

元彼の誕生日や記念日、何かのイベントのタイミングで復縁を切り出すと、成功率がアップします。

とくに二人の付き合った記念日などに、告白するのが良いでしょう。

こういった記念日では、二人が付き合っていたころの楽しい記憶を思い出しやすく、会うきっかけにもなります。

元彼と連絡がある状態で、何気なく「そういえばもうすぐ記念日だね」と気軽に誘えれば、彼も警戒せずに来てくれるでしょう。

元彼の仕事が落ち着いているときも、復縁を切り出すタイミングです。

男性は他に集中すべきことがあると、他のことは後回しになりがちです。

元彼の仕事が忙しかったり大変だったりすると、頭の中は仕事一色になり、復縁のことなど考えられなくなります。

復縁を切り出す際は、くれぐれも元彼の仕事が忙しくなく、余裕があるときにしましょう。

元彼の友達に新しく彼女ができたときも、復縁を伝えるいいタイミングでしょう。

いつも遊んでいた親友に彼女ができたりすると、休みに予定が入らなくなったり何となく寂しさを感じることも。

「自分も彼女が欲しいな…」と思っているタイミングで元カノから復縁を切り出されれば、つい応えたくなるでしょう。

元彼の友達に彼女ができたタイミングで復縁を言えば、成功の可能性も高まるはずです。

本当に復縁が正解なのか考えなおしてみる

本当に復縁が正解なのか考えなおしてみる

元彼に復縁を切り出す前に、本当に復縁が正しい答えなのか自分の心に問いただしてみましょう。

もしかして寂しいだけかもしれませんし、今まであったものが無くなったという「喪失感」から来ている感情かもしれません。

このような気持ちのまま復縁しても、また同じように別れてしまうだけでなく、元彼を傷付けてしまう原因にもなりかねません。

間違った判断から復縁しないためには、元彼との冷却期間中に他の男性にも目を向けてみましょう。

新しい出会いの場に参加してみたり、彼氏持ちの友達に彼氏の友達を紹介してもらうのもおすすめです。

元彼以外の男性に出会うことで、本当に元彼のことがまだ好きなのか、ただ寂しいだけだったのか自分の気持ちが分かるようになります。

本当に復縁が自分にとって必要か判断するためには、他の男性に目を向けることも大切です。

また、元彼と付き合っていた当時、本当に自分が幸せだったのかを自問自答してみる時間も必要です。

実は付き合っている間に浮気をされたり、ひどい喧嘩ばかりでそんなに幸せじゃなかったと気づくことがあります。

このようなときは、元彼への「依存」が原因で復縁したいと思っていただけかもしれず、復縁しても幸せになれることはありません。

付き合っていたときのことを思い出し、幸せだったか考える時間も必要です。

復縁はあくまで自分が幸せになれるかがポイント、復縁以外でも幸せになれる可能性があるなら、無理に復縁する必要はありません。

復縁後の注意点

復縁後の注意点

復縁できた後は、また喧嘩しない努力や、別れにつなげないことが必要です。

復縁後は、別れていたときのことを忘れずに、別れた原因が自分にある場合は直す努力をし続けましょう。

長年の言動や性格は中々治るものではありませんが、別れていた間の辛くて悲しかった時間のことを思い出し、大好きな彼をまた失うことを考えれば、決して不可能ではありません。

大好きな彼氏に惚れ続けてもらうためには、自分を磨き続ける姿勢が大切です。

復縁したあとに、前に付き合っていたときと比べたり、短期間で元のような関係に戻ろうとするのは厳禁です。

別れを経験しているということは、あなたに対して一度見切りをつけるなど、何らかの心の動きや葛藤があったはずです。

そのような彼に対して、以前と同じような関係にすぐ戻ろうとしたり、「前はよく好きって言ってくれてたのに」などと過去と比較してしまうと、復縁したことを後悔してまた別れたくなってしまう可能性も。

復縁後は別の人と付き合うような気持で、以前の関係と切り離して考えるようにするのが、長続きする秘訣です。

画像を入れる場合は、https://www.photo-ac.com/の写真のキャプチャを貼り付け、ダウンロード先のURLをS列に入力してください。

コピペで画像が貼り付けられない場合は、スプレッドシートをF5キーなどで更新すると貼り付けられます。

まとめ

元彼と復縁をする方法を紹介してきました。

復縁までのステップは以下の通りです。

  • STEP1.元彼と復縁したいなら冷却期間をおく
  • STEP2.別れた原因を分析する
  • STEP3.改善策を考える
  • STEP4.自分磨きや駆け引きをする
  • STEP5.連絡をする
  • STEP6.会う機会を作る
  • STEP7.復縁の可能性を見極める
  • STEP8.復縁したい気持ちを伝える

復縁までかなりの段階を踏まず、気持ちが重くなってしまうかもしれません。

しかし、正しい段階を踏まないと復縁可能性を自らなくしてしまうこともあります。

なんとしても復縁をしたいと考えているなら、地道に復縁の手順をすすめていくようにしてみてください。

復縁カテゴリの最新記事