【コロナ自粛】不倫相手と会う口実や理由でおススメは?どうしても既婚者に会いたい場合の言い訳

【コロナ自粛】不倫相手と会う口実や理由でおススメは?どうしても既婚者に会いたい場合の言い訳

未曾有の事態は、社会情勢だけでなく我々の恋愛活動にまで影響を及ぼしています。

緊急事態宣言を解除したあとも、なんとなく世間は自粛ムードのままで、以前と同じ状態にはなかなか戻れません。

恋をしている既婚者はどうやって不倫相手と会えばよいのでしょうか。不倫相手とでかけるための口実や、うまい言い訳をご紹介します。

 

 
この記事を読む前に

あなたの恋を成就させる
プロの別れさせ屋を紹介します!

・彼と復縁出来ない
・好きな人に彼女がいる
・好きな人に奥さんがいる
・既読無視もしくは未読無視
・LINEブロックされている
・不倫関係の終わりが見えない
・奥さんと別れてくれない
・都合のいい女をやめたい
・絶対あきらめたくない人がいる
 
これらの悩み、まずはプロの別れさせ屋に相談してみませんか?
あなたの不可能が可能になるかもしれません。

▼別れさせ屋M&Mへ無料相談はこちら▼

 ※24時間受付中です
※20歳以上の方限定となっています

コロナ自粛!不倫相手とのコミュニケーションの取り方

 

完全自粛ムードからWithコロナに移行し、外出も徐々に出来てはいます。しかし、感染症の広がりについては予測不可能であることから、いつまた外出ができなくなるやもしれません。

今後のためにも、自粛中でも関係を色褪せさせないコミュニケーションの取り方を模索しておく必要があるでしょう。

自粛中の不倫相手とのコミュニケーションを取る方法についてご紹介します。

LINEや電話

最もポピュラーな方法ですが、LINEそして電話を使って、コミュニケーションをとりましょう。

チャット機能であるLINEは、実際に会って話しているのと近い形で相手と話すことができますので、なかなか会えない二人にぴったりです。写真や動画を交換すればよりリアルに感じることができるでしょう。

自粛中はリモートワークなどで家族との接点が増えていることもあり、すぐに返信できないこともあります。

「返信ができなくてもちゃんと見ているからね」と、前もって確認し合っておくことで、無用の心配を遠ざけることができます。

 

ビジネスツールを用いて

LINEは恋人に対してだけでなく家族間でも利用していることが多いでしょう。LINEについては、メール等に比べて、関係が近い相手とつながっていると思っている人がいます。そのため、妻が家族以外のだれかとLINEを交わしていることを良しとしないまたは、疑念を抱く夫族もいます。

不倫相手とは、スラックやチャットワークを使って連絡をとるのもひとつの方法です。これらは、LINE同様にスマートフォンで使用することもできるチャットアプリで、ビジネスユーズが基本のため、疑り深い夫の目をごまかすのに適しています。

ビジネス用ではありますが、通常のテキストはLINEと同様に簡単に送信できますので、恋愛にも十分使えます。

 

オンラインデート

コロナ自粛が生んだ新様式のひとつ、オンライン会議やオンライン飲み会。自宅で手軽に誰でもとつながることができることから、弊害もあり好き嫌いも別れています。

オンライン飲み会が好きかどうかはともかく、ZOOM機能を利用して不倫相手に会うことができます。

家族が出かける時間帯や、それが難しいのであれば、会社の打ち合わせや女子会を装ってチャレンジしましょう。

オンライン○○は、時間の観念がなくなり気が付けば長くなるという特徴があります。オンラインデートをするのであれば、お互いの家族に疑われたりすることのないよう、あらかじめ時間制限を設けておくと安心です。

 

不倫相手と会いたい人必見!コロナ自粛中の口実と言い訳

 

自粛については、意識に個人差があります。家族が「気にする」部類のタイプであれば、あなたの行動にまで制限をかけてくるでしょう。

自粛中に、コロナと家族の目をかいくぐり不倫相手と会うための上手な口実、言い訳についてみていきます。

 

ちょっと買出しに

自粛中であっても日用品の買い物はしないわけにいきません。特に家族が自宅にいる時間が長いのであれば、食料品などはいつも以上に必要です。

近所のスーパーにでかけるくらいでは、稼げる時間がしれています。「レトルト食品の品ぞろえが多いスーパーがあるらしいので見に行ってくる」「保存できるものが安いお店を聞いた」など、ちょっと偵察にいくという話しをしてでかけましょう。

偵察にいっただけなので、手ぶらで帰ったとしても「思っていたものがなかった」でごまかせます。

夫がついてくるようなそぶりを見せたら「コロナ中はみんなで行かない方がよいから」と言って追い払いましょう。

 

仕事の出勤日やトラブル

あなた自身がリモートワークになっていると、出勤する必要がありませんので家から出られません。しかし、日本の企業ではまだまだ完全リモートワークというのは珍しく、出社日と組み合わせながらというパターンが多いでしょう。

もし、出社がまったく求められない会社であったとするなら、自ら出勤日をつくればよいことです。

パソコンのトラブルや、これは会社のあの資料を見なければ返信できないなどを言い訳に家を離れることができます。

急に一日だけでかけるなど、珍しい行動は怪しまれる可能性がありますのでできれば定期的に不倫出勤日を設定するのがおすすめです。

 

知り合いへの届け物

コロナ前は、欲しいものはお店にいけばほぼ確実に手に入りました。しかし、今回の事態でマスクや消毒液など、買いたくても買えないという状況を体験しました。

現在は流通もある程度は落ち着きましたので、どうしてもないというものは滅多にありません。しかし、未だに前と同じという訳にいかない場面もあります。

「子どもが小さくて、車をもってなくて、旦那さんが単身赴任をしている友人の買い物を手伝ってあげる」「離れたところに住んでいる親戚が○○を買えないと言っていたので届けてあげる」という口実で自宅をでましょう。

代わりに買い物をしてあげるだけ、何かを届けてあげるだけですので、他人との濃厚接触に敏感な夫にも適当に言い訳をすることができます。

 

運動のためのおでかけ

従前であれば、ヨガやフィットネスクラブなどに通い運動をしていた方も多かったでしょう。コロナ自粛の全盛期はスポーツクラブも営業をストップしていました。

現状は営業を再開しているところがほとんどですが、あれこれ考えて通いにくい方や、通いなれたスポーツクラブの閉鎖や営業変更により通えなくなった方もたくさんいます。

体を動かすための山歩き、ウォーキングに出かけるという口実で家を出ることができます。たまには気晴らしで遠くにいってくると車で出かけるのもよし。

健康維持のための運動について必死で止められることはあまりないので、気負いなくでかければOKです。

 

車を走らせてくる

コロナ自粛で通勤が不要になった。買い物も近くでまとめて行い、遊びでの遠出がなくなったなどの理由で自家用車をあまり使ってないという方もあるのではないでしょうか。

車を置きっぱなしにしていては、バッテリー上がりなどトラブルの原因になります。ときどき走らせて車の調子を整えることは大事なメンテナンス。車を走らせてくるというのも、自宅を離れる口実になります。

夫が自分でやろうとするのであれば、「私は最近、運転してないから。たまにのらないとカンが狂う」などと言っておきましょう。

自宅に缶詰になっているので気晴らしがしたいとでも言えば、それ以上の追及はたぶんありません。

 

家族の目を欺く裏技

ステイホームとやらは、家族みんなが自宅にいる状態です。普段は全員集合することもなかった夫や子どもがずっと家にいます。

目につくと人間は人の行動が気になります。そして、相手の行動の意味などを勝手に深読みしたりしかねません。いつもなら気付かれないところから不倫をあやしまれたりするのです。

自宅監視員となった夫や子どもの目を欺くための方策、裏技をご紹介します。

 

コロナうつ

「コロナうつ」という新しい言葉があります。コロナの影響で何かしら気分がしずむ、うつのような状態のこと。実際に、あれがダメ、これがダメ。人の目が気になるなど、コロナ自粛化下では気分が鬱屈しています。

「出かけることができなくて気持ちがしんどい」「これから先を考えるとつらい」など、ときどき家族に吐き出しておきましょう。

コロナ自粛によって疲れている、考え事をしていることが多いと家族に思ってもらうことができれば、行動が多少あやしくても許容してもらえます。

コロナで受けた精神的ダメージを強調しておくと、周りも自然に気を使って監視の目を緩めます。

 

仕事の変化

コロナ騒動で仕事のやり方が変わったという人がたくさんいます。コロナ前と同じ働き方ではなくなったという人も。

以前はあまりオンラインの仕事をしなかったのに、パソコンやスマートフォンを使う機会が増えた。人員整理によって外回りの仕事が一部あてがわれたため、出張の可能性があるなど。会社の変化や、友達から聞いた話などを小出しでしゃべって、家族の頭に仕事が変化していることを植え付けましょう。

「仕事のやり方や環境が以前と変わってしまった」と会話の中で話しておくことで、あなたが今までとはちがう行動や、珍しいことをしていたとしてもスルーしてもらえます。

 

自粛で会えない二人の気持ちをつなぐ方法

 

人間関係は、自分が納得すればどんな形であれ気持ちがつながっていると確信することができます。

結婚していても相手のことが信用できなければ、関係の安定はありません。なんの約束もしていなかったとしても、お互いに気持ちがあると信じることができれば、二人の関係は安定します。

不倫恋愛の場合、現状では結婚することができません。また、二人の関係を公にすることもできません。会える回数や連絡の回数など、形を信頼の証と考えていると、コロナ自粛下においては、愛を育むどころか不信感ばかりがつのるでしょう。

会えない代わりになんとか連絡を取ろうとしてくれる。感謝の気持ちや愛の言葉をときどき伝えてくれる。など、彼なりの愛の表現を読み取り信頼することで、例え簡単に会うことができない状況であっても、気持ちをつないで愛を育てることができます。

 

不倫だって大切な恋!コロナ自粛中も大好きな彼とつながろう

コロナ自粛中に、夫や家族から離れて不倫相手とあうための口実や理由付け、普段からの対処の仕方についてご紹介しました。

突然やってきたウイルスによって私たちの生活は一変しました。平和が当たり前だった私たちにとって初めての大きな壁であるといっても過言ではありません。

しかし、私たちはこれを乗り越え、仕事、家庭、恋を続けて行かねばなりません。状況をよんで行動すればどんなことだって光はみえます。

コロナのせいで大好きな彼を失うなんてごめんです。これを逆手にとって、彼との関係をしっかり深めていきましょう。

不倫成就カテゴリの最新記事